ドラマル

『ニッポンノワール』5話のネタバレ感想!謎のエンディングに困惑!ガスマスクは名越?才門?咲良?

2019年11月10日に放送されたドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、警察の暗部となる地下組織「ニッポンノワール」の存在が明らかに!
そして、ついに十億円強奪事件の犯人がついに判明するが…。

関連記事

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』5話のあらすじネタバレ

DNA鑑定では、碓氷克喜(田野井健)の父親が游佐清春(賀来賢人)だということになります。そのことを、逃亡中の才門要(井浦新)が、喫茶店ボナーロで、名越時生(工藤阿須加)やマスターの深水喜一(笹野高史)、それに娘の咲良(夏帆)にバラします。
遊佐がそれに怒っているところで、ガスマスクの男に散弾銃で狙撃されます。狙われたのは才門なのか、遊佐なのか判然としませんが、遊佐はガスマスクの男を追いかけます。追い詰めたところで戦いが始まり、そして、近くの建物の壁に「NN」(警察地下組織)マークが浮かび上がります。狙撃犯を取り逃がします。

人気(ひとけ)のない屋上で、なぜ、「NN」の件を伝えてくれないのか、捜査一課長の南武修介(北村一輝)に問い詰める遊佐。そもそも薫殺害日のアリバイ作り(海外渡航)は何だったのかと問う遊佐に、あれは薫の求めに従っただけと答える南武。南武を事件に巻き込みたくない薫が、何かが起こりそうなあの日、南武は日本を離れていたことにしたかった、ということになります。ところが、その日、海外に飛び立つ直前に克喜から電話があって、病院での再検査があると告げられ、急遽、克喜に付添って警察病院に行くことになった南武。

さて、元警察庁長官の薫の父・碓氷政明(大和田伸也)と会う南武。南武に「克喜は何処にいるのか?」と問い、南武が遊佐に預けていると答えると、「そろそろ返して貰いたい」と、政明が言います。

才門が何者(薫の父?)かと電話していて、「運命共同体」であることを言い、そして、ノリでやったこと(遊園地の件?)なので今回は大目に見て欲しいと懇願しています。――そこに碓氷班の高砂明海(立花恵理)が近付いて、誰と話していたのか尋ねますが、才門は答えません。が、探しているガスマスク男についての情報を明海に与えます。

克喜の小学校の三者面談。――元私立魁皇高校教師だった佐久間現(バッファロー吾郎A)がこの小学校に転任していて、三者面談。「お父さんは~」と言われた遊佐は狼狽(うろた)えます。佐久間先生は遊佐をその風体からして「反社」の人間と思い込んで、かなりビビッているのですが、克喜にはどのように育って欲しいのか尋ねたりします。
遊佐は、「後悔して欲しい」と返答します。「躓(つまづ)くことで強くなってくれたら」と言います。それを聞いた佐久間先生が、「顔が怖いのに、素晴らしい(言葉だ)」と褒めると、遊佐はナメているのかと机を蹴ってキレます。暴力事件発生と通報されて警察官が校舎に雪崩(なだ)れ込む騒ぎになります。

咲良が車で校門前に迎えに来てくれていたので、名越からの電話連絡で急ぎ署に戻る遊佐。明海が「ガスマスクの男の面が割れた」ということで、ベルムズ現リーダー、陣内凪人(落合モトキ)の名を挙げます。「どこからの情報か」と尋ねる名越に、「どこだって好いでしょ」と明海。

半グレ集団べルムズの元リーダー・喜志正臣(栄信)に陣内の居場所を聞く遊佐と南武。しかし、なかなか協力的にならない喜志。そこで、いま、仲間が危険に晒(さら)されていると告げる南武。――再検査の折りの警察病院内での克喜と南武の写真の背後の二人、このベルムズメンバーの江本と高崎の消息が不明になっていると喜志に伝えます。この数ヶ月間、この二人だけでなくベルムズの何人かが行方不明です。その謎を解く為にも、陣内のバックの存在を知りたいと南武が言います。が、仲間を売ることはできない、この件は自分に任せて欲しいと喜志。

ヤクザ気取りのフロント企業が陣内の新しいアジトでした。そこに乗り込み、ベルムズメンバーが行方をくらましている件を陣内に問う喜志。ベルムズはお前の道具じゃないと喜志。仲間に妙な真似をしたらタダではおかないと喜志。が、喜志の失態(恋人の女子高生が原因)でベルムズが解散かという時、それを救ったのは陣内。――そこに令状無しの遊佐が来ます。花瓶の水を頭から陣内に浴びせて、陣内が遊佐の手を横に払ったところで公務執行妨害で現行犯逮捕。これが警察のやり方かと、横で見ていた喜志が怒ります。これが俺のやり方だと遊佐。

逮捕された陣内を釈放しろと南武に言う薫の父・政明。陣内を取り調べることで、薫殺害犯も分かると南武が説得。
南武が去った後、「陣内の対応は君に任せる」と何者かに電話する政明。

取調室。――陣内に拳銃を渡して発砲させ、あとあと取り調べの様子が分かってしまう監視カメラを撃たせる遊佐。カメラを破壊させた後、陣内を殴り続ける遊佐。「碓氷克喜(田野井健)の全てを知っている。克喜がどうなっても知らねえぞ」と言われた遊佐は、更にキレます。――捜査本部解散後、南武によって碓氷班に集められた刑事、伊上龍治(水上剣星)、香月安彦(駒木根隆介)、前園孝(横山涼)らが遊佐の暴走を止めます。

こちらも暴走する遊佐に巻き込まれた格好になっている喜志が、独りグラスを傾けるバーに、偶然、元恋人の諏訪唯月(今田美桜)が入店します。自身の生き方に思い悩む喜志に対して、あなたの生き方は間違っていない、人は「恥を繰り返して強くなる」とフォローする唯月。と、喜志の携帯が鳴って、「馬鹿な真似は止めろ」と喜志は電話相手に向かって怒鳴ります。

ガスマスク装備の集団が、陣内奪還を目指して、警察署を襲撃します。陣内を取り戻そうとする武装集団が、手錠で取調室に繋がれている陣内のところに向かいます。で、碓氷班の面々と捜査一課の精鋭に制圧されますが、そこに喜志がやって来て、鮮やかに陣内を奪還。――遊佐の携帯電話が鳴って、「陣内は俺が預かった。返して欲しければ一人で屋上に来い」と喜志。

罪を償いたいということだけが今の喜志の希望です。陣内奪還の襲撃は自分の指示でやったことなので、他のメンバーはパクらないで欲しいと遊佐に訴えます。が、喜志の指示であるわけがありません。喜志は仲間の罪を全て被ろうとしています。――そんな喜志が、ガスマスクの男に隣のビルから撃たれます。「あいつら(ベルムズメンバー)を助けてやってくれ。次は、笑って生きてえな」と言って息を引き取る喜志。「お前は馬鹿だな、いま、最高に好い面(ツラ)してるぜ」と遊佐。

建物の壁に「NN」マークが浮かび上がって、遊佐は、その場に崩れ落ちます。――喜志殺しの現行犯で逮捕される遊佐。遊佐の部屋では、克喜の薬が切れて大暴れ。

「こんなところ(山小屋)に呼び出して何の用だ」と問う遊佐に薫が答える場面。それを思い出す遊佐。――そこで、「東堂銀行十億円強奪事件の真犯人は私」と薫が言ったことを、遊佐は思い出します。

才門がバイクでやって来て、逮捕され連行中だった朦朧状態の遊佐を攫(さら)って行きます。

スポンサーリンク

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』5話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

YouTube「にっぽんのわーるのたのい」の各配信時の「タイトル名」の頭の文字を繋げると、これまでのところ「お前の味方が今」になり、そして、今回のドラマタイトルが「♯5ベルムズ」ですから、つまり、ベルムズ(旧メンバー?)が味方ということになるのでしょうかね。先週、「が」まででしたので、「ガルムフェニックス」か、または「風間岳人」(岳人の「が」)が味方ということかと推察していましたが、どうやらこれは外れでした。今後、「(~いま)あら-われ-ます」という感じに文章が繋がって、それが反撃編(ヒーロー編)の第2部(6~8話)を引っ張ることになるのでしょうかね。

と思っていたら、考察系ユーチューバーが面白い投稿があったと報告。「Cast&Chart」から入る「にっぽんのわーるのたのい」では、そのタイトル(10回目)が「まさに興味津々~」ということで、頭文字は「ま」なのですが、「Movie」から入ると、この「まさに」が取れたタイトルになっていて、これなら頭文字は、「き」ということになります。つまり、「お前の味方が生き~」という文章になってしまいます。「ま」ではなく「き」なら、そうなりそうです。

で、「お前の味方が生き(ている)」ということなら、あるいは、碓氷薫が生きているということを言っているのでしょうかね。あるいは、制作側も、考察グループ(考察系ユーチューバー)を混乱させようということで、公式ホームページ内でダミー(何らかの細工)を使っているのでしょうかね。

謎のエンディングに困惑!ガスマスクは名越?才門?咲良?

謎のガスマスクを付けた人物がシャドーで格闘技をするエンディングが波紋を呼んでいます。何の意図があって魅せられているんでしょうかね?

動きからすると、パリピ男・名越時生(工藤阿須加)に見えますが、最後のアッパーカットは清春を沈めた才門要(井浦新)のそれでしたよね?

しかしながら、今までの1話から4話、オープニングの人物がエンディングに出るという流れでした。
つまり、ガスマスクを付けた人物はオープニングで登場していた深水咲良(夏帆)だと考えられます。

咲良は、「ニッポンノワール」の一味であると私は推測しています(ちなみにマスターも)。
喫茶店「bonnaro」の謎の部屋が怪しいこと。
そして、克喜が夏帆がいる場面で発作を起こすことが2度あったのが非常に怪しい。

克喜は薬で記憶を消されているが、本能的に咲良を警戒してしまうのではないでしょうか?
ちなみに、清春の栄養ドリンクも記憶を失う(もしくは改変)作用があると考えられます。よって、碓氷薫の自白などは偽りの可能性があります。

それにしても、3年A組の出演者は後どのくらい出てくるんでしょうかね。
今回、諏訪唯月(今田美桜)が喜志つながりで出てきました。この分なら、柊先生の出演も期待できるかもしれませんね!

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

警察署を襲撃したガスマスクの男ら約100人の武装集団。混乱の中、喜志殺害の疑いをかけられた遊佐清春(賀来賢人)は才門要(井浦新)の手引きで逃走。追う警察は清春を全国指名手配にかける。
清春は逃亡生活の中で碓氷薫(広末涼子)の告白が脳裏にフラッシュバックする。
「十億円強奪事件の真犯人は…私よ」
これまで追いかけてきた「十億円強奪事件」と「碓氷薫殺害事件」の接点
それがまさかの碓氷薫自身がその真犯人だったという真相に繋がる。
これにより謎は一層深まる。
ではなぜ碓氷薫は殺害されたのか……。そして手を下した人間は誰なのか……。
ニッポンノワールの拠点を探る清春は、半グレ集団ベルムズと警察が癒着している疑いを知る。また複数のベルムズメンバーが警察病院で相次ぎ失踪しているとの情報を得て才門と共に潜入を試みる。
こうした中、克喜(田野井健)が服用している薬は未認可の劇薬と判明。
徐々に鮮明になる清春の記憶。
そして、徐々に組織の輪郭が見え始めたニッポンノワール。
全ての謎と伏線がこの瞬間から明らかに。第2部「※※編」、ここに開幕!

出典:https://www.ntv.co.jp/NNY/story/