ドラマル

『凪のお暇』3話のネタバレ感想!「メンヘラ製造機VSモラハラ彼氏」勝つのはどっち?

2019年8月2日に放送されたドラマ『凪のお暇』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、凪がハローワークで知り合った坂本龍子と婚活パーティーへ!
そこで会社員時代の同僚・足立と偶然に再会してしまい…。

関連記事

『凪のお暇』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『凪のお暇』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『凪のお暇』3話のあらすじネタバレ

大島凪(黒木華)は、北海道の帯広で暮らす母の大島夕(片平なぎさ)から届いた手紙で、携帯を解約して引っ越したことがバレたと知ります。
そんな時に声をかけられた近所に引っ越してきた坂本龍子(市川実日子)の誘いを待ってもらって、慌てて新しい携帯を契約し、夕に電話をすると「土日に東京へ行く」と言われますが、なんとか今回東京に来るのはくい止めることが出来たのですが、先々の結婚式で東京へ来ることが確定してしまい凪はピンチに陥っていました。

部屋の前には、待ってもらっていた龍子がいて驚く凪でしたが、我聞慎二 (高橋一生) との出来事を龍子に聞いてもらうと「キスにビンタで応戦なんて少女漫画みたい!」と盛り上がるのですが、慎二となんで付き合ったのかと聞かれても答えられない凪でした。

そこへ、隣の部屋から出てきた安良城ゴン(中村倫也)を龍子は気に入り、凪との出会いが 「引越し先のお隣さんとの出会い、やっぱり少女漫画みたい!」 とまた興奮するのですが、ゴンの部屋にたむろするパフォーマーのエリィ(水谷果穂)ノリ(松永拓野)タカ(モクタール)とも会い、ゴンの職業がイベントオーガナイザーだと知ると「私たちとは住む世界が違いすぎる」 とゴンとの付き合いに反対する龍子でした。
そしてそんな凪のために、龍子は凪に内緒で婚活パーティに申し込んでしまいます。

ふたりの話を聞いていた吉永緑(三田佳子)は、凪に友達ができて、無駄話する相手ができたことを喜びます。

一方、慎二は何事もなかったように空気を読んで仕事をしていましたが、凪にキスをしてビンタされた頬に絆創膏を貼っているのを、女性社員たちから「彼女にビンタされたのではないか」 と噂されていると、足立心(瀧内公美)江口真央(大塚千弘)織部鈴(藤本泉)に言われると「だとしても足立さんには全く関係ないよね」と周囲の空気を凍らせてしまいます。

買い物にでかけた凪は、魚屋の店先でほっけといわしのどちらにしようかと悩んでいるゴンに出くわします。

いわしで凪は、昔の記憶が蘇ってきます。
慎二と一緒に行った水族館で、みんなと違う方向に進もうとしているいわしを見かけて、凪は応援するのですが、慎二は空気を読めと馬鹿にします。
もし死んだら私が食べてあげたいと言うと、庶民の食べ物だと馬鹿にします。

結局凪はいわしを選び、隣人の白石うらら(白鳥玉季)とゴンと一緒にイワシのフリッターを作りました。
うららは、揚げたてを2階に住んでいる緑に持っていくと部屋を出て行ってしまったので凪とゴンは部屋の中で2人きりになります。

凪のカレンダーの印を見つけたゴンに、苦手な母が上京する日だと話します。
ゴンに『タイトルマッチ』だと言われて、頑張ることを誓います。
そして、ゴンにキスをされそうになって戸惑う凪でした。

慎二は取引先の深田カナ(岡本杏理)の家を訪ねて行くのですが、どうしても凪と比べてしまいすぐに帰ってしまいます。

そんなある日、ハローワークの帰りに、凪は龍子にお茶に誘われてついて行くと、そこは婚活パーティ会場でした。
本当に苦手だと抵抗した凪でしたが強引に誘われて参加してしまいます。
そこには前の会社の同僚の足立心(瀧内公美)も参加していて、たくさんの男性に囲まれて困っているところを助けられるのですが、凪だとわかった途端に以前と同じように凪を『サンドバック』にして話し始めます。
しかし凪も『サンドバック』と『タイトルマッチ』を結びつけて、母との前哨戦だとばかりに応戦して心をノックアウトしてしまいます。
しかし、心に投げかけた『浅ましい』という言葉は自分自身に突き刺さっていました。

慎二は母からの電話で親戚の結婚式に参加するのですが、家庭は崩壊していて父は外に4人の浮気相手がいて子供もいるようで、母は整形に勤しんでいて、兄は行方不明になっているのですが、親戚の前では最高の家族を演じていました。

親戚の結婚式後にスナック「バブル」に行った慎二は、いつものように杏(中田クルミ)とママ(武田真治)に愚痴をこぼし、家族といつかのいわしを例えていました。
凪に言ったことと、裏腹な気持ちを持っていたようです。ひとり逆行するいわしを羨ましく思っていて、いわしは美味しいとムキになって言い返す凪を可愛いと感じていたようです。
ママは、ちゃんと謝って誤解を解くべきだと話します。

龍子の元彼のどこが良かったのかという言葉が気になっていた凪は、慎二とのことをはっきりさせようと会社に訪ねて行き、自分が気づいた自分自身のことを話し、慎二を好きじゃなかったと話し別れを告げます。
この話を聞いた慎二は「とっくに別れていた」「元々付き合っていた記憶ない」と心にもないことを口走ってしまいます。

その夜、凪はゴンの部屋に行き、一夜を共にします。

心にもないことを言ってしまった慎二は、また泣いているとエリィと出会いライブに誘われます。
そこでエリィに、ゴンがメンヘラ製造機だと聞き、凪を心配します。

スポンサーリンク

『凪のお暇』3話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

自然界での出会いは、まさに運命的な天の配剤によるものだと考えた方がいいでしょう。
どんなに出会いたくても、結ばれたくても、巡り合わない縁、結ばれない縁もあります。
これに逆らっても、なかなか上手くはいかないですね。

また、すでに出会っていても結ばれない縁ももちろんあります。
無理をすることなく、自然体でいることができれば最高の出会いが訪れるのが自然界だと知れば、とっても生き方が楽になっていきます。
そんな真の出会いを感じさせてもらえると嬉しいですね。

「メンヘラ製造機VSモラハラ彼氏」勝つのはどっち?

3話の時点では完全にメンヘラ製造機ゴンさん(中村倫也)の勝ちですね。
モラハラ元彼氏・慎二(高橋一生)は凪(黒木華)に、ハッキリと「好きじゃなかった!」って言われてしまいましたし、撃沈しました。

でも、凪に対するゴンさんの愛は怪しい。エリィ(水谷果穂)の発言からも、ゴンさんは女性に本気になるようなタイプじゃなさそうです。
一方の慎二は、面と向かっては強がっていますが、凪のことが大好きすぎますよね。

今は歯車が噛み合わずに凪と慎二はすれ違っていますが、噛み合いだせば、最もお互いを理解し合えるもの同士のような気もします。

今回、慎二は素直になろうと決意していたと思うので、なんだか空気清浄機・慎二が不憫にも思えてきました。

『凪のお暇』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『凪のお暇』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

凪 (黒木華) から正式に別れを告げられ道端で泣き崩れてしまった 慎二 (高橋一生) の前に、ゴン (中村倫也) のクラブ仲間・エリィ (水谷果穂) が通りかかる。そのままゴンがいるクラブへ連れていかれ、そこで 「ゴンは付き合った女の子をダメにしてしまう、“メンヘラ製造機”」 だという話を聞く。凪とゴンが気になる慎二だが、一方で、大阪支社から異動してきた、OL 時代の凪と同じサラサラストレートヘアの 市川円 (唐田えりか) と、距離が近くなっていた。

その頃、凪は隣人のゴンの部屋で一晩を一緒に過ごし、完全にゴンに堕ちてしまっていた。“良い意味で” どこまでも自由に振る舞うゴンに対して若干のモヤモヤを感じていた。しかし、ほかの女性と親密に話すゴンからは目をそらし続け、倹約家だったにも関わらずコンビニで食料を買い、ハローワークにも行かず自堕落な生活を送り続けるのだった…。

凪のことがどうしても気になる慎二は、再度、凪のアパートへ向かう。
凪は出てこず、たまたま出てきたゴンとなぜかゴンの部屋で凪の帰りを待つことに。
ついに直接対峙した慎二とゴンは… !?

出典:https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/story/