ドラマル

『ノーサイド・ゲーム』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

大泉洋さん主演の連続ドラマ『ノーサイド・ゲーム』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『ノーサイド・ゲーム』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「Paravi」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ノーサイド・ゲーム』の基本情報

概要(見どころ)

『ノーサイド・ゲーム』は、人気小説家・池井戸潤の同名小説が原作のラグビーを題材としたスポーツと仕事がテーマのドラマです。

大手メーカーの幹部候補といわれ出世頭だった中堅サラリーマンの君嶋隼人(大泉洋)が地方の工場へ左遷され、ラクビーチームとともに再起をかける物語です。
権力闘争に揉まれ苦しむ男社会の葛藤と、低迷したラグビーチームの這い上がる底力、スポーツマンシップから、観る人に明日への活力を与えてくれるドラマです。

キャスト一覧

  • 君嶋隼人(きみしま・はやと):大泉 洋
    トキワ自動車府中工場総務部長兼アストロズ・ゼネラルマネージャー
  • 君嶋真希(きみしま・まき):松たか子
    君嶋隼人の妻
  • 七尾圭太(ななお・けいた):眞栄田郷敦
    トキワ自動車本社海外事業部所属
  • 佐倉多英(さくら・たえ):笹本玲奈
    トキワ自動車府中工場の総務部員、アストロズのアナリスト
  • 星野信輝(ほしの・のぶてる):入江甚儀
    トキワ自動車研究所の研究員、アストロズのファン
  • 鍵原誠(かぎはら・まこと):松尾 諭
    「サイクロンズ」のゼネラルマネージャー
  • 脇坂賢治(わきさか・けんじ):石川 禅
    トキワ自動車・経営戦略室に所属する君嶋の元上司
  • 吉原欣二(よしはら・きんじ):村田雄浩
    前トキワ自動車府中工場総務部長、前アストロズゼネラルマネージャー
  • 新堂智也(しんどう・ともや):藤原光博(リットン調査団)
    トキワ自動車府中工場の工場長
  • 富野賢作(とみの・けんさく):佐伯大地
    社会人ラグビーチーム・サイクロンズの10番
  • 藤島レナ(ふじしま・れな):阿部純子
    トキワ自動車本社、海外事業部所属
  • 中本理彩(なかもと・りさ):山崎紘菜
    トキワ自動車の社員
  • 吉田夏帆(よしだ・かほ):南端まいな
    トキワ自動車の社員
  • 君嶋博人(きみしま・ひろと):市川右近
    隼人と真希の長男
  • 君嶋尚人(きみしま・なおと):盛永晶月
    隼人と真希の次男
  • 柴門シオリ(さいもん・しおり):川田裕美
  • 青野 宏(あおの・ひろし):濱津隆之
    府中グリーンカントリークラブの責任者
  • 「多むら」の女将):凰稀かなめ
    アストロズ行きつけの居酒屋・女将
  • 島本 博(しまもと・ひろし):西郷輝彦
    トキワ自動車創業家社長、ラグビー好き
  • 柴門琢磨(さいもん・たくま):大谷亮平
    アストロズ監督、名門城南大学ラグビー部出身
  • 津田三郎(つだ・さぶろう):渡辺裕之
    ラグビーの名門・城南大学の大物OB、社会人ラグビーチームの強豪・サイクロンズを率いる名将
  • 風間有也(かざま・ゆうや):中村芝翫
    カザマ商事三代目社長
  • 滝川桂一郎(たきがわ・けいいちろう):上川隆也
    トキワ自動車の常務取締役営業本部長、次期社長候補

追加キャスト

  • 木戸:尾藤イサオ
    協会専務理事
  • 竹原正光:伊藤剛臣
    前GMの吉原欣二がリストアップしていた監督候補
  • 高本遥:大西将太郎
    アストロズの監督候補
  • 高橋雄太:高木波瑠(3話登場)
    車椅子の少年
  • ホラン千秋(3話登場)
    雄太の母親
  • 君嶋と相撲をとった力士:栃ノ心(3話登場)
  • 青野宏:濱津隆之(4話登場)
    府中グリーンカントリークラブ トキワ自動車担当
  • 爆発的人気を誇る子どもユニット「Foorin」(5話登場)
  • 本人役:吉田沙保里(5話登場)
  • 富永重信:橋幸夫(6話登場)
    日本蹴球協会会長
  • 森下教授:辻萬長(7話登場)
  • 苗場:金山一彦
    ゴルフ場建設反対派リーダー
  • 大学生時代の風間有也:中村橋之助(8話登場)
  • 大学生時代の滝川桂一郎:溝口琢矢(8話登場)
  • 狩野伸太郎:濱田岳
    ブレイブスのスクラムハーフ
  • 赤木一輝
    :櫻井翔
    謎の男→ブルズGMと判明

アストロズのメンバー(一覧)

  • 岸和田 徹(きしわだ・てつ):高橋光臣
    アストロズ主将・ポジションCTB(センター)、府中工場総務部
  • 友部祐規(ともべ・ゆうき):コージ(ブリリアン)
    ポジションはFL(フランカー)
  • 笠原 豪(かさはら・ごう):笠原ゴーフォワード
  • 本波寛人(もとなみ・ひろと):天野義久
    アストロズのNO.8
  • 浜畑 譲(はまはた・じょう):廣瀬俊朗
    アストロズ不動のエースのSO(スタンドオフ)、元日本代表
  • 安西信彦(あんざい・のぶひこ):齊藤祐也
    ポジションは FL(フランカー)
  • 佐々 一(ささ・はじめ):林家たま平
    アストロズの新人 SH(スクラムハーフ)
  • 里村亮太(さとむら・りょうた):佳久 創
    ポジションは SH(スクラムハーフ)
  • 有馬真吾(ありま・しんご):村田 琳
    アストロズのメディカル兼任のアシスタント
  • 中本元気:勝山 翔
  • 玉木俊太:榎本鉄平
  • 高輪祐太:眞弓葉詩
  • 飯野雄貴:飯野雄貴
  • 西荻 崇:田沼広之
  • 岬 洋:鶴ヶ﨑好昭
  • 林田公一:株木孝行
  • 立川 悟:水本竜弥
  • 端本太郎:端本太郎
  • 大和航平:北川勇次
  • 仲村慎祐:仲村慎祐
  • 伊吹誠介:伊吹誠介
  • 森本竜馬:森本竜馬
  • 石川悠太:石川悠太
  • 秋元太一:板垣悠太
  • 小野勘太:邉津勘太
  • 小西大樹:小西大樹
  • 戸村銀太郎:髙橋銀太郎
  • 岩爪 航:岩爪 航
  • 井上卓哉:井上卓哉
  • 新井龍一:新井龍一
  • 阿久根 潤:阿久根 潤
  • 工藤元気:工藤元気

スタッフ一覧

  • 原作:ノーサイド・ゲーム
    作者:池井戸潤
    出版社:ダイヤモンド社
  • 脚本:丑尾健太郎
  • 主題歌
    曲名:馬と鹿
    歌手:米津玄師
    レーベル:REISSUE RECORDS
  • プロデューサー:伊與田英徳
  • 演出:福澤克雄
  • 制作:TBS

各話の視聴率

『ノーサイド・ゲーム』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※視聴率はビデオリサーチ調べ

各話放送日視聴率
1話7月7日13.5%
2話7月14日11.8%
3話7月28日10.9%
4話8月4日10.6%
5話8月11日11.4%
6話8月18日13.0%
7話8月25日9.7%
8話9月1日11.3%
9話9月8日12.2%
10話・最終回(仮)9月15日13.8%

スポンサーリンク

『ノーサイド・ゲーム』の最終回ネタバレ(予想)

主人公は、大手メーカーで幹部候補といわれ、仕事に生きる君嶋隼人(大泉洋)です。

出世頭だった君嶋が上司の推し進める大型買収案件に異を唱えた結果、突然出世の道を絶たれ、地方の工場に左遷されてしまいます。

その上、全く経験も知識も興味すらなかったラグビー部のゼネラルマネージャーまで任されることになります。肝心のチームはというと、以前は強豪チームでしたが、今や低迷の一途をたどるのみの状態でした。

君嶋は元々ラグビーに関して興味や知識はなかったものの、持ち前の正義感と責任感、明るさを生かしラグビー部員や部下の協力を得て、チームの再建を図ります。

以下、原作ネタバレを含みます。
最初に取り組んだのは、監督の人事です。
紆余曲折ありましたが、なんとか名将・柴門琢磨(大谷亮平)を招聘することに成功したことによりチームの成績も急上昇し、明るい兆しが見えてきます。

ところが、将来の見えないラグビー部への社内からの反発や主力選手の突然の移籍など、その後も一難去ってはまた一難、問題が次から次へと降ってきます。 
それでも周囲と協力しながら、なんとか一つ一つ問題を解決に導き、チームを収益面でも成績においても少しずつボトムアップし、ついに優勝争いが出来る位置まで押し上げます。

しかし、そんな折に赤字のチーム運営を問題視した役員から、廃部を要求されチーム存亡の危機を迎えます。

社内の権力闘争に挑む君嶋と、優勝を目指すチームの闘いが描かれ、最終的には権力闘争も制し優勝も手にした君嶋は瞬く間に出世コースに舞い戻るのでした。

『ノーサイド・ゲーム』各話のあらすじ

2019年7月7日からTBS系にて放送開始される大泉洋さん主演の連続ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

トキワ自動車の経営戦略室次長の君嶋隼人(大泉洋)は出世頭と目されるエリート社員。家では妻の真希(松たか子)と二人の息子、博人(市川右近)、尚人(盛永晶月)に囲まれ幸せに暮らしていた。
ある日君嶋は企業買収を推し進めようとする常務の滝川桂一郎(上川隆也)に対し反対意見を述べる。君嶋の意見が通り買収は見送られたが、同時に君嶋は本社から府中工場の総務部長に飛ばされることになった。
異動初日、君嶋は総務部員の佐倉多英(笹本玲奈)からキャプテンの岸和田徹(高橋光臣)をはじめとしたトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」の選手たちを紹介される。総務部長はアストロズのゼネラルマネージャー(GM)を兼務することになっているという。社長である島本 博(西郷輝彦)の肝煎りで創設されかつては強豪だったアストロズだが、今は成績が低迷。それどころか14億の巨額赤字を抱え、会社のお荷物と囁かれる始末。ラグビーについては知識も経験もない君嶋には気が進まないことばかりだった。
しかし後がないのは君嶋も同じ。自らの再起を考えた君嶋は・・・。

出典:https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/story/

1話の見どころは、君島とアストロズが苦境に直面してもなお、諦めずに共にチャレンジしていこうとする様子です。

関連記事

『ノーサイド・ゲーム』1話のネタバレ感想!面白い?つまらない?初回の評価は!

2話のあらすじネタバレ

2話の見どころは、君嶋がアストロズの監督の人選から、チームの始動までの苦難の道のりを、選手や監督の柴門とぶつかり合いながらも切り拓いていく様子です。

関連記事

『ノーサイド・ゲーム』2話のネタバレ感想!紫門監督は神指導者な上に、いい奴だった!

3話のあらすじネタバレ

3話の見どころは、紆余曲折しながらも練習とボランティアを両立させて、たくさんの観客を呼べるようになっていくアストロズの様子です。

関連記事

『ノーサイド・ゲーム』3話のネタバレ感想!君嶋のふんどし姿に笑い!名演説で泣く回

4話のあらすじネタバレ

4話の見どころは、今回は佐倉と佐々にスポットが当たり、ふたりのことがよく理解できたところです。

関連記事

『ノーサイド・ゲーム』4話のネタバレ感想!滝川常務はラグビーが好き?アストロズを導いている?

5話のあらすじネタバレ

5話の見どころは、破竹の連戦連勝で最終戦のサイクロンズ戦に優勝をかけるアストロズの姿です。

関連記事

『ノーサイド・ゲーム』5話のネタバレ感想!大泉洋vs吉田沙保里!霊長類最強の女に君嶋が挑む

6話のあらすじネタバレ

6話の見どころは、ニュージランドで活躍した七尾がアストロズでのデビューを飾る様子です。

関連記事

『ノーサイド・ゲーム』6話のネタバレ感想!アストロズの新エース?ドロップゴールの七尾が加入!

7話のあらすじネタバレ

7話の見どころは、アストロズの弱体化を狙うサイクロンズが、アストロズの2枚看板・浜畑(廣瀬俊朗)と里村(佳久創)に引き抜きを仕掛けるところです。
浜畑がアストロズを選択する一方、世界を目指す里村はより良い環境を求めサイクロンズへ移籍を決意します。

関連記事

『ノーサイド・ゲーム』7話のネタバレ感想!抜ける里村を応援する浜畑がカッコ良すぎる!

8話のあらすじネタバレ

8話の見どころは、アストロズGM・君嶋(大泉洋)が、座礁事故の原因とみられるバンカーオイルの調査結果改竄を突き止め、府中グリーンCC担当責任者・青野(濱津隆之)に証言を約束させたところです。
ゴルフ場建設反対派の帝国工科大学教授・森下(辻萬長)がバンカーオイルの調査担当であることを知り、青野はカザマ商事社長・風間(中村芝翫)に報告します。
難病の娘の手術費用の肩代わりと建設予定地にある家族との思い出の銀杏の木を残す約束で、森下は分析結果を改竄します。

関連記事

『ノーサイド・ゲーム』8話のネタバレ感想!浜畑から七尾へ!引き継がれる思いに感動!

9話のあらすじネタバレ

9話の見どころは、アストロズの優勝の鍵を握るブレイブス戦です。
今季も残るところ2試合、優勝争いは全勝のアストロズとサイクロンズをブレイブスが1敗で追う三つ巴の様相を呈します。
絶対王者・サイクロンズとの大一番を前に、アストロズは三つ巴の一角・ブレイブスを迎え討ちます。
ブレイブスの選手は、ジャパントップリーグのパナソニックワイルドナイツの現役選手です。
ワイルドナイツの選手に交じり、スクラムハーフ・狩野伸太郎役を演じるのは濱田岳です。
過去に『3年B組金八先生』で同名の役を演じています。

関連記事

『ノーサイド・ゲーム』9話のネタバレ感想!脇坂が真の敵!滝川常務は公平でいい人だった!

10話(最終回)のあらすじネタバレ

10話の見どころは、アストロズ、サイクロンズ共に全勝で迎えた優勝決定戦、君嶋(大泉洋)がアストロズGM就任時に約束した優勝を果たすことが出来るかです。
前半、苦戦を強いられたアストロズは、後半、膝に故障を抱える浜畑(廣瀬俊朗)を投入、七尾(眞栄田郷敦)とのダブルスタンドオフで劣勢を跳ね返します。
得点は27-31、アストロズがリードを許す中、ノーサイドまで1プレーを告げるホーンが鳴り響きます。

関連記事

『ノーサイド・ゲーム』10話(最終回)のネタバレ感想!感動&号泣!そしてGM浜畑に拍手