ドラマル

『家政夫のミタゾノ3』7話のネタバレ感想!KinKi人形の登場にファン湧く!

2019年5月31日に放送されたドラマ『家政夫のミタゾノ3』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、三田園たちは夫の不倫疑惑に揺れる家庭に派遣される!
夫の不倫を隠蔽する完璧な妻の本当の目的とは…。

関連記事

『家政夫のミタゾノ3期』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『家政夫のミタゾノ3』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『家政夫のミタゾノ3』7話のあらすじネタバレ

三田園薫(松岡昌宏)村田光(伊野尾慧)恩田萌(川栄李奈)の3人は、明京大学女子レスリング部コーチの黒部英雄(大澄賢也)の自宅へ派遣されます。

黒部は現役時代『レスリング界の絶対王者』と呼ばれ、世界選手権でも三連覇を果たすなど『銀河系最強』と言われていて、全日本の総監督就任も噂れていました。
しかし、明京大学女子レスリング部の教え子の最上愛子(青山めぐ)とホテルの前で腕を組んでいる写真を週刊誌に撮られ、不倫疑惑で世間を騒がせていました。

そんな黒部の不倫釈明会見で見事な対応をして、マスコミからも称賛されていた黒部の妻の静子(黒谷友香)でしたが、黒部の家ではモラハラとも言えるような仕打ちを受けていました。
三田園たちが派遣されてからも、黒部の浮気が証明されるようなものが見つかるのですが、静子は「都合の悪いものは見なかったことにすれば何もなかったのと同じ。」と言い切り、笑みさえ浮かべ気にしている様子はありません。

そんなある日、黒部は静子が病院に行くと言って男に会い、お金を渡している場面に遭遇します。
静子と別れて愛子と一緒になりたいと考えていた黒部は、愛子に静子から脅されたという記者会見をさせて、静子を追い込み謝罪会見をさせようとするのですが。
静子が会っていた男は愛子の兄で、渡していたのは愛子とのことでの示談金でした。
他にも教え子やマネージャーと黒部が不倫していることが明らかになり、その都度静子は尻拭いをしていました。

黒部は心を入れ替えて、静子と子供の良き夫、良き父親になることを誓い、一件落着のように見えましたが。
三田園は全てを見抜いていました。
実は静子は黒部に高額な保険金を掛けていて、毎日飲む手作りジュースの中に、毒性のある植物の葉を入れていました。
また、子供は黒部の子ではなく、その他人の子供を一生不自由なく養わせるために完璧な妻を演じていたのでした。

本日の家事情報

  1. レシートはあぶらとり紙として使うことができる。
  2. ラップは包帯の代わりになる。
  3. ワインのコルクが折れた場合、靴に入れて叩くとコルクが出てくる。

スポンサーリンク

『家政夫のミタゾノ3』7話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

因果応報は自然界の必然です。
どんなに表面的に誤魔化しても、取り繕っても、その本心のエネルギーが伝達して、そのエネルギーの報いを受け取ることになります。
このことに気づかずに、自分自身に起こる一見不幸と思える現象を、他人や環境のせいにしているケースはあまりにも多いですね。

自分に起こる全てのことは、自分を起因とした必然なのだと理解することが、自然界での生活を幸せにしていく重要なことですね。
そんなことを、静子の怨念とも言える夫婦生活の構築に感じました。

KinKi人形の登場にファン湧く!

むすび家政婦紹介所一同による男女の愛談義に、「愛されるより愛したい!」と強引にジャニネタをぶち込んだミタゾノさんが、KinKi人形を繰り出し話題を集めました。

人形には、244と51という数字のパッチワークが…
244(ツヨシ)、51(コーイチ)ってことですね。
そして、剛の帽子姿、光一の髪型がバッチリのクリソツ人形に、ファンから「欲しい!」という声が挙がりました。

『家政夫のミタゾノ3』8話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『家政夫のミタゾノ3』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 伝説的バンド『ハングリーズ』のボーカル・ケビン小須田(宇梶剛士)の自宅へ派遣された三田園(松岡昌宏)、光(伊野尾慧)、萌(川栄李奈)。ケビンは先ごろ、ライブをドタキャンした上で「次はドームでライブだ」と宣言し、話題を呼んでいる人物だった。
 自宅で賑やかなパーティーが催される中、事務所宛てに脅迫状が届く。「ハングリーズにライブをする資格はない。次のライブをしたらケビンを殺す」という恐ろしい内容の書かれた脅迫状に、ケビンの娘・奈緒美(朝倉あき)や事務所専務の東郷信八(川島潤哉)らは騒然。さらに玄関先に置かれた人形からは炎が上がり、萌は警察に通報するべきだと主張する。しかしケビンは「こんなことが公になったらファンが動揺する」と警察への連絡を拒否。ドーム公演も予定通り行うと断言する!
 そんなケビンに、トニー(冨家規政)とベン(春海四方)は「ハングリーズを脱退したい」と申し出る。独断専行なケビンのやり方にこれ以上ついていけない、というのが大きな理由だった。
 次の朝、ケビン宛てに再び脅迫状が! 脅迫状には、喉部分が赤く切られた写真が同封されており…?

 そんな中、ケビンの家を覗いていた怪しい男を追っていた光が、突如姿を消してしまう!

 ケビンを脅迫する人物の真の目的とは…? そして光はどこに行ってしまったのか?
いよいよ『家政夫のミタゾノ』最終回――衝撃のラスト!! ミタゾノが星になる…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/story/0008/