ドラマル

『ニッポンノワール』3話のネタバレ感想!武神・才門要のアッパーカットが強烈過ぎる!

2019年10月27日に放送されたドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、清春が隠れて糸を引き続ける才門を追い詰めていく!
果たして、碓氷薫殺害事件と十億円強奪事件の黒幕は才門なのか…。

関連記事

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』3話のあらすじネタバレ

東堂銀行十億円強奪事件で使われた綜合警備社のワゴン車が自宅車庫に乗り捨てられた本城諭(篠井英介)理事官が首謀者ということで一件落着。
公安部から出向している才門要(井浦新)は、本城が強奪に使用されてた車を解体している動画を示し、その証拠とします。が、遊佐清春(賀来賢人)は、そもそも解体動画は碓氷薫(広末涼子)が残したUSBメモリーにあったものとして、才門の主張を否定。捜査一課長の南武修介(北村一輝)も、遊佐と同様、本城の仕業とは思っていません。
南武の指揮下になる少数精鋭部隊による捜査続行を公安課長の仁平(相島一之)は反対しますが、薫の無念を晴らしたい遊佐ら碓氷班と、本城の冤罪を晴らしたい宮城遼一(細田善彦)らが、南武の指示のもと、ことの真相を追い続けます。

本城の娘の芹奈(佐久間由衣)が、名越時生(工藤阿須加)に連れられて、深水喜一(笹野高史)がマスターの喫茶店、「bonnaro」にやって来ます。
彼女は、父の濡れ衣を晴らすことを遊佐に期待しています。で、十億円強奪事件の実行犯の一人、風間岳人の写真を遊佐に示します。――少年院上がりで元ベルムズメンバーというのが警察発表の経歴でしたが、芹奈は、ベルムズに風間という男はいないと言います。
芹奈の彼氏(高見蒼汰)はベルムズと関わりがあり、その彼氏から風間はメンバーではないと聞かされていました。

風間は、整形している可能性も浮上。
体全体の写真は無いのかと薫の息子の克喜(田野井健)。――動画があるはずと芹奈。彼氏に電話して、彼が撮ったという強盗団が倉庫に車を乗り捨てて行った場面の動画を転送させます。それを見て、マスターの娘の咲良(夏帆)が驚きます。右手首のタトゥーに見覚えがあって、それは三年前に姉の星良を殺した少年A。雨で傘をさしている時、擦れ違いざまに刺殺された星良。

どうやら風間岳人は整形して宝生順平を名乗っていたようです。後のDNA鑑定でも、同一人物であることが明らかになります。カウンセラーだった星良のクライアントが宝生。素行が悪い宝生のカウンセリングを依頼されていた星良。

十億円強奪犯四人の同士討ち動画は、放来撮影所の制作になるフェイクでした。――ガルムフェニックスの撮影所に行く南武。遊佐が同行。社長代理になっているファイター田中(前川泰之)と南武は旧知の仲。警察の依頼でフェイク動画を制作していた田中。

才門が仁平公安課長と待ち合わせしている約束の場所に、遊佐。――四人の強奪犯が同士討ちする時刻、才門と一緒にゴルフをしていたと証言していた仁平課長が、自身の身が危うくなって、才門とではなく、別の人物とラウンドしていたと言って、才門に対するアリバイ証言を覆します。そして、待ち合わせ場所にはやって来ません。
南武捜査一課長の追及に、「別の人とラウンドしていた」と言う仁平公安課長。「私と一緒だったというのは才門警部の勘違いだろう」と仁平。その証言動画を才門に示す遊佐。――フェイク動画の作成依頼も才門。それで、ファイター田中の指導でアクション撮影されていました。で、撮影の翌日、才門が本当に強盗団を射殺というのが遊佐のヨミです。才門は、言い逃れ出来ない状況に追い込まれます。公安幹部の仁平に裏切られて居場所がなくなった才門は、表向き休暇ということですが、姿を消します。逃亡ということかも知れません。

才門が消える前の最後の言葉。――東堂銀行の十億円とは、星良が参加していた警察の極秘プロジェクトの金。星良は、その極秘プロジェクトの実態を暴こうとして殺された。
宝生は警察の犬。新しい身分と引き換えに、殺しを引き受けた。そして、本城を使って遊佐を犯人に仕立て上げようとしていたのは自分だと白状していた才門。それは、真犯人を炙(あぶ)り出すための手段。更に加えて、ホシは南武であり、克喜は南武の子かも知れないと言い残して才門は消えるのでした。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』3話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

才門がどんどん怪しく見えてくるという展開ですが、おそらく、才門は犯罪とは無関係。才門の役回りは、小気味よくリズムを刻むこと。婚約者の星良、大切な友人だった薫を殺された才門が姿を隠して、今後、そこからどう動くかに期待したいですね。
たぶん、陰から遊佐を支える役回りになるように思いますが、それを遊佐は気付かないという展開が続くのかなという気がしますね。
つまり、才門の本音が最後まで分からないというのが、このドラマのキモであるような気がします。

武神・才門要のアッパーカットが強烈過ぎる!

一般人や他の警察官に対して無双の強さを頬るパリピ男・名越時生(工藤阿須加)を倒した遊佐清春(賀来賢人)でさえも子ども扱いの強さの才門要(井浦新)。強すぎます!

最後に才門が放ったアッパーカット(昇竜拳?)を受けた遊佐のぶっ飛びようは、まるで特撮映像でしたね。

そんな武神・才門ですが、最後に少し血を吐いていたのが気になります。
単純に遊佐から受けたダメージなのか?
何か重い病に侵されているのでしょうか…。

愛する人を失った才門が今後、遊佐とどのように力を合わせて真相を解明していくのか?
ひょっとしたら、表だって動けなくなった才門は、次回「Let’s think」といっているように、『3年A組』の柊ポジを担い、遊佐にヒントを送り続ける役となるのかもしれませんね。

さて、才門が言うように南武が黒幕なのか?
やはり日曜この時間のドラマは、続きが気になりますね。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

「十億円強奪事件」と「碓氷薫(広末涼子)殺害事件」。
2つの事件をつなぐ黒幕を追う遊佐清春(賀来賢人)。
同じく黒幕を追う才門要(井浦新)は「南武(北村一輝)がホンボシだ」と清春に告げる。
さらに携帯電話の解析から薫は殺害された当日、南武に呼び出されていたことも判明。
捜査一課長でもあり捜査の指揮をとる南武がなぜ…深まる疑惑。
その一方で、南武には事件当日、江國光成(杉本哲太)と海外視察に行っているという鉄壁のアリバイもあった。
相手の弱みを握って利用するのが実に巧かったという南武。
このアリバイの裏には何かがある…そう判断した清春は南武と直接対峙を決意する。
しかし…その現場にはまさかの“裏切り者”が潜んでいた。
誰が真の敵なのか…清春に味方と呼べる存在は本当にいるのか…
人間関係と心理が複雑に渦巻く第4話開幕。

出典:https://www.ntv.co.jp/NNY/story/