ドラマル

『MIU404』1話のネタバレ感想!最高バディ爆誕!伊吹と志摩のコンビが面白い

2020年6月26日に放送されたドラマ『MIU404』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、暴走する伊吹藍(綾野剛)と制御する志摩一未(星野源)の最高バディに注目!
果たして志摩は、優れた観察眼で野生・伊吹を理解し、コントロール出来るのか…。

関連記事

『MIU404』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『MIU404』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『MIU404』1話のあらすじネタバレ

警視庁の働き方改革の一環で、刑事部機動捜査隊(通称、機捜)の部隊が3部制から4部制と変更になります。
事件発生時にいち早く現場に急行し、24時間というタイムリミットの中で初動捜査に当たる機動捜査隊。因みに、第4機捜は、第1~3機捜のフォローだけでなく、捜査1課など各部署のヘルプも行います。
普段は覆面パトカーで地域をパトロールし、110番通報があれば事件現場に急行し、迅速な初動捜査です。初動捜査で事件が解決できない場合は各課に捜査を引き継ぎ、継続捜査は行いません。

この新設された第4機捜の隊員として招集された志摩一未(星野源)。彼のバディが、問題ありとして一度候補から外されていた奥多摩交番勤務警官、伊吹藍(綾野剛)。ともに巡査部長の彼らの車が、404号車。
管内パトロール中、アオリ運転を繰り返す赤色の暴走車両を発見した404号車。運転の伊吹がその車を追います。

停車した運転手、水島善次郎(加治将樹)は、伊吹の風体を見て、警察手帳を示しているのにニセ警官と思い込み取り合いません。
野次馬からは運転手同士の喧嘩ということで通報されます。
で、第4機捜のもう一台、401号がやって来ます。こちらの車両コンビは、ともに警部補です。ベテラン班長の陣馬耕平(橋本じゅん)と警視庁幹部(刑事局長)の父を持つキャリア組の九重世人(岡田健史)が現場に駆け付けて、とにかく一件落着。伊吹の運転にもやり過ぎな面があったということで水島を解放します。
その現場近くでは、水島の乱暴運転に驚いて転倒しているおばあさん、西田ふみこ(平野文)が横たわっています。志摩が駆け寄り、ふみこを助け起こします。ふみこは転倒の際、手にしていた荷物を紛失しているようでしたが、とにかく、直ぐにその場から姿を消してしまいます。
で、ふみこがいなくなった後、志摩が「ラビット」という玩具店名が記されている袋に入った品物を発見。それを、伊吹に渡して、墨田署の遺失物係りに届けるよう命じます。

ネットでは、特派員REC(渡邊圭祐)を名乗るユーチューバ―が、この時の伊吹と水島の喧嘩の遣り取りを動画で撮っていて、第4機捜に関する誤情報とともに、その動画を世間に流します。

その後、ほどなくして、墨田署管内に重傷障害容疑事案が入電。王山小路飲食店街(カレー店前)で、顔面血だらけで倒れている男がいるとの通報があった模様です。被害者は意識不明で、おそらく翌日までは話を聞ける状態ではありません。
目撃者によると、現場を逃走したのは紺のスーツを着た大柄な男。近くに立てられていた看板で被害者の後頭部を殴り付け、そして、被害者の流した血の上に構わず膝を着いて、被害者のポケットから車のキーを盗み出していました。
加害者の逃走した方角にはパーキングがあり、そこに駆け付けた志摩と伊吹は、そこで昼間の赤い暴走車両を発見。ドアを開けるとシートに血痕が付着しています。それで、この赤い車の所有者、水島が被害者だと判明します。そして、水島の車からは、車載されていた筈のドライブレコーダーが持ち去られていました。水島を看板で殴打した犯人が、水島が駐車したパーキングに戻り、水島の赤い車の中からドライブレコーダーを盗んだことになります。

つまり、「赤い車」の水島にアオリ運転されて怒り狂った男がいて、この「白い車」の男こそ、水島に輪をかけた凶悪アオリ運転の常習者なのでした。偽造ナンバーを何枚も用意しているという周到さも持ていました。アオリ映像が記録されている水島の車のドライブレコーダーを、犯人は、証拠隠滅目的で持ち去ったことになります。

一方、その頃、管内の交番に小さな子供、千砂(佐々木みゆ)がやって来て、「おばあちゃんがいなくなった」と訴え、警察に保護されます。「おばあちゃん」というのは、水島の乱暴運転で転倒していた西田ふみこです。親戚の葬儀に両親は出掛けていて、その間、祖母に面倒を診て貰うことになっていた孫が、行方不明になった祖母を探しています。
孫に玩具を買い与えようと街に出た祖母は、孫が疲れて動けないというので、小さな食べ物屋に孫を残して、一人で玩具を買いに向かい、そして、その帰りに暴走車に遭遇して転倒。折角、買った玩具を見失います。で、再び、「ラビット」店に戻って、再び同じ玩具を求めますが、既に品切れ。深川通りにある別の玩具店(おもちゃキャプテン)の地図を渡して、そこになら未だあるかも知れないと、ラビットの店長に教えられます。その情報に従い、404号車も「おもちゃキャプテン」に向かいますが既に閉店で、電話連絡も通じません。

そんな時、伊吹が、あっちこっちで白いステーションワゴンに遭遇していたと言い出します。ナンバーはその都度違っていましたが、エンジン音が一緒だったと言い張ります。
それで、当番勤務明けの時刻、明日の9時までということにして、この白い車の捜索に当たることになる404号車と401号車。
防犯カメラ映像の解析スペシャリスト、第1機捜スパイダー班の糸巻貴志(金井勇太)が、第4機捜のサポートに加わります。糸巻には、白のステーションワゴンの他、西田ふみこの探索も依頼します。と、糸巻が当該車両を健康食品通販会社、ナチュルシードの社用車と特定。常日頃、その車に乗っているのはナチュルシード社員の安本(深水元基)です。

ナチュルシードの社用車に乗っている安本を発見した401号車が停車させて話を聞こうとして、逃走されます。
404号車も合流して、これを追跡。この時の運転手は、伊吹ではなく志摩です。伊吹のマイクでの静止を聞かず逃走する安本。行く手には、青信号で渡り始めた人たちが横断歩道上にいます。「赤だ、止まれ!」と言う伊吹の言葉を無視して交差点に突っ込もうとしている車に、志摩が体当たりします。404号車の横腹で、安本の車を受け止め、横断歩道を渡っている人を守ります。
404号車は横転。直ぐ後ろを走っていた九重運転の401号車は、辛うじて追突を回避。安本のステーションワゴンは、ぶつかった衝撃もなんのその、そのまま逃走を続けます。
足の速い伊吹が、走って逃走車を追います。伊吹が車に追い付くと、そこからは、安本も車を降りて逃走。芝浦倉庫街に逃げ込みます。

安本を捕えた伊吹は、安本の後頭部を拳銃で撃とうとしているかのような素振りを見せます。それを駆け付けた志摩が阻止せんとします。が、伊吹が拳銃を握っていると思われた右手を天に突き出すと、「はばたけ空に!/.チェンジ・アンド・ソウル!」という音声が流れます。
伊吹が握っていたのは拳銃ではなく、「うる星プリキュア!」玩具の魔法の杖でした。そういう茶番をする伊吹を、志摩が殴ります。
そして、安本を後ろ手に抑え付けて手錠をかけます。安本逮捕は、当番勤務明けの9時丁度になりました。公務執行妨害、道交法違反、傷害、器物損壊などによる確保になりました。「良かったな。誰かを殺す前に捕まって…」と伊吹が言います。そんな伊吹に安本が唾を吐きかけます。

ほどなく、西田ふみこが路地を歩いていて、それが防犯カメラで発見され、空き家に迷い込んでいるところで保護されます。そして、墨田警察署前で孫娘の千砂と再会します。

第4機捜査隊長、桔梗ゆづる(麻生久美子)へのお土産が、ナチュルシード社がドライハーブと称して輸入していたマリファナの押収でした。どうやら、安本がマリファナを常用していた可能性も浮上します。
お土産をたいして喜びもせず、公用車1台を廃車にしたことに怒っている桔梗隊長。お土産を喜ぶのは、第4機動捜査隊の設立を承認した警視監の刑事部長、我孫子豆治(生瀬勝久)だけということなのでしょうか。

スポンサーリンク

『MIU404』1話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

404号車は、トヨタのカローラアクシオ(140系前期)。排気量は、1,500cc以下。本物の機動捜査隊車両というのは、その排気量は、2,000~2,500cc。排気量の少ない小型車両にしたのは、今回の横転など、カーアクションでの見せ場演出の為と思われますが、一部のコアな警察ドラマファンからは、リアリティの無さを指摘されたりしているようですね。
そんな中でも、コメディーでありながら、時にリアルな人間ドラマをと、そのテーマを標榜している「MIU404」の今後に期待したいと思います。

伊吹藍役の綾野剛さんが、今後も、先頭に立ってコメディーを牽引するのでしょうかね。そして、リアリティー担当が、志摩一未役の星野源さんという割り振りなのでしょうかね。

最高バディ爆誕!伊吹と志摩のコンビが面白い

1話の感想として、「つまらない」という声は皆無。面白いという声でネットは溢れました。

暴走する伊吹と制御する志摩のコンビが面白い!
これは数々の刑事ドラマがありますが、最高バディ候補が爆誕した感があります。
果たして、『あぶない刑事」のタカ&ユージを超えるか?
今後の2人がどう関係を深めていくのか楽しみですね。

またネットでは志摩派が多そう…。
1話を見てドラマル編集長は、志摩もいいキャラと感じましたが、それ以上に綾野剛さん演じる伊吹に対して魅力を感じました。

綾野剛さんの運動神経の良さと名に違わぬ野性味溢れる豪(漢字違いますが…)な部分が、最高でした。

普段クールな印象の綾野剛さん。ストイックな役作りがカッコいいです。
「やっちゃうよ!やっちゃうよ!(実際はこうはいってない)」と、犯人に迫り確保、からのなんちゃってプリキュアステッキが今話の山でしたね。

『MIU404』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『MIU404』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がパトロールをしていると、伊吹が隣を走る車に違和感を抱く。そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器のナイフを持って逃走しているという無線が入る。容疑者の特徴から伊吹は、隣の車に容疑者が乗っているかもしれないと察知し、追跡する。

一方、殺害現場の初動捜査にあたる陣馬(橋本じゅん)と九重(岡田健史)は、第一発見者の証言から凶器のナイフを持って逃走した人物が、加々見崇(松下洸平)だということを知る。加々見は、事件現場となったハウスクリーニング会社では真面目に働く社員だったという。

殺害された会社の専務との関係性を疑う中、陣馬は遺体周辺には血の掌紋が多数ついているにも関わらず、加々見が飛び出した部屋のドアノブには血が付着していなかったことを不可解に思う。

疑惑の車を追尾する伊吹と志摩は、運転する田辺将司(鶴見辰吾)と助手席の妻・早苗(池津祥子)が怯えていたことから、車内で夫婦を脅す加々見による“移動立てこもり事件”と見立て慎重に様子を伺うが、接触した田辺夫妻の妙な態度から事件は予期せぬ方向へと転がっていく…。

出典:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/story/