ドラマル

『病室で念仏を唱えないでください』9話のネタバレ感想!砂遊びで地固まる!濱田と松本の因縁の出会いも回収

2020年3月13日に放送されたドラマ『病室で念仏を唱えないでください』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、ステージ4の肺線がんである憲次が、治験薬の投薬を開始する!
一方、美咲のオペ後から様子がおかしい濱田に松本が…。

関連記事

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『病室で念仏を唱えないでください』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『病室で念仏を唱えないでください』9話のあらすじネタバレ

濱田達哉(ムロツヨシ)が担当した川崎美咲(中野翠咲)の心臓(大動脈弁形成)手術。その術後、心臓外科学会理事長・大貫義彦(きたろう)の三歳の孫、この美咲の容態が急変(冠動脈トラブル)します。VF(心室細動)に陥ります。
松本照円(伊藤英明)が緊急対応後、駆け付けた濱田の緊急オペが実施されます。美咲の父母の川崎悠人(清塚信也)と百合子(大西礼芳)が手術室前に駆け付けます。しかし、結局、美咲は心肺機能が戻らないまま死去。孫娘を救えなかった大貫は大いに落胆し、学会理事長も大学も辞めることになります。
濱田は、大貫という後ろ盾を失っただけでなく、投資家のリチャード・ポー(近藤公園)には、小児ハートセンター設立融資を見送られます。医療コンサルタントの長谷英人(淵上泰史)には、そもそも濱田の収益見込み数字に間違いがあることを指摘されてしまいます。

小児ハートセンター設立を諦められない濱田は、「もう一度、チャンスを」と、難手術(冠動脈バイパス手術)の公開オペを提案。
あおば台病院理事長の澁沢和歌子(余貴美子)とともに、リチャードと長谷がオペを見つめる中、手術開始から1時間30分前後が経過する頃、突然、濱田の手が震え出します。手術続行不能になります。そこに松本が飛び込み、「救急センターに急患!」を理由に、濱田を手術室が連れ去ります。前立をしていた瀬川修二(安井順平)が、濱田が去った後の手術を引き継ぎます。
公開オペを途中で回避した濱田を見て、リチャードと長谷は、「もう会うことは無い」と、理事長の前から立ち去ります。

「俺は、もう、おしまいだ」と濱田。「諦める。諦めるとは、自分自身を明らかに見つめること」と仏教での教えを説く松本。澁沢理事長は、濱田が、今後、医師でいられるかどうかを懸念しています。

病院庭のベンチに濱田と宮寺憲次(泉谷しげる)。
子供の頃、心臓病に苦しんでいた濱田。病室にいて、隣のベッドの子が次々に死んで行くのを見ていた濱田。その時、自分だけが生き延びていることでの罪悪感のようなものが芽生えていた濱田。
そんな濱田の話を聞いて、宮寺が語ります。友人の救急医が子供時代に友達を釣りに誘って死なせてしまい、それで、その溺死事故当時、カナヅチだったのに、その後の猛特訓で学生時代に水泳日本一になったこと、そして、大人になって医者になったことを語ります。で、「それが罪の意識からだとしたら、辛いだろうな」と、宮寺が言います。
それに対して濱田が、「辛いということではなく、人を救うことで自分自身が救われている」と、応じます。どうやら、濱田と松本の根っ子は同じです。

入院して、ステージ4の肺腺癌治療を峯山医師(吉田ウーロン太)による治験薬投与と決めた宮寺に外出許可が出て、松本と釣り堀へ。宮寺が「今度、釣りに連れて行ってくれ」と松本に言っていて、松本がそれに応えました。
釣り堀では、哉を釣に誘わなければ良かったと悔やむ松本。哉に釣を教えなければ良かったと悔やむ宮寺。哉の事故以来、互いに釣りを避けて来ましたが、もっと早く一緒に泣き、苦しめば良かったと語り合います。

宮寺の第一回人生会議。
精一杯生きつつも、死ぬ準備をしようという病室内の会議です。宮寺の望む終末の形を聞いておこうということです。
宮寺のベッド脇には松本のほか、妻の早苗(長野里美)、娘のあや(土村芳)もいます。宮寺は、自分の意識が無くなって判断が難しいという時、その時は全ての判断を松本に任せたいと言います。で、その後、宮寺の容態は安定し退院。あとは通院治療ということになります。

急死してしまった美咲の母・百合子が濱田に、改めてお礼の言葉を伝えに来ます。濱田の作った手編みパンダが大好きだった美咲を思い出して泣く百合子。外に連れ出していっぱい遊ばせてあげたかったのに、体に障るからとそれが出来なかった母。「いいんです、泣いてください」と、百合子に松本が言います。

患者への説法を終えた僧衣姿の松本の元に濱田。濱田は何もかも分からなくなったと松本に言います。「頑張っても手が動かない、どうしょうも無い。修行すれば手が動くようになるのか?」、「念仏を唱えたら好いのか?」と松本に噛み付きます。
「行くぞ!」と、松本が濱田を病院近くの公園の砂場に連れ出します。砂遊びが大好きだった美咲を思い、二人で砂の山をドンドン盛り上げます。

「悔しいな。ハートセンターを作る為に大学を辞めたんだからな」と濱田が言います。が、それを遮る松本。「違うだろ。美咲ちゃんを救えなかったことが悔しいんだろ」と、松本。「悲しいな。もう一度、美咲ちゃんを砂場で遊ばせてやりたかったな」と、言葉を繋ぎます。濱田の頬に涙が伝わります。砂場には、濱田と松本の手で、大きな砂のパンダが出来上がります。

その時、急性大動脈解離手術を要する救急患者がセンターに搬入され、この手術を濱田に一任する松本。
しかし、そこでもやはり、濱田の手の震えが発生します。美咲の手術前後からの濱田の手の異変は納まっていません。その時、松本の念仏(お経)が濱田の背後で始まります。と、濱田の手の震えが止まって、手術成功。破れた大動脈は人工血管で繋がります。患者の母親が、濱田に礼を述べます。「いえ、助けられたのは僕の方です」と、濱田が応じます。

それなのに、松本に面と向かっては、オペ中の念仏(お経)は止めて欲しいとクレームを付けます。濱田は、「迷惑、迷惑…」と念仏のように繰り返し、松本の前から去ります。

通り魔事件発生で、松本らは緊急出動。
一方、通院治療ということで自宅に戻っていた宮寺が、突然、倒れ込み、次回最終話へ。

スポンサーリンク

『病室で念仏を唱えないでください』9話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

最初は、ちょっとしたトラブルがあったりして、どうなることやらという感じになっていましたが、ここに来て完全に持ち直しましたね。
第1話に出演していた「病棟クラーク」役が降板して、既に撮り終えていた第2、3、4話(?)を、出演シーンカットという編集で乗り切ったということでしたが、そういう事情もあって、最初の数話が、かなりバタバタした感じになっていました。
進行役であり、一般感覚による当初のミスリード要員であり、最終的に主人公の松本の気持ちを補足説明する役どころの世話係が「病棟クラーク」ということだったのでしょうから、これは、かなり重要な役どころ。それがいなくなったのですから、大変なこと。

病院スタッフとしての「病棟クラーク」は不在になりましたが、今になって、人間関係の繋ぎについては、それは宮寺憲次役の泉谷しげるさんが果たしているように見えます。
最終話に向け突然、自宅で倒れますが、再び入院ということになり、それで松本と濱田の関係性をより円滑に導いてのハッピーエンディングと予想します。

砂遊びで地固まる!濱田と松本の因縁の出会いも回収

9話は完全にムロツヨシさん扮する濱田達哉の回でしたね。

美咲ちゃんを助けられなかったことを悔やみ続ける濱田を、美咲ちゃんが好きな砂遊びへ誘う松本。
濱田先生の涙を流しながらのパンダ作りが泣けました。

その帰り、道に倒れている人を発見して駆け寄る松本を押しのけて、支持を出す濱田。
これで2人の因縁も回収されました(濱田の一方的な因縁ですが…)。

無事にオペを終えて「念仏を唱えるな!」と松本に嫌味を言う濱田先生。
「患者を救いたい!」という強い気持ちを互いに持つ濱田と松本ですが、医師として認め合ったとしても、やっぱり犬猿の仲じゃないとつまらないですよね。

『病室で念仏を唱えないでください』10話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『病室で念仏を唱えないでください』10話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

通り魔事件が発生し、松本(伊藤英明)・吉田(谷恭輔)・田中(片寄涼太)・児嶋(松本穂香)・長見(うらじぬの)ら救命救急センターの面々がドクターカーで現場に急行した。
心臓部を刺されてショック状態の被害者・木村敦子(菅井玲)の傍では、娘の尚(谷花音)が必死に母に呼び掛けていた。 
すると、近くで刃物を持った犯人の男を見た松本は、思わず犯人に駆け寄り揉み合うことに。
あおば台病院では、搬送された犯人と敦子の緊急手術が行われたが、敦子の娘・尚に松本は「なぜ、犯人を助けるのか」と強く責められてしまう…。

一方、松本が父のように慕う憲次(泉谷しげる)が、自宅で倒れ搬送されて来た。
ガン治療に前向きに取り組んできた矢先のことだった。
すでに、ガンが転移して治験薬が効かなくなっていると担当医から聞いた松本は、意を決して自ら憲次に話をする覚悟を決める。
医師とは何か、救うとは何かについて思い悩む松本に、三宅(中谷美紀)や濱田(ムロツヨシ)は…。

出典:https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/story/