ドラマル

『病室で念仏を唱えないでください』5話のネタバレ感想!宮崎美子の役名が「弁天祥子」と遂に判明!

2020年2月14日に放送されたドラマ『病室で念仏を唱えないでください』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、謹慎中の松本が、師匠・円明の昔からの友人、石川祐三を診ることに!
祐三が延命治療を望んでいないことを、家族から聞いた松本は…。

関連記事

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『病室で念仏を唱えないでください』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『病室で念仏を唱えないでください』5話のあらすじネタバレ

小学校教諭・植木洋(松角洋平)がタクシーで運び込んで来た品川愛羅(石田凛音)は子宮外妊娠をしていて、その悪化により、松本照円(伊藤英明)の緊急対応も虚しく死亡。
愛羅の母・結花と、その再婚相手の翔が、あおば台病院にやって来た折り、感情に任せて翔を殴った松本。が、性的虐待裁判での心証がより悪くなるということで、義父(翔)は被害届を出しません。それで、とりあえず警察に逮捕拘束されることは免れますが、理事長の澁沢和歌子(余貴美子)からは、無期限謹慎処分が言い渡されます。

謹慎中の松本は、師匠の円明(団時朗)の旧友(将棋指し仲間)、石川祐三(品川徹)が老衰で臨終が近いと知り、円明の弟子、唯円(葵揚)とともに石川家を訪ねます。主治医がギックリ腰で動けないということなので、在宅看護患者の終焉に立ち会います。
石川祐介(温水洋一)、美津子(榊原郁恵)らの石川家とその親族一同は既に達観していて、本人の希望通り延命治療を拒否。松本は何もせずに、祐三を見送ります。

日本心臓外科学会理事長、大貫義彦(きたろう)の「AIテクノロジーと臨床現場の融合」という講演会に、濱田達哉(ムロツヨシ)は、瀬川修二(安井順平)を伴って出席。
現在、日本の心外医師は約百人。その内、高度なオペが可能な医師は数十人。このままだと小児心臓外科のオペが今後不可能になると嘆く大貫の講演です。
講演後、大貫は濱田を呼び止め、何故、清明大病院から民間出向しているのか問います。大貫は、優秀な心外医師の引き抜き工作を画策している濱田の企みに何となく気付いているようです。

濱田の企みとは、膨大な利益が見込まれる「心臓血管外科」の「専門医認定修練施設」の建設です。これは澁沢理事長との共同作戦です。
三年以内の実現を目指していて、理事長が濱田をあおば台病院に呼び寄せていました。集めた出資金は既に15億円に達していますが、建設費を含む予算総額は40億円。永田町への喰い込みも急務ですが、心外医師の引き抜きのほか、その資金集めは澁沢と濱田の最重要課題になっていて、それにつけても、この両者は収益度外視の救急センターの縮小どころか廃止を望んでいます。

宮寺憲次(泉谷しげる)に誘われた居酒屋で、松本は、「哉が溺死したことは忘れ、医者として頑張れ」と励まされます。哉の妹・あや(土村芳)も居酒屋に現れ、そして、三人での帰り道、工事現場事故に遭遇。
松本は、どんな時でも医師としての役目を果たそうということで、宮寺と飲む時でも、何時でも、ウーロン茶を飲んでいました。酒を飲んでいるように見せて、謹慎中であっても、実はウーロン茶を飲んでいるのを宮寺は知っています。松本は、事故現場内部に駆け付けます。

事故にあって不安定骨盤骨折している患者(浅木)を病院に搬送し緊急オペです。
救命救急センター長の玉井潤一郎(萩原聖人)が、「謹慎中なのに手術したということになれば、クビになる」と松本を一旦は制止。そこに、澁沢理事長がやって来て、松本の正式復帰を認めます。
手術が完了して一段落。整形外科医の藍田一平(堀内健)は、本来の持ち場に帰ります。藍田は、松本に「キャバクラをおごるから」と唆(そそのか)されて、松本不在中の救急センターを助けるように依頼されていました。藍田は松本に「来週な!」と念押しして、整形外科に戻ります。
児嶋眞白(松本穂香)にも、救急センターへのフォローを感謝し、心外に戻るよう促しますが、「来ちゃった私、救急に」と眞白が言って、それで自身の謹慎中に眞白が心外から救急に、正式に異動になったことを知る松本。

不安定骨盤骨折の手術が成功した浅木が、三宅涼子(中谷美紀)に恨みをぶつけます。
「あのまま死んでいたら、保険金が入って工場の借金が返せた。それで家族だけは守れた」と言う浅木に、「命を救うのは医師の仕事です」と涼子。それに対して、「あんた、鬼だな」と、浅木。落ち込む涼子。そんな涼子を見て、浅木の担当医を松本が引き受けます。

宮寺憲次が肺癌(はいがん)の宣告を受けたようです。
「治療は受けない」と言い張る父の憲次に困惑した娘のあやが、松本に電話。松本が宮寺家に駆け付けますが、憲次は全く平静を保っています。

スポンサーリンク

『病室で念仏を唱えないでください』5話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

無責任に一瞥するに、PTSD(心的外傷後ストレス障害 ) とADHD(注意欠如、多動性障害)を抱え込んでいるように見える僧医の松本照円。

親友の溺死を救えなかったことを悔いて医者になり、そして、僧になった松本。親友の父(宮寺憲次)からは、息子のことは忘れて生きよと言われますが、そうなると、おそらく、更にADHDが顕在化する可能性があるかも知れません。注意力欠如と衝動的な多動性が浮かび上がり、それは僧医にとって誠に不都合。
つまり、今の松本にとって、PTSDというのは、僧医としての立場を保つ都合の良い方便になっています。医師として致命的なADHDを隠蔽する手段として、PTSDがあります。
そんな中、死んだ親友の父は、PTSDを引き合いに出さなくて良い生き方を提案します。それが、たぶん、衝動的に人を殴らなくて済む生き方になります。松本にとって、幸せな生き方になります。

いずれにしても、まだまだ、僧医として何かが出来るはずという思い込みの強い松本がいます。
しかし、自身の力で何かが出来るとか、自身の力のみで悟りが開けるという考え方は人として傲慢なのだという考えが仏教なんですね。そういう意味で、師の友・石川祐三を、「何もせずに見送る」ことにしたのは正解です。お釈迦様に比べれば、人は皆、「悪人」なのです。
つまり、自力本願は不可能なので、是非、他力本願に徹しましょうというのが仏教の教え。神でもないのに、何かが出来るとか、最善の道を提示できると思うのは、仏の道ではないのでしょうね。何だか、禅問答のようになってきて、着地点を見付けるのが困難な展開になりつつあります。今後の、制作側の力技に期待したいと思います。

宮崎美子の役名が「弁天祥子」と遂に判明!

宮崎美子さん扮する掃除のおばちゃんの名前が遂に明らかに!
なんと、「弁天祥子」というなんとも縁起の良いお名前でした。

宮崎美子さんに掃除のおばちゃんをさせるという贅沢な配役が、チラホラ話題にあがってはいましたが、名前が分かりスッキリしました。

きっと、「弁天祥子」という名前が出てきたということは、何かストーリーに大きく関わってきますよね?
弁天様が倒れるというまさかの展開が起こってしまうのでしょうか。
今後の弁天祥子に注目ですね。

『病室で念仏を唱えないでください』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『病室で念仏を唱えないでください』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

幼馴染の父・憲次(泉谷しげる)から、手術では取り除く事が出来ない肺腺癌にかかっていることを告白された松本(伊藤英明)は、延命治療を拒む憲次に治療を受けるべきだと薦める。だが、医者として治療を薦める松本は、憲次は「お坊さんとしてなら?」と問われると、延命治療をせず親族に看取られ亡くなった石川の姿が脳裏をかすめ、医者として、僧侶として思い悩む。

あおば台救命救急センターのスタッフルームでは、転科してきた児嶋先生(松本穂香)を囲んで和やかな時間を過ごしていた。すると、いつものようにホットラインが鳴り、倒壊事故で意識不明の30代の男性と60代の男性二人を受け入れることに。さらに、新たにボウリング場でケガをしたという40代の男性も搬送されてきたが、救急車から運びだされた患者は、なんと整形外科医の藍田先生(堀内健)だった…!?

松本・児嶋・吉田(谷恭輔)・長見(うらじぬの)らが懸命に処置を続けていると、先にホットラインが入っていた倒壊事故により意識がない患者・和田洋平(吉沢悠)が搬送されてきた。アラーム音が響く危機的状況の中、洋平の処置に入った三宅(中谷美紀)は愕然とする…。

ある日、濱田(ムロツヨシ)は、理事長の澁沢(余貴美子)から、状態が悪くリスクは大きいが、病院の宣伝に使えると大物芸能人御代田(藤井隆)の手術を持ち掛けられる。 いよいよオペの日、オペの見学に行った児嶋は、患者のある異変に気が付く…。

出典:https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/story/