ドラマル

『ルパンの娘』10話のネタバレ感想!瀬戸康史つながり?遂にミスター平成仮面ライダー高岩成二も登場!

2019年9月19日に放送されたドラマ『ルパンの娘』10話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

10話では、Lの一族が巌の錠前ネックレスを盗むため警視庁へと侵入!
そこで、和馬の婚約者・エミリを目撃した尊は、マツの過去から黒幕の正体を掴み…。

関連記事

『ルパンの娘』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ルパンの娘』10話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ルパンの娘』10話のあらすじネタバレ

三雲巌(麿赤兒)の偽装ID名だった「立嶋雅夫」の死が報じられます。偽装IDの件は、尊(渡部篤郎)が明かします。華(深田恭子)はショックを受けます。巌の死を信じようとしない悦子(小沢真珠)とマツ(どんぐり)。――そこに、結局、華が来なかったのでイスタンブール行きの飛行機には乗らなかった円城寺輝(大貫勇輔)が、「昨日は大変だったね」と言って、皆が集合しているタワーマンションに駆け付けます。昨日、華が三人組に拉致され、危うく一酸化炭素中毒で殺されそうだったことは知っているようです。

桜庭和馬(瀬戸康史)は、河川敷での焼死体事件捜査に着手。立嶋の死因は鈍器による頭部殴打で、焼かれたのはその後のことと判明します。事件捜査と並行して、「鈴木花(華の偽名)」の居所を追っていた和馬。食堂ウェイトレスとして働いていることを突き止め、その控室で華と再会します。そして、河川敷の焼死体の遺留品写真(錠前ネックレス)を示します。

写真の「錠前ネックレス」が本物ならば、マツが身に着けている「鍵ネックレス」でそれは開きます。「錠前ネックレス」を盗み出そうと警視庁に潜入する「Lの一族」。――警官に変装する華、そして、尊と悦子。渉(栗原類)の「てんとう虫3号」も投入されます。
途中、尊と悦子が、エレベーター前で和馬の母の桜庭美佐子(マルシア)に発見されそうになりますが、そこに円城寺が現れ、歌とダンスで美沙子の眼を反らします。で、なんとか遺留品保管室から「錠前ネックレス」を盗み出します。錠前は、マツの鍵で開錠。巌の本物の「錠前ネックレス」であることが確定します。

60年前の若き日の三雲巌(柄本時生)、高校三年の18歳。マツ(深田恭子)を好きだった巌は、桜庭和一(瀬戸康史)がマツを好きだと知って一旦、身を引きます。和一が是非、マツと結婚したいと言うので譲ることにします。しかし、「Lの一族」のマツは、和一が警察一家の人間と知って悩むことになります。一方の和一も、マツから「Lの一族」の一人娘だと明かされ苦しみます。――そんな頃(1959年)、マツが被害者になる傷害事件が起きます。マツが暴漢に襲われて顔面を何ヶ所も切り付けられます。巌がマツの叫び声を聞いて駆け付け、その際、暴漢と思しき人物と擦れ違います。それ以降、犯人を野放しに出来ないと、全てを投げ打って、マツを傷付けた犯人を追うことになる巌。

和一がマツとの結婚を諦めるというのを聞いた巌は激怒。巌は和一を殴り倒します。以来、和一はマツとは一度も会っていません。――傷害事件後、大阪に移り住むマツ。数年後、大阪の街で巌に再会。和一に代わって「Lの一族」に婿入りする為、スリの腕を磨いていた巌。因みに、その後マツは整形して、今の姿(深田恭子→どんぐり)に変貌。

遡ること一年前。和一(藤原弘)の自宅の庭に巌(麿赤兒)が現れます。マツを襲った犯人が分かったと和一に告げます。で、自らカタを付けると宣言します。巌は、和馬と華の結婚に賭けてもいます。

橋本エミリ(岸井ゆきの)が、遺留品保管室で、「Lの一族」が持ち去って今はもう無い「錠前ネックレス」を探していました。その様子は、渉(栗原類)の「てんとう虫3号」が伝えてくれます。「錠前ネックレス」が巌のモノだと知れると、60年前の傷害事件の真犯人があぶり出されそうですので、それを奪いたいというのが真犯人の立場。エミリは真犯人の指示により、「錠前ネックレス」を保管室から持ち去ろうとしています。――エミリの祖父・元警視総監の巻英輔(浜田晃)が、60年前の傷害事件の真犯人でした。マツの悲鳴を聞いて巌が駆け付けた時、擦れ違った不審者がいて、その男の右顎のアザを巌は目視しています。英輔にも、同じ部位にアザがあります。――「花婿をいただく、60年前のケリをつけよう。/Lの一族」というメッセージカードが英輔に届けられます。

和馬とエミリの結婚式。――神父に化けていたのが尊。「Lの一族」の衣装に身を包んだ華も式場に現れ、花婿の和馬を盗み出します。警察護送車を運転するマツ。そこに眠らせた和馬を乗せます。華の他、尊、悦子も同乗して、式場を立ち去ります。

スポンサーリンク

『ルパンの娘』10話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

60年前、三雲巌(柄本時生)のようなスタイルのバンカラ学生はいません。桜庭和一(瀬戸康史)のような羽織袴(着物姿)の学生というのもいません。みな一律に、今と全く同じ学生服とセーラー服でした。多少、ワルを気取ってのアレンジはありますが、基本的には今と一緒です。違うところがあるとすれば履物です。夏場になると、下駄を履いて通学する者が多かったと記憶します。

また、ラムネは殆ど流通しておらず、もう、時代はコーラが流行り出す直前でしたね。ちょっと、時代考証が気になりましたが、コメディーですから、そのあたりを大袈裟にやるのは常道ということでしょうね。

瀬戸康史つながり?遂にミスター平成仮面ライダー高岩成二も登場!

もう仮面ライダー大集合って感じですね。

難波会長こと浜田晃(黒幕・巻英輔)、ミスター平成仮面ライダーこと高岩成二(英輔のSP?ボディーガード?)、仮面ライダーキバこと和馬(瀬戸康史)、初代仮面ライダーこと藤岡弘(和一)と、仮面ライダー出演者が大集合!
ちなみに、マツを襲った若かりし頃の巻英輔は、浜田晃さんの実の息子・浜田学さんが演じていました。

来週でいよいよ最終回、予告映像からお爺ちゃんは生きていて、華と和馬は無事にくっつきそうでしたが、どう展開していくのか楽しみですね。

『ルパンの娘』11話(最終回)のあらすじ

公式サイトが発表している『ルパンの娘』11話(最終回)のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

三雲華(深田恭子)は“Lの一族”の力を借りて、橋元エミリ(岸井ゆきの)との結婚式最中の桜庭和馬(瀬戸康史)を奪い返した。隠れ家のタワーマンションで、尊(渡部篤郎)が和馬にことの経緯を話していると、エミリの祖父、英輔(浜田晃)が部下たちとともに踏み込んで来る。英輔は和馬に結婚式場へ戻るよう命令。逆らおうとする和馬だが、英輔の部下たちに強引に連れて行かれてしまい、華たち“Lの一族”は拘束されてしまった。

結婚式場に和馬が戻されると、そこは報道陣で溢れていた。駆け寄って来た典和(信太昌之)に、和馬は英輔の手下たちのおかげで逃げ出すことが出来たと告げる。そして、後ほど詳細を説明すると報道陣をチャペルの中へ誘導した和馬は、典和から頼んでいた資料を受け取り控え室にいるエミリの元へ向かう。エミリには、美佐子(マルシア)と巻栄一(加藤諒)が付き添っていた。

その頃、拘束された華たちは、英輔にマツ(どんぐり)との過去の因縁から巌(麿赤兒)を殺したことは許せないと責めていた。しかし、身動き出来ない華たちには、英輔の部下たちの銃口が向けられている。すると、悦子(小沢真珠)は命乞いを始め、尊に英輔の過去について知っていることを全て話すよう懇願する。尊はなぜ英輔が巌を殺害するに至ったか、その経緯を話し出す。

出典:https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/story/index.html