ドラマル

『ルパンの娘』9話のネタバレ感想!女の幸せとは?円城寺のように愛を与えてくれる男?

2019年9月12日に放送されたドラマ『ルパンの娘』9話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

9話では、華を和馬が逮捕した一年後…和馬はエミリと、そして華は円城寺と婚約!
そんな中、華は円城寺のいる空港へと向かう途中、拉致されてしまいそこに和馬が…。

関連記事

『ルパンの娘』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ルパンの娘』9話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ルパンの娘』9話のあらすじネタバレ

逮捕された三雲華(深田恭子)。華を護送するパトカー運転手は、リヒテンシュタインから急遽帰国していた円城寺輝(大貫勇輔)の変装でした。他の二名の警官は、円城寺が雇った男たち。パトカーを乗り捨てた円城寺と華は、一時的に、身を潜める場所に向かいます。――円城寺は、秘密の通路で桜庭和馬(瀬戸康史)に会っていて、そこで華を守って欲しいと頼まれていました。華のことをよろしく頼むと和馬は円城寺に頭を下げていました。

捜査一課に異動した和馬。――その異動に関して疑問を感ずる和馬。結局、「Lの一族」を取り逃がすことになっているのに、何の懲罰も無く希望部署に行けるのは妙なこと。真相を知りたくて、橋本エミリ(岸井ゆきの)を捕まえます。
エミリの祖父(巻英輔)は元警視総監ですので、あるいは人事の裏事情を承知しているはずですが、エミリは、祖父にそれを尋ねることを拒否します。

結婚話が進行しつつある円城寺と華が結婚式場の視察。その直後、擦れ違いで同じ場所に、こちらも婚約が決まった和馬とエミリが式場視察です。和馬がエミリに指輪を差し出します。「満たされる、あなたといれば満腹だ」と七五調でエミリが感想を述べます。

円城寺からのプロポーズを両親に報告する華。Yes、Noの返事はまだしていませんが、和馬を思い続ける華を、そのまま受け止めようとしている円城寺に心が傾いています。
今度行く先のイスタンブールに行けば、一、二年は帰って来られない円城寺。それで、一緒に行こうという決意が固まりつつあります。プロポーズについては保留のまま、とにかく一緒に海外に渡る決意が固まります。――一方、エミリもまた、華を愛し続ける和馬をそのまま受け入れる決意が固まっていて、それを聞いた和馬は、エミリとの婚約という運びになっています。和馬は、それで、エミリに心を開くことになりました。

「Lの一族」の解散(逃亡生活)から一年が経過して、タワーマンションに三雲家が集結します。三雲尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)、渉(栗原類)、マツ(どんぐり)が戻ります。一年もたてば、世間は「Lの一族」のことなど忘れているはずと思っている三雲家の人々。しかし、次のターゲットをなかなか見付けようとしない渉。思春期ならぬ遅れて来た反抗期の渉の胸には、未だに「ケビン」の名札。
そして、華は、「鈴木花」という名前でビルの清掃員として働いています。

祖父の三雲巌(麿赤兒)と華が、路上でバッタリ出会います。「盗み取れ。それで運命は変わる」と華に告げて立ち去ります。巌は、泥棒として生きると決めた時、全てを捨てています。――華と会った後、巌が公衆電話で「忘れるわけがないだろう」と何者かと会話しています。

エミリが和馬の家にやって来て、義母になる桜庭美佐子(マルシア)から「筑前煮」作りを習います。――エミリの父(慶一)の元に、改めて婚約の挨拶に向かう和馬。そこで、エミリの祖父(巻英輔=母方の父)が、和馬とエミリの結婚を大変喜んでいると聞かされます。そもそも孫娘に和馬との結婚を薦めたのが祖父だったようです。

キャバクラ嬢が二人、三人組の男に連れ去られるという事件発生。捜査一課に異動していた和馬が事件を担当します。
吉祥寺のガールズバー勤務の須藤美奈、幡ヶ谷のキャバクラ嬢の江口琴葉が被害者。
三人組のリーダーが多田野冬彦(やべけんじ)。それに、格闘技(ジークンドー)が得意な戸口秋彦(イジリー岡田)、情報収集の三枝夏彦(福澤重文)の三人組。女性従業員に何かとキモイことを要求し、店から出禁を喰っていた男たち。その腹いせの悪事。
三人組ですから、あと一人、被害者が出そうです。「女は鑑賞してこそ至高品。一緒に標本作りしませんか?」というSNS発信で集まった三人組。――松永刑事(松雪オラキオ=元弾丸ジャッキー)の主導による捜査会議後、久しぶりに三課の巻栄一(加藤諒)に会う和馬。和馬は、エミリに心を開くことになった理由を話します。

イスタンブールに向かう為、円城寺の待つ空港に向かう華。路上で麻酔を嗅がされて、三人組に拉致されます。
三人組の一人、冬彦の手首には「羽状」のタトゥーがあります。そして、華の背中には渉の「てんとう虫3号」。ここで、渉のストーカー行為が役立ちます。即座に、拉致情報が三雲家に入ります。――自分に泥棒としての資質が欠如していて、それで何かと華に負担をかけていたことを心苦しく思っていた兄の渉。華を守りたくて「てんとう虫」で監視をしていた渉。渉は、和馬が警官であることを最初から知っていましたが、それを両親に言いませんでした。華が本当に好きなのは和馬であることも良く知っていた渉。誰にも、和馬の素姓を言わなかったのは華の優しさに支えられていた渉なりの恩返し(?)。

とある建物(廃墟)の一室。――華の拉致(誘拐)は、どうやら冬彦の勘違い。女地面師、闇ブローカー、結婚詐欺師としての「鈴木花」が整形して、「華」の姿になっていると思い込んでいます。「鈴木花」によって、骨の髄まで搾り取られていた冬彦。「鈴木花」に忠誠を誓って、手首にタトゥーまで入れていたのに裏切られたと逆恨みしている冬彦。華が首を振ると、「忘れたとは言わさない。これからは標本になって、一生僕のそばにいるのだ」と言い放ちます。

一酸化炭素中毒が綺麗に死ねるということで、ガスボンベの栓が開かれます。三人組は、監禁室を出て行きます。――そこに和馬が救出に来ます。ドアには鍵が掛かっていて、ドア越しの会話が始まります。華と和馬は、相手が誰かを承知しておらず、そのうえで自身の現状を語り合います。「その人(華)以上に好きになれる人は生涯いない」と和馬が言います。

その部屋を後にしていた三人組を取り抑えて、華の監禁室の鍵を手に入れたい和馬。三人組の元に走り寄り、「手を挙げて膝を着け」と告げますが、抵抗されます。
最後に、冬彦がハンマーを振り上げます。が、それを取り抑えて一件落着。監禁と公務執行妨害で逮捕。和馬は監禁室の鍵を得て、華を一酸化炭素中毒から救います。命は取り留めましたが、意識が戻らない華を抱いて監禁室を出ます。

テレビでマザコン臭のする三人組の逮捕と、彼らに監禁されていた二人の女性が無事に保護されたことが報じられた後、続けて、江戸川河川敷で身元不明の焼死体が発見されたとの報。早朝ランニングしていた女性が第一発見者。遺体の身元は、立嶋雅夫。遺留品がひとつ。テレビの報道を見ていた尊が、「オヤジ(巌)が死んだ」と呟きます。

スポンサーリンク

『ルパンの娘』9話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

「ああ、そうだ。忘れるわけがないだろう」と公衆電話で話していた三雲巌が、その直後に、河川敷の焼死体となります。

公衆電話で話していた時に巌が首に掛けていた「小さな鍵のペンダント」が遺体(焼死体)の遺留品。「立嶋雅夫」というのが借りている他人の戸籍上の名前だとしても、遺留品は、間違いなく巌の持ち物です。

巌が、一世一代の芝居を仕掛けているのでしょうかね。それも、和馬の祖父、桜庭和一(藤原弘)との共謀であり、それに、華の父の尊も加担。更には、それは、元警視総監のエミリの祖父も承知のこと…。それで、今まで隠蔽されていた巨悪が暴かれるという筋立てになるものと予想されますが、果たしてどうなりますか…。

女の幸せとは?円城寺のように愛を与えてくれる男?

悦子(小沢真珠)から、「女の幸せはね愛されることよ。愛する男より愛してくれる男を選んだほうが幸せよ」という名言がでました。
確かに、尊(渡部篤郎)の悦子に対する愛情(奉仕)は凄すぎますよね。
もう見てるこっちが引くほど愛し合ってることが伝わってきます。

そして、円城寺も幼い頃から華を見守り愛し続けています。
今回も警察官になって華の危機を救いました。たまに急に踊り出しておかしなところもあるけど、基本は凄くカッコ良くていい人ですよね?

でも、恋のライバル・和馬もちょっと前まで白目を剥いて気絶していたことが嘘のように、成長して逞しい刑事になりました。そして華の危機をカッコ良く救いました。

愛を与えてくれるという点では円城寺も和馬も合格。
華の気持ちはまだ和馬にある中、円城寺に逆転はあるのでしょうか…。

『ルパンの娘』10話のあらすじ

公式サイトが発表している『ルパンの娘』10話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

“Lの一族”に衝撃が走る。三雲華(深田恭子)の祖父、巌(麿赤兒)が死んだのだ。ニュースで流れた河川敷で発見された焼死体の立嶋雅夫は、尊(渡部篤郎)によると巌の偽装IDの名前だと言う。ショックを受ける華、そして信じようとしない悦子(小沢真珠)。マツ(どんぐり)も尊は簡単には死なないと言うのだが…。

桜庭和馬(瀬戸康史)は焼死体事件の捜査に着手。すると、死体について新たな報告が入る。立嶋の直接の死因は鈍器のようなもので殴られたことで、焼かれたのはその後だった。つまり、立嶋は何者かに殺害されたことになる。

和馬は鈴木花という偽名をたどった必死の捜査で華と再会する事が出来た。そして、河川敷の事件現場の近くに落ちていたと、一枚の写真を渡す。写っていたのは巌が身につけていた錠前ネックレス。華は和馬に礼を言い、これ以上自分たちに関わらない方が良いと立ち去った。

マンションに帰った華は、尊たちに写真を見せる。すると、尊とマツはネックレスが本物かどうか確かめると言い出した。巌の錠前はマツが同じくネックレスとして身につけている鍵で開くのだ。“Lの一族”は巌の錠前ネックレスを盗むため警視庁へと侵入することになる。

警察官に変装した華たちは渉(栗原類)のてんとう虫3号、円城寺輝(大貫勇輔)の力も借りて遺留品保管室に潜入してネックレスを盗みことに成功する。マンションに戻った華たちが、マツの鍵で錠前が開くか試してみることに…。

出典:https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/story/index.html