ドラマル

『ミラーツインズ』2話のネタバレ感想!2役を演じきる藤ヶ谷太輔の演技力が高評価!

2019年4月13日に放送されたドラマ『ミラーツインズ season1』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、田島(濱津隆之)殺害の疑いをかけられ窮地に陥る圭吾!
そんな圭吾の過去の罪が勇吾によって明かされる…

関連記事

『ミラーツインズ season1』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ミラーツインズ』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ミラーツインズ』2話のあらすじネタバレ

懸賞金1億円のTV番組を見て情報提供しようとしていた田島修二(濱津隆之)が葛城勇吾(藤ヶ谷太輔)に刺され、それでも辛うじて一命をとりとめましたが、病院に侵入した勇吾が人工呼吸器を取り外して死に至らしめます。
犯行現場に残された犯人の遺留品のDNAは葛城圭吾(藤ヶ谷太輔)と一致。圭吾は疑われ、赤城克彦刑事(渡辺大)の尋問を受けることになります。被疑者として、捜査から外されます。

皆川耕作(高橋克典)と久能詩織(武田梨奈)は、野宮清美(村上知子)が店長のレストランに向かい、そこでシェフとして働いている圭吾の恋人、白石里見(倉科カナ)に話を聞きます。
詩織の父、捜査1課長の久能源一郎(石黒賢)も、20年前の事件を率いた者としての責任を感じています。そこに、「田島を殺した犯人を知っている」という手紙が葛城家の玄関前写真とともに赤城の元に届きます。
赤城が葛城家の家宅捜査令状を取って捜索すると、田島の血痕の付着したハンカチが圭吾の指紋付きで出て来ます。この血染めハンカチを葛城家に持ち込んだのは勇吾の仕業です。

20年前、勇吾(少年時代=浅川大治)が誘拐された日。覆面犯の1人、吉崎(奥野瑛太)は廃屋に勇吾を監禁します。そこにいたのが吉崎の養女のエリ(少女時代=矢崎由紗)でした。
エリは、「兄弟が警察から逃げる」という筋書きの小説本を繰り返し読んでいる少女でした。その小説の登場人物が白石里美。吉崎は、エリに勇吾の監視を命じますが、一緒にいるうちに仲良くなった2人は吉崎を殺害し逃走します。吉崎に殴られているエリを守ろうと、勇吾が吉崎に投げ飛ばされた際に壊れたガラス窓の欠片を握って吉崎の頸動脈を切って殺害します。
勇吾とエリは吉崎の遺体を放置してその場から逃げますが、残った誘拐犯は誘拐発覚を恐れ吉崎の遺体を山中に隠蔽処置します。

ここまでで、吉崎、田島を殺した勇吾。誘拐犯は3人ですから、残る誘拐犯は、あと1人。あと1人の居場所が判明すれば、その殺人犯を圭吾に仕立てて、勇吾の復讐は完結します。

勇吾の復讐とは、圭吾の人間性を問うものでした。勇吾が誘拐犯に車に押し込められた時、テープで口を塞がれてはいたものの心の中で「圭吾、助けて!」と叫んでいました。しかし、圭吾は覆面の3人組に恐れおののき、その場から逃げていたのでした。
勇吾は、圭吾のそういう「逃げ」の本性を見てしまい、それで圭吾を憎み復讐を誓っているのでした。エリから名前を変え、秘かに身を寄せた教会で暮らして来た里見と勇吾。里見は、勇吾の気持ちに同調する一方で、圭吾の気持ちにも接近してゆきます。

ともあれ、逮捕状が出て、圭吾の逃走劇が始まりました。もともとの天敵、赤城が圭吾の逮捕に向けて動き、そして、皆川が圭吾の逃走を助けています。

スポンサーリンク

『ミラーツインズ』2話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

勇吾の少年時代を演った浅川大治さんとエリ(今の里見)の少女時代を演った矢崎由紗さんが良かった。上手かったし、怖い場面を演じながらも、可愛かった。

あとは、今回の第2話で、勇吾の圭吾に対する復讐の意味が良く納得できる感じになりましたね。第1話では、圭吾は公園に乗り付けた車も3人の覆面男も見ていたはずなのに「誰か怪しい人を見かけなかったかな」と久能に問われて、首を横に振った圭吾がいました。その斜め前に皆川がいました。何だか、妙だなと思っていましたが、恐怖心から、メモリー消去されたということなんでしょうかね。しかし、勇吾は、そういう圭吾の行為を許せなかったのですね。「助けて!」と叫んだのに、それを無視して、駆け足で逃げ出してしまった圭吾を、兄弟愛が無いものとして許すことができなかったのでしょう。

2話で最も話題になった出来事

2役を演じきる藤ヶ谷太輔の演技力が高評価!

ミラーツインズはストーリーもキャストも良くて面白いですね。特に2役を上手に演じ切っている藤ヶ谷太輔さんには高評価の声が殺到しています。

わたしもわき役で藤ヶ谷さんの出ているドラマを見たことはありますが、今回、主演として注目してみていて凄くいいと感じました。

ちなみに、SNSでも言っている人もいますが、子役の二人も凄く演技が上手いですね。

『ミラーツインズ』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『ミラーツインズ』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

20年前の誘拐事件の犯人の一人、田島(濱津隆之)殺害の容疑で圭吾(藤ヶ谷太輔)に逮捕状が出る。全ては裏で繋がっていた勇吾(藤ヶ谷太輔・2役)と里美(本名・吉崎英里)(倉科カナ)が仕掛けた罠だったのだ。間一髪、皆川(高橋克典)の手で取調室を抜け出した圭吾は、赤城(渡辺大)ら捜査員から逃れ、姿を消す。
刑事から一転、殺人事件の逃亡犯として潜伏することになった圭吾。逮捕状請求の決め手となったのは田島の血が付いた圭吾のハンカチが実家から見つかったことだった……圭吾のハンカチを持ち出せる人間は限られているが――

一方、圭吾から連絡を受けた里美(倉科カナ)は、すぐ横にいる勇吾(藤ヶ谷太輔・2役)に圭吾がまだ逮捕されていないことを告げる。「そりゃそうだろう。昔から逃げ足だけは早いからな」勇吾の脳裏に焼き付いた20年前の光景――誘拐犯に拉致されるユウゴに気付いたケイゴ。だがケイゴは……逃げたのだ――
あの日、誘拐されていたのが圭吾だったら……勇吾の中に渦巻く理不尽な現実への怒り。里美はその怒りを感じながら、自ら進んで破滅へ向かう勇吾の姿に一抹の不安を抱き始める――

そんな中、郊外の山中で一体の白骨遺体が見つかる。鑑定の結果、遺体の身元は吉崎誠(奥野瑛太)と判明。吉崎は20年前から行方不明になっていた。勇吾が誘拐された20年前から――
田島、吉崎……誘拐事件に関わっていた可能性がある二人の不審な死。報告を受けた一課長の久能(石黒賢)が呟く。「あの事件は終わっていなかった――」と。
当時、共に誘拐事件の捜査に当たっていた久能の言葉に、皆川もまた当時の悔恨を思い出す。自分たちがやり残していたことを果たせるのは今なのかもしれない、と。

何とか自分の手で容疑を晴らすべく、皆川や実家の顧問弁護士・尾見門(温水洋一)と連絡を取っていた圭吾。だが気になるのは証拠となったハンカチを誰が持ち出したのかということだった。圭吾は里美と出会ってからのことを思い出す。そして里美に徐に電話をかけ始め――

出典:https://www.mirror-twins.com/story/