ドラマル

2019年1月26日

ドラマ『みかづき』1話のネタバレ感想!吾郎と千明のヨシヨシに萌える!エンディングのダンスが可愛いと大好評

2019年1月26日に放送されたドラマ『みかづき』1話のネタバレ感想とTwitterでの反応をお伝えします。

1話では、吾郎(高橋一生)と千明(永作博美)のヨシヨシするシーンに萌える。ネットでは、エンディングのみかづきダンスが話題に!

関連記事

『みかづき』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『みかづき』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『みかづき』1話のあらすじとキャスト

公式サイトが発表している『みかづき』1話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

就職試験に落ちアルバイト生活する一郎(工藤阿須加)は、伝説的塾講師だった祖父・大島吾郎(高橋一生)と塾経営のパイオニアだった祖母・千明(永作博美)の存在が重圧で、教育の仕事に携われずにいた。だが授業に落ちこぼれ、塾にも通えない子供の存在を知り、心を動かされる。そんな時、一郎は吾郎から『みかづき』という新しい著作の原稿を渡される。そこには昭和36年から半世紀にわたる吾郎と千明、そして家族と塾の歴史が記されていた。

出典:https://www.nhk.or.jp/dodra/mikaduki/html_mikaduki_story.html

『みかづき』1話に出演する主要キャスト

  • 大島吾郎(高橋一生)
  • 大島(赤坂)千明(永作博美)
  • 赤坂頼子(風吹ジュン)
  • 上田(大島)蕗子(黒川芽以)
  • 上田一郎(工藤阿須加)
  • 大島蘭(大政絢)
  • 大島菜々美(桜井日奈子)
  • 勝見正明(勝矢)
  • 国分寺努(六角精児)
  • 一枝(壇蜜)
  • 井上阿里(岡本玲)

『みかづき』1話の感想※ネタバレあり

40代女性

やっぱりNHKが好き

毎週楽しめそうなドラマです。話の展開が早いのですが、ストーリーと登場人物のキャラクター設定がスムーズに頭に入ってくるのは、脚本の巧みさと俳優さんの力量によるものかと思います。

登場人物は今の所、揃って癖の強い人たちです。自身の掲げる理想の教育の実現に邁進する千秋(永作博美)は、かなり強引な女性です。
類い希なる学習指導の才能を持つ吾郎(高橋一生)を、塾の開設の為に失職させ半ば手込めにして仲間に引き入れました。コメディータッチで描かれていますが、この役は下手をすると現実味のない毒婦に見えてしまいそうです。年齢不詳な可愛らしさと、嫌みがなくどこか男前な色気を持つ永作博美さんだからこそ成立するのだと感じました。

千秋の母も(風吹ジュン)なかなか肝の据わった女性です。家柄の違いを理由に婚家を追い出された過去を持ちながらも、それを逆手に大枚の手切れ金を取り付けるというしっかり者です。苦労もあったと思われますが、芯を強く持ち前を向いて明るく生きています。「あんたの夢に投資する」という言葉から、ただ者じゃないと思いました。この母にしてこの子ありという言葉がバッチリはまるキャラです。そんな役をキラキラと演じる風吹ジュンさんが素敵です。

一番の注目は高橋一生さん演じる吾郎です。お人好しで流されやすい色男のようですが、それでいて全てを操っているのは彼なのではないかという底の知れなさがあります。年を経て白髪の紳士になった吾郎も魅力的でした。自然ににじみ出る魅力は性別や年齢を問わず相手の心をつかみそうです。それがためにトラブルも起こしそうですが、これからも目が離せません。

作中では子供の教育についての考え方も語られていました。「知力は誰にも奪えない」、「何が正しくて何が間違っているか、考える力が身につく」。なるほどなと思いました。さらりと言われていましたが、時代背景を考えるとまだ戦争の影響を強く受けた世代が中心です。沢山のものを奪われた悲しさや、時代の流れに冷静な判断が出来なかったことに対する悔しさも込められているのかと感じました。何のために学ぶのか、学ぶことで何を得るのか、改めて考える機会を与えてくれそうです。

40代女性

ベアベア

千明と吾郎の出会いから塾を開講するまでの序章の物語でしたが、スピード感や息の合った掛け合いが楽しかったです。気の強い千明とおっとりした吾郎が、どのように近付き一緒になるのかと注目してましたが、やはり千明の押しの強さ勝ちという感じで、クスッと笑ってしまいました。テンポの良さは見ていて飽きさせないし、爽快感さえあります。

塾を作ると決断した後、吾郎の学校へ告発文を送るシーンがあります。仁王立ちの千明の格好良さは時代を感じさせない撮り方で、これってホームドラマじゃなかったっけ?と疑問に思うくらいでした。吾郎を押し倒す様にもドキドキしたし、この時代に珍しい男女の力差に興味深く見ていました。

二人の拓けた教育への考え方も聞いていて楽しかったし勉強になりました。塾が今後どうなっていくのかが楽しみです。

30代女性

やっちゃん

たまたまテレビをつけたらやっていたので、ちゃんと見るつもりはなかったのですが、引き込まれてしまい最後まで見入ってしまいました。

大島(高橋一生さん)の子供達に勉強を教える姿は若くてあどけない演技にキュンとしました。

展開が少々早かったように思うのですが、大島夫妻(高橋一生さんと永作博美さん)が塾を始めるというお部屋で、気持ちを告白し合って頭ポンポンし合う場面は素敵すぎてとてもお似合いだなと思いました。

現代と過去が描かれていて、大島夫妻の白髪メイクは少し無理があるように思いましたが、それを差し引いてもとても内容は興味深い、今では当たり前にある塾の立ち上げという物語はおもしろいと思いました。これからもキュンとしたいです。

『みかづき』1話のTwitterrでの反応まとめ

吾郎がハレンチハレンチいって走るシーン笑えましたね。

魅力的な登場人物の持つパワーに引き込まれます。キャスティングの妙が効いています。テンポのよいストーリーも小気味よく、次回も目が離せませんね。

あのシーンはヤバかったですね。一生ファンも永作ファンもキュン死ですね。

エンディングダンスが可愛い過ぎる!

高橋一生のハマり役!吾郎が煙草を吸うシーンが話題に

永作博美の実年齢に驚愕!尋常じゃない可愛さ

みがづき最高に面白かったですよね。全5話で終わっちゃうっていうのはもったいない!全話見逃し厳禁ですね。

塾というものは今では当たり前のようにあるものだけれども、物語の中では塾というのはまだない時代だったため受け入れられるのに時間がかかったことを知りました。今後はこの危機をどう大島夫妻が乗り越えていくのかが楽しみです。また気になるのはちあきの連れ子の房子ちゃん。彼女が新しいお父さんにちゃんとなじめるのかが個人的には楽しみです。もしかしたら今後は家族の絆を深めていくドラマなんじゃないかなと思っています。