ドラマル

『家政夫のミタゾノ3』2話のネタバレ感想!ひー坊の執事姿に全伊野尾担がやられる?

2019年4月26日に放送されたドラマ『家政夫のミタゾノ3』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、カリスマキャリアウーマン三ツ輪姉妹宅に三田園と光が派遣された。
そして、光(伊野尾慧)がタキシード姿のイケメン執事に変身!

関連記事

『家政夫のミタゾノ3期』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『家政夫のミタゾノ3』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「テレ朝キャッチアップ」で最新話なら放送後1週間ご覧になれます。

スポンサーリンク

『家政夫のミタゾノ3』2話のあらすじネタバレ

父親が創業した『ミツワハム』を引き継ぎ『100年に一度の美人すぎるカリスマキャリアウーマン姉妹』として騒がれている三ツ輪姉妹の三ツ輪公子(青山倫子)三ツ輪沙織(知花くらら)、経営知識ゼロなのに業績はうなぎ上りだと言われています。

この三ツ輪家に、三田園薫(松岡昌宏)と村田光(伊野尾慧)が派遣されることになります。
家を訪ねたふたりはさっそく「秘密を漏洩させたら違約金1億円を支払う」という誓約書を書かされます。
しかし三田園は例によって、三ツ輪姉妹の部屋を物色し、姉妹の部屋のクローゼットにはよそ行きの服が一切ないことがわかります。

実は姉妹が引き継いだ『ミツワハム」は業績が悪く、持ってあと3ヶ月の状態でした。
そんな状況なので、服などもレンタルにしていました。
優雅に見せかけていたのですが「偽装キラキラ姉妹」だということですね。
銀行にも掛け合っているのですが埒が明かず、最後の資金調達の手段として玉の輿婚を狙っていました。

そこに神山総合物産の御曹司・神山章一(桐山漣)から公子に連絡が入り、以前公子とぶつかった時に落としていった靴を返したいと言ってきます。公子が食事に誘うとすぐに訪ねてきました。
神山はフランスの家庭料理が好きだということで、三田園が用意してあった肉じゃがにひと手間加えてキッシュに変身させ、神山の心を捕まえたと公子は確信します。

神山が帰り際に玄関で見つけた写真を、むすび家政婦紹介所に三田園が持ち帰ったのですが、恩田萌(川栄李奈)が姉妹の整形の秘密に気付いてしまい、さらに佳乃(水島麻理奈)も姉妹だとわかります。

神山三姉妹は、結束を固めて神山を落として玉の輿に乗ることを誓い合います。
そして、公子が神山に会い資金援助を頼むと、援助できるとの答えを得るのですが、ホテルに誘うと引かれてしまいました。

落ち込む公子を見て、沙織がアシストすると言い、神山に会い心を掴んだ手応えを感じます。
帝都銀行の銀行員と繋がっていた沙織は、実は公子を社長から引きずり降ろして、自分が社長になるというクーデターを企てていました。

翌日神山が、どうしても想いを伝えたいと言って三ツ輪家に来ることになります。
そして「ぼくと付き合ってください。」と薔薇の花束を渡したのは佳乃でした。

その後、神山は佳乃から得た財務状況なら援助できると佳乃に約束するのですが、翌日神山総合物産が敵対的買収でミツワハムの株式を買い漁っていることが発覚します。
そこで三姉妹それぞれがやっていたことが明るみになって、姉妹関係に亀裂が入ってしまいます。

落ち込む三姉妹に三田園は、換気扇の汚れを落とす方法を例えにあげて、三姉妹が力を合わせればこの窮地をなんとかできることを暗示します。

神山章一の神山総合物産社長就任祝賀会の席上で、三ツ輪三姉妹は神山たちの悪行を暴露して、神山を土下座させてしまいます。
この時の動画が1週間で1億回の再生回数になるなど大いに話題になり、神山総合物産の株価は暴落して、ミツワハムを立て直し、叱ってくれる三姉妹アイドルとしても有名になり、粉飾決算も乗り切り見事復活します。

本日の家事情報

1.服についたシミは、水を含ませたタオルをレンジでチンして、そのタオルでシミの部分を温めながら、お湯に溶いた酸素系漂白剤をシミに馴染ませて、表からタオルで包み込むようにして押すことで落ちやすくなります。

2.パイシートを敷いた型に、肉じゃがを入れて、卵、牛乳、粉チーズを混ぜ入れたものを流し込んで、オーブンで焼くとキッシュができます。

3.換気扇の汚れを落とすには、台所洗剤、重曹、焼酎の3つを合わせることで汚れを落とすことができます。

以上の3つでした。今回もいざという時にとても役立つ情報でしたね。

スポンサーリンク

『家政夫のミタゾノ3』2話のネタバレ感想

50代男性

濱本哲治

むすび家政婦紹介所の結頼子(余貴美子)所長、式根志摩(しゅはまはるみ)阿部真理亜(平田敦子)の野次馬感、井戸端会議感溢れる三田園薫(松岡昌宏)の派遣先の分析は、とても微笑ましいのですが、前話でも感じられた、そこに恩田萌(川栄李奈)の現代の世情を反映させた分析が加わって、探偵事務所感にパワーアップさせてくれています。

ぶっきらぼうですが、どこか愛すべきキャラを持ち、存在感のある恩田の今後の分析、追跡にも大いに期待できますね。

2話で最も話題になった出来事

ひー坊の執事姿に全伊野尾担がやられる?

村田光役を演じる伊野尾慧さんの執事(タキシード姿)にファンから歓喜の声が聞こえてきましたね。
「かっこよすぎて死にかけた」「イケメン執事姿も見れた」「ひー坊の執事姿イケメン過ぎる」と喜び殺到です。

今期のミタゾノは、伊野尾慧の話題でもちきりになることが多いですね。それだけ、ファンの視聴熱が高いということでしょう。

『家政夫のミタゾノ3』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『家政夫のミタゾノ3』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

 発足以来「クリーンすぎる内閣」として高い支持率を維持してきた矢那内閣が、初めて支持率50%割れを記録。原因は50億円の使途不明金問題だった。
 そんな中、三田園(松岡昌宏)と光(伊野尾慧)が矢那内閣の官房長官・内部忠(小堺一機)の自宅に派遣される。到着早々、風呂場の掃除をしていた三田園たちは、内部が電話で誰かに「“ハワイ”の一件が明るみに出たらまずい。どんな手を使っても、手を汚してでも闇に葬るんだ」と指示しているのを耳にする! 三田園が電話の会話を聞いていたのではないかと訝しんだ内部は「今日ここで聞いたことを外でしゃべったらどうなるかわかってるな」と、脅しも込めて念を押す。

 実は先だって、新薬で総理大臣医薬化学賞を受賞した落合康介(大堀こういち)の研究データが、偽物だったという記事が出ることが判明。内部は秘書官の岡本(東根作寿英)や落合と対応策の協議に追われていたのだ。内部は、落合の研究データの真偽よりも、総理のスキャンダルの隠蔽中であった…。
さらに内部の自宅には週刊誌が放ったスパイも潜り込んでいた! 内部と岡本らとのやりとりはすべて外部へと筒抜けになっている状況の中、内閣のスキャンダルに興味津々の萌(川栄李奈)までもが光に探りを入れる電話をかけてきて…?

 やがて落合の研究データが改ざんされていたことが明らかに。総理への影響を懸念する内部だったが、矢那総理から「落合は私の古い友人なんだ」と打ち明けられ、さらに「いろいろ頼むよ」という言葉をかけられ、これまでのように1を聞いて10を悟る“忖度”をするべく、動き始める! そんな内部の動きは、週刊誌からのスパイによって筒抜けに。しかもデータが改ざんされた新薬にはとんでもない秘密が隠されていた!三田園と内閣が総理の秘密を巡る“忖度”バトルに発展!?内部が隠す“ハワイ”の秘密とは…!?

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/story/0003/