ドラマル

2019年2月16日

『みかづき』4話のネタバレ感想!大島吾郎×千明の夫婦コンビが復活!高橋一生は壇蜜の元にいたの?

2019年2月16日に放送されたドラマ『みかづき』4話のネタバレ感想とTwitterでの反応をお伝えします。

一度は離れた2人(吾郎と千明)の心が戻るのでしょうか?
感動の再開を果たすが、はたして大島吾郎×千明の最強夫婦コンビ復活なるか?

関連記事

『みかづき』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『みかづき』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『みかづき』4話の感想※ネタバレあり

40代女性

やっぱりNHKが好き

吾郎(高橋一生)が帰ってきました。良かったです。用務員時代を彷彿とさせる出で立ちだったので、私も千明(永作博美)同様、幻ではないかと疑いました。
千明の涙にもらい泣きです。塾長室でひとり流す涙にも、吾郎の前で堪えきれずしゃくりあげる涙にも、心を打たれました。そしてくしゃくしゃになって泣いていても、とてもきれいでした。
吾郎は寂しかったのかもしれませんね。塾にとって、そして千明にとっても、自分が必要のない存在になった様な気がして、寂しさに耐えかねて去っていきました。でも千明がまだ自分を必要としている事を知って、全てを水に流して戻ってきたのです。その眼差しに迷いは見られませんでした。迷い無く、千明と共に進むことを選んだのでしょうね。二人の強い絆に感動しました。

50代女性

グリグリン

吾郎(高橋一生)が出て行ってからたった一人で踏ん張って、無理して頑張ってきた千明(永作博美)でしたが、千葉新塾が大きくなればなるほど、今までの無理がたたってきたようです。三女の菜々美(櫻井日菜子)は、まだ子供なだけに純粋でその不自然な状況に一番敏感に気が付いていたのだろうと思います。「放任なら放任で筋を通してよ。気持ち悪い!」の言葉は千明の心に突き刺さったでしょう。次女蘭(大政絢)は千明以上に強い女性になってしまったようですが、それも千明の生き方を見てきたからこそ、能力はあっても危なっかしい気の強さは、自分の責任ではと親として悩むところでしょう。千明のやり方に不満を持った教師に、「吾郎先生についてゆきたかった」と言われ千明の心に迷いと、結局吾郎さんには勝てないのだと思い知らされたのはつらく悔しい気持ちになったと思います。吾郎さんと始めた教室、吾郎さんと追いかけていた夢、思い出すなら今なんじゃないのかと耳元で告げてあげたい気持ちになりました。そして・・・吾郎さんが、吾郎さんが帰ってきました!!!夢じゃないの?本物なの?と吾郎さんの頬を手で触ってみる千明。うれしさを素直に表せない千明でしたが、吾郎さんが「一人で大変だったね」と優しく言ったとき、それでも素直になれないなんて,かわいい千明に、私は思わず幸せな笑顔になりました。

40代女性

どんどん

前回、大島吾郎(高橋一生)が塾も家も出て行ってから、いきなり3年後からのスタートに驚きました。
吾郎は音信不通、長女の蕗子(黒川芽以)も家を出ていき大島家がバラバラになっているのにも驚きでした。
それでも大島千明(永作博美)は塾経営をしっかり続け、次女の蘭(大政絢)が彼女を支えていて、その姿は千明のDNAをしっかり受け継いでいるなあと感じるシーンがいくつもありました。
ずっと塾経営で苦楽を共にしてきた勝見正明(勝矢)が塾を辞めると言い、吾郎もいなくてたった一人でのつらい状況に、千明が泣いていたのには胸が痛くなりました。
そんな一番つらい時に吾郎が帰ってきて、ほんとよかった!!千明との再会シーンは2人の相性の良さがよく分かり、感動的かつ面白いシーンでした。

帰ってきた吾郎が菜々美(桜井日奈子)にいった言葉が心に響きましたね。「一生懸命にやってごらん。必ず楽しいと思える時が来る」名言です。

スポンサーリンク

『みかづき』4話のTwitterrでの感想・反応まとめ

『みかづき』4話のTwitterrでの声をまとめると、次のような感想を持った人が多いことがわかりました。

  • 再会シーン本当に良かった
  • 吾郎パパの言うことは聞く娘
  • 要点を押さえた脚本の素晴らしい
  • 吾郎は海外に行っていたというが、本当は壇蜜のとこにいたのではの声

『みかづき』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『みかづき』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

吾郎(高橋一生)が去った後、千明(永作博美)は津田沼に自社ビルを建設。生き残り競争が激化する中、千葉進塾は発展を続ける。だが家庭では次女の蘭(大政絢)が千明の経営に異を唱え、三女の菜々美(桜井日奈子)は塾通いも進学も拒否するなど、反抗的な態度で千明を悩ませていた。さらにストライキを起こした古参教員・小笠原(阿南健治)から、「今の千葉進塾には吾郎が描いた理想はない」と言われた千明は、孤立感を深める。

出典:https://www.nhk.or.jp/dodra/mikaduki/html_mikaduki_story04.html

『みかづき』のキャスト一覧

  • 大島吾郎(高橋一生)
  • 大島(赤坂)千明(永作博美)
  • 赤坂頼子(風吹ジュン)
  • 上田(大島)蕗子(黒川芽以)
  • 上田一郎(工藤阿須加)
  • 大島蘭(大政絢)
  • 大島菜々美(桜井日奈子)
  • 勝見正明(勝矢)
  • 国分寺努(六角精児)
  • 一枝(壇蜜)
  • 井上阿里(岡本玲)