ドラマル

『凪のお暇』4話のネタバレ感想!慎二の凪を想う涙に感動!視聴者は慎二を応援?

2019年8月9日に放送されたドラマ『凪のお暇』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、凪が完全にゴンに堕ちてしまい次第に自堕落な生活に!
一方、凪のことが気になる慎二は、再度、凪のアパートへ向かうが…。

関連記事

『凪のお暇』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『凪のお暇』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『凪のお暇』4話のあらすじネタバレ

大島凪(黒木華)は隣に住む安良城ゴン(中村倫也)との間にあった住む世界が違うという溝を飛び越えて、ゴンに対して恋に落ちてしまいます。
とろけるような時間を過ごして余韻に浸っていた凪でしたが、ゴンはそんな時間の直後にスマホでゲームをやっていて、全く余韻を楽しむどころか冷たく覚めていました。

一方、我聞慎二(高橋一生)は、ゴンのクラブ仲間・エリィ(水谷果穂)にゴンが『メンヘラ製造機』だと聞かされてから凪のことが心配になっています。
しかし、そんな時に大阪支社から異動になってきた市川円(唐田えりか)と出会い、凪とオーバーラップさせながらも気になっていきます。

凪は坂本龍子(市川実日子)にも一線を超えて恋をしていることに驚かれ、恋の参考書として漫画を借りるのですが、早すぎる展開に2年前の慎二との経緯を思い出して、あの慎二でさえ段階を踏んでいたと後悔の念を強くするのでした。
凪は何度も、ゴンに自分たちの関係を聞こうとするのですが、また以前のように空気を読んでいつも聞けずにいました。
そんな時、ゴンの部屋の鍵を預かり、勝手にそういう関係だと思い込んでしまいます。

そしてある日、慎二が円と一緒の仕事を終えた後に、偶然凪を見かけ後をつけてみると、凪はクラブにゴンに会いに行ってました。
そこでDJをやってるゴンに凪は惚れ直すのですが、他の女性の距離が近いことなどが気になり、家に帰っても寝られません。
慎二も凪とゴンの関係が気になり眠れず、凪も慎二も朝まで一睡もできませんでした。

そんな朝、1週間もハローワークに来ず、メールの返事もなかったので心配した坂本から電話が入ります。
そして、気を取り直してハローワークに向かおうとするのですが、バイクで帰ってきたゴンにドライブに誘われるとそのまま出かけてしまいます。
そんな様子を見ていた隣に住む白石みすず(吉田羊)とうらら(白鳥玉季)の親子と2階に住む吉永緑(三田佳子)は呆気にとられます。

ドライブから戻ると、美大生のモル(古川琴音)がゴンを待ち構えていて、ゴンの部屋へ入っていきます。
そんな様子を見ていた坂本は、ゴンがおかしいと凪に言いますが、凪も現実は少女漫画と違うときつい言葉を浴びせてしまい、坂本は帰ってしまいます。

その夜、隣の部屋でゴンとモルの話し声が聞こえてくる中で凪は寝ました。
翌朝、今度ゴンに部屋で料理を作って待っていってもいいかと聞くと、今日はどうかと言われ、さっそく料理を作る凪でした。
しかし戻ってきたのはエリィで、距離感がおかしく、鍵は誰にでも渡す、そしてひたすら目の前にいる人にだけ誠実なゴンの正体を明かされます。
そして、ゴンと上手くやっていくには用法、用量を守らなきゃダメ、依存したら終わりだと聞かされます。

慎二は仕事帰りに円を食事に誘うのですが、どうしても凪のことが気になり凪のアパートを訪ねましたが、部屋にいる凪は出てきません。
隣のうららも、最近凪がゴンと青春するようになっておかしいと話します。

そして、部屋から出てきたゴンと会った慎二は、ゴンの部屋に上がり込みます。
慎二もゴンの近すぎる距離感や優しさなどに戸惑い、調子を狂わされます。
さらに凪がゴンの部屋で料理を作っていることもわかり、愕然とする慎二でした。

慎二が雨の中ひとり帰っていると、コンビニで買い物をして出てきた凪に出会します。
そしてゴンに狂っている凪の姿を見て、慎二も見た、ゴンの洗面台にたくさんある色んな女性の化粧道具などのことを問いただすのですが、凪は素敵なゴンはみんなでシェアすればいいと言い放ちます。
凪の状況に涙する慎二でした。

スポンサーリンク

『凪のお暇』4話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

何かをやろうとする時に、人に溺れてしまうのは、手段を夢だと勘違いしている状態と同じようにとても苦しむことになるでしょう。
まずは、しっかりと自分の足で立ち、歩くことが大切で、誰かに依存してしまっては結局人生を満喫できません。

ひとりで歩いていてこそ、必然、必要な大切な人との出会いにも気づけ、一緒に真の夢に向かうこともできます。

とても魅力的なゴンとの出会いに落ちてしまった凪と、凪への想いの伝え方が下手な慎二の今後が楽しみですね。

慎二の凪を想う涙に感動!視聴者は慎二を応援?

今回は慎二のピンポン連打からの黙祷が笑の頂点でした!

そして、ラストの我聞慎二(高橋一生)の叫び&涙にはもらい泣き。あれならきっと凪も目を覚ますんじゃないでしょうか。その後に暴走しなければ…。

ゴンさんこと安良城ゴン(中村倫也)は確かにメンヘラ製造機でしたね。
慎二に、凪との関係を「心配するような間柄じゃない」と軽くいっていましたし、「我聞くんかわいい」と「凪ちゃんかわいい」のトーンが全く同じ。つまり、「可愛い」というのは、いつも言う口癖のようなものなんですね。

さて、凪は立ち直り、空気を読まずにゴンさんと対等に向き合えるのか?
モラハラ野郎なのが玉にキズな慎二の深い愛に凪は気づくのか?
今後の展開が楽しみ。

『凪のお暇』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『凪のお暇』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ゴン (中村倫也) に恋をし “闇堕ち” してしまった 凪 (黒木華)。心配した 慎二 (高橋一生) は雨が降る中、凪に会いに行く。しかし、素直な気持ちを伝えられない慎二は、またしても凪を過呼吸に追い込みそうになってしまう。
凪はたまたま通りかかった みずず (吉田羊) と うらら (白鳥玉季) の親子に助けられ、そのまま2人の家に行く。久々にうららの顔を見て、みずずの手料理を食べて、凪は自分がいつからうららと遊んでいないか、いつから自炊をしていないかと考える。

一方、慎二は風邪をこじらせながらもスナック 「バブル」 へ行くが、店は2号店開店準備のため閉まっていた。
翌日、凪は緑 (三田佳子) に誘われてラジオ体操に参加する。自堕落な生活を続けていた為、久々に日差しを浴びてふらつきながらも買い物へ。
その帰り道、ママ友3人とランチしているみずずの姿を見つける。妙な空気を感じ取った凪は、そっと様子をうかがうことに。
そして、自分の部屋に戻り、見渡した凪は、すっかりしおれた豆苗や、相棒の扇風機にタオルがかけられていることに気づく。そこにゴンが訪ねてくるが…。

出典:https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/story/