ドラマル

2019年2月9日

『みかづき』3話のネタバレ感想!前回から一遍の激重い展開!すれ違う吾郎(高橋一生)と千明(永作博美)の気持ち

2019年2月9日に放送されたドラマ『みかづき』3話のネタバレ感想とTwitterでの反応をお伝えします。

3話では、吾郎・千明夫婦にすれ違いが起こる。2人は一度離れた絆を取り戻せるのか?

関連記事

『みかづき』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『みかづき』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。

スポンサーリンク

『みかづき』3話の感想※ネタバレあり

40代女性

やっぱりNHKが好き

偏差値、教育ママ、共通一次、懐かしい言葉でした。テレビを使って文部省に物申す千明(永作博美)の度胸に驚きました。進学塾と補修塾の違いをこの番組で知りました。
でもあんなに文部省のやり方を非難していたのに、結局千葉進塾は文部省が作った偏差値重視の受験対策塾にシフトしてしまいました。受験戦争と同時に塾戦争があったのですね。
千明は経営者で吾郎(高橋一生)は教育者。立場が違うと守らなくてはならないものも違ってくるんですね。千明の意見も吾郎の信念もどちらも正しいと思うしよくわかります。だから2人のぶつかり合いを見るのは切なかったです。吾郎が家まで出て行ってしまったのもショックでした。頼子(風吹ジュン)が最期に背中を押してくれてはいましたが、吾郎の決断は大島家の運命をどう変えてしまうのでしょうか。

40代女性

meka

1話の中にいろんなエピソードが詰まっていて結構忙しいドラマ、その分とってもスピード感があって最初から最後あっという間でした。
塾というと進学塾しか頭になかったので、勉強の楽しさを子供たちに伝えるために塾をやっている大島吾郎(高橋一生)を見ていて、ハッとさせられました。
同じ志を持って塾を始めた大島千明(永作博美)と吾郎だったのに、いつからか2人の塾への思いがずれていってしまうのは悲しかった。でも千明は経営者として塾を運営していかなくちゃいけないし、彼女の気持ちもよく分かりました。ただ、吾郎をないがしろにして何も伝えないのは、夫としてのメンツが丸つぶれ!夫婦の関係が冷めていくのは当然だと感じました。
普段優しい吾郎が千明に怒鳴って抗議してたのには驚いた~
何よりも両親のケンカを間近で見る子供たちがかわいそうでした。

50代女性

となり町のとろろ

授業についていけない、おちこぼれた子供の補修のための塾であろうとする吾郎(高橋一生)。
対照的に経営を磐石にするためにより儲かる進学塾を目指す千明(永作博美)。
二人とも根っこにあるのは、知力を授け子供たちの自立の手助けをしたいという熱い思い。
けれど思いだけでは理想は実現できない。お金という現実がついて回る。
しかしお金を得るために理想を捨ててしまっては本末転倒。重要なのは理想か、現実か。
より共感できるのは千明。彼女のジレンマは痛いほどよくわかる。
塾や、家族を守るために現実のあれやこれや、こまごました一切を彼女は引き受けて奮闘し、理想をすり減らしている。
千明の頑張りがあるからこそ、吾郎は現実と向き合うことなくひたすら理想を追いかけていられる。
吾郎はズルイ、て思ってしまう。
でも……。
それでも、その生き方に惹かれてしまう。ぶれることのない吾郎の一途さ、純粋さは理想を追いかけることなんかとうの昔にやめて、
現実にどっぷりつかって汚れた者にまぶしすぎる。
みかづき、というより吾郎は輝く満月で、一枝(壇蜜)でなくともその光に魅せられてしまう。

スポンサーリンク

『みかづき』3話のTwitterrでの反応まとめ

今までも意見の違いはあったけど、吾郎さんもここは譲れないとこらなんだろうな~。千明には何か考えがあるのかな?

時代の流れはあるからな~。理想およびやりたいことだけではやっていけないこともある。吾郎さんの考える補修塾が進学塾に負けない活路が見出せればいいんだろうけど…

壇蜜さんのお色気やばかったな~。吾郎は壇蜜さんのとこ行っちゃうのかな。

本当に悲しい回でしたね。次週、感動的な仲直り?分かり合いがあることを願う。

なるほど。なんで出ていくのか納得いかなかったけど、少し腑に落ちました。

『みかづき』3話のあらすじとキャスト

公式サイトが発表している『みかづき』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

古書店の店員・一枝(壇蜜)からソ連の教育者・スホムリンスキーの著作を紹介された吾郎は、塾の合間をぬって著作の執筆に没頭。その陰に一枝の存在を感じた千明は気が気でない。吾郎の著作はベストセラーになり、塾はさらに大きくなって千葉進塾となる。一方、成長した蕗子(黒川芽以)の恋愛は千明の反対もあって破綻。千明の母・頼子(風吹ジュン)も不治の病に冒されるなど、塾の拡大と裏腹に、家庭は危機をはらみつつあった。

出典:https://www.nhk.or.jp/dodra/mikaduki/html_mikaduki_story03.html

『みかづき』に出演する主要キャスト

  • 大島吾郎(高橋一生)
  • 大島(赤坂)千明(永作博美)
  • 赤坂頼子(風吹ジュン)
  • 上田(大島)蕗子(黒川芽以)
  • 上田一郎(工藤阿須加)
  • 大島蘭(大政絢)
  • 大島菜々美(桜井日奈子)
  • 勝見正明(勝矢)
  • 国分寺努(六角精児)
  • 一枝(壇蜜)
  • 井上阿里(岡本玲)