ドラマル

『ノーサイド・ゲーム』5話のネタバレ感想!大泉洋vs吉田沙保里!霊長類最強の女に君嶋が挑む

2019年8月11日に放送されたドラマ『ノーサイド・ゲーム』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、優勝まであと一歩のアストロズであったが、宿敵との差を突きつけられる!
最後の望みをかけて特訓する選手たちに君嶋はあるサプライズを用意するが…。

関連記事

『ノーサイド・ゲーム』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ノーサイド・ゲーム』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ノーサイド・ゲーム』5話のあらすじネタバレ

トキワ自動車アストロズは、プラチナリーグで快進撃を続け、第11節も勝利して開幕から11連勝になりました。
君嶋隼人(大泉洋)GMの経営戦略と柴門琢磨監督(大谷亮平)の最新ラグビー理論が融合したアストロズは、今年は優勝を狙えると感じて選手たちの士気も盛り上がっています。
しかし、柴門は最終戦のサイクロンズ戦に向けて、思い悩む日々が続いていました。

ニュージーランドでトッププレイヤーとして活躍していた七尾圭太(眞栄田郷敦)は、ラグビーをやめて一般社員としてトキワ自動車入社を目指していましたが、なかなか内定が取れない時に君嶋の勧誘で仮入部としてラグビー枠での内定が取れていました。
君嶋はまたラグビーがやりたくなったら、アストロズに来ればいいと言っていたのですが、七尾は気が進まない状態のままでした。
海外事業部に配属になった七尾は、大のサイクロンズと浜畑譲(廣瀬俊朗)ファンの藤島レナ(阿部純子)と一緒に働くことになりました。

一方、トキワ自動車による、カザマ商事買収を先導した滝川常務(上川隆也)は、社内でどんどん影響力を高めて持論のコスト削減を声高に語っていました。
しかし、本来トップシークレットである買収の情報がリークされたことに疑問を感じていた君嶋は、滝川とカザマ商事の風間社長(中村芝翫)が大学の同期だということに気づき、裏に何かあるのではないかと元上司の脇坂賢治(石川禅)に話します。

そんなある日、滝川が府中工場の視察にやってきて、AIロボットなどを導入して人件費を削減し、さらなる合理化を進めようとしていました。
リストラが実施されれば、アストロズも廃部に追い込まれる可能性もあり、選手たちにも不安が高まり、せっかく高まった士気に水を刺すことにもなりかねません。
また、滝川は風間と料亭で会い、密かに買収に関する打ち合わせをしていました。

柴門は今年のプラチナリーグは『1強15弱』と語り、サイクロンズ戦に勝利するための活路が見出せずにいました。
しかし、君嶋の話しにヒントを得て選手たちの動きをビデオで分析して、倒された後に起き上がってプレーに参加する『リロード』に活路を見出します。
その能力に磨きをかけるために、数日後アストロズのメンバーはレスリング道場での特訓に取り組みます。
そこで君嶋は、霊長類最強と言われた吉田沙保里(本人)に挑み、見事に撃破されます。

根性論が嫌いな柴門も、最後は気持ちが勝敗を分けると話します。
どれだけ最先端の練習をしようが、最後は勝ちたいと思う気持ちをどれだけ持てるか、それがデータを超えるとも話しながら、勝つためにはもうひとつ『飛び道具』が欲しいと話します。

その夜、アストロズ御用達の『多むら』で七尾に会った柴門は、アストロズに入ることをもう一度考えて欲しいと話します。
廃部も囁かれている中で、君嶋や柴門の言動に戸惑い渋る七尾に柴門は、一度アストロズを見て欲しいと伝えます。

そしてサイクロンズ戦が迫ってくる中、君島がなんとか選手の気持ちを高めたいと考えている時に、柴門と津田の因縁を取り上げた取材依頼が舞い込みます。
これを上手く活用しようと考えた君嶋は、トキワ自動車本社にサイクロンズの津田三郎(渡辺裕之)監督を招いて両監督の合同記者会見を仕掛けます。

合同記者会見は、サイクロンズ側もGMの鍵原誠(松尾諭)が活用するのに良い機会だと考えていましたが、記者たちの興味に乗る形で柴門がサイクロンズと津田への宣戦布告をし、選手たちの可能性を語ります。その言葉が選手たちの心に火をつけました。

サイクロンズとの最終戦の当日、島本博(西郷輝彦)トキワ自動車社長も応援に駆けつけ、観客も今季最高の人数が集まりました。
また、七尾もレナたちと一緒に観戦しますが、ついつい大好きなラグビーの分析に力が入ってしまいます。

キックオフ直後、SH(スクラムハーフ)の里村亮太(佳久創)に相手ディフェンスが3人がかりで対応し、アストロズの攻撃の起点を潰す作戦を知ります。
前半は自力の差が出て、サイクロンズリードで終えますが、リロードの差が出てくる後半が勝負と柴門は踏んでいました。
そして、柴門が言っていた飛び道具の佐々一(林家たま平)を、日本代表の里村に代えて後半投入します。

佐々の投入が当たり、後半は佐々の速いパスで流れを掴んだアストロズは、後ワンプレーのところで4点差まで追いつき、ペナルティを得て逆転のためトライを狙いますが、WTB(ウイングスリークオーターバック)の岬洋(鶴ケ﨑好昭)のトライはビデオ判定に持ち込まれ、トライの一瞬前に足が外に出ていてトライは認められず得点ならずノーサイドになってしまいました。アストロズは勝つことができませんでした。

『ノーサイド・ゲーム』5話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

どんなレベルのチャレンジでも、最後は思い、気持ちの差が出てくるものです。
もちろんこれは、試合などの時だけの思いや気持ちではありません。
趣味で楽しみたいだけの人が決してオリンピックで金メダルを獲れることがないのと同じですね。

どれだけ、目指すものを実現したいという思いを日々積み重ねていけるかです。
そして、どんなに追い込まれてもブレイクスルーする道は必ずあるのが、無限の可能性のある自然界ですから諦めないことです。
これから後半のアストロズ、君嶋、柴門のチャレンジが楽しみですね。

大泉洋vs吉田沙保里!霊長類最強の女に君嶋が挑む

君嶋隼人(大泉 洋)のあのレスリング姿。完全に視聴者を笑わせようとしていますよね。

相撲で栃ノ心に吊り出され、レスリングで吉田沙保里に決められる!
次は何のスポーツで君嶋が弄ばれるのか楽しみ。

それにしても、栃ノ心に押しを教わり、吉田沙保里にタックルを直伝してもらうとか、コストは大丈夫なんでしょうかね。ギャラはいくら?

『ノーサイド・ゲーム』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『ノーサイド・ゲーム』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

サイクロンズ戦には敗れたもののプラチナリーグを2位という好成績で終えたアストロズ。選手たちが喜ぶ中、GMの君嶋(大泉洋)は渋い顔だ。優勝という目標を達成できなかったうえに収支もほぼ改善していない。来年度予算を承認してもらうため君嶋は役員会議に臨むが、全社的な予算圧縮を目論む滝川常務(上川隆也)から全否定されてしまう。島本社長(西郷輝彦)のとりなしで辛くも予算は承認されたが、アストロズを取り巻く環境は厳しいままだった。
数日後、脇坂(石川禅)に呼び出された君嶋は経営戦略室に戻ってくるよう勧誘される。脇坂は滝川常務と同期で、増大する滝川の勢いを削ぐために君嶋を手元に置きたいのだ。GMとして自信を失っている君嶋はこの誘いに揺れる。
自らの身の振り方に迷う君嶋だが、GMとしてできることをやろうと決める。やはりラグビー界全体が変わらない限り各チームの収支は改善しない。君嶋は昨年同様GM会議の席上で改革案を提案する。

出典:https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/story/