ドラマル

『ミリオンジョー』11話のネタバレ感想!森秋の復讐が怖すぎ!呉井と岸本が指名手配犯に?

2019年12月19日に放送されたドラマ『ミリオンジョー』11話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

11話では、呉井と岸本が佐藤のスマホに取り付けたGPS発信機を辿り、森秋たちの前に!
怒れる岸本に打ちのめされる佐藤と寺師と森秋だったが…。

関連記事

『ミリオンジョー』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ミリオンジョー』11話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で第1話から最新話(テレビ放送に先行して第12話・最終回まで視聴可能)までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ミリオンジョー』11話のあらすじネタバレ

森秋麻衣(今泉佑唯)に出し抜かれた岸本薫(深水元基)は、怒りに任せて暴れ回り、真加田恒夫(三浦誠己)の部屋をめちゃくちゃに荒らします。

一方その頃、編集部でも混乱を極めていました。
というのも、その日は校了日。
にもかかわらず、呉井聡市(北山宏光)と連絡が取れず、さらにはチーフアシスタントの寺師良太(萩原聖人)とも連絡が取れません。
さらには、『破裂プリンス!』を描いている森秋とも連絡がとれないと、担当の石田(武田航平)が報告。
3人同時に連絡が取れないとは、何があったのか?と頭を悩ませる一同。そこでふと、石田が、「真加田と結婚したい」と発言していた森秋のことを思い出し、共通点は真加田だ!と声を上げます。
そこで、石田と橋爪文彦(菅原大吉)で、真加田に会いに行くことに。

マンションの管理人に話をつけ、真加田の部屋に入る石田と橋爪。
そこに真加田の姿はなく、荒れ果てた部屋の様子に、事件性を察知した橋爪は「まずいな…」と零します。
とりあえず雑誌のほうは、『ミリオンジョー』と『破裂プリンス!』を、別のものに差し替えることにしました。

一方その頃、森秋たちは九州に向かって車を走らせていました。
九州に到着したら金を山分けして解散する、という森秋の計画でした。

その道中、パーキングで休憩していると、岸本と呉井が現れました。
佐藤がミスを犯した日(森秋に素性がバレてしまった日)以来、念のためにと、岸本が佐藤のスマホにGPSアプリを仕込んでいたのです。
岸本は佐藤を殴り飛ばすと、寺師の手に怪我を負わせ、さらには森秋の顔も躊躇いなく殴りました。すると「女に手を出すなんてサイテー!」と言って、岸本へ唾を吐く森秋。
岸本はそんな挑発をものともせず、「金はどこだ!」と迫ります。これに素直に従い、佐藤に車のキーを開けさせる森秋。岸本は、車に積まれた段ボールを開け、中の現金を確認すると目を輝かせます。
そんなお金に気を取られてる岸本の背後に、森秋は近づくと、スタンガンを当てました。油断していた岸本は倒れ込み、そこに森秋は間髪入れずに、何度もスタンガンを当て、さらには顔面を何発も殴り、気絶させました。
その様子を、呆然と見ていた呉井は「なんでこんなことを…」と尋ねます。
すると森秋は「真加田先生から、あんたらを罰せよとお告げがあったのよ」と答えます。
呉井から「真加田さんは死んだ」と聞いたあの日、トイレで泣き崩れた森秋は、その時、復讐を誓ったという。つまりは、最初から復讐目的で呉井たちに近づいたのでした。
呉井たちが真加田に成り代わってミリオンジョーを描いているのが許せず、真加田もそんなことは望んでいない!と主張する森秋。
呉井は、森秋の主張することももっともだとし、自分が真加田になりきれないことは、重々承知しているという。けれど、ミリオンジョーを待ち望んでいる読者の声、ミリオンジョーを生きる糧にしているという切実な声に突き動かされて、真加田からのバトンを受け取り、描き続ける決意をしたという。
「ミリオンジョーは真加田さんが生んだ物語だ。でももう、真加田さんだけの物語じゃない」
そう呉井は訴えました。
けれど、森秋は涙を流しながら「そんなニセモノの物語、見たくはなかった」と叫ぶと、佐藤や寺師を促し、車に乗って走り去ってしまいました。

幸い、寺師の手の骨は折れていませんでした。
森秋は寺師の手当てをすると、「佐藤さん、置いていかない?」と囁きます。
「佐藤はポンコツすぎるから、一緒にいるといずれ捕まっちゃう。35億円は二人で山分けしましょう」と。
寺師はこれを受け入れます。

走行中、森秋に目配せして、トイレ休憩を提案する寺師。
スタンガンを森秋から受け取り、佐藤と二人で車を降ります。すると、すぐに「あ、財布忘れた」と言って車に戻ってしまう佐藤。これに拍子抜けした寺師は、仕方なく先に用を足すことに。
そしてトイレから戻ると、車がありませんでした。

その頃、車内では、森秋と佐藤が笑い合っていました。
寺師をうまく騙せた、と。
手当てしたときに、真加田の遺体を埋めた場所を寺師から聞き出していた森秋。「もう用済み。あんただけ許すわけないじゃない」と呟きます。
そして、ミリオンジョーの単行本を抱きしめながら「真加田さまのことが大好き。…はい、最後の天罰です」と小さく囁いたのでした。

一方、真加田のマンションへ戻った呉井と岸本。
エントランスには、刑事らしき人影が。
すぐに「森秋が通報した」と察した二人は、急いで逃げたのでした。

スポンサーリンク

『ミリオンジョー』11話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

森秋は正真正銘のサイコパスでしたね。
演じる今泉佑唯さんが上手すぎて、ひたすら怖かった…。

森秋が、ただのお金目的じゃないのは信じてたけど、でもまさか最初から、天罰を下す目的で近づいていたとは。
「心強い仲間になってくれるだろう」と思っていた自分が恥ずかしい。我ながら、騙されやすいな、と痛感。
森秋は真加田の遺体を掘り出して、一緒に暮らすつもりなのかな?もしくは、一緒に穴の中に入るとか…?こわいこわい。
でも、どんな姿になっても、朽ち果てた遺体となっても愛せるというのは、まさに真実の愛!
これがもし、愛し合う男女の悲恋を描く一幕なら、涙を流して感動する場面だと思います。

森秋に騙されて置いて行かれた寺師。
佐藤を裏切ろうと囁かれたときに、気づくべきでしたね。
騙されやすいわたしでも、さすがにこれには気付けました。既に「成りすましは許さない」と言って呉井たちに天罰を下した森秋。寺師は、成りすまして描いていたもう一人の張本人なんだから、森秋が許すわけがない。

詰めが甘いといえば、岸本も。
いくらお金に目が眩んだとはいえ、スタンガン持ってる人放っておいて、背を向けるとは…おちゃめさん。見た目ほど、悪いことすることに慣れてなさそうですね。

森秋の復讐が怖すぎ!呉井と岸本が指名手配犯に?

今泉佑唯さんの鬼気迫る演技が素晴らしかったですね。
本当、森秋麻衣が怖すぎる!

お金ではなく、真加田を埋めた呉井・寺師・岸本の3人への復讐が目的だから当然と言えば当然なんですが、追い打ちをかけるように警察に通報する森秋。容赦ない。

スタンガンを持っているとはいえ、あの屈強な岸本に向かっていくのだから、森秋の恨み・怒りは相当に根深いのでしょう。

遂に次週で最終回、予告映像だけで「えー」と思わず声をあげる程にドキドキワクワクが止まらない。どんな結末を迎えるのか、非常に楽しみですね。

『ミリオンジョー』12話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『ミリオンジョー』12話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

東京へ戻ることにした呉井(北山宏光)と岸本(深水元基)。しかし、真加田(三浦誠己)のマンションにはすでに警察が!なんとか逃げ切った2人だったが、『ミリオンジョー』の連載は未完のまま終了し、呉井は逃亡者に…。
その頃、佐藤(永野)と森秋(今泉佑唯)は真加田のことを話していた。そして、覚悟を決めて寺師(萩原聖人)は、ある場所へ…。真加田の死により交わったそれぞれの人生が、再び別々の道へ…。
『ミリオンジョー』を完結させることが出来なかった呉井の衝撃の結末とは…!?

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/millionjoe/story/