ドラマル

日本版『ミストレス』8話のネタバレ感想!友ちゃんだけは可哀想?

2019年6月7日に放送された日本版ドラマ『ミストレス』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、冴子が悟史(佐藤隆太)に真実を告げる!
一方、香織は佳恵(麻生祐未)から突然自宅に呼び出され…。

関連記事

NHK放送『ミストレス~女たちの秘密~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ミストレス』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『ミストレス』8話のあらすじネタバレ

香織(長谷川京子)は貴志(杉野遥亮)との恋が終わり、落ち込んでいました。

友美(水野美紀)は死んだ夫の愛人の息子を思い、保険金の半分をミキ(筧美和子)に渡そうかと思うようになります。愛人の子供に対して、自分が夫の代わりに責任を果たし、そして前に進もうと考えていました。そんな友美を香織達は心から応援します。

冴子(玄理)宅での食事会から帰宅した香織は、自宅前で貴志が待っていることに気づいて驚きます。貴志は自分なりに考えぬいた推測を香織に語り出し、父親の愛人であった香織は光一郎(橋本さとし)が自殺を考えていたことを知っていたのではないか?薬を処方したのではないか?と問い詰めました。
鬼気迫る貴志を見て、ついに香織は自分が手を貸していたことを白状します。

友美は外出する安岡(甲本雅裕)の姿を見かけて、話をするために追いかけます。安岡の口から「もうあなたのことを、ふっ切ろうとしていた」と語り出される途中、友美は慌てて「ふっ切らないで!」と言葉をさえぎりました。
自分達はまだ何も始まっていない…と思う友美が「過去にとらわれるのはもうやめます。これからはあなたと一緒にいたい!」と話し、喜びで目を潤ませる安岡と抱きしめ合いました。

樹里(大政絢)は自宅で婚約者の曽我部(森優作)と一緒に、どことなく浮かない顔をする玲(篠田麻里子)と、玲にべったりとくっつきながら話すミナ(小篠恵奈)から、二人の新婚生活についての話を聞いていました。
友達として振る舞おうとする樹里でしたが、席を立って玲と二人きりになった途端、ミナと幸せそうにしている姿を見て辛い、と本音を漏らします。
すると玲からは「やっとの思いであなたを諦めたのに…」と話され、玲も樹里に未練があることを告白しました。お互いに気持ちがまだあることを確かめ合い、そっと唇を重ねます。

冴子は悟史(佐藤隆太)の希望で子供用品を販売している店へ立ち寄ることになります。綺麗な店内と、嬉しそうに商品を手に取って「幸せな気持ちになる」と笑顔で話しかける悟史を見て、自分はこの場に居るべきではないという思いに駆られた冴子は、慌ててその場を飛び出します。
心配する悟史に引き留められて、ついに冴子は「ごめんなさい…あなたの子供じゃない」と打ち明けました。

香織は貴志の母・佳恵(麻生祐未)に自宅に呼ばれます。心労がたまっている佳恵から、貴志が最近荒んだ生活ぶりを送っている様子を知って驚いていると、そこへ貴志本人が現れます。香織が来ていることに苛立った貴志が、香織が父親の愛人だったことを口にすると、佳恵は冷静に受けとめます。
しかし、貴志の口から「この人はモルヒネを処方して、手助けしていたんだ」と聞いた途端、佳恵の表情に戸惑いの色が浮かびます。後ろめたさを感じる香織に、なぜ貴志に喋ったのかと咎めます。
佳恵は今まで香織に対して抑えていた感情を露にし、沈痛な面持ちで「あなたさえ居なければこんなことにはならなかった…」と告げました。
心苦しい気持ちになる香織に、貴志が「あなたとはもう会わない」と冷たく言い放ちます。
そして、二人の間で漂うただならぬ雰囲気を感じた佳恵が「あなた達、まさか…」と、言葉を震わせました。
いたたまれなくなった香織はその場から立ち去ります。鬱屈とした気持ちのまま、夜道を歩きました。

スポンサーリンク

『ミストレス』8話のネタバレ感想

20代女性

sao30

冴子がついに真相を打ち明けた時、天国から地獄へ突き落とされたような顔になった悟史を見て、胸が痛みました。

かわいい子供用品が並んでいて、なんだか少し神聖な場所にも思えるような店に入った時の、戸惑う冴子の表情も良かったです。後ろめたさを感じて「私みたいな女が来る場所では無い…」という気持ちになっていることが伝わります。いつ悟史に話すのだろう?と気になってましたが、罪悪感が頂点に達したこの瞬間だったのですね。

香織もついに貴志に全てを白状したし、さらには佳恵に貴志との関係がバレてしまいましたね。佳恵はきっと今まで以上に香織への憎しみが増したことでしょう。これからますます泥沼展開になっていくと思うので楽しみです!

友ちゃんだけは可哀想?

柴崎香織(長谷川京子)、原田冴子(玄理)、水島樹里(大政絢)は、自業自得だと思いますが、水野美紀さん演じる野口友美はなんか可哀想。

次回、旦那・俊哉(吉沢悠)と対面となりそうですが、安岡(甲本雅裕)さんと上手くいってほしいですね。

でも、上手くいってはつまらないから…
友美にもヤバい過去があるという大どんでん返しが来るのかな?

それにしても、香織には全然同情できない!
反省の色も見えないので逮捕しかないですかね。

『ミストレス』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『ミストレス』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

父の自殺に関わったことを認めた香織(長谷川京子)を貴志(杉野遥亮)は許せないでいた。7年前に死んだ夫の俊哉(吉沢悠)が生きていると知った友美(水野美紀)は、一度会ってミキ(筧美和子)との関係を問いただしたいと願う。樹里(大政絢)は玲(篠田麻里子)に対する恋心が再燃し、密かに逢瀬を重ねるようになった。冴子(玄理)は夫との関係が決裂し、樹理の家に転がり込む。そんな時、香織は警察の取り調べを受ける。

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/mistress/html_mistress_story.html