ドラマル

『なつぞら』第23週(133話~138話)あらすじネタバレ【なつよ、天陽くんにさよならを】

2019年9月2日から放送されたドラマ『なつぞら』第23週「なつよ、天陽くんにさよならを」のネタバレを含む133話~138話のあらすじと感想を、放送後に詳しくお伝えしています。

第23週では、体調を崩し、入院していた山田天陽が逝去!
なつは、天陽からのメッセージを受け、アニメーターを続けることを決意し…。

関連記事

『なつぞら』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『なつぞら』第23週(133話~138話)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『なつぞら』第23週のあらすじネタバレ

第133話:魔王のいざない

昭和48(1973)年 夏。
坂場なつ(広瀬すず)が作画監督を務めるテレビ漫画「魔界の番長」の放送が始まりました。
しかし、優(増田光桜)はその暴力的な内容に目を背けてしまいます。これに戸惑いをみせるなつ。

神地航也(染谷将太)もまた、「魔界の番長」をみて、日本のテレビ漫画は悪化の一途を辿っていると憂います。
そして、東洋動画を辞めてマコプロへ行くという神地。
今はまだテレビ漫画しか扱っていないマコプロだけれど、ゆくゆくは映画作りもしたいと意気込んでみせます。

帰宅後、坂場と神地についての話をして、「マコさん(貫地谷しほり)はまるで魔王のように、みんなを取り込んでいく」と嘆くなつ。
すると坂場も、なつにマコプロへ来ないかと打診してきました。
近々、「大草原の小さな家」(アメリカ西部の開拓時代、そこに住む一家の生活を子供の視点から描いた物語)を、テレビ漫画化する計画があるという。そこで、なつの力が必要だと訴える坂場。
しかしなつは、恩のある仲 努(井浦 新)たちを裏切れないと、東洋動画を辞める意志が無いことを伝えたのでした。

8月。
山田天陽(吉沢 亮)は一時退院したものの、また体調を崩してしまい、再入院していました。
夏休みで北海道に帰省していた兄の陽平(犬飼貴丈)が、見舞いに来ます。
天陽は病室で、仕事の風景画を描きながら、東洋動画で背景を担当している陽平と語らいました。

8月下旬、突然、天陽が自転車を走らせて帰宅します。
アトリエに残した描きかけの馬の絵が気になって、無断で帰ってきたのだという。
これに、正治(戸次重幸)やタミ(小林綾子)は、すぐに病院へ戻るよう言い聞かせますが、頑固な天陽は聞き入れようとせず、久しぶりの息子・道夫と娘・彩子との時間を楽しみます。そんな様子を見て、仕方ないな、と折れる正治たち。

その夜、天陽はアトリエに籠もり、描き掛けだった馬の絵に着手します。
そこへお茶を持ってきて、根詰めないようにと言い添える靖枝(大原櫻子)。すると天陽はおもむろに靖枝へと感謝の気持ちを伝えました。

「靖枝が畑や牛の世話をして支えてくれるから、自分は絵が描ける。自分が自分でいられる。靖枝と結婚してよかった」と。

そして靖枝を抱き締め、ここに一緒にいてほしいと請う天陽。
靖枝が見守る中、体を蝕む病の苦しみに耐えながら、翌朝、馬の絵を完成させたのでした。

第134話:天陽の死

靖枝は、絵も完成したことだしと、天陽へ病院へ戻ることを勧めます。
けれど、畑の様子をみてくるという天陽。靖枝もそれに付き添おうとしますが、天陽はそれをやんわりと断り、「おふくろと子供たちのことをよろしく頼む」と伝え、出て行きました。

そして、一人、早朝の畑の中で倒れ、息を引き取る天陽。

その知らせを、後日、なつは陽平から聞いたのでした。
しばし絶句するなつ。

そして、9月に入ってようやく夏休みを取ることができ、優とともに十勝へ帰省することに。

なつと優の帰省を、柴田家みんなが歓迎します。
優とは一歳のとき以来、久しぶりの再会ということで、こぞって優の相手をしようとする剛男(藤木直人)と泰樹(草刈正雄)。その様子に笑みが零れるなつでした。

その夜、優の寝顔を見ながら、富士子(松嶋菜々子)へ「今の仕事、辞めるかもしれない」と打ち明けるなつ。
優との時間を大切にしたい、という想いからでした。

柴田家の牧場事情は、以前と随分様変わりしていました。
搾乳機が導入されていたり、馬は全て売られ、車やトラクターが主流になっていたり。
馬に乗れると楽しみにしていた優は、これにがっかりします。

翌日、なつと優は、山田家へお線香をあげに行きました。
そして天陽のアトリエを見せてもらうことに。

そこには、天陽の遺作である立派な馬の絵があり、これを見て「本物の馬がいる!」と目を輝かせる優。
その躍動感に、天陽を感じ涙するなつでした。

第135話:天陽はここにいる

正治やタミから、天陽の最期の日のことを聞くなつたち。

そして正治は「天陽がいなくなった今となっては離農するしかない。描いた絵は、子供たちを養うために全部売ろうと考えている」と打ち明けます。
しかしこれに猛反対する靖枝。
天陽は、最期の瞬間まで畑を見守ろうとし、その命を畑に撒いていったのだから、この地を離れるわけにはいかない、と涙ながらに訴えます。
そして天陽の魂そのものである絵についても、絶対売らない、と。

すると、子供たちも「僕が働いて畑を守るから!」と立ち上がりました。その姿は、幼き日の天陽そのもので、正治は、それこそが天陽の遺言であると理解し、正治もまたこの地で畑を守っていく覚悟を決めるのでした。

その後、天陽が倒れた場所に突っ伏して、畑の土に耳をつける靖枝。
すると泰樹も「天陽に会いに来た。ここに天陽がいるからな」とやってきました。そして「儂の中にも天陽がおる。お前にも。そうして忘れなければ、天陽はずっとここで生きていける」と靖枝を励ます泰樹でした。

その後、またアトリエに入って、天陽の自画像と向き合うなつ。
これまでのように、自分の抱える悩みを天陽へ打ち明けます。
「アニメーターを辞めようか悩んでいる」と。
すると自画像から天陽の声がし、それに応えます。
「絵を動かすのがママの仕事」と言っていた優の言葉が、その答えになるのではないか、と。
そして「キャンバスを通じて俺たちは繋がっていられる。だから頑張れ」と言った約束を、なつは今まで守ってくれた、だから「これからも頑張れ」と応援する天陽。

それらの言葉に、迷いを打ち消すなつでした。

第136話:天陽からのメッセージ

雪月を訪れたなつと優。
振舞われた菓子を「美味しい!」と言って頬張る優を、雪次郎(山田裕貴)と夕見子(福地桃子)の息子・雪見(嶺岸煌桜)が嬉しそうに眺めます。

そして、なつに見せたいものがあると言って包装紙を取り出した雪之助(安田 顕)。
この絵は天陽に描いてもらったものだという。
北海道の大草原と青い空、そして、そこで悠々と暮らす牛と、それを見つめる一人のおかっぱ頭の女の子。その姿にハッとするなつ。
天陽曰く、描いた女の子は、幼き頃のなつをイメージしたのだという。北海道には、なつのように、自然と、北海道に根付く開拓精神を受け継ぎ、逞しく生きている人がたくさんいる。それを、皆に笑顔を届ける雪月の菓子を通して感じてもらえるよう、描いたとのこと。
そして、この包装紙に雪月の菓子を包んで、東京で頑張っているなつに届けてやってほしいとも言付かっていたという。なつがくじけそうになったとき、きっと励みになるだろうからと。

さっそく包装紙に包んだ菓子折りを「東京のなっちゃんへ」と言って渡すタミ(小林綾子)。
それを受け取り、また涙を零すなつでした。

その夜、優に「大草原の小さな家」を読み聞かせるなつ。
優が寝静まった後、天陽の包装紙に包まれた菓子折りを傍らに置いて、先程読んだ物語の情景や人物をスケッチブックに描き出します。

すると翌朝、優がその絵を手にとって「わたしこれ見たいよ、ママ!」と、なつにせがんできました。
これに心動かされ、決意したなつは、坂場へと電話したのでした。

第137話:この大草原を描きたい!

坂場に「大草原の小さな家」を描きたい、と伝えるなつ。
坂場はそれを喜び、詳しいことは帰ってからゆっくり話そうと伝えました。

なつが東京へ帰る前日、札幌に住む明美(鳴海唯)が帰省してきました。
明美は女子大を卒業した後、テレビ記者をしている佐々岡信哉(工藤阿須加)に憧れ、放送局に入社したのでした。
明美は今ではすっかり夕見子のような強気を見せ、男顔負けの働きぶりをしているという。
そんな強い女性たちが食卓を囲む柴田家では、剛男や照男(清原 翔)はたじたじになってしまうのでした。

東京へ戻ったなつは、あらためて坂場と話し、天陽からのメッセージに触れたことで意欲が湧いたことを明かしました。
雪月の包装紙に天陽が描いたような大草原を描きたい、というなつ。
坂場も、幼きなつが描かれたその絵に魅入り、そこでの生活に想いを馳せます。
そして、天陽の絵を見て「本物のお馬さんに会ったんだよ」と話す優に、「よくそれが本物だとわかったな、偉いぞ」と褒める坂場でした。

後日、麻子へ「大草原の小さな家」についての企画書を提出した坂場。
小説はあくまでも原案とし、北海道を舞台にした開拓者家族のストーリーを自分たちで練って作りたいという案を出しました。
そしてなつも、自ら、作りたいと申し出てくれた、と。
つまりは、なつがマコプロに入る決意をしてくれたということで、下山克己(川島 明)や神地、森田桃代(伊原六花)も、大変それを喜んだのでした。

第138話:東洋動画よ、ありがとう

坂場はなつへ、作画監督をしてほしいと持ちかけます。
なつは、実力のある下山や神地を差し置いてはと戸惑いを見せますが、彼らこそが、なつの作監を望み、それが企画を通す条件にもなっていると伝える坂場。
ならばと、快諾するなつでした。

後日、なつは仲に、東洋動画を辞める意向を伝えます。
なつは、恩のある仲や会社への裏切り行為になると後ろめたさを感じますが、仲は、それは裏切りではないと罪悪感を拭い取ってくれました。
「アニメーターは会社に拘るのではなく、あくまで作品に拘るべきだ」と。
なつが作りたい作品がマコプロにあるのならば、その選択は正しいと、仲は、なつの決意を支持してくれたのでした。

その後、山川周三郎(古屋隆太)社長に退職願を提出したなつ。
なつの退職を知った佐藤利之(橋本じゅん)制作部長はショックを受け、「大事な戦力なんだから困るよ!これからの作監はどうするんだ」となつに泣き付きます。
なつは、「魔界の番長」が終わるまでは責任持ってやり遂げると説明。そして、今後の作画監督については、堀内幸正(田村健太郎)がチャレンジしてみたいと名乗り出てくれました。
これに感謝するなつ。
それからは、何話か堀内に作監を担当してもらいながら進めることになりました。

咲太郎(岡田将生)や光子(比嘉愛未)にも、マコプロへ転職することを伝えたなつ。
咲太郎たちもなつの決めたことならばと、その決断を応援し、その新作が出来た暁には「ウチの声優を使ってくれよ」と、そつなくアピールしたのでした。

こうしてなつは、年が明けた昭和49(1974)年3月まで、東洋動画で働いたのでした。

スポンサーリンク

『なつぞら』第23週のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

人は死んだ時に、その人の人望や人柄が滲み出ると言われますが、今週はまさに、天陽についてのそれが伺える話でした。

家族から愛され、友から慕われ、世間から素晴らしい画家だと賞賛され、でもそれでも全く偉ぶらない。
天陽のカッコ良い生き方がひしひしと伝わってきました…!
もっと生きていてほしかったな…哀しい。

そして死期を察したとき、家族のもとへ駆けつけ、最後の夜を奥さんと過ごしてくれた優しさもまた、たまらないです。この一連のシーン、大号泣でした。
靖枝が「ずっとこの土地を守る」「あの人の絵は絶対に売らない!」と涙ながらに訴えたシーンにも、胸を打たれ号泣。
もう今週は前半ずっと、心を揺さぶられっぱなしで涙が止まりませんでした。

天陽ファンとして最後にひとこと。
天陽くん、たくさんの感動をありがとう!
そして、それを魅力的に演じてくれた吉沢亮さん、最高でした!

第23週で最も話題になった出来事

天陽くん「さよなら」!悲しむ声殺到!

最後までイケメンすぎましたね。

今週は、天陽くんの死に悲しみが止まらない!
妻・靖枝が泣きながら思いを吐き出したシーンには、多くの人が号泣したのではないでしょうか?

山田天陽役が吉沢亮さんで本当によかった!
さようなら天陽くん。

『なつぞら』第24週のあらすじ

公式サイトが発表している『なつぞら』第24週のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

東洋動画を辞め、新たな道を歩み始めたなつ(広瀬すず)。感慨にふける間もなく、麻子(貫地谷しほり)が立ち上げたアニメ会社に出社早々、なつは作画監督を任される。下山(川島明)や神地(染谷将太)といった懐かしい仲間に囲まれ、「大草原の少女ソラ」の企画が動きだす。なつたちは舞台となる十勝の大地へとロケハンに赴き、美しい風景をスケッチして回り、泰樹(草刈正雄)が語る開拓時代の話には大きく心を動かされる。そして1974年秋、大自然の中に生きる家族を感動的に描いたアニメは話題を呼び、初めこそ視聴率は上がらなかったものの、少しずつ子どもやその親たちからの反響が出始める。

出典:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/story/24/