ドラマル

日本版『ミストレス』3話のネタバレ感想!大政絢と篠田麻里子のキスシーンがもはや芸術

2019年5月3日に放送された日本版ドラマ『ミストレス』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、4人それぞれの女たちの愛の物語が急展開する。
樹里(大政絢)は玲(篠田麻里子)に経験したことのない感情を抱くようになり…。

関連記事

NHK放送『ミストレス~女たちの秘密~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ミストレス』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『ミストレス』3話のあらすじネタバレ

貴志(杉野遥亮)から告白され、キスをしたことに戸惑う香織(長谷川京子)。翌日、呼び出した貴志に「私とあなたは医者と患者の関係だけだ」とハッキリと伝えます。自分を拒む香織に、なおも貴志は「僕があなたを支えます。僕を頼ってください」と愛の告白を続けました。

いつもの女子会で、安岡(甲本雅裕)とキスをしそうになるも、恥ずかしくて逃げてしまったことを打ち明ける友美(水野美紀)。安岡との関係は良好でしたが、最近、謎の無言電話が続いていることを相談します。ママ友の嫌がらせでは?と香織たちからは言われますが、友美は何かが引っかかる様子。

女子会から帰宅した冴子(玄理)は、義母がまた自分の留守中に来ていたことを知ります。妊活のプレッシャーをかけられていると感じる冴子は、夫の悟史(佐藤隆太)と一緒に、病院で検査をすることを決意。
すると、検査結果で悟史の精子に問題があることが分かります。ショックを受ける悟史は、冴子に「子供ができないことを俺のせいにできて、ホッとしてるんだろう」と辛くあたってしまいます。
夫との関係に亀裂が入り、精神的に弱ってしまった冴子は、以前より自分を励ましてくれている部下の坂口(細田善彦)と、浮気をしてしまいます。

婚約者の曽我部(森優作)に気に入られている樹里(大政絢)ですが、自身の結婚のことに関してはどこか他人事。パートナーと仲直りした玲(篠田麻里子)から、ウェディングドレス選びを付き合ってほしいと頼まれ、樹里は自宅へ招きます。そこで樹里とのセンスが合うと感じた玲は、樹里にもドレスを着てみるように勧めます。
優しく触れられ、優しい目で自分を見つめてくる玲に、樹里はたまらずキスをしてしまいますが、酒で酔ってしまったことを言い分けにして、誤魔化しました。

一方、香織と2人きりで会いたい貴志は、仕事を理由に断ろうとする香織に、「何時でも待っています」と話します。1人になりたくない香織は、たまたま最近連絡を受けていた、元恋人の小田切(蟹江一平)と久しぶりに会うことにします。
香織の医師としての腕を買っている小田切から「大学病院でまた一緒に働きたい」と言われ、ヨリを戻したいことも伝えられる香織。自宅まで送り届けてくれた小田切と一緒に居るところを、突然現れた貴志に見られてしまいます。驚いて目をそらす香織に対し、貴志は一言も発しないまま、香織のことを見つめ続けました。

スポンサーリンク

『ミストレス』3話のネタバレ感想

20代女性

sao30

樹里と玲のキスシーンがとても綺麗でした。二人ともウェディングドレス姿ですし、その場の雰囲気に流されてしまうかなと思いましたが、樹里の方が思い止まったのが意外でした。パートナーが居る玲が、樹里をどうしたいのか気になります。

貴志は香織に告白してから、表情が優しくなりましたが、それでも香織に対して自分の気持ちを伝え続けようとするときの目が、以前と変わらない部分もあります。執着心と恋心が同じくらいなんでしょうか。

大政絢と篠田麻里子のキスシーンがもはや芸術

今回は、大政絢と篠田麻里子のキスシーンがもはや芸術といえる美しさと話題を集めましたね。「女優篠田麻里子」にファンからも感激の声が上がっていました。

『ミストレス』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『ミストレス』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

図らずも年下の同僚と関係を持った冴子(玄理)は、ひどく後悔して落ち込む。見かねた樹里(大政絢)が冴子と悟史(佐藤隆太)の夫婦仲を取り持ち、2人はもう一度やり直すことを決意する。友美(水野美紀)は7年ぶりの恋を成就させようとセクシーな下着を買い込み、遅まきながらダイエットに奮闘する。香織(長谷川京子)は貴志(杉野遥亮)から執ように付きまとわれるうち、次第に彼の求愛にあらがえない自分の気持ちに気づき始める。

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/mistress/html_mistress_story.html