ドラマル

『ニッポンノワール』1話のネタバレ感想!3年A組ベルムズの喜志正臣が登場!柊一颯(菅田将暉)も出るか?

2019年10月13日に放送されたドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、碓氷薫の亡骸を横に、遊佐清春が記憶喪失の状態で目を覚ます!
薫殺害の疑いをかけられる遊佐。薫の息子・克喜と共に犯人を探すことになるが…。

関連記事

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』1話のあらすじネタバレ

森の山小屋で、数ヶ月間の記憶を失ったまま目を覚ます警視庁捜査一課碓氷班の遊佐清春(賀来賢人)。手には拳銃、隣に横たわっていたのは班長・碓氷薫(広末涼子)の遺体。後日、死後二日と判明しますが、犯人にされそうな痕跡を消して、その場を立ち去る遊佐。元半グレ集団ベルムズのリーダーKこと喜志正臣(栄信)が、遊佐に渋々協力させられています。
更生を目指している中、遊佐の着衣の焼却(硝煙反応が出る可能性がある為の証拠隠滅?)を実行し、そして、新しい衣服を用意させられます。そこに電話連絡が入り、現場(山小屋)招集される遊佐。

薫殺害現場に臨場していたのは、碓氷班の面々。パーリーピーポーの名越時生(工藤阿須加)、剛腕の江國光成(杉本哲太)、そして、高砂明海(立花恵理)。記憶が飛んでいる遊佐は、この七月に薫が新任班長になったこと自体を承知していません。

捜査会議。――瀬ヶ山署生活安全課から異動して来た宮城遼一(細田善彦)には無断欠勤を問われるなど、疑いの目を向けられます。彼は、魁皇高校での人質立て籠もり事件での功績により、警視庁捜査一課理事官・本城諭(篠井英介)の推薦で一課に異動しています。
宮城は、薫班長に呼び出されて山小屋に行き、そこで、「東堂銀行十億円強奪事件」の関与を問われ射殺したのではないかと遊佐に詰め寄ります。そもそも遊佐は宮城の手柄を横取りすることで捜査一課に引き抜かれていましたから、宮城にはその恨みがあります。また、警察学校時代に同期だった遊佐と宮城は、講師として来ていた薫を誰が落とせるかを賭けていて、その時、彼女と寝たと言い張る遊佐を許せない宮城。宮城の過激な追及が引き金になって、もともと協調性のない問題児軍団と見られている碓氷班は、捜査一課の全刑事を敵に回して大立ち回り。明海だけは、我関せずを決め込んでいて、澄ました顔で化粧直し。

この騒ぎを、警視庁公安部警部の才門要(井浦新)が天井に向けて発砲して沈めます。才門は、警視庁捜査一課長の南武修介(北村一輝)が呼び込んだ人物。身内が殺されれば、当然、内部調査です。才門が、「皆さん、凶器が特定されました」と告げます。N360、「SAKURA(サクラ)」と称されている拳銃です。薫殺しに使われたのは、警察官が使っている拳銃です。

死の直前まで薫が追っていたのは、先月に発生した「東堂銀行十億円強奪事件」。この事件、四名の実行犯は全員死んでおり、その陰には間違いなく黒幕がいるはず。

薫の一人息子・碓氷克喜(田野井健)の面倒を見るよう南武課長に命じられる遊佐。誰が父親か分からないから、お前が面倒を見ろと言われます。それでもゴネていると、薫の子(克喜)は、お前(遊佐)の監視役なのだと念押しされます。が、とりあえずその場から逃走する遊佐。

元刑事・深水喜一(笹野高史)がマスターの喫茶店(bonnaro)で、冷凍ピラフを食べる遊佐。オリジナル栄養ドリンクも飲みます。その横には、体で払っても良いから薫殺害についての有益情報を流せと迫るマスターの娘でフリーライターの深水咲良(夏帆)。そこに高砂明海刑事から遊佐の居場所を教えられた克喜がやって来ます。
喫茶店の三階が、遊佐のネグラです。克喜は、遊佐のピラフを咲良に取り分けて貰い、それを食べます。食後、薬も一錠飲みます。それでも遊佐の部屋に泊まることを拒否された克喜は、近所の叔母の家に行くと言って帰ります。その克喜の嘘を見抜いた咲良が、克喜を母のいない自宅に送り届けます。

母・薫と暮らしていた自宅に戻った克喜。――部屋に誰かが押し入ったのか、室内が乱雑に荒らされています。そんな中、ドアを開ける音が聞こえ、克喜は物陰に隠れます。部屋に入って来たのは才門です。そして、その背後には銃を構えた遊佐。遊佐は薫の部屋に無断で侵入した才門を疑い銃を向けますが、逆に、才門に責められます。
つまり、部屋を荒らした先客の残した煙草の吸殻がコップの中にあって、それは遊佐の吸う煙草の銘柄と同じです。DNA鑑定次第では、住居不法潜入と窃盗罪で捕まります。煙草の吸殻は仕掛けられた可能性もありますし、マンション潜入の証拠になるマンションの監視カメラ映像も既に警察が回収済み。

ここで才門と遊佐は腹を割って話すことになります。才門は、「十億円強奪事件」の黒幕を警察関係者と見ています。が、いま、その黒幕(真犯人)は金を手にしていません。黒幕が隠していた金を薫が探し当て、それを別の場所に隠したと、直接、薫から聞き及んでいた才門。それで、十億円の隠し場所を聞き出そうとした真犯人が薫を殺したというのが才門のヨミ。――この子(克喜)の面倒をしっかり見ろと言って、才門が去ります。

とりあえず、犯人に仕立て上げられないよう、薫殺害時に競馬場にいたという証拠になるフェイク動画を喜志に作らせた遊佐。序に、犯人と思われる人物の映像も喜志に見せられていた遊佐。

母が殺された場所に連れて行って下さいと言う克喜。それで山小屋に入った遊佐と克喜。ところが、山小屋に入った二人は銃で狙い撃たれます。名越が天井から狙い撃って来ます。
本城理事官に「薫殺しは遊佐」と唆(そそのか)されている名越。薫命で生きていた名越は、遊佐を殺そうとしています。そんな名越を取り押えた遊佐が、正当防衛で名越を殺そうとしますが、その瞬間、克喜が発砲し、「あなたが母を殺したんですか?」と名越に馬乗りになっている遊佐に問います。「今朝、目を覚ましたら薫が死んでいたので分からない」と正直に答える遊佐。克喜に自らジャッジしろと言います。それに重ねて、薫が班長就任でやって来た時、「私には愛する息子がいて、その子が笑顔で過ごせる社会を作るのが警察官としての使命」と言ったことを思い出し、それをそのまま克喜に伝える遊佐。克喜は、いつも一人ぼっちにさせられてはいましたが、母に愛されていたことを知ります。

母(薫)が死んだ真相を知りたければ、俺に付いて来いと言う遊佐。お前次第で世の中は変えられると諭します。――克喜は遊佐の部屋で暮らし始めます。山小屋でボコボコにした名越も遊佐の部屋の中に転がされています。で、薫殺しが憎いのなら利害が一致ということで、手を組むことを名越に提案する遊佐。――ロッカーを開けると大きな封筒が落下します。その中には、グロック17という十億円強奪事件で使われた銃と、東堂銀行襲撃計画書が入っていました。改めて、遊佐を強奪事件の一味かと疑う名越。

本城理事官に、宮城刑事が「突入準備完了」を告げます。「遊佐は拳銃を所持している。油断するな」と本城。グロック17という拳銃が遊佐の手にあるのを知っているのは、遊佐の部屋のロッカーに拳銃を忍び込ませた人物のみ。名越は、三階の窓から「本城理事官、助けて下さい」と叫びます。「ナメた真似しやがって、面白くなって来たじゃねえかよ」と遊佐。(第1話/笑えねぇ日々の始まり)

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』1話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

前々回の同枠、「3年A組(魁皇高校)」の人質立て籠り事件から半年後の設定ということで、とりあえず、三名の役者さんの名前が事前に挙げられていました。まあ、それなりの簡単な役どころかと思っていましたら、いきなり半グレ集団ベルムズの元リーダーKこと喜志正臣(栄信)が出て来て、游佐に渋々ながらも協力するという役どころ。彼は、相変わらずフェイク動画も作ります。
次いで、宮城遼一(細田善彦)は、「3年A組」では瀬ヶ山署生活安全課の刑事でしたが、立て籠り事件での功績が認められ、警視庁捜査一課に異動していて、しかも、游佐とは警察学校同期という設定。彼は、遊佐を敵視していて、今後も、何かと突っ掛かるのでしょうね。

で、最後の一人、「3年A組」での本城諭(篠井英介)、警視庁捜査一課理事官。立て籠り事件では、特殊部隊突入の指揮を執ったキャリア幹部の本城は、今回も、宮城を筆頭に多くの部下を従えて遊佐の部屋に突入の構えです。この本城こそが、遊佐を十億円強奪と薫殺害の真犯人に仕立て上げようとしている人物に見えますね。

3年A組ベルムズの喜志正臣が登場!柊一颯(菅田将暉)も出るか?

3年A組の事件から半年後の設定の『ニッポンノワール』。
諏訪唯月(今田美桜)の恋人であり、半グレ集団ベルムズの元リーダーKこと喜志正臣(栄信)が、遊佐清春(賀来賢人)に協力する役で登場!
そして、またしてもフェイク動画を作成…笑。

他にも、ドラマ『3年A組』に登場した宮城遼一(細田善彦)が瀬ヶ山署生活安全課から警視庁捜査一課刑事として、本城諭(篠井英介)が警視庁捜査一課理事官として登場しています。
本城諭は、どうも「東堂銀行十億円強奪事件」に絡んでいそうですね。

さて、3年A組の世界を引き継いだニッポンノワール。3年A組の事件から半年後ということは、柊一颯(菅田将暉)もまだ生きています!

物語のどこかで柊先生が出てくるのか?
他にも3年A組で登場した誰かが出てくるのか?
ニッポンノワールの見どころの一つとなりそうですね。

『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

碓氷薫(広末涼子)殺害の疑いをかけられた遊佐清春(賀来賢人)。
ここ数か月の記憶は綺麗に吹き飛んだように消え去っていた。
殺害された薫が死の直前まで追っていた「十億円強奪事件」の真相。
その犯行には警察関係者が関与していた疑いが浮上していた。

清春の自宅に残されていた「十億円強奪事件」の計画書と犯行に使われた拳銃。
清春は本当に犯人なのか。それとも……。
そしてついに、本城諭(篠井英介)率いるSITが突入する。そのとき清春は……!?
警察の用意周到な包囲網。まだ自らが犯人だという根拠を持てない清春は思う。
『誰かが俺をハメようとしている――』
身内であるはずの警察関係者すべてが怪しく見えてくる。

碓氷班の面々は捜査一課長の南武(北村一輝)から「碓氷薫殺害事件」と「十億円強奪事件」を同時進行での捜査を指示される。
2つの事件の鍵を握るのは薫の一人息子・克喜(田野井健)。
清春は克喜とともに薫が隠した「十億円強奪事件」の証拠を追う。
その捜査の中、本城の娘:芹奈(佐久間由衣)が隠していた「ある秘密」が明らかになる。
そして芹奈は1週間前に今は亡き薫と会っていたという―――。
さらに捜査を進める清春。だがその頃、克喜のもとには“意外な人物”の手が伸びていた……。
清春と克喜を狙う人物の正体は…?
絡み合う2つの事件。入り混じる謎と裏切りに次ぐ裏切り。
登場人物すべてが容疑者のアンストッパブル・ミステリー…謎の連鎖は加速してゆく。

出典:https://www.ntv.co.jp/NNY/story/