ドラマル

『病室で念仏を唱えないでください』4話のネタバレ感想!松本照円の鉄拳に賛同!義父の卑劣な虐待に怒り殺到

2020年2月7日に放送されたドラマ『病室で念仏を唱えないでください』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、ジム帰りの松本が、公園で変質者と間違われ警察に通報されてしまう!
その後、松本が公園で虐待を疑った少年の姉・愛羅が、あおば台病院に運ばれてきて…。

関連記事

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『病室で念仏を唱えないでください』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『病室で念仏を唱えないでください』4話のあらすじネタバレ

緊急オペを終えスタッフルームに戻った松本照円(伊藤英明)ほか救命救急スタッフは、心臓血管外科医の児嶋眞白(松本穂香)の応援に感謝します。
しかし、疲労困憊の吉田太郎(谷恭輔)や研修医の田中玲一(片寄涼太)は、「全ての患者を受け入れたい」という松本の考え、全ての命を漏らさず救済しようという千手観音的手法を否定します。センター長の玉井潤一郎(萩原聖人)、三宅涼子(中谷美紀)、更には、ヘルプ参加していた整形外科医の藍田一平(堀内健)も、松本には同調しません。

その一方では、救急での応援手術の成功でホッとしている眞白に、濱田達哉(ムロツヨシ)が、今後の手術では第一助手に入って貰いたいので、救急には関わらないよう厳命します。
誰がやっても良い(できる)手術ではなく、自分しか救えない患者に手を差し伸べたいというのが心外としての濱田の考えです。

救命救急センターに、銀座クラブの雑居ビル階段から酔っ払って転落した長沢功一(本並健治)が運び込まれます。
血栓症なのか抗凝固薬を所持している功一の開頭血種除去、並びに開頭減圧手術が急がれます。検査により、急性硬膜下血腫、外傷性クモ膜下出血が判明して、脳外に連絡。松本の立ち合いの元、専門医による手術が実施されようという時、長沢の妻・奈穂(中島ひろ子)が、手術中止を訴えます。
功一の予後が思わしくないという、廊下での吉田と田中の会話を聞き付けた奈穂と、その娘の沙織(美山加恋)。奈穂は手術に大反対です。
確かに植物人間になる可能性があり、それで動けなくなった功一の介護が嫌だと言う奈穂。松本の説得により、娘の沙織が母を抑え、父親の手術を依頼します。

それと前後して、濱田が、眞白に心臓血管外科手術を命じます。で、濱田の採点で、64点を獲得。60点以上の合格で、次の課題手術は「VSD」(小児の心室中隔欠損を治す心臓外科手術)です。子供の手術と聞いて、ビビる眞白。

夜、ジム帰りの松本は、小学二年生の品川凱斗(齋藤絢永)と公園で遭遇。凱斗の手が腫れています。体には不自然な赤みや傷があります。虐待を疑わせています。が、「転んだ」としか言わない凱斗の身体症状を調べる松本を見た通りがかりの主婦が、変質者が子供に悪さをしているといると警察通報。
警官に取り抑えられる松本。眞白がたまたま通りかかって、変質者疑惑が晴れます。

凱斗から、虐待を疑っている医師がいると聞いた小学校教諭・植木洋(松角洋平)が、松本を訪ねて来ます。それで、シングルマザーだった水商売の母親(結花)が、最近、若い男(翔)と結婚して、その男が凱斗を虐待している可能性があることを知ります。

「ザギン(銀座)の功ちゃん」と呼ばれている浮気性の功一。酔っ払って、クラブの階段から転げ落ちた功一。毎日、ICUに見舞いに来る娘の沙織と会話する田中が、功一の皮下出血に気付きます。
DIC(血管内凝固症候群)の兆候に田中が気付き、その対応が迅速に運び、命が助かります。が、妻の奈穂が見舞いにICUに来ないことで、「本当に(家族を)助けたことになっているのか?」と考え込む田中。
しかし、実は、奈穂は毎日病院に来ていました。功一に会うのが怖くて、ICUには入れませんでしたが、病院の屋上、図書コーナーなどに、毎日いました。
松本が、奈穂をICUに呼び入れます。

カッコを付けて生きて来た浮気性の夫。美人秘書、クラブのママからお見舞いに行きたいという連絡を受けていた妻の奈穂。しかし、夫の功一は、きっと、カッコ悪く情けない姿を秘書やママに見せたくないはずなので、それを断っていた奈穂。
「これからは、私の指示に従って貰いますからね。覚悟してね」と言って、奈穂が、何時、目覚めるのか分からない功一の手を握ります。それがスイッチになったのか、功一が目覚めます。植物状態を脱して、意識回復します。功一の皮下出血に気付いた田中のファインプレーで、奇跡が起きました。

「もう少し、あおば台病院で研修を続けたい」と父(脳外の権威)に電話する田中。「脳外の加藤教授には自分から連絡する」という言葉を最後まで聞こうとせず、父に電話を切られます。

その夜、一度、凱斗の件で病院に来たことのある植木先生が一人の女の子をタクシーに乗せてやって来て、緊急救命に運びます。
女の子は凱斗の姉・愛羅(石田凛音)です。
虐待の疑いありとして擁護施設に預けられていた愛羅と凱斗が久し振りに登校して、そして、愛羅が腹痛を訴えて倒れたのだと言います。
検査の結果、愛羅は子宮外妊娠していました。懸命な回復延命処置にも拘らず、愛羅は心停止で死亡します。「ごめん。先生は、助けられなかった」と、泣き崩れる植木先生。

愛羅と凱斗の母親、結花と、その再婚相手の翔が病院に暢気(のんき)にやって来ます。「あいつ(愛羅)の方から誘って来たんだ」と言い訳する翔に、松本の右パンチが放たれます。
三宅涼子が描いた千手観音の絵、「感情的にならない」と注意書きされている絵が、壁から床に落ちます。松本に無期限謹慎処分が下ります。

スポンサーリンク

『病室で念仏を唱えないでください』4話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

どうやら、当初の段階では、千手観音のように全ての命を漏らさず救済するというのは、松本のエゴということになります。それをやろうとすれば、必然的にリスクが伴います。危険な賭けにもなります。自身だけでなく、周囲の協力者、患者、病院に対して、リスクを押し付けます。
幼少期、親友の溺死を目の当たりにして、それがトラウマになっている松本。友人を救えなかったという贖罪の気持ちが千手観音的振る舞いに向かわせているとすれば、それは自己欺瞞です。
友人を救えなかったという、その至らなさを少しでも赦(ゆる)して貰おうという行為は、つまり、今苦しんでいる自身を助け出そう(救い上げよう)というエゴ(自我、利己主義)なのではないかという解釈も成り立ちます。自身の救済(赦し)を目的として、無関係な周囲の人々を巻き込んでいることになります。

が、結局、研修医の田中は、そういう松本に自己欺瞞の克服を促すのではなく、松本の千手観音的生き方に同調します。
ですが、松本の「精神の自由」が社会的不適合を呈していて、無期限謹慎です。仏の「道」は、ことのほか険しいです。

松本照円の鉄拳に賛同!義父の卑劣な虐待に怒り殺到

あんな義父なのに、「自分が悪い」と言いながら死んでいった愛羅ちゃん。フィクションですが、悔しくて・許せない気持ちで一杯になりました。

義父への松本照円の鉄拳は仕方ない!?
ネット上では、鉄拳炸裂に賛同一色ですね。

ちょっと前まで、田中玲一(片寄涼太)と照円(伊藤英明)の関係修復にほっこりしていたのに、落差が凄すぎます。

照円は警察の前で殴ってしまったので、無期限出勤停止となってしまうようですが、気になるのは愛羅ちゃんの弟・凱斗くん。
愛羅ちゃんの分も幸せになってもらいたいですね。

『病室で念仏を唱えないでください』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『病室で念仏を唱えないでください』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

虐待によって救急に運び込まれ、亡くなってしまった少女。その少女を虐待していた義父に怒りを抑えられず殴ってしまった松本(伊藤英明)は、警察に逮捕された挙句あおば台病院から無期限の出勤停止処分となってしまった。

そんな中、謹慎中の松本は、師匠・円明(団時朗)の昔からの友人、石川祐三(品川徹)が老衰で臨終が近いと知らせを受けたことを知り、直ぐに医療用具を持参し円明の弟子・唯円(葵揚)と共に石川家へと向かった。だが、死を覚悟した様子の石川家の家族たちを前に、医者として、僧侶として、何かできることはあるのかと松本は葛藤するのであった。

一方、濱田(ムロツヨシ)の反応を気にしていた心臓外科医の児嶋(松本穂香)が救命救急への配置換えを直訴し、転科してきた。しかし、謹慎中の松本は知る由もなく…。

ある夜、憲次(泉谷しげる)に誘われ一緒に飲みに行くと、もう息子・哉が川遊びで溺死したことは忘れ、医者として普通に頑張れと憲次から励まされる。その帰り偶然にもビルの工事現場で事故を目撃した松本は…。

出典:https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/story/