ドラマル

『ミリオンジョー』1話のネタバレ感想!面白いから「Paravi」で先に全話を観る人が続出!

2019年10月9日に放送されたドラマ『ミリオンジョー』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話では、「ミリオンジョー」の漫画家・真加田が急逝!
編集担当・呉井(北山宏光)は、「ミリオンジョー」の連載を継続することを決意し…。

関連記事

『ミリオンジョー』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ミリオンジョー』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ミリオンジョー』1話のあらすじネタバレ

『週刊少年グローリー』で連載している看板漫画『ミリオンジョー』は、連載が10年以上続き、累計発行部数は3億部を突破。日本国内だけでなく海外でも絶大なる人気を博していました。
そんなモンスター級の漫画を描いているのは真加田恒夫(三浦誠己)。
真加田は極度の人見知りで、唯一面会を許しているのは、チーフアシスタントの寺師良太(萩原聖人)と、編集者の呉井聡市(北山宏光)だけでした。
といっても、呉井は、特別作品に熱意があるわけでもなく、編集者として才能があるわけでもなく、ごく平凡な青年で、周囲から「なぜこんなボンクラが?」と不思議がられるほど。ただ、呉井はかつて漫画家を目指しており(才能が無くて早々に諦めたが)、それで真加田と寺師と面識があったのでした。
一方、寺師は主要キャラクターのペン入れを任されるほど、真加田に腕を買われている人物。寺師も「俺がいなければミリオンジョーは成立しない」と自負するほどでした。

締め切り直前のある日。
真加田から「心臓が痛い」という電話を受ける呉井。これは、締め切り直前になると何度となく繰り返されてきた台詞で、納品を遅らせる常套句でした。
このせいで、いつもミリオンジョーの納品は納期ぎりぎり。ただ毎回、そうやきもきさせられるものの、原稿を落としたことは一度も無かったため、安心しきってる面もありました。
そのため、真加田からの仮病電話は適当にあしらい、編集長の橋爪文彦(菅原大吉)や副編の左子(津田寛治)から急かされて、ようやく重い腰を上げるのでした。

真加田の自宅兼作業場のマンションへ出向く呉井。
まずはアシスタントの部屋の302号室へ顔を出します。寺師から出来上がった原稿を受け取り、その最終チェックのため、寺師と共に真加田の作業部屋601号室へ。この部屋のスペアキーを持つのを許されているのは寺師だけでした。
真加田のチェックを終えた原稿を受け取った呉井は、先週分のファンレターを渡し、会社へと戻りました。

一週間後。
真加田から苦しそうな声で「死ぬ~」という電話が。呉井はいつもの仮病だろうと、軽くあしらい切ってしまいます。
その後、職場では、編集長がかつて担当していた漫画家のトラブルについて噂されてました。
なんでも、精神的に追い詰められ、ノイローゼとなった漫画家が突然失踪。連載打ち切りとなってしまったとのこと。
これを聞いて、同期の編集者・石田(武田航平)は「漫画家の発する小さなSOSに気付くことが大事なんだよなぁ」と呟きますが、このとき呉井の胸には全く響きませんでした。

その夜、同僚と酒を酌み交わす呉井。
ミリオンジョーは、甲野晃(渡辺裕之)の漫画『マジックスターズ』に影響を受けているな、という話に。このマジックスターズも累計発行部数3億部と大人気で、冒険漫画の金字塔となった作品。呉井や石田たちも、この作品の大ファンでした。
そんなマジックスターズの話題で盛り上がる中、真加田から着信が。しかし、呉井はそれに気付かず、気付いたのはその数分後でした。慌てて折り返しますが、真加田は全く出ません。

気になった呉井は、様子をみるため真加田の作業場へ。
寺師から鍵を借りて、部屋へと入ります。
するとそこに、原稿を握りしめ、目を見開いて倒れている真加田の姿が。
既に息絶えていました。

途端に震えだす呉井。
頭が真っ白になる中、なんとか寺師に電話をして助けを求めます。

寺師は、状況を見て警察や救急車を呼ぼうとしますが、けれど、思い止まります。
真加田が死んだとあっては、ミリオンジョーの連載が打ち切りになってしまう、と。それは真加田が望むことなのか?と自問自答する寺師。
物語は、緻密に張られた伏線が回収される佳境に入ったところ。この一番面白いときに、打ち切りなんてあり得ない。読者に純粋に作品を楽しんでもらうため、素性をひた隠しにしてきた真加田であれば、死という個人的な事情で作品をふいにしてしまうのは、本意ではないだろうと、寺師は結論付けます。

一方、真加田のSOSに気付けず「俺が殺したも同然だ」と自分を責め、項垂れる呉井。
そんな呉井に、寺井は、真加田の死を隠蔽しようと提案するのでした。

スポンサーリンク

『ミリオンジョー』1話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

真加田の放つ異様なオーラが怖かった…!
原稿を呉井に渡したとときに、じっと見据えていた目の奥に狂気みたいなものが感じられて…とにかく不気味でした。演じていた三浦誠己さんの気迫がすごい。

そして、主人公・呉井を演じる北山宏光さんも見事でした!
バラエティーなどで見たかんじ、ご本人はものすごい努力家で礼儀正しい好青年という印象ですが、このドラマでは、その明るさはそのままに、ちゃんと、いい加減で無責任なかんじが出ていました。笑

そんな、軽いノリの呉井が、真加田の死をきっかけにどう変わっていくのか。この先の展開が気になります!

面白いから「Paravi」で先に全話を観る人が続出!

「面白い!」と先に全12話が見れる『Paravi』で、一気に視聴する人が続出。
そして、もう1回見返す人も…。

わたしはリアタイでつぶやきを楽しみながら、地上波・テレ東で視聴して情報をお届けしていきますが、これは一気に見たくなっちゃう気持ちわかります!
滅茶苦茶続きが気になる…我慢(笑)。

地上波リアタイ組だけでなく、見終わった人も楽しめるような情報をお届けしていきますので、毎週『ミリオンジョー』を見終わったら遊びにきてくださいね。

『ミリオンジョー』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『ミリオンジョー』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

無事校了を終えた呉井(北山宏光)は、偶然出会ったタクシー運転手(木下ほうか)から「『ミリオンジョー』が人生を救ってくれた」と言われたことをきっかけに、『ミリオンジョー』宛てのファンレターに目を通す。そこで心のこもった手紙が多数届いていたことを知り、自らの手で連載を続けることを決意する。
呉井の友人・岸本(深水元基)を仲間に加え、寺師(萩原聖人)と共に3人は、真加田(三浦誠己)の死を隠蔽することに。そんな中、『グローリー』40周年の企画が呉井たちをピンチに追い込む!?

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/millionjoe/story/02.html