ドラマル

『MIU404』8話のネタバレ!中堂系の回?電話越し「くそが!」にテンション上がる!

2020年8月14日に放送されたドラマ『MIU404』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、被害者の堀内を過去に担当した刑事だった蒲郡慈生(小日向文世)の元へ!
蒲郡は半年前に妻の麗子を病気で亡くしたというが、志摩は壊れた歩行器が気になり…。

関連記事

『MIU404』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『MIU404』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『MIU404』8話のあらすじネタバレ

胸をメッタ刺しにされ、更に両手の人差し指、中指、薬指が切断された死体がシートに包まれ、八王子山中で発見されます。伊吹藍(綾野剛)と志摩一未(星野源)は現場に急行。死後1ヶ月と推定され、シートには、「曽」に似た文字タグが付けられています。どうやら、これは中国語で「獣」の意になります。――20年前、千葉の海岸で見付かった遺体(被害者、小野健介)、そして、15年前の荒川区自然公園内で見付かった遺体(被害者、植松敏朗)にも、同様の文字タグが付いていて、そして、指三本が切断されていたことから、これは一連の連続猟奇殺人事件かということで捜査一課の担当になります。

今回の第3の被害者は前科2犯(窃盗、傷害、強姦)の堀内伸也です。捜査会議に参加した伊吹と志摩は、そのまま一課の刑事、刈谷(酒向芳)に駆り出され、メロンパン号で不自然死究明研究所、通称、UDIラボに向かいます。
伊吹と志摩は、404号車とは知らずメロンパンを買いに来る臨床検査技師の坂本誠(飯尾和樹)と出会います。解剖医(中堂)による検視を待つ間、刈谷の相棒、田島(永岡卓也)が後部座席に置き忘れた捜査資料を覗き見た伊吹は、複数の前科がある被害者、堀内伸也の初犯逮捕時の刑事が蒲郡慈生(小日向文世)だった事を知ります。

伊吹と志摩は蒲郡の自宅を訪ねます。蒲郡は、半年前に妻の麗子を病気で亡くしていて一人暮らしということになっています。そして、脳血管型の認知症を患っていて、記憶が定かでは無くなっていますが、2年前に出所したばかりの堀内は、ギャンブル依存の乱暴者であったと伊吹に話します。競艇、競輪絡みで周囲と揉め事を度々起こしていた人物ということです。

捜査会議での容疑者は、パチンコ店店員の菅沼聡。堀内が勤めていたパチンコ店の同僚で、彼との喧嘩が原因で、堀内はパチンコ店を辞めていました。この彼は、とりあえず、事件とは全く無関係でした。次いで、中古車販売業者で車修理もこなす峯岸智明(植木祥平)も容疑者として名前が挙がります。この人物は、堀内に車を貸して、そのまま勝手に売り捌かれてしまったことを怒っています。

後日、UDIラボ所長、神倉(松重豊)を介して、解剖医、中堂の所見が伊吹と志摩に伝えられます。過去の二人の遺体の指切断は仰臥状態時でのもの。で、今回の堀内の指切断は座位姿勢で行われたという見解が示されます。連続猟奇殺人ではなく、今回の堀内殺害は、それとは別途の犯罪ということになります。

蒲郡の自宅を再訪する伊吹。蒲郡の認知症は、実は、ごく軽度のものなのでした。重度の認知症を装って、妻は病死したものと思い込んでいると周囲には感じさせておいて、実は、妻の仇討として、秘かに堀内殺害のチャンスを狙っていたのでした。

妻、麗子の死は病死ではなく、逆恨みした堀内により、峯岸に借りた車で轢き殺されていました。
出所後、堀内は、何らかの相談事があって蒲郡に電話連絡したのでしたが、既に警察を退官していた蒲郡は、「相談事なら、そちらに…」と言って、他の後輩警官を紹介します。それに対して、「俺を見捨てるのか?」と激怒した堀内。今年の4月、自宅から夫婦揃って家を出たところで、待ち伏せしていた堀内の運転する車に轢かれ、歩行器に乗っていた妻は殆ど即死、蒲郡も一週間の意識不明状態を脱して生還という経過を辿っていました。頭部損傷で、全ての記憶がやや不鮮明にもなってしまいました。

クリスチャンの妻、麗子なら堀内を赦すのでしょうが、蒲郡は、絶対に堀内を許すことができませんでした。刑事を辞めて、平穏に三年間暮らしてきた家の前で、突然に妻を失った蒲郡に殺人犯を赦せというのは無理な注文でした。
蒲郡は、過去の連続猟奇殺人、即ち、三本の指を切り落とし、獣の文字タグを付けるという猟奇殺人事件の真犯人の気持ちが良く分かった気になり、それを模倣します。自宅の風呂場に椅子を持ち込み、そこに堀内を縛り付け指を斧で切断。殺害していました。人に非ずということで、獣のキリシタンとして弾劾された過去(近世)の歴史を模してもいました。

「逃げも隠れもしない。堀内を殺したのは俺だ。逮捕してくれ」と、蒲郡家を取り囲んでいる刈谷らに蒲郡は、叫びます。
命の恩人の蒲郡に対して、何か出来ることがあったはずと涙を零してうなだれる伊吹。蒲郡は、「お前が出来ることは何もなかった」と、愛弟子の伊吹に伝えるよう志摩に告げて、刈谷に連行されます。

裏カジノ摘発の際の情報提供者、羽野麦(黒川智花)ともども、蒲郡を加えて三人で暮らそうと考えていた伊吹の元に、何も知らない麦がメール送信します。
三人で住む件、前向きに考えてみます。ありがと。

蒲郡の収監は決定的で、三人で暮らすことは不可能になりました。一人屋上で落ち込む伊吹に、「朝9時まで重点密行だ」と、志摩が業務復帰を促します。

スポンサーリンク

『MIU404』8話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

不自然死究明研究所、通称UDIラボで、臨床検査技師の坂本誠役で、飯尾和樹さんが出演。2018年の「アンナチュラル」と同役での登場で、第3話の毛利刑事(大倉孝二)、向島刑事(吉田ウーロン太)に続いての「MIU404」×「アンナチュラル」のコラボレーションになりました。飯尾和樹さん、ムーミン大好きキャラも引き続き変わりませんでしたね。ただ、今回の不審遺体を担当する技師ということでもなさそうで、ストーリー展開上、いなくて良いキャラであったのが残念でした。ただ、404号車のメロンパン号にメロンパンを買いに来るだけの人という設定で、拍子抜けしました。

なお、ここに来て、4機捜隊長の桔梗が、3部制だった機捜のヘルプ目的で4機捜を立ち上げたというのは、おそらく表向きの理由と推察されます。4機捜の存在理由とは、裏カジノ経営者、エトリと情報提供者の麦とが大いに絡んでいるものと思われます。

なんといっても、麦は、エトリが逮捕されるものと信じて裏カジノ情報を警察に提供していました。しかし、裏カジノ摘発当時、組織犯罪対策部の部長で指揮官だった我孫子豆治(生瀬勝久)がエトリを取り逃がしたことで、麦は裏切り者として報復の対象(懸賞金、1千万円)になっていることから、桔梗が自宅に匿っています。ですが、そこにも盗聴器が仕掛けられていて危険が近付いています。裏カジノの客には上場企業の役員や永田町官僚もいたことから、警察上層部がエトリを意図的に逃がしたとも考えられます。そこで、桔梗は、過去の柵(しがらみ)に囚われない4機捜を立ち上げたものと思われます。4機捜は警察内部に蔓延(はびこ)る不正を暴くシステムとして作動するのかなと推察します。

中堂系の回?電話越し「くそが!」にテンション上がる!

ストーリーも中堂系(井浦新)の言った言葉を回収しているし、電話越しでも「くそが!」強烈過ぎたし、8話は中堂系の回だったといえそうですね。

UDIラボの入口出て来るだけで懐かしいのに、坂本誠(飯尾和樹)だけでなく、所長の神倉保夫(松重豊)まで出てくるとは、なんと贅沢!

今回の話しくそ泣けたし、『MIU404』と『アンナチュラル』の絶妙なコラボも最高だし、どんなクライマックスになるかワクワクしてきました。

『MIU404』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『MIU404』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

桔梗(麻生久美子)の自宅に盗聴器が仕掛けられた一件が進展する中、伊吹(綾野剛)、志摩(星野源)らのもとに、虚偽通報事件で逃走中の高校生・成川(鈴鹿央士)が暴力団の関係先に出入りしているという情報が入る。成川を取り逃がしたことに責任を感じていた九重(岡田健史)は捜査を志願し、陣馬(橋本じゅん)と共に成川を捜し出そうとするが…

一方、成川は久住(菅田将暉)の世話になりながら、ナウチューバ―・REC(渡邊圭祐)に接触し、賞金一千万がかけられた羽野麦(黒川智花)の捜索を依頼する。

そんな中、桔梗宅への住居侵入事件の主犯が、エトリと繋がりのある辰井組の組員だったことが分かり、関係各所への一斉ガサ入れが決行される。桔梗はエトリを再び取り逃がすことを恐れ、伊吹、志摩らにエトリにつながる人物を探すように命じるが…

出典:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/story/