ドラマル

『凪のお暇』8話のネタバレ感想!天然無邪気なゴンさんが嫉妬という感情を覚えた!

2019年9月6日に放送されたドラマ『凪のお暇』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、ゴンから朝ご飯のお誘いがはいり、慎二が生まれて初めて会社をサボることに!
一方の凪は、母から電話があり、北海道に強制送還されることに…。

関連記事

『凪のお暇』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『凪のお暇』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『凪のお暇』8話のあらすじネタバレ

目の前で泣いている慎二(高橋一生)に凪(黒木華)は戸惑い近づこうとしますが、終電を気にして出ていきます。慎二を見舞いに来た円(唐田えりか)は、マンションから出てくる凪を目撃。
結局、円は慎二の部屋を訪れず、慎二はそのまま朝を迎えます。
そこにゴン(中村倫也)から電話が。ゴンから朝食を一緒に食べようと誘われた慎二は、初めて会社をさぼりました。

龍子(市川実日子)が凪の部屋に行くと、スナックのママ(武田真治)や、杏(中田クルミ)、緑(三田佳子)、みすず(吉田羊)うらら(白鳥玉季)、エリィ(水谷果穂)まで勢ぞろい。みんなで餃子パーティーの準備をしていました。
みんなが集まっていたのは、凪が聞いてほしいことがあるとママに相談したのがきっかけで、凪が慎二の泣く姿を見て動揺したことを話すと、驚いたことにみんなは、慎二の泣く姿を以前から目撃していたとのこと。慎二は凪が好きだということは、自分だけが気づいていなかったのだと知ります。
体目的だと思っていた凪に、ママは「あんたもねじ曲がっているわね」と言い放ちました。

慎二の泣き顔で心が揺れたかと問われ、戸惑いながら凪がベランダに出ると、その慎二がゴンの部屋から出てきて驚きます。慎二は、「夏休みをとっていなかったから、ゲームをやりに来た」と言ってゴンの部屋に戻り、伸びきった豆苗に水をやりました。それはまさしく、慎二のお暇でした。

凪は龍子とコインランドリーの契約を進めますが、慎二のことが頭から離れず上の空。龍子は心配そうに見つめます。

慎二は緑の部屋で映画を見ながら、泣いているところを凪に見られ、どうしたらよいのかわからないと緑に打ち明けます。

一方、ゴンの部屋では、餃子を持ってきたママがゴンと慎二のことを話していました。ゴンは慎二が弱っていたので連れてきたようですが、自分も凪が好きだと言います。ママはそれを知ってさらに驚きます。

慎二がゴンの部屋に戻ると、凪と龍子がコインランドリーのオーナーになる件を外で話していました。それを聞いた慎二は、「思い付きか?無職なのに」と責めますが、凪はちゃんと考えていると反抗します。慎二はそれ以上何も言えませんでした。

スナックで凪は、慎二のことを悩んでいました。ママから、慎二は以前から凪のくるくるのくせ毛にも気づいていて、素直に自分の思いを言えない男なのだ聞きます。
家に帰っても凪は、いままで自分は慎二の何を見てきたのだろうと考えこむのでした。

凪の部屋に母(片平なぎさ)からトウモロコシが届き、凪は「食べる?」と慎二を誘います。
ゴンと慎二が凪の部屋で皮むきを手伝っていると、母から電話が。会社にいるような口調で話す凪に、ゴンは「本当のことを話せていないの?」と尋ねます。
上京する母とのタイトルマッチ前に、北海道に強制送還されても困るのでと凪は言い訳をします。
凪はびっしり実が並んでいるトウモロコシが実は苦手で、母の前ではおいしく食べるふりをしていたことを話し、慎二は自分が知らなかったことばかりだと思い知ります。
そんな凪にゴンは、嫌いなことを口に出すと楽になると伝えます。

凪と龍子はコインランドリーの契約に向けて、元店主から引き継ぎを受けていました。毎回小銭をあさりに来る緑の話になり、実は緑は資産家であることを知り、二人はなぜ貧乏暮らしをしているのか不思議に思います。

帰宅後、凪はベランダの壁越しに慎二と話を始めます。慎二は一緒にいたのに知らなかったことばかりだと話し、親の顔色を伺って生きてきた凪の思いにも共感します。そんな慎二に凪は何があったのかと尋ね、兄の事や、仕事でバタつきイベント中に倒れたことを聞きます。
凪は慎二に食べていたぬか漬けを渡しました。「うまい」と食べる慎二と見つめあう凪…。

そこに母から電話が。台風で家に被害がでたので北海道に帰ってくるよう言われ凪は動揺します。

今の凪が好きだとゴンから言われ、髪形を気にしていた凪でしたが、翌朝結局ストレートにして出ていきます。察して外で待ち伏せていた慎二に「そんなんで勝てるのか、行くな」と言われますが、振り切って北海道に向かいます。

凪は北海道に着きましたが、家の被害も大したこともなく、周囲の結婚話など、相変わらす母のペースに巻き込まれてしまいます。
家のリフォーム代を遠回しに要求され、凪は「やりたいことがあるので待ってほしい」と伝えますが、周囲に頭を下げて借りるという母。
結局銀行に向かい、コインランドリーの契約のために使うはずだったお金を母のために振り込みます。

雨に濡れながら歩く凪。くるくるにもどった髪で龍子に電話をし、もうコインランドリーができなくなったと伝えます。
そこに慎二が現れました。凪は、慎二の言うとおりに変われない自分を嘆き泣きます。慎二は昔はひかえめなストレートの髪の凪が好きだったが、今はもじゃもじゃの方がいいとやさしく頭を撫でました。その様子を車で送ってきたゴンは複雑な気持ちで見守ります。

帰宅後謝る凪に龍子は、楽しかったと慰めます。
そこへ母が突然やってきました。ゴンと慎二に車で送られる様子を見て後を追ってきたのです。凪の今の状態を問い詰める母に、慎二は機転をきかせ、自分たちは有給消化中で結婚資金を貯めるためにここへ引っ越してきたと話します。
母は、驚きながらもその言葉を信じ、両親にいつ会うのか聞き返すのでした。

スポンサーリンク

『凪のお暇』8話のネタバレ感想

50代女性

sun

凪の前で正直になれた慎二は、凪にとってぐんと近い存在になりましたね。お互いに知らなかったことを再確認しあい、凪の慎二への思いも少しずつ変化してきました。ゴンとの三角関係も気になりますが、恋敵の慎二に対してもやさしいゴンも素敵ですね。

凪のアパートに、お暇をもらった慎二も含めてみんなが勢ぞろいしている様子に、何かほっこりしてしまいました。

少しずつ自分を変えてきた凪も、母の前ではまだ変われません。母は特別な存在で、母が悲しまないように空気を読んで生きてきた凪の気持ちが、私にも痛いほど伝わってきました。母とのタイトルマッチに勝つことができるのでしょうか。自分のことのように、凪を心から応援してしまいます。

天然無邪気なゴンさんが嫉妬という感情を覚えた!

「餃子食べる?」とやって来たスナック「バブル」のママこと中禅寺森蔵(武田真治)に対して、「うん、食べる~美味しそ…だれ?」とまるで小学生(幼稚園児?)のような反応を見せていた天然無邪気なゴンさんでしたが…。
慎二と凪の触れ合いを見て、感情むき出し野生児(ハンター)ゴンに変わりつつありますね。

慎二が凪の頭をワシワシする姿を見たゴンさん。完全に嫉妬という感情を発していました。
そして、慎二が凪の母に対して、「僕たちの結婚資金」をといった時に発した「えっ」という声には、明らかに今までのような余裕はなく、非常に焦った(驚いた)様子が伺えましたね。

次回、遂に本気を出し覚醒する狙た獲物を逃したことがないハンター・ゴンさん。
オスと化した安良城ゴンが凪にどんなアプローチをするのか楽しみですね。

『凪のお暇』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『凪のお暇』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

突然上京してきた 凪 (黒木華) の母・夕 (片平なぎさ) に、凪の婚約者と言ってしまった 慎二 (高橋一生)。その流れであれよあれよという間に、大島家と我聞家の両家顔合わせをすることになってしまい、今さら本当のことを言えない状況に。あとに引けなくなった2人は…。

一方で、アパートの共有スペースで、龍子 (市川実日子)、緑 (三田佳子)、みすず (吉田羊)、うらら (白鳥玉季) から凪と結婚したいためにわざと嘘をついたのではないかと疑われる慎二。ゴン (中村倫也) は凪と慎二の姿を見て、今までに感じた事がない憤りを感じていた。
お暇が終了し、ゴンの部屋を去ろうとする慎二に、ゴンはある言葉を投げかける。そして…

出典:https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/story/