ドラマル

『みかづき』5話のネタバレ感想!泣ける名作に5話での終了に不満の声殺到!

2019年2月23日に放送されたドラマ『みかづき』5話のネタバレを含む感想と放送後のTwitterでの反応をお伝えします。

最終回、「泣けた!」「最高のラブストーリー!」「5話で終わるのは勿体ない!」という声がネットに溢れてました。
さて、千明の新たな夢(私立学校設立)は叶うのでしょうか?

関連記事

『みかづき』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『みかづき』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『みかづき』5話のあらすじネタバレ

千明(永作博美)は疎遠の蕗子(黒川芽以)に会いにきます。
新たな夢、文部省に縛られない私立学校設立の協力を要請しますが、蕗子は断ります。
ところが、千明はあっさり諦めます。
まだ幼い孫の一郎(工藤阿須加)に期待していました。

千明の私立学校設立は遅々として進まず6年が経ちました。
次女の蘭(大政絢)は大学卒業後、独立して個別指導塾オーキッドクラブを立ち上げるも束の間、非常勤講師が塾に通う中学二年の女子に援助交際を斡旋する事件を起こします。

事件をきっかけに、支援者を失った千明の私立学校設立は頓挫、責任を取り千葉進塾・塾長を辞任します。
月が満ちていく様に足りない何かを追い求める千明を、吾郎(高橋一生)は三日月に例えます。
不本意ながら塾長を退く千明を心配しつつも、これまでの労をねぎらいます。
一方、蘭は持ち前のビジネス・センスをいかし、高齢者向け弁当宅配サービス・らんらん弁当を立ち上げ、地域住民に喜ばれていました。

すっかり年老いた千明と吾郎が仲睦まじく散歩をしていたある日、突然、千明が倒れ入院することになります。
千明の母・頼子(風吹ジュン)と同じ癌でした。
千明を見舞いに、蕗子、蘭、カナダから戻った三女の菜々美(桜井日奈子)と久しぶりに三人揃います。
そんな中、蘭は事件が原因で、志半ばで千明が教育界を去る羽目になったことを謝罪します。
そして、一郎が就活に失敗続きのある日、千明は息を引き取ります。

らんらん弁当でバイトをしながら、一郎は家庭の事情で塾に通えない子供達のボランティア授業を続けていました。
しかし、近所からのクレームで授業に使用していた宅配先の部屋が使えなくなることや、思うように教えられない自分に自信を失いかけていました。

そんな一郎を見かねた蕗子、蘭、菜々美に発破をかけられた一郎は吾郎に相談します。
千明との半生を描いたラブストーリー『みかづき』を書き上げた吾郎は、千明の教育への想いは続いていると物語の続きを一郎に託します。
一郎は阿里(岡本玲)とともに本格的にボランティア授業を始めるべく活動します。

スポンサーリンク

『みかづき』5話のネタバレ感想

50代女性

tomo3

みかづきは欠けているから、それを満たそうとして人は一生懸命頑張れるのだろうという言葉に納得しました。裕福であればあまり頑張ることをしなくてもいいライフスタイルになっていくだろうという気がします。
また、蘭がストレスがたまった時に水族館に行ってマグロを見てくるとスカッとする性格であることにちょっと笑えました。
吾郎と千明の夫婦像も楽しい夫婦で見ていて微笑ましかったです。孫の一郎もかっこよくて、可愛らしい男性だと思いました。
また、阿里と一郎の関係がミニ吾郎とミニ千明と言った国分寺(六角精児)のセリフには笑ってしまいました。

40代男性

のらゆき

吾郎(髙橋一生)が相容れない進学塾にしろ、理想とする補習塾にしろ、学校を補う点に関しては同じです。
どちらかが正しく、どちらかが間違っている訳ではありません。
一般的な多くの公立が進学校への受験に対処もできなければ、ついていけなくなった子供達を完全にフォローすることも不可能です。
現状の教育、受験制度ではどちらも必用です。
ここに経済格差まで入り込むから、更にややこしくなる。
教育について改めて考えさせられるドラマでした。

千明(永作博美)の想いを引継いだ一郎(工藤阿須加)が頼りないのは残念ですが、あっという間の全5話でした。

40代女性

yuki

いろいろあった大島吾郎(高橋一生)と千明(永作博美)夫婦とその娘たちだけど、次から次へといろんなことが起こり昭和から平成までコンパクトによくまとまっていて飽きずに楽しめました。
一度はバラバラになった大島家だけど、千明が病気になって娘たちが戻ってき本当によかった!娘が3人、女同士だと年頃の時は母親との衝突も半端ないけど、大人になるとこういう時に非常に頼もしいとリアルに感じました。
千明は吾郎というベストパートナーに出会い、自分の人生を全うできたんだな~としみじみ感じるよい最期でした。

5話のTwitterでの感想

Twitterでの感想まとめ

  • 吾郎の表情がすべて!もう…台詞はいらなかった
  • 素敵な夫婦!塾という名の月であった吾郎さんと千明の物語
  • 家族の愛が溢れてたラブストーリーで5話で終わるのはもったいない!