ドラマル

『ノーサイド・ゲーム』7話のネタバレ感想!抜ける里村を応援する浜畑がカッコ良すぎる!

2019年8月25日に放送されたドラマ『ノーサイド・ゲーム』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、宿敵・サイクロンズから、エース・浜畑を引き抜こうと魔の手が迫る!
アストロズ絶体絶命の窮地の中、君嶋たちは仲間のためにある決断をする。

関連記事

『ノーサイド・ゲーム』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ノーサイド・ゲーム』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ノーサイド・ゲーム』7話のあらすじネタバレ

今季のアストロズのポスターは浜畑 譲(廣瀬俊朗)と里村亮太(佳久創)の2枚看板を前面に押し出す予定でいました。

アストロズに加入した七尾圭太(眞栄田郷敦)は、海外事業部の先輩たちに府中工場に異動することを報告します。

そんな中、アストロズGM・君嶋隼人(大泉洋)は、タンカー座礁事故の件でトキワ自動車研究所を訪れます。
カザマ商事のオイルが原因とみられた事故でしたが、研究員・星野信輝(入江甚儀)の勘違いで、分析したオイルは比較用のサンプルでした。
複雑の思いの君嶋でしたが、星野から浜畑がサイクロンズ監督・津田三郎(渡辺裕之)と会っていたことを聞かされます。

アストロズにはサイクロンズの引き抜きに対抗する術はなく、君嶋は浜畑に残留を乞います。
しかし、浜畑はサイクロンズの誘いを断っていました。
アストロズで優勝することが、浜畑の夢でした。
一安心かと思われた移籍問題でしたが、里村が君嶋にサイクロンズへの移籍を申し出ます。
そんな里村に対しチームメイトは憤りを覚えます。
シーズン目前の移籍では、抜けた穴の補強は難しく、サイクロンズの思う壺でした。
サイクロンズを越える条件を提示することは不可能で、『移籍承諾書』を発行しない以外に引き止める手段はありませんでした。
プラチナリーグの規程により、移籍承諾書が無い選手は1年間公式戦出場停止になります。
君嶋は、監督・柴門琢磨(大谷亮平)と2人で里村を説得するも翻意させられず、移籍承諾書を発行しないことを宣告します。

サイクロンズの引き抜きで揺れる中、ジュニア・アストロズのBチームに昇格した君嶋の長男・博人(市川右近)。
Bチームを外れた友だちが、ジュニアチームを辞めることになり心を痛めます。
心配した君嶋が、佐倉多英(笹本玲奈)にジュニアチームの資料を要求している時、府中工場に再びデモ隊が現れます。
延期になった『府中グリーンCC(カントリークラブ)』の工事が再開されました。
君嶋は府中グリーンCCの担当責任者・青野宏(濱津隆之)のもとを訪れ、工事再開の事実を確認します。
府中工場に戻ると、佐倉からジュニアチームを辞める原因が転校と知らされ、君嶋は安堵します。

本社を訪れた君嶋は、経営戦略室室長・脇坂賢治(石川禅)と会い、カザマ商事のデューデリ(資産評価)が終了したことを知らされます。

アストロズのメンバーを引き連れた君嶋は、グランドを後にする里村を呼び止め、アストロズの総意として移籍承諾書を渡します。
里村の退社を前日に控え、君嶋は移籍承諾書の発行について結論が出せず、浜畑に相談します。
浜畑はアストロズのメンバーを集め、世界を目指しより良い環境を求める里村の行動に理解を求めます。
そして、アストロズは里村の居るサイクロンズに勝って優勝することを誓いました。

練習を見ていた君嶋は、佐々 一(林家たま平)のパスに目を見張ります。
柴門は里村の移籍の真の理由は、佐々だと君嶋に告げます。
アストロズには、佐々のプレースタイルが合っていることを一番理解していたのは里村本人でした。
昨季から成長著しい佐々は七尾の加入と相まって更に成長、七尾もまた浜畑と切磋琢磨することで成長していました。
成長するアストロズは優勝争いができるチームではなく、優勝出来るチームであると柴門は自信を見せます。

アストロズの今季のポスターは、昨季と同じメンバー全員が写る構図に決まります。
君嶋の妻・真希(松たか子)は、メンバーが昨季より良い顔をしていると思いました。

スポンサーリンク

『ノーサイド・ゲーム』7話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

引き抜きの良し悪しはともかく、スポーツをしているなら、より良い環境を求めて移籍するのは当然です。
と言うか、当然であるべきです。
現役期間が短く、フィジカルのピークとなると更に短い選手の権利は守られるべきです。

人のフィジカルのピークは、20代半ばから後半と言われる中、ライバルのサイクロンズに移籍した里村は既に30代です。
ラグビーに限ったことではありませんが、プロ、アマ問わず、移籍についてはアストロズのように快く送り出してもらいたいです。

抜ける里村を応援する浜畑がカッコ良すぎる!


https://twitter.com/lapeet777/status/1165644026646679554

今までも幾度もカッコいい場面ありましたが、今回の浜畑 譲(廣瀬 俊朗)はカッコ良すぎましたね。

里村にかけた言葉が、もうリアル廣瀬さんにかぶって…(感動)。

次回の浜畑と七尾(眞栄田郷敦)のポジション争い楽しみですね。

『ノーサイド・ゲーム』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『ノーサイド・ゲーム』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

里村(佳久創)が抜けたアストロズは落胆するどころか開幕戦に向けて激しいレギュラー争いが繰り広げられていた。中でも新加入した期待の七尾(眞栄田郷敦)はスタミナ不足を露呈し、スタンドオフのポジション争いは浜畑(廣瀬俊朗)がリードしていると思われた。しかし浜畑は七尾のスタミナ不足の原因を見抜き、解決策を伝える。
そんな頃、ゴルフ場建設反対派が再び府中工場前に集まるようになった。君嶋(大泉洋)は総務部長として反対派の声を聞こうとリーダーの苗場(金山一彦)に声をかけ懇親会を開催する。するとある疑問が浮かび、君嶋はトキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)に自らの考えを打ち明ける。その一方、ゴルフ場の責任者・青野(濱津隆之)とも君嶋は会話を続ける。青野は熱い夢を語るのだが…。

出典:https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/story/