ドラマル

『凪のお暇』5話のネタバレ感想!復縁本の効果なし?凪を断捨離する慎二が切ない!

2019年8月16日に放送されたドラマ『凪のお暇』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、慎二が大阪支社から転勤してきた市川円と恋仲に!
一方、ゴンと関係を持つようになり、自堕落な生活へ闇落ちしていると自覚した凪は…。

関連記事

『凪のお暇』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『凪のお暇』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『凪のお暇』5話のあらすじネタバレ

安良城ゴン (中村倫也) に恋をし 『闇堕ち』してしまった大島凪(黒木華)を心配した我聞慎二(高橋一生)は、雨が降る中凪に会いに行くのですが、やはり素直な気持ちを伝えられずに、凪を追い込んでいきます。
そこに通りかかった白石みすず(吉田羊)と白石うらら(白鳥玉季)の親子に助けられ、そのまま2人の家に行き、お風呂に入り、みずずの手料理を食べて温まり、お酒もいただきながら、以前慎二が号泣していたことを聞き、今回も心配していたのではないかとみすずに言われます。

凪が自分の部屋に戻ると、ゴンが訪ねてきてまた流されそうになる凪でしたが、凪と同じようにゴンの毒牙にかかっていたモル(古川琴音)が来てゴンを連れていきました。

一方、慎二はびしょ濡れになりながらもスナック『バブル』へ行くのですが、店は2号店開店準備のため閉まっていました。
風邪をひいてしまった慎二は自宅に戻って、以前風邪をひいたときに凪に看病されたことを思い出すのですが、もういないことを認識して、凪の荷物をすべてゴミ袋に押し込み、スマホの写真や繋がりも全て消去してしまいます。

翌朝、凪は久々に日差しを浴びて眩暈をおこしながらも、吉永緑 (三田佳子) に誘われてラジオ体操をします。
自堕落な生活を続けていたため、もやしっ子になっている自分を感じながらも、自炊を再開すべく買い物へ行きます。
その帰り道、ママ友3人とランチしているみすずの姿を見つけ、以前自分がいた空気に似ているものを感じ取った凪が、どうしようか迷っていると、みすずの同僚が奪還していく様子を見て喜び、さらに悪口を言っているママ友たちにガツンと言ってやろうとする凪でしたが、いざその場に行くと何も言えませんでした。

落ち込んでいる凪にうららが声をかけてきてくれて安心するのですが、ママ友がまだうららの家庭を詮索してきます。
そこでうららは、子供だけでは行けない行きたいところがあるから付き合って欲しいと、ママ友たちをファッションビルが建つ予定の工事現場に連れていき、そこで職長としてクレーンのオペレーターをかっこよくしているみすずの姿を見せつけます。

別れ際に、その前には話しちゃダメと言われて無視していたうららの友達たちが手を振ってるのを見かけて不思議そうにしている凪に、うららは話さないようにしているのは大人の監視の目がある時だけで、繋がりは今までよりもっと強くなっていると話します。子供たちの方が大人でした。

凪を吹っ切った慎二は、仕事も完全復活して張り切っていました。
その傍らには、市川円(唐田えりか)がいたのですが、円が上司に褒められている姿を見ていた足立心(瀧内公美)江口真央(大塚千弘)織部鈴(藤本泉)は円を標的にして八方美人と言われるよと凪の時のようにいじめていました。
それを伝え聞いた慎二は、そういう生産性のない悪口は反吐が出ると話します。

後日、それを聞いていた円は、どこに行っても八方美人と言われる人のことをどう思うかと聞くと、
「八方ブスよりいいんじゃない」
と答える慎二に円は好意を持ち、タクシーの中でさりげなく慎二の手に触れて、慎二も何かを感じます。

みすずとうららのかっこいい姿に影響された凪は、ゴンと行った海に自分の力で行く必要があると感じ自転車で海を目指します。
イメージでは夜明けに着いて、鍵とともに恋心を捨てるイメージでしたが、現実には海は遠く凪は怪我をしてしまいます。
そこに見えてきたのは、スナック『バブル』の2号店の灯りでした。
道を教えてもらおうと中に入ると、杏(中田クルミ)に第1号の客だと喜ばれ、客じゃないことを告げるとママ(武田真治)に追い出されそうになるのですが、杏が怪我に気づき治療してもらい、携帯も充電してもらい、身の上に起こったことと正直な気持ちを話すと、感動したママに鳥丼と地図を渡されまた海に向かい、無事海に着いて納得する凪でした。

ゴンの部屋にいたモルも、壊れそうになる自分をなんとか立て直そうとゴンの部屋の鍵を返します。

自分の部屋に戻った凪は、すっかりしおれた豆苗や、相棒の扇風機に話しかけ自炊も始めます。
そしてゴンを訪ね、鍵を返し、作ったちぎりパンを渡して、自分の思いの丈を話し、これからは単なる隣人として付き合うことを話します。するとゴンの心に微かな変化が。

相変わらずハローワーク通いで妥協しなかった坂本龍子(市川実日子)でしたが、大学の先輩に勧められて訪れた会社は、怪しげな雰囲気の会社でした。

そしてハローワークに行った凪には、『バブル』のママから連絡が入り『バブル』で働くことになりました。
凪が働いている『バブル』に現れたのは…。

スポンサーリンク

『凪のお暇』5話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

自然界では、日々、毎秒、分岐点に遭遇して選択をしていくことになります。
その選択が正しかったのか、間違っていたのかを人間は考えがちですが、これはあまり意味のないことでしょう。

ひとつの場所にたどり着ける道は無限にあるのが自然界ですし、どんなに計算されて打ち上げたロケットでも、目的地に到着させるには常に軌道修正が必要なものですから、目的地を明確にして、迷わずどんどん軌道修正していくことが、より早く目的地に辿り着き、その過程を楽しめる秘訣ですね。
そんなことを今回は感じさせてもらえました。

復縁本の効果なし?凪を断捨離する慎二が切ない!

凪には「人間らしい液体通ってない」と言われ、ドラマ前半では「慎二やべえ」と言われてきましたが、慎二はすごく人間らしいし、段々やばえ奴じゃなくなってきましたよね。なんだか可哀想になってきました。

復縁本を6冊も買ったのに、誰よりも人を喜ばせることが得意なのに、素を見せられる凪の前では暴走してしまう慎二。断捨離していた時の表情が悲しそうで泣けてきました。

と、可哀想になっていたのも束の間。近い考え方を持つ市川円 (唐田えりか)と恋仲に!さすが我聞さん。
次回、ルンルン気分で手を繋ぎながら、スナックバブル2号店で凪とご対面。ゴンさんも凪に恋しちゃったみたいだし、1人増えて、4人の関係がどうなっていくのか楽しみですね。

『凪のお暇』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『凪のお暇』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ゴン (中村倫也) と別れ、再びリセット人生をスタートした 凪 (黒木華) は、ママ (武田真治) から声をかけられ、スナック 「バブル」 2号店でボーイとして働くことに。ママや 杏 (中田クルミ) の接客の邪魔にならないように、雑用を片付けるが、時折、お客さんから話を振られてもうまく答えることができず落ち込んでいた。

一方、慎二 (高橋一生) は、会社の同僚の 円 (唐田えりか) と交際をはじめ、楽しいオフィスラブを送っていた。ある日、「バブル」 2号店を訪れると、ボーイとして働く凪と鉢合わせをしてしまう。しかし、慎二はそれをママたちに悟られないよう、いつもの営業スマイルで初対面のフリをするが…。

その頃、凪から返された鍵を見つめ、自分の中に起きている感情の変化に戸惑うゴン。凪のことを考えると胸がチクッとする、この胸の痛みがなんなのか分からないでいると、緑 (三田佳子) からそれは “初恋” だと言われ、凪のことを好きだと自覚するが…。

出典:https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/story/