ドラマル

『MIU404』3話のネタバレ!岡崎体育の犯人役が嵌り過ぎていて怖すぎ!

2020年7月10日に放送されたドラマ『MIU404』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、伊吹と志摩が、元陸上部の高校生たちのイタズラ通報に奔走!
そんな中、強制わいせつ犯(岡崎体育)が、元陸上部マネージャー(山田杏奈)を攫い…。

関連記事

『MIU404』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『MIU404』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『MIU404』3話のあらすじネタバレ

西武蔵野署管内で猥褻事件が続発。その捜査攪乱目的なのか、「助けて~」という若い女性のイタズラ通報が頻発し、3機捜に捜査協力が求められます。
公園の電話ボックスからの通報者は「黒い帽子を被った知らない男」が自分を襲った猥褻犯なのだと言っています。このイタズラ通報事案のそのヘルプ要員として4機捜も現場に入ります。が、その後、正式に4機捜にオファー。
西武蔵野署の刑事、毛利忠治(大倉孝二)と向島進(吉田ウーロン太)によると、このイタズラは、通報したプレイヤーが警官を呼び込んだ上で逃げ切ったら勝ちというネット(ハイパー)ゲームを模倣した遊びとのこと。
陣馬耕平(橋本じゅん)と九重世人(岡田健史)が西武蔵野署に入って話を聞きますが、その際、お茶を出した向島が「お茶、美味くないですが…」と失言。また、卑劣な猥褻犯に対して、そんなに触りたければ自分の乳(ちち)を触れと言い出す毛利。妙な頓珍漢刑事コンビが西武蔵野署にいます。

これまでイタズラに対応した警官全員が犯人に逃げ切られていると聞いた脚力自慢の伊吹藍(綾野剛)は俄然やる気を見せます。そんな伊吹が志摩一未(星野源)とともに、代車の「まるごとメロンパン号」に乗って西武蔵野署管内をパトロールしている時、イタズラ通報が発生。事件発生と称する公園に向かうと、そこに容疑者と見られる黒い帽子の男が出現。が、なんと伊吹の俊足をもってしてもこれを取り逃がします。
実は、黒い帽子の男たちは、角を曲がる度にバトンタッチして、都合四人で伊吹の追走を振り切っていたのでした。4人相手では、流石の伊吹も勝てません。

逃走犯が随分若く見えたことから高校陸上部員の線が浮上。バシリカ高校に毛利と向島が聞き込みに入ります。藤下校長(赤間麻里子)に話を聞きます。毛利らは、陸上部員名簿を見せて欲しいと依頼しますが、藤下校長は「当校に陸上部は存在しない」とこれを拒否。で、刑事を追い返した後、陸上部員名簿をシュレッダーにかけるよう事務員に命じます。
昨年中は、二年生の成川岳が400Mで二位入賞を果たすなど、それなりに陸上部は活躍していたのですが、昨年12月に廃部。既にバシリカ高校を卒業している元三年生陸上部員が、六本木界隈で流行しているトローチ形状のドラッグ「ドーナツEP」を他校の陸上部員に売り付けていて、それで、バシリカ高校の陸上部員には接近しないよう、そういう通達が各高校には出回っており、それを知った藤下校長は陸上部の廃部を決定したのでした。

元陸上部員の男子生徒四人がコンビニ前に屯(たむろ)していて、それを店長が咎めます。そこに謎の女、麦(黒川智花)と、4機捜隊長の桔梗ゆづる(麻生久美子)の息子(?)、ユタカ(番家天嵩)がやって来ます。麦、ユタカ、元陸上部員がコンビニでニアミスします。

陸上部員名簿の中にドラッグの売人とイタズラ通報者(及び逃走者)がいるはずで、通報女性の方は陸上部の女子マネージャーと推察されます。が、既に名簿はシュレッダーにかけられています。
そんな中、陸上部の復活を藤下校長に願い出る成川岳と勝俣達。ドラッグ販売は先輩のやったことで、自分たちは全く関知していないと訴えますが、藤下校長は、あくまで連帯責任を強調して、陸上部の復活を認めません。

九重は、今の若者は賢いから、応援に機捜が入ったからには、もうイタズラ通報はしないだろうと考えますが、これに伊吹は反論。高校が陸上部復活を認めない以上、彼らはもう一度、最後の勝負を仕掛けるはずと言います。伊吹の予測通り、彼らは最後の自分たちだけの「陸上大会」を開催します。

メロンパン号の中で、志摩と伊吹が大会決行を待機。工業団地の公衆電話よりイタズラ通報ありとの無線連絡が入ります。イタズラ通報は、もとより偽計業務妨害です。「自首するなら今だぞ」と、目の前にいる第一走者(竹中)に告げる伊吹。それに構わず第一走者が走り、それを伊吹が追います。第一走者が受け持ち区間を走り終え、第二走者に黒い帽子を渡して物陰に隠れているところを4機捜の仲間が逮捕します。残りの三人は、第一走者竹中の逮捕を知り、工場側と国道側に二手に分かれて逃げ去ります。

逃げ切りゲームが終わって集結するのを待っていた元陸上部女子マネの真木カホリが、本物の猥褻犯に襲われます。
スタンガンを手にしている強制猥褻犯の亀田(岡崎体育)に追われ、公衆電話ボックスから本物の通報をします。イタズラ通報の声と一致しているので、一応、その真偽を疑われますが、声に切迫感があったことから、陣馬は本物と断定。元陸上部員のイタズラ犯を追っている志摩、伊吹、九重を急遽、呼び戻します。
自転車で佐野を追い詰めた志摩、走りで勝俣を追い詰めていた伊吹は、その二人を引き連れて、カホリからの通報のあった場所に戻ります。逃げ続けるか、カホリの救出に戻るかの選択で、戻ることを佐野と勝俣は選びます。が、九重が追っていた成川岳だけは、ひとり追手を振り切って逃走。

公衆電話周辺の路上で志摩が台車の車輪跡を発見し、それを自転車で追尾。カホリは台車に乗せられ、亀田に連れ去られています。志摩が、台車の行く先の心当たりを伊吹に伝えます。

倉庫内では、まさに今、亀田がカホリをスタンガンで襲おうとしています。そこに飛び込んで来た伊吹が、亀田に飛び蹴りを一発。そして、連係プレーにより、志摩が亀田を確保と思われましたが、亀田はもう一つのスタンガンを持っていて、志摩は亀田を一旦取り逃がします。
が、逃れた亀田は水槽に落下。続いて、伊吹と志摩も水槽内に落下。先に水槽から上がった亀田が水槽にスタンガンを入れて伊吹と志摩を感電させようとしたところで、陣馬がそれを取り抑えます。
猥褻犯の手から救い出されたカホリは、勝俣と抱き合って泣きます。こうして、とりあえず女子マネは助かったものの、彼らの家裁送りは免れません。

「ナイトクローラーチャンネル」の特派員REC(渡邊圭祐)により、「110番高校生続報」として、高校元陸上部員と女子マネの実名、顔写真がネット上に出回ります。大迷惑なクズどもは積極的に晒してゆきましょうとRECは言っていますが、一般人の私的制裁に対して怒りを向ける桔梗。彼女には、裁きは司法の仕事という確信があります。

成川岳は一人家に戻ることなく行方不明ですが、こちらの件に関しては、西武蔵野署少年係に引き継いで完了。ドラッグ売人に関しては、こちらは組対五課が動き始めます。何かあれば、今後、組対五課からヘルプ要請があるはずです。

桔梗隊長に、一件落着後の親睦会参加を拒否される伊吹。桔梗は「これからデート」と言って署を後にします。向かった先は水族館で、そこには息子(?)のユタカと謎の女、麦がいます。

一方、逃亡を続ける成川岳の前に「味方」と称する元陸上部の先輩、ドラッグ売人(菅田将暉)が現れます。

『MIU404』3話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

「アンナチョラル」(2018年1月期/TBS系)での西武蔵野署刑事、毛利忠治(大倉孝二)と向島進(吉田ウーロン太)が役名もそのまま、今回登場しました。「MIU404」と「アンナチョラル」がリンクしています。――で、面白いことに気付きました。本ドラマとは全く関係ないサイト上の某姓名判断によりますと、「ウ段」と「オ段」で始まる姓の人の失言は、「尾を引く」のだそうです。「向島」は「む(ウ段)」、「毛利」は「も(オ段)」ですから、この両刑事の失言は後々、尾を引くようです。お茶を出す際の言葉とか、猥褻犯に対する怒りなど、ちょっと違和感を醸し出します。

序に、本ドラマのレギュラー陣をみると、伊吹藍、志摩一未、陣馬耕平、糸巻貴志、桔梗ゆずる、ということで圧倒的に「イ段」が多いのですね。そして、この「イ段」の人というのは、「エ段」の人と共に、「失言は多いのですが、それが後々まで尾を引かない人」なのだそうです。つまり、多くの女性が大好きな、「可愛くてちょっとおバカなキャラ」であるのが「イ段」の男たちということになります。
ただし、桔梗ゆずる隊長のみ、間違いなく女性。で、たまたま「イ段」と同様キャラとされる「エ段」の人は、4機捜メンバーにはいません。

逆に、失言が尾を引いてしまう毛利、向島と一緒のタイプになるのが、お気の毒にも、警視庁幹部(警視庁刑事局長)を父に持つキャリア組の若き警部補、九重世人。今回も、大人を馬鹿だと言ったり、少年にも厳罰を加えるべきだと言ったり、今後とも、何かと4機捜メンバーと対立しそう。一人、浮いてしまいそうで心配です。

最後に、失言が許されてしまう人がいて、それが「ア段」の人、我孫子豆治。彼は、九重世人をメンバーに加えることを条件に、第4機動捜査隊の設立承認をした刑事部長(警視監)です。

このように見て来ますと、結構、「占い」と符合している部分があって、これはもう脚本構成の際、その役名について、姓名判断占いを利用しているのかなと思った次第です。

岡崎体育の犯人役が嵌り過ぎていて怖すぎ!

ドラマ『僕はどこから』でも、怪しい役を見事に演じ、存在感を示した岡崎体育さん。
『MIU404』でも、強制わいせつ犯という役が、その演技力もあり、嵌り過ぎていて、迫力ありました。

3話は、高校生たちからの岡崎体育さんだけで、内容的にもお腹いっぱいでしたが、最後に菅田将暉さんまで登場し、新たな伏線を仕込んできました。
1話完結と思っていましたが、どうやら菅田将暉さんをラスボスに据えた怒涛の後半戦が待っていそうですね。

『MIU404』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『MIU404』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

拳銃使用による殺人未遂事件が発生する。被害者は元ホステスの青池透子(美村里江)で、加害者男性も含め現場から立ち去った。

通報を受けた伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は、透子が駆け込んだ付近の薬局店へ急行する。店主の証言では、透子は店内で銃創の応急処置をした後、大金の入ったスーツケースを持って姿を消したという。

透子が過去に裏カジノ事件に関与していた事を知る桔梗(麻生久美子)の指示で、伊吹と志摩は透子の行方を追うが…

出典:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/story/