ドラマル

2019年4月20日

日本版『ミストレス』1話のネタバレ感想!杉野遥亮の闇ある感じが好評!

2019年4月19日に放送された日本版ドラマ『ミストレス』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

第1話では、木戸との不倫に溺れていた香織に、息子の貴志と妻の佳恵が、それぞれ『私は気づいていますよ』というような語り口で話しかけます。
とくに、佳恵の言葉はまるで、香織の首をゆっくりと締め付けているかのようで、少しゾッとします。

関連記事

NHK放送『ミストレス~女たちの秘密~』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ミストレス』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『ミストレス』1話のあらすじネタバレ

診療内科医の香織(長谷川京子)は、患者である木戸光一郎(橋本さとし)と不倫関係にあり、逢瀬を重ねていました。病気を患う木戸に対し、「あなたには少しでも長く生きてほしい」と願う香織。二人はお互いを求めあい、愛しあっていました。

数日後、亡くなった木戸の葬儀が執り行われます。息子の貴志(杉野遥亮)と、妻の佳恵(麻生祐未)が列席していました。
葬儀後、医師として参列していた香織に対し、貴志が「なぜ父の自殺を止めてくれなかったのですか?」と問いかけてきます。
木戸の死後に遺品整理をし、愛人の存在を知った貴志は、香織のことを疑っていました。

その夜、香織の自宅で女子会が開かれます。友美(水野美紀)、冴子(玄理)、樹里(大政絢)が集まり、気兼ねなくパーティーを楽しんでいました。
友美はシングルマザーで、7年前に夫が海外で行方不明になり、死亡認定が下りて多額の保険金を手にした直後です。
昼間、銀行に行っていた友美は、子供の同級生の父親で、シングルファーザーの安岡(甲本雅裕)に声をかけられていました。「今度お茶でも」と誘われ、友美は久しぶりの恋の予感を抱いていました。

女子会が終わり、木戸を失った悲しみに暮れている香織の携帯に、電話が入ります。「昼間は失礼しました。家の近くまで来ているので謝りたいです」と話す貴志に、夜中に女性の自宅を訪れる方が失礼だ、と憤る香織。そのまま貴志は帰って行きます。

数日後、香織の医院に貴志が患者として現れます。父親の死後、不眠症に陥ったと話す貴志。医師として接する香織に、「父の死に関して、何か知っているのではないですか?」と疑問を投げかけてきます。「本当のことは分からない」と答える香織に、一枚のメッセージカードを手渡します。それには『K』というイニシャルで、木戸に贈った愛の言葉が綴られていました。これは母の筆跡ではない、と話す貴志は、「先生、心当たりはありませんか?」と言葉を続けます。戸惑う香織でしたが、メッセージカードに手を添えながらも、「ありません」と答えたのでした。

さらにその後、香織は医院を訪れて来た佳恵と、二人きりで話すことになります。息子が迷惑をかけていて申し訳ない、と話し出した佳恵は、「貴志にはあのことは伝えていません」と告げます。木戸の死因となったモルヒネは、大学病院から貰った分だけでは致死量に至るはずがない、と話す佳恵の目は、真っ直ぐに香織を見つめていました。

罪の意識に苛まれる香織は、友美だけに、木戸の死の真相を打ち明けます。
これ以上自分の体が病に蝕まれることに耐えられない、と木戸が話していたこと、そんな木戸のために香織がモルヒネを処方してあげたこと…。
話を聞いた友美は、「このことは誰にも言わないこと。もう終わったことだから」と香織を慰めます。
友美の言葉を聞いた香織は、木戸のモルヒネ処方に関しての情報を全て隠蔽しますが、その表情は曇っていました。

一方その頃、冴子と樹里もそれぞれの夜を過ごしていました。
子供を欲しがるがゆえに、夜がおざなりになっている夫をもつ冴子は、セクシーな下着を身に纏い、ラブラブな雰囲気作りに勤しんでいました。帰宅する夫を待ちわびていた冴子ですが、計画は失敗に終わってしまいます。せめてこの姿を撮影して夫を驚かせてやる!と行動に出た冴子ですが、誤って部下の坂口(細田善彦)に送信してしまいます。

父親と電話をしていた樹里は、そろそろ結婚して落ち着くように、と話されます。自由奔放な恋愛を楽しむ樹里は、結婚に関してそこまで深く考えることもなく、結婚しても今の自分のスタイルを変えるつもりはありませんでした。

スポンサーリンク

『ミストレス』1話のネタバレ感想

20代女性

sao30

ドラマの冒頭で、無言で見つめあい、お互いを激しく求めあう香織と木戸の二人から醸し出される『秘密の恋』の空気感に引き込まれました。

貴志が香織を見つめるシーンが多かったですが、あんなに真っ直ぐに見つめられたら、嘘を貫き通すのも辛そうです。

友美、冴子、樹里に関してはまだ序盤なので、これからどうなっていくのか楽しみです。友美には謎の電話がかかってきているのですが、無言電話なのか?それとも何か話しかけられているのか?友美が喋るシーンがないので、何なのか気になります。

1話で最も話題になった出来事

杉野遥亮の闇ある感じが好評!

昨今、ドラマに映画に引っ張りだこの杉野遥亮さんの闇ある感じの演技が、放送後、SNSで絶賛されました。

ファンからは「演技力格段に上がっている」「目力が凄くて吸い込まれそう」「めちゃくちゃカッコ良かった」と、その人気が伺えましたね。

来週以降、貴志が香織をどう追い詰めていくのか展開が気になりますね。

『ミストレス』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『ミストレス』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

香織(長谷川京子)は死んだ父の愛人ではないかと貴志(杉野遥亮)から疑われるが、シラを切り通す。友美(水野美紀)は安岡(甲本雅裕)とデートの約束をして舞い上がったものの、キャンセルされて落ち込む。悟史(佐藤隆太)と子作りのことで意見が合わずにもめている冴子(玄理)は、同僚の坂口(細田善彦)と急速に接近してしまう。しばらくして貴志が香織の前に再び現れ、付き合って欲しい場所があると香織を誘い出す。

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/mistress/html_mistress_story.html