ドラマル

『病室で念仏を唱えないでください』1話のネタバレ感想!永山竜弥への念唱シーンがインパクト強すぎ!

2020年1月17日に放送されたドラマ『病室で念仏を唱えないでください』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、乗用車による交通事故で救急患者が運び込まれることに!
救命救急医の松本照円らは、一刻を争う事態の中、患者の処置にあたっていくが…。

関連記事

ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『病室で念仏を唱えないでください』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『病室で念仏を唱えないでください』1話のあらすじネタバレ

あおば台病院救命救急センターに、交通事故による救急患者6人が運び込まれます。事故にあった患者は、軽傷者、妊婦、心肺機能停止(CPA)者など様々です。制服姿の女子高生、及川結衣(飯窪春奈)も事故に巻き込まれ、彼女が携帯で119番通報しています。
救命救急センターの三宅涼子(中谷美紀)、研修医の田中玲一(片寄涼太)、整形外科医の藍田一平(堀内健)らが処置に追われる中、僧衣にスニーカーの松本照円(伊藤英明)が走り込んで来ます。

松本は、事故を起こした車の助手席にいた谷村容子(hitomi)の処置にあたります。折れた肋骨での心損傷の可能性もありますので、まずは、開胸手術になります。そこに、容子の息子、谷村将太(大西利空)が駆け付けます。
運転していた男性は、救急治療も虚しく多発外傷で死亡。その妻、太田みどり(黒沢あすか)が病院に駆け付け、夫の車に同乗していた容子の存在を知ります。で、救命救急センター長の玉井潤一郎(萩原聖人)と病棟クラークの小山内みゆき(唐田えりか)に向かって、「これは浮気?」と尋ねます。その遣り取りを、たまたま聞き付けた将太は、心臓の動きを辛うじて取り戻して、あとは脳外科での施術ということになっている母を「自分たち兄弟を捨てるつもりの浮気なのか」と罵ります。母の大切さを諭す松本の「説法」に耳を貸しません。渡された数珠を床に放ってバラバラにします。

歩行者4人、それに車に乗っていた2人が緊急搬送されたこの事故というのは、右足切断だけで命が助かった大麻所持の土浦まさし(永山竜弥)が、赤信号を無視して自転車で横断歩道に入ったからでした。それを避けようとした車が、周囲の歩行者をなぎ倒しました。

処置後、ICUに入っていた容子でしたが、翌日に容態が急変。既に脳外科では頭蓋骨を外して脳内を減圧。出血は、ほぼ収まりましたが、脳の膨張が酷く脳ヘルニアになる可能性が高い容子。自発呼吸無し、瞳孔の対光反射無し、脳波消失で、「脳死」状態。

容子と離婚している夫の妹、真奈美が涼子と松本の元を訪れます。真奈美は容子にとって義理の妹ですから、容子の脳死判断は出来ません。松本は、将太に、容子が人工呼吸器を外せば生きることができない状態であることを告げ、このまま人工呼吸器で延命するか、それとも、ドナーとして臓器提供をするか」の選択を迫ります。それを横で聞いていた涼子は、13歳の中学生に、母親の生死の選択を迫る松本の残酷さを叱責。
が、真奈美によれば、将太(弟の啓太も)と容子は血の繋がりがありません。将太たちは、元夫の兄の子供なのでした。兄の死後、その嫁(実母)が育児放棄して、それで容子が当時3歳の将太と、その弟の啓太を養子として受け入れていたのでした。それを聞いた将太は、だからこそ、容子が、今になって自分たちを捨てようとしていると考え、ますます憤りを募らせて病院を立ち去ります。

人工呼吸器で延命している容子の状態が更に悪化。心臓マッサージを続ける松本が、将太を呼びます。真奈美の携帯をスピーカーにして、将太を病院に急がせます。将太と啓太がICUに入ります。松本の心臓マッサージが続いてます。
「母さん、ありがとう」と言って、将太が、心臓マッサージの松本の手を止めます。涼子が死亡確認します。容子の手を握る将太と啓太か涙を流します。

太田みどりの夫と洋子は、浮気をしていたわけではありませんでした。みどりが、それを涼子と松本に報告に来ます。――みどりの夫は、児童相談所に児童福祉士として勤務していたことがあり、その当時、みどりの夫が、将太らと谷村容子との養子縁組の担当でした。そして、事故の1ヶ月ほど前、相談所に容子からの相談要請があり、それで、それを受けた窓口担当が、かつて容子の担当だったみどりの夫に連絡。容子の相談というのは、実の母が、今になって、将太らを引き取りたいと言って来て、その対応についてのこと。
児童福祉士のみどりの夫が、一番、実母のことを知っているので、両者の話し合いの立会人として同席することになった模様。で、容子を車に同乗させて、将太兄弟の実母に面談に行こうとしていた折りの事故だったのでした。
その話を全て将太に告げる松本。真実を知った将太は「ありがとう」と松本に言います。「あるがままが喜ばしいこと」という意味での「有り難さ」を説法していた松本でしたが、その心が、どうやら将太に伝わったようです。

将太は、叔母さん(真奈美)の将来の結婚に配慮して、叔母さんの世話になることを辞退。また、実の母にも会わずに、兄弟揃って児童養護施設に入るという決断をします。会ったら、実母に対して、「何故、自分たちを捨てたのか?」と責めることになるのが嫌なのです。また、それ以前に、なにより容子の子でいたいと思う将太。自分の行く道を自ら選択できた将太。

真奈美が容子の「死亡診断書」を受け取りに病院を再訪。
容子は生活が大変な中、受取人を将太らにした保険に加入していました。保険金の受取り手続きには、「死亡診断書」が必要なのです。

それと前後して、心臓血管外科所属の児嶋眞白(松本穂香)の上司として、濱田達哉(ムロツヨシ)が清明医大からの出向でやって来ます。
永井厚生大臣の推薦と理事長の澁沢和歌子(余貴美子)の要請によるものです。
高名な医師の民間出向ということで、テレビの密着取材クルー(丸山ゴンザレス)が、あおば台病院に入ります。
濱田の鮮やかな手術現場にも密着します。最後、濱田は、「民間病院移ってもやるべきことはひとつ。患者さんを笑顔にすること」という決め台詞で締めくくります。

病院庭のベンチ。
「ありがとう」と将太。「有難い」と合掌する松本。急患の呼び出しで立ち上がる松本に、「頑張って」と、手作りの数珠を松本に手渡す将太。

スポンサーリンク

『病室で念仏を唱えないでください』1話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

結局、車を運転していた死んだ男の妻・太田みどり(黒沢あすか)の「マッチポンプ」話という感じになりましたね。
車の運転中に事故死した夫と助手席にいた容子の「浮気」を疑い、息子の将太を地獄に突き落とした形にしておいて、後になって、かつて夫が児童福祉の仕事をしていたことを思い出したみどり。事故当時、容子と将太の実母との面談立会人という立場だったみどりの夫。面談現場に、容子を同乗させて車で向かっていた夫。現在、児童相談所勤務を止めているのなら、立会人という仕事はプライベート内でのこと。容子を車に乗せることについては、事前に妻に告げておくべきで、そうしておけば、妙な疑いを持たれなくて良かったわけですね。

あとは、煩悩の塊の生臭坊主という設定が面白いです。回りの空気は読みませんし、ひとり合点が多い松本。プールで見かけた水着女性に向けた視線がいやらしくて、そして、翌日に遅刻。「雑念が払えずに寝付けなくて、それで寝坊」したというバカバカしさも面白い。

永山竜弥への念唱シーンがインパクト強すぎ!

泣けて、笑えて、唖然とする怒涛のドラマでしたね。
1話では、子役・大西利空くんとのやり取りに感動させられ、煩悩の塊・松本照円(伊藤英明)に笑い、照円の院内に轟く念仏?呪い?に唖然とさせられました。

悪人・土浦まさし(永山竜弥)に対して唱えられた「ノウマク サンマンダ バサラダン…」という念仏。ドラマ内の人物だけでなく、視聴者も開いた口が塞がらない状態になったのではないでしょうか?
インパクト強すぎましたね。除霊かな?

恐ろしさのあまり藍田一平(堀内健)にしがみつき、すすり泣きはじめる土浦まさしの気持ちが分かるほどの念唱。
一体、あの念仏の言葉にはどんな意味があったのか、知りたいですね。

ところで、土浦まさし役を演じた永山竜弥さん。永山瑛太さん、永山絢斗さんのお兄さんだったんですね。
永山瑛太さんと見間違えてしまいました。
いい悪人っぷりでしたね。照円の念仏で改心すればいいのですが…。

『病室で念仏を唱えないでください』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『病室で念仏を唱えないでください』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

この日も、朝からあおば台病院の救命救急センターには、次々に急患が運び込まれていた。交通事故による大怪我で運ばれてきた患者・宮島隆弘(ナオト・インティライミ)は、意識が朦朧とした状態で、医師の三宅(中谷美紀)はじめ、研修医の田中(片寄涼太)や看護師の堀口(土路生優里)が処置にあたっていた。さらに処置室の奥では、自宅で倒れ運び込まれた女性患者の処置に、松本(伊藤英明)、吉田(谷恭輔)と看護師・長見(うらじぬの)たちが担当。その女性患者は、大動脈瘤が破裂していたため危険な状態で心外に応援を頼んだが、手術中ということで心臓血管外科医・濱田(ムロツヨシ)に無下に断られてしまう。松本は三宅の応援もあり、緊急手術を決め、腹部大動脈瘤破裂の重症ながら一命を取り留めることが出来た。しかし、センター長の玉井(萩原聖人)からは、そういう場合は他に回すようにと言われ、救命救急センターのスタッフは、オペの応援要請に答えてくれない濱田(ムロツヨシ)に不満を募らせていた。

ある日、出勤した松本の元に、川で中学生男子が溺水という ドクターカーの要請が入った。松本の過去を知る三宅は「私が行こうか?」と気に掛けるが、松本は「僕が行きます」と名乗り出る。
現場でレスキュー隊員が少年・岡崎勉(渡邉蒼)を発見し、真冬でも構わず川の中に駆け込んでいく松本。 低体温・心肺停止で危険な状態の勉の心臓マッサージをしていると、勉と同じ制服を着た少年・丸山(田中奏生)が目が合ったとたん逃げていくのに気付く。
病院内に運び込まれた勉は、ICUで母親の真理子(島袋寛子)が付き添う中、低体温療法を受けていた。松本は、真理子に勉が握っていたペンケースを渡す。それを確認した真理子は、亡き父親からプレゼントされたボールペンがなくなっていることに気づく。その後、病院内で逃げる丸山を見つけた松本は、彼を追いかけるが…。

一方、救命救急センターに、指定病院を17件も断られたという患者の受け入れ要請が入った。今にも破裂しそうな腹部大動脈瘤のその患者は、ホームレスだという。
救命救急のスタッフは、手術中の濱田に応援を求めるが、患者がホームレスだと知ってまたもあっさりと断りを入れられてしまう。しかし、濱田の下で働く医師・児島(松本穂香)は、松本を手伝うか迷っていた・・・。

30年前に自らに降りかかった出来事と勉たちを重ね合わせる松本。
止まった時間を動かすことができるのか…?

出典:https://www.tbs.co.jp/nembutsu_tbs/story/