ドラマル

『ニッポンノワール』6話のネタバレ感想!相棒の才門さん殉職!覚醒すると範馬勇次郎レベルの戦力に?

2019年11月17日に放送されたドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、指名手配犯となった清春が才門の手引きで逃走!
そんな中、克喜が服用している薬が認可の劇薬と判明する…。

関連記事

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』6話のあらすじネタバレ

第2部、覚醒編スタート。――喜志正臣(栄信)殺害(射殺)の疑いで現行犯逮捕された遊佐清春(賀来賢人)を、才門要(井浦新)が救出してバイクで逃走。遊佐は全国指名手配されます。――そもそも撮影所が作ったフェイク動画なのですが、その動画に映し出された四人の強奪犯の同士討ちの時刻、才門とゴルフをしていたと証言していた仁平(相島一之)公安課長がその言を翻し、アリバイが崩れた才門。十億円強奪の実行犯を殺害した黒幕かという容疑がかかって姿を隠していた才門が、喜志殺しの被疑者として逮捕された遊佐を救出したことになります。二人は、警察内部からの捜査を断念し、今後はアウトサイドからの真相解明に挑むことになります。

捜査会議の席上、仁平公安課長に、遊座の逮捕にあたっては「生きたままの逮捕」を要請する捜査一課長の南武修介(北村一輝)。「ケースバイケースだな」と仁平。死人に口無し、あくまでも被疑者死亡での一件落着を狙う仁平。

とりあえず、ベルムズ御用達病院の天才闇医者、廃墟になった病院に隠れ住む権藤(緋田康人)に薫の息子の碓氷克喜(田野井健)を預けて逃走を続ける遊佐は、これまた喜志殺害時のドサクサに紛れて逃走したベルムズ現リーダー・陣内凪人(落合モトキ)の居場所を求めて探し回ります。で、居場所を突き止めて陣内を取り抑えようとしますが、その時、拳銃を持った男たちに包囲されます。ここでも再び、才門が車で現れて遊佐を救出。

克喜のいる病院に戻る遊佐、それに才門。克喜の服用している薬は未認可の劇薬だと権藤が指摘。大人でもこの薬を飲み続けていると命の保証が無いとのこと。克喜は、この薬は母の薫から貰っていたものというだけで、それ以上のことは知りません。そんな話をしている時、克喜の迎えを頼んでいた深水咲良(夏帆)からの電話が鳴って、警察(公安)が来たと緊急通知。――即刻、逃走する遊佐と才門、それに克喜。遊佐と同期の公安部刑事・眞木光流(矢本悠馬)が、逃亡する遊佐を追います。逃走する遊佐もそれを追う眞木もいずれも狂気を孕んでいます。消音器付きの拳銃で遊佐を仕留めようとしています。

そんな場面から脱出した三人は、「灯台下暗し(?)」の格言通りに、刑事の高砂明海(立花恵理)の部屋に身を隠します。そこで、薫のUSBは才門が持っているが手持ちのパソコンでは開かないファイルがあること、また、警察病院からベルムズメンバーが消えているのを再確認。

消えたベルムズメンバー(仁科)の顔写真を持って、街中での聞き込みをする遊佐。偶然、カラオケ店員(第2話)の石倉光多(佐久本宝)がダンス練習しているところにも聞き込み。そこにダンス仲間の甲斐隼人(片寄涼太)が来て、仁科に関する有益情報が得られます。――三ヶ月前、ベルムズと繋がりのある警察病院のアルバイト募集に応募していた仁科。で、面接に行って合格後に失踪。

才門が明海を使って、警察病院への潜入を事前通告します。――警察病院への潜入協力をファイター田中(前川泰之)に依頼していた遊佐。田中の下で修業している西崎颯真(今井悠貴)も一緒に協力してくれます。

警察病院内でのガルムフェニックスショー開幕。大勢の子供たちが集合しています。怪獣と戦うヒーロー。ガルムフェニックスが遊佐だという情報が眞木に入っています。銃を突き付けてガルムフェニックスを取り抑える眞木。ヒーローを演じていたのはスーツアクター修行中の西崎で、怪獣役だった田中が「新人の晴れ舞台が台無しだ」と眞木に苦情を呈します。――そんな混乱に乗じて、白衣着用の遊佐と才門が病院の深部(秘密の地下室)に潜入。見張りを倒しますが、これは、どうやら公安の人間ではありません。奥に進むとガスマスク男が登場。遊佐がこれを取り抑えます。スマホからの「NNマーク」発光は回避しますが、ガスマスクの目から発光した「NN」マークを見て、意識を無くす遊佐。

遊佐が目覚めた時、目の前には血だらけの才門。「奥の部屋のパソコンに薫のUSBを挿し込めば、克喜の全てが分かる、お前のことも分かる」と言って、USBを遊佐に手渡す才門。来々軒のチャーハンを食わせるから死ぬなと言う遊佐。本当は、婚約者だった深水星良(入山法子)の作るチャ―ハンを食べたい才門。星良から貰ったライターで最後の煙草に火を点けようとしますが、それが点きません。「寝るか…」と言って目を閉じる「相棒」の才門。

パソコンにUSBを挿し入れる遊佐。そこで得られた事実。――プロジェクトの犠牲者だった克喜。劇薬投与により、たった二週間で、気性が激しく凶暴だった克喜がおとなしくなりました。克喜は人体実験を受けさせられていたのでした。
パソコン前にいる遊佐を、追って来た多くの「NN」メンバーが取り囲みます。そこに南武が、明海を含む碓氷班を率いてやって来て、遊佐を救出します。
「NN」組織、または、公安によって殺害される前に、捜査一課が、遊佐を生きたまま逮捕(確保)することになったということでしょうか。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』6話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

「公安」が警察の中の警察、「ニッポンノワール」は警察の外の警察と才門が言っていましたが、今回、才門と遊佐は警察組織の外に出て、警察(公安)に追われる身になっています。アウトサイドから事件の真相解明に走ることになっています。
主人公(遊佐)の大移動(正反対方向への動き)という幕間のターニングポイントが明確になっています。第1幕の「設定」から、第2幕の「対立」構造への移行時のお約束が守られています。が、これが遊佐自らが選択決意した転換ではなく、才門のフォローということで、幕間の境目シーンとしてはやや弱いのかも知れませんね。ですが、今回、才門がどうやら間違いなく味方であったことがハッキリした上で死亡して、大きく事態が動きましたね。

ともあれ、前回の第5話まで、刑事仲間だけでなく半グレ集団のベルムズを含めて、誰が敵か味方が分からないという長い長いキャラ設定のみで、話が停滞。誰が何をする人なのかという自己紹介に終始。そこから今回の第6話で、やっと事態が動いて、ハッキリ対立構造としての公安の眞木光流が登場。遊佐の目的達成を阻む強力な対立者としての眞木は、警察の人間でありながら、逃亡者の命を狙って遊佐を追い詰めます。遊佐の狂気に対して、眞木の狂気が発動されます。
今後、遊佐は絶体絶命のピンチに追い込まれるはずで、その絶対のピンチに遭遇してからの遊佐の「決断」が待たれます。この「決断」が2幕と3幕のターニングポイントです。それが正しければ、最後(3幕の解決)の試練に勝利してのハッピーエンディング。が、「決断」が間違いであれば、敗北してのバッドエンディング。そんな遊佐の「決断」の大一番は、第2幕(対立)最後の第8話なのでしょうね。

やや視聴率を落としとている原因として、セットアップ(設定)が長過ぎる(第1話~第5話)という構成上の問題点、コント仕立てによるリアリティー不足、ヒロイン(若手人気女優)の不在、または、サブプロット(ラブストーリー)の弱さなどがネット上では挙げられていますが、今回は、その中の構成について、考えてみました。

相棒の才門さん殉職!覚醒すると範馬勇次郎レベルの戦力に?

才門さん生存コースと死亡コースをまずは考察してみました。

■生存コース
殉職したかに見えた才門さんですが、防犯カメラの位置や奥に部屋があること、ガスマスクに謝っていたことから、出血はフェイクで生きている。

■死亡コース
才門は元ニッポンノワールで、裏切りがバレて殺された。手をすり合わせてガスマスクに謝っていたように見えるが、実はファイティングポーズだった。
また、ガスマスクの男は南武の息子と予想。「結構手強くてよ~予想以上に化けやがった」という発言から、ガスマスクの男は既に覚醒(強くなる?)している思われる。

さて、清春の覚醒まで34日。
覚醒とは一体何なんでしょうかね。
清春がニッポンノワールに人体実験されていることは間違いありませんが、覚醒するとどうなってしまうんでしょうか?

まさか範馬勇次郎(オーガ)並みの戦力になる?
だとすると、次回予告で南武が「この国のあり方が大きく変わる」と言っているのも頷けますよね。

それにしても、エレベータで清春と才門が銃を構えるシーンが、まるであぶない刑事のようで、カッコ良かったですよね。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

警察の極秘地下組織・ニッポンノワール。
警察病院の地下に潜入した遊佐清春(賀来賢人)ら。その奥に現れたのは謎の実験施設であった。そこで清春が思い出したのは衝撃的な事実を口にする薫(広末涼子)の姿。一人息子の克喜(田野井健)はニッポンノワールの人体実験の犠牲になったという。
実験施設にたどり着いた清春の前には銃弾をも恐れぬ謎の工作員たち。そして、その奥から南武(北村一輝)たちも潜入を試みやって来る。三つ巴の果てに訪れる結果は――。
一方、克喜を保護していた深水喜一(笹野高史)と娘の咲良(夏帆)の元に突然大勢の捜査員が押し寄せ克喜を連れ去ってゆく。克喜の保護を命じたのは、克喜の祖父にあたり、薫の父でもある碓氷元警視庁長官(大和田伸也)だった。事件の鍵を握るとしてニッポンノワールの組織に監禁される克喜。と、その前に見たことのある意外な人物が姿を見せる!
徐々に明らかになりつつあるこの国に蔓延る闇。ニッポンノワールの謎。
――事態急転の第七話、開幕。

出典:https://www.ntv.co.jp/NNY/story/