ドラマル

『MIU404』9話のネタバレ!4機捜の全員がカッコ良い傑作回!

2020年8月21日に放送されたドラマ『MIU404』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、逃走中の高校生・成川の情報が入り、九重と陣馬が捜査をすることに!
一方、伊吹と志摩は桔梗にエトリにつながる人物を探すように命じられ…。

関連記事

『MIU404』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『MIU404』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『MIU404』9話のあらすじネタバレ

桔梗ゆづる(麻生久美子)隊長の自宅に、給湯器修理業者を装った者が侵入。休日を利用して、給湯器修理の作業立ち合いを志願していた志摩一未(星野源)の隙を突いて、彼らにより盗聴器が仕掛けられていました。
その捜査が進展する中、虚偽通報事件で逃走中のバシリカ高校の元陸上部員、成川岳(鈴鹿央士)が暴力団の関係先に出入りしているという情報が入ります。成川を取り逃がしていた九重世人(岡田健史)は、その責任を感じ、桔梗隊長に逃走中の成川の探索を志願。陣馬耕平(橋本じゅん)と共に成川の自宅を訪問します。

成川は勿論、自宅には戻っていません。母親(美智子)は、浪人中の成川の兄を大事にしたいと思っていて、岳のことは殆ど眼中にありません。
成川は、ドーナツEP売人、久住(菅田将暉)の世話を受けながら、ナウチューバ―REC(渡邊圭祐)に接触。詐欺女として、1千万円の懸賞金がかけられている羽野麦(黒川智花)の捜索を依頼していました。

麦は、匿われていた桔梗家に盗聴器が仕掛けられたこともあり、桔梗家を出ようとしています。改めて身を隠す場所が必要ということで不動産物件を探そうという麦に、成川が接近。不動産屋紹介の為の待ち合わせ目的で、麦のメールアドレスをゲットした成川は、エトリ(水橋研二)に、「麦を呼び出せ!」と命じられます。麦は、そんなこととは露知らず、以前、コンビニ前で会っていた成川に心を許していました。それで、深夜の呼び出しは断ったものの、翌日、二人は待ち合わせをし、そして、不動産屋への道すがらエトリに車で拉致されます。
車に同乗した成川は、隠れ家の住居内で懸賞金の1千万円を渡されますが、麦が詐欺師の悪党というのは嘘だと気付き、麦を助けようと動きます。それで、狭い井戸に一緒に沈められます。麦は既に首を絞められ意識を無くしていますから、成川が必死に麦を抱き締め、彼女が井戸に沈むのに耐えます。

桔梗家への住居侵入(盗聴器仕掛け)事件の主犯が、エトリと繋がりのある辰井組の組員だったことが分かり、関係各所への一斉ガサ入れが決行されます。桔梗は、伊吹藍(綾野剛)、志摩らにエトリに繋がる人物を探すように命じていて、そこで九重が辰井組の澤部(福山翔大)のパソコン内に、麦とゆたか(番家天嵩)の画像を発見します。どうやら、この澤部には麦の居場所がバレています。
澤部のスマホに電話を入れると着信音の方向に澤部がいて、組事務所の二階窓から脱出。それを追う伊吹と志摩。確保して麦の連れ去り先を吐かせます。

志摩と桔梗は、エトリを裏切ったり、逆らったりした女の行く末を麦から聞いていたことを思い出します。暗くて、寒くて、狭い場所で沈められるということでしたから、それに該当する場所は井戸ということになります。
伊吹と志摩、九重と陣馬耕平(橋本じゅん)がエトリの隠れ家に到着して、成川と一緒に井戸に沈められている麦を発見。麦を引き上げた後、力尽きて沈んで行く成川を九重が救出します。で、成川が、麦から拉致された際のエトリの車両ナンバーを聞いていて、それを桔梗隊長に報告。素早い緊急配備により、エトリは1機捜に逮捕されます。

麦と成川を救出した家前に佇む伊吹と志摩の上にドローンが飛来します。ドローン操作しているのは久住です。ドローンが飛び去って行く後を、伊吹と志摩がメロンパン号で追います。
暫く追走していると、眼の前には、1機捜の車両が走っていて、逮捕したエトリを移送中です。それが分かって、伊吹と志摩が危険を察知した直後、ドローンに搭載された小型爆発物が1機捜車両に炸裂します。久住が、裏カジノの黒幕と見られていたエトリを爆死させます。その場面を、ナウチューバ―のRECが動画撮影しています。

隠語的にダンべ(パトロン、タニマチ)と呼ばれる貧困ヤクザのスポンサーというのが、どうやら久住の正体です。汚い仕事を貧困ヤクザにやらせて、自分は何もせずに、綺麗な手のまま大金を手にするという手法で私腹を肥やしています。

スポンサーリンク

『MIU404』9話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

成川が、井戸に沈みそうな麦を救いました。悪の道に染まりそうな成川でしたが、なんとか踏みとどまって、そして、九重に救出されました。イタズラ通報事件では、九重の追跡を躱(かわ)して逃亡していた成川でしたが、その彼を最終的に九重が納まり良く確保しました。

九重の成川捜索志願から始まり、成川を井戸から引き上げるまで、九重の働きは大きかったですね。その間、澤部のパソコンから麦とゆたかの画像を発見し、成川に急接近していた澤部を特定できたのも大きかったわけですから、今回は、まさに九重回でしたね。

4機捜の全員がカッコ良い傑作回!

今回のMIU404は、もう4機捜の全員がカッコ良くて…もう最高!

ハムちゃんが攫われ怒る伊吹、そんな伊吹をコントロールし、冷静に対応しつつもアツい志摩。
成川を逃がしたことに責任を感じ、率先して手掛かりを見つけ、井戸にも飛び込んだ九重。そんな九重を支え暦年の変顔を見せた陣馬班長。
そして、今まで必死に守り続けてきた麦を攫われ、本当は誰よりも動揺しているだろうに、冷静かつ迅速に現場を取り仕切る桔梗隊長。
もう全員に見せ場がある傑作の回でした。

中でも、ハムちゃんが攫われたと聞いた後の、伊吹の表情・行動(動き)は真に迫っていて痺れましたね。
あと桔梗隊長の現場への指示出しも最高でした。

『MIU404』10話のあらすじ

公式サイトが発表している『MIU404』10話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)が追っていたエトリが、ドローンに仕掛けられた爆弾で死んだ。司法解剖の結果、エトリの正体は5年前に起きた殺人事件の容疑者であることが判明。誰が何の目的で彼を殺したのか? 1機捜の糸巻(金井勇太)の調べで、エトリはいつも、システム開発に詳しい若い男の指示を受け行動していたことがわかる。志摩はその若い男こそ、久住(菅田将暉)という男ではないかと考える。久住と面識があるのは留置場にいる高校生の成川(鈴鹿央士)だ。桔梗(麻生久美子)は、成川から久住について聞き出すよう九重(岡田健史)と陣馬(橋本じゅん)に指示。そして、伊吹と志摩にはその裏付け捜査をするよう指示し、4機捜が一丸となって爆弾犯の行方を追うが…

一方、ナウチューバー・REC(渡邊圭祐)は、逮捕された成川に代わり「浜田」と名乗る情報源から、ドローン爆発事件に関する極秘ファイルを受け取る。

出典:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/story/