ドラマル

『未満警察』3話のネタバレ!亜未とジロカイのハグシーンが頂点!

2020年7月11日に放送されたドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、柴本ら誘拐犯から、亜未たちを救うべく本間と一ノ瀬が特訓を開始!
果たして、圧倒的な力を持つ柴本を倒し、亜未たちを解放できるのか…。

関連記事

『未満警察 ミッドナイトランナー』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『未満警察 ミッドナイトランナー』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『未満警察』3話のあらすじネタバレ

目を覚ました亜未(上白石萌音)はふらつきながら連れ去られていた場所に戻ります。
物音を立ててしまい小暮(松永拓野)に見つかります。
亜未はこっそりポケットに何かをしまいます。

上半身裸で手首を縛られ吊らされている本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)。
お腹の部分に黒のマジックで何か線の様な物が書かれています。
気を失っている一ノ瀬を起こす本間。
声を掛けても起きない一ノ瀬。
本間は寮の起床の際に鳴るファンファーレの真似をします。
目覚めた一ノ瀬。

一ノ瀬が「ここは?」と聞くと「肉を切り刻む所みたいだ」と本間が答えます。
ヤバイと感じた2人はなんとか縛られている縄を解こうとします。
驚異の身体能力で縄を外す一ノ瀬。
本間の縄も外し建物から出ようとします。

沢山の男達が眠る部屋を静かに通り抜けようとしていると本間の腕時計のアラームが鳴り小暮が目覚め見つかります。
そして全員が起き、2人は逃げます。
外に出た2人。
しつこく追いかけて来る小暮達。
逃げ回っていると交番を発見。
駆けていきます。
追いかけるのを諦める小暮達。

お巡りさんに女の子が監禁されている事を話す2人。
直ぐに来て下さいと言う2人に身分を証明するものを提示する様に言うお巡りさん。
2人は携帯と財布を奪われていました。
生年月日などを教える様、お巡りさんは言います。
一ノ瀬は「そんなの後からでも出来るでしょう。女の子達が監禁されてるんだよ。それでも警察官か」と言います。

翌朝。
教官の片野坂譲(伊勢谷友介)と助教の及川蘭子(吉瀬美智子)が迎えにやって来ました。
刑事の柳田晋平(原田泰造)も一緒です。
監禁されている事を話すと柳田は「案内しろ」と言います。

ビルに到着。
柳田とお巡りさんが中に入ります。
本間達も中に入ります。
しかし中には誰もいませんでした。
及川は直ぐに連絡をしなかった事を責めます。
「訓練の成果はどこにある」と叱責する及川。
通報はしたと言う本間。
柳田は通報してくれていたから勘弁してやってくれと言います。

片野坂は落ちている注射器などを見て「麻酔だ。抵抗できない様にする為」と言います。
「それだけじゃねーだろ。かなりな規模だ。随分手慣れた組織の犯行だな。なあ。そんな連中が何故そんなもん注射する?」と柳田が聞きます。
「出荷する為」と答える片野坂。
一ノ瀬が「出荷って?」と聞きます。
「人身売買。麻酔を打って眠らせ、その間に海外へ運び売り飛ばす。今流行りの手口だ」と柳田は説明します。

「おい。どう思う?」と柳田が聞き、片野坂が答えようとすると本間が「海外に送るなら麻酔を打つタイミングは船に乗せる直前です。ここで注射をしていると言う事はまだ薬を慣らしている段階かもしれません」と本間が言います。
「ほぉ」と柳田。

そして柳田は「所轄で収まる話じゃない。本部に応援を要請する」と言います。
本間は時間が大事だと教わった為、ここでのタイムロスは命取りになると言います。
「他にも助けを待っている人は大勢いる。命に優先順位はない。あとは本部が判断する。我々がどうこう言える立場ではない」と片野坂は言います。
及川は学校に戻る様2人に言います。
自分達も探すと言う2人に「何度も言わせるな。我々には何も出来ない」と言う片野坂を見つめる柳田。

別の建物に連れて行かれた女の子達。
亜未は柴本(加藤雅也)に誰にも言わないから解放して欲しいと言います。
家出少女達に「こんな日本いたくないだろ?喜べ。君達はAクラスだ。これからは贅沢が出来るぞ。向こうでな」と言います。
柴本が部屋を出て行きます。
泣いている女の子達を励ます亜未。
ポケットにガラスの破片を隠していた亜未は縛られている腕のバンドを切ろうとします。

寮に戻った2人。
何も出来なかった事を悔やむ本間と一ノ瀬。

柳田は「我々には何も出来ない。お前あの2人にそう言ったよな?お前も含まれちゃってんじゃねーかよ」と言います。
「俺は教官だ。捜査員じゃない」と片野坂は言います。
「教官をやってようが警察官には変わりは無い。お前いつになったら昔のお前に戻んだよ。解決したいって気持ちはもうゼロか?」と柳田は言います。
「ここに来てからもお前に頼まれれば捜査を手伝って来た」と片野坂。
「でも、もう9年だ。普通はとっくに現場に復帰してる年数だ。どうしてそれお前」と言いかけ止める柳田。
「あの件は忘れていい加減戻って来い」と柳田は言います。
「ここに残る」片野坂は言います。

ドアの外で聞いていた及川。
柳田にあの件を教えて欲しいと頼みますが、本人に聞けと言われてしまいます。

本間と一ノ瀬は黒岩純哉(葉山奨之)達に女の子達の事を話します。
野原さやか(竹内愛紗)がスマホを見せ家出した少女達はこうなると言います。
見知らぬ人に泊めてと頼む少女達。
色んな男性がそれに対して返信しています。

さやかはそのやり取りは2年前に自分がした物だと言います。
自分も家出をしていたと。
田畑翔之介(小平大智)は売り飛ばされ働かされるって何をさせられるのかと聞きます。
新藤司(阿岐之将一)は「1番辛いの想像してみろ。多分それだ」と言います。

柳田を訪ねる2人。
本間は犯行車両のナンバーを覚えているから調べて欲しいと頼みます。
柳田は「お前らいつから俺に指図できる立場になった」と言います。
一ノ瀬は「自分達は刑事じゃありません。ほとんど一般市民と変わりません。警察官なら一般市民助けるはずです。俺達今すっごく困ってます」と言います。
柳田は防犯カメラなどで調べる様手配してあると言います。
車が見つかったら連絡してほしいと頼む本間。
「お前らに?ふざけんな。馬鹿ヤロー」と言って柳田は車を走らせます。
その時何かを窓から投げる柳田。

見ると部下の稲西結衣(中村ゆり)の名刺でした。
電話を掛ける本間。
防犯カメラの件は時間がかかると言われてしまいます。
そして本間は一ノ瀬に、俺を鍛えて欲しいと頼みます。

本間のトレーニングが始まりました。
及川は2人の様子に何か気付いた様子です。
そして片野坂に報告します。
「あの2人何かする気です。外泊届けが出されても受理しないでください」と言います。
「安心しろ。外泊届けは受理しない。俺はあの2人には期待している。だから大事に育てたい。問題を起こせば退学になる。もみ消すには限界があるだろ?」と片野坂は言います。

亜未はバンドを切る事に成功。
女の子達の拘束を解き、外に出ます。
出た瞬間、目の前には柴本が。
小暮達も現れます。
「お前これで2度目だな。Bクラスに転落だ。覚えとけ。3度目は商品でも人間でもなくなる」と柴本が言います。
「買い手が決まったんだ。もうちょっとちゃんと管理しろ」と柴本は小暮を殴ります。

稲西は車両を調べています。
本間と一ノ瀬が電話を掛け、現状を聞きます。
防犯カメラの同じ場所に2度映る車両。
後続車が2回とも同じMGC輸送倉庫と書かれた車が付いていると教えてくれました。
後は自分達で調べてと言う稲西。

調べると今度の日曜日に船で荷物を運び出す様です。
そして2人は行くしかないと言います。

装備管理室。
警棒2本、手錠2組、防具を片野坂教官に頼まれたと言って借りる2人。
外泊届けを受理してもらえない時は窓から逃げ出そうと言う2人。

亜未達は連れて行かれます。
柴本は「幸せになれよ」と言います。
睨みつける亜未。

本間と一ノ瀬は窓から抜け出します。
予想通り車が倉庫にやって来ます。
車から降ろされる亜未達。
柴本が現れます。
「これからパスポートのいらない海外旅行だ。目が覚めたら夢の国だぞ。ワクワクするだろ」と笑います。

倉庫に乗り込む本間と一ノ瀬。
大勢を相手に戦います。
トレーニングのおかげもあり次々と倒して行く2人。
全員を倒してホッとしたのか本間は手の痛みを感じます。
手には痣ができていました。
「アドレナリンが出てるから痛くないんだ」と呟く本間。
そこに一ノ瀬がやって来て、手を触ります。
「ああ。デジャブだ。前にもこんな事あったよな。何すんだよ。アドレナリンどっか行っちゃったよ」と涙声の本間。
そして女の子がいるであろう方に向かいます。
倒された1人が誰かに連絡をしました。

亜未は麻酔を注射されてしまいます。
コンテナを積んだトラックに閉じ込められてしまった亜未達。
連絡を受けた小暮は本間達が来る事を柴本に知らせます。
言って来いと指示する柴本。
「ガキが」と言って怖い顔つきになる柴本。

警棒が壊れてしまい始末書を書かなければいけないと嘆く本間。
そして一ノ瀬がドアを開けると小暮達がいました。
小暮達を倒すと柴本が現れました。

2人掛かりで挑みますが逆に追い詰められた一ノ瀬。
「どうだ、お前俺の所で働かないか?」と言います。
後ろから警棒で殴る本間。
柴本は上着を脱ぎ本間の方に向かいます。

一ノ瀬も加わりますがなかなか太刀打ち出来ません。
一ノ瀬は投げ飛ばされ、本間が警棒で何とか反撃。
何度が攻撃を受けた柴本は走り出します。

柴本を追い詰める2人。
すると柴本はナイフを取り出しました。
腕を切りつけられた本間。

追い詰められた本間を救う一ノ瀬。
何度かの攻撃で弱まって行く柴本の攻撃。
投げ飛ばし動けなくなった柴本に手錠をかけ、柱に繋ぐ本間。
息を切らし喜ぶ2人。

コンテナにいる女の子達を見つけた2人。
本間は「教官に電話しよう」と言います。
「退学になるよ」と一ノ瀬。
「仕方ないだろ」と本間は言います。
「だな」と一ノ瀬も納得します。

パトカーが到着。
そして2人は片野坂に「退学して後悔しないか?」と聞かれます。
「やるべき事をやったと思っています」と本間。
一ノ瀬も聞かれ「同じです。一言一句完璧に本間君と同じです」と答えます。

そして2人の処分か検討されます。
退学させるべきと言う副校長。
及川は他の生徒に悪影響を及ぼすと言います。
片野坂は「市民が窮地に陥った時真っ先に行動するのが警察です。本間快と一ノ瀬次郎。個人的には2人が羨ましくてなりません」と笑顔で話します。

会議室から副校長退学が出てきます。
「訓練に集中しろ。全く」と言って立ち去ります。
2人は学校長の計らいで特例の処分がでました。
驚き、ん?となる2人。

罰則として100時間の雑役、社会奉仕活動が命じられました。

罰則の奉仕活動をしていると亜未が本間と一ノ瀬を訪ねます。
2人を見て泣き出す亜未。
驚く本間と一ノ瀬、
そして亜未は一ノ瀬を抱きしめます。
ありがとうございましたとお礼を言います。
涙が溢れたのを誤魔化す様に「風が目に染みるな」と言う本間。
そんな本間を抱きしめる亜未。
ありがとうございますとお礼を言うと本間は手を伸ばしてゆっくり抱きしめ返します。
そして、うんと言って更に抱きしめます。
少し長いので一ノ瀬が本間の腕を叩きます。
それでもやめない本間。
一ノ瀬が2人を抱きしめると亜未が笑い出しました。
そして3人は笑顔になるのでした。

スポンサーリンク

『未満警察』3話のネタバレ感想

40代女性

なか

捕まってしまってどうなるんだろうと思って見ていました。
なんとか脱出出来て良かったと思いましたが、その時助けられ無かった事に悔しそうにする所が辛そうでした。

それでも諦めず柳田に話したりトレーニングをして鍛えて乗り込んでいく姿に正義感が強いんだと感動しました。
きっと信頼される警察官になるだろうと想像してしまいました。
あんなに一生懸命に向かって行く姿は今の時代なかなか見れない姿で、見ていると気持ち良かったです。

そして退学にならずに済んだ事良かったです。
ああいう人が警察官になるべきと思ったので安心しました。
でもこんな事件があるのだと怖いと思いました。
同じ人間がこんな事をするなんて信じられません。
悲しく思いました。

亜未とジロカイのハグシーンが頂点!

3人のハグシーンが、3話の最高視聴率の瞬間だったんじゃないでしょうか?

助けてくれた本間快と一ノ瀬次郎の元を訪れ、感謝を込めてハグする亜未(上白石萌音)が可愛かったですね。
ここまで笑顔を封印していた上白石萌音さんの魅力が爆発した瞬間でした。

また、何やら照れるカイくんも可愛かった!
あの状況で手を回しちゃうところが、本間快らしくて面白かったです。

『未満警察』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『未満警察 ミッドナイトランナー』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ある日の夜、寮の部屋では、本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)がスマホで恋愛映画を見ていた。エンドロールが流れ始め、感動の余韻にひたる一ノ瀬。一方、男子校出身で恋愛に疎い本間はラブストーリーの内容が理解できず、これには一ノ瀬も半ば呆れ気味に。

翌日、警察学校の教室では、教官の片野坂譲(伊勢谷友介)の座学が行われていた。「警察官たるもの己の限界を知ることも重要だ」と説く片野坂の言葉を真剣に聞く本間。そんな本間の横顔を、同期のさやか(竹内愛紗)がどこか思いつめたような表情で見つめていた。そんな中、午後からの体力トレーニングの授業中、今度は訓練についていけず大怪我をしそうになるさやか。同じく同期の田畑(小平大智)は、少し様子のおかしいさやかのことが気になり…。

その夜、自身のSNSアカウントに「死にたい」と投稿するさやか。すると、〝指友指助〟というハンドルネームのカウンセラーを名乗る男からリプライ(返信)があり、さやかはその男にDM(ダイレクトメール)を送る。

翌朝、さやかは寮から姿を消していた。同期の仲間たちが心配する中、本間はさやかから届いたメールを一ノ瀬に見せる。そこには助けを求めるS0Sのようなメッセージが書かれていた。その文面を見て、あることに気づいた一ノ瀬は、さやかに電話をするように指示。すぐさま本間はさやかに電話をかけるが、さやかがその電話をとった直後、彼女の目の前に指友指助(忍成修吾)が現れ…。

出典:https://www.ntv.co.jp/mimankeisatsu/story/