ドラマル

『凪のお暇』7話のネタバレ感想!慎二が凪に素直な気持ちを遂に見せた!

2019年8月30日に放送されたドラマ『凪のお暇』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、凪のことを好きだと自覚したゴンがついに行動を起こす!
一方の慎二は、ようやく凪に素顔の自分をさらけ出し…。

関連記事

『凪のお暇』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『凪のお暇』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『凪のお暇』7話のあらすじネタバレ

凪(黒木華)がゴン(中村倫也)と別れたと知った慎二(高橋一生)は、円(唐田えりか)とランチデート中、凪のことが頭から離れず、ボーっとしています。
そこに、同僚の足立(瀧内公美)達がやって来ました。慎二はその場を何とか取り繕いますが、慎二と円の仲を察している足立達と気まずい空気が流れます。

花火鑑賞中に、倒れこんだゴンを送り届け、凪は部屋に戻ります。携帯に、母(片平なぎさ)から36件もの電話が入っていたのを確認し、慌てて連絡します。そこで、代々大切にしてきたぬか床のことを聞かれ、引っ越しの際に処分してしまったことを思い出し、動揺します。

いつものコインランドリーで、龍子(市川実日子)と凪が洗濯をしていると、店主から、コインランドリーを閉店することを聞き、さらに、このコインランドリーを継いでくれないかと冗談交じりに言われます。

その夜、凪、龍子、ゴン、緑(三田佳子)、みすず(吉田羊)、うらら(白鳥玉季)が集まって話をしている際に、コインランドリーの話題に。コインランドリーを継ぐ…という話が、現実味を帯びてきます。
そこで凪は、引っ越してきた時に書き出したウイッシュリストを思い出し、みんなでそれぞれ書いてみることにしました。凪は、なかなか書けず、ゴンに渡しますが、凪のことを意識してしまっているゴンは、あわてて仕事だと帰ってしまいます。

慎二は、以前、龍子の詐欺会社を調べるために登録していたメルマガに、偶然、行方不明の兄の名前が載っているのを見つけ驚きます。本名の我聞慎一の名で、動画投稿がされており、連絡を取ろうとしますが、兄から返信はありません。

兄の動画にゴンの姿を確認し、ゴンのクラブへ行きますが、手掛かりはありません。ゴンと話す中で慎二は、ゴンの凪への思いが本物と知り、焦りが募ります。

休日、凪は、みすずとうららとドライブに出かけました。途中で、みすずに運転を促される凪。「免許は持っていますが、でも…」と、ためらう凪に、みすずは「でも…」という口癖をやめませんかと、やさしく諭します。
恐る恐る、凪は運転を始めますが、次第に楽しくなっていきます。みすずから、徒歩や、自転車しか行けない所もあるように、車でしかいけないところもあることを聞き、選択肢を広げ、今まで見られなかった景色を見たい思いにかられていきます。

元気をもらった凪は、コインランドリーの件を真剣に考え始め、その思いを知ったゴンは、イラストを描いて協力します。凪への思いを伝えようとしたゴンを龍子が遮り、コインランドリーへ交渉に向かいます。龍子の経歴のおかげで信用を得て、夢は実現へ。

慎二は、スナックバブルヘ。ママ(武田真治)は、慎二の元カノが凪だと見抜いており、二人を復縁させようと凪の本心を聞き出しますが、それが裏目に。
凪が、慎二と二度と復縁することはないと言い切り、それを陰で聞いていた慎二も強がって応戦。ママのおっせっかいは失敗に終わりました。

そんな中、慎二は仕事でトラブルに。「我聞なら大丈夫だろう。」というプレッシャーの中で、何とかギリギリ乗り切ります。ほっとしていると、母から連絡が。兄の動画を発見してしまい、周囲に知られることを心配します。
慎二は兄と再会することに成功し、「本名で活動することをやめてほしい」と訴えます。兄は、相変わらず空気を読み、仮面をつけて生きていると、慎二にきつい言葉を投げかけました。

翌日、慎二は、会社のイベント中に倒れてしまいます。知らずに凪は、慎二の家にぬか床を分けて置いておいたことを思い出し、取りにやってきました。
慎二は、自分が倒れたことを、凪が以前倒れた出来事と重ね合わせ、凪を追い詰めてきた自分を悔やみ、凪の前で号泣。遂に凪の前で素直に自分の想いを言えたのでした。

スポンサーリンク

『凪のお暇』7話のネタバレ感想

50代女性

sun

今回は、いつも遠慮がちで受け身だった凪が、自分の意志で行動を始めましたね。
運転を怖がっていた凪が、自分で運転し、最初は対向車にも緊張しますが、次第に楽しくなり、新しい景色に出会っていく喜びの感覚は、私も味わったことがあります。車を自分で運転することは、人生の生き方に通ずるものがありますよね。

初めて恋心を持ったゴンの、素直な凪へのアプローチもかわいくて笑ってしまいました。それと対比して、慎二の思いが切なかったです。「我聞なら大丈夫。」という言葉を守るために、本当の自分を隠し、空気を読むことにとらわれながら生きる慎二に投げかけられた兄の言葉は、私自身にも胸に響いて痛かったです。
慎二が倒れる時の感覚の描写が、とてもリアルでした。

凪の前で、本当の自分になれた慎二。凪と慎二はこれからどうなっていくのか。ゴンとの関係の進展も、これから見逃せません。

慎二が凪に素直な気持ちを遂に見せた!

武田真治ママの慎二お姫様抱っこからのキューピット作戦も見どころでしたが…。
やはり最後、感情崩壊した慎二が素直な気持ちを凪に話すシーンが最高でしたね。

バブルのスタッフ杏(中田クルミ)の「小学生かよ!」というツッコミが、最後の小学生のような慎二の泣き方に掛かっていたとは…(勝手な推測)。

慎二が「彼女ができちゃいました!」というのに対して、サラッと「よかったね」と返していた凪。完全に慎二のことを吹っ切れている(そもそも好きじゃなかった?)ようですが、慎二の真の姿を知りどう変わるのか、楽しみですね。

『凪のお暇』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『凪のお暇』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

凪 (黒木華) に素直な気持ちを話した 慎二 (高橋一生)。一夜明けても、円 (唐田えりか) からの連絡はなかった。すると、出勤しようとする慎二のもとに、円ではなく、ゴン (中村倫也) から朝ご飯のお誘いがはいる。迷った慎二だったが、生まれて初めて会社をサボることに。

一方、凪はスナック 「バブル」 のママ (武田真治)、杏 (中田クルミ)、緑 (三田佳子)、みすず (吉田羊)、うらら (白鳥玉季)、エリィ (水谷果穂) と一緒に凪の家で 「バブル」 の餃子パーティの仕込みをしていた。慎二との間に起こった出来事を皆に聞いてもらう凪だが、想定していない答えの連続で困惑する。風にあたろうとベランダに出ると隣の部屋にはなぜか慎二が !?

龍子 (市川実日子) と進めているコインランドリー計画は順調に進み、あとは入金を残すのみとなっていた。そんな時、凪の母・夕 (片平なぎさ) から、住んでいる北海道に台風が直撃し、家に被害が出たと電話がかかってくる。急遽、北海道に強制送還されることになった凪だが…。

出典:https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/story/