ドラマル

『ルパンの娘』2話のネタバレ感想!カラオケ字幕が話題!円城寺輝は何者?

2019年7月18日に放送されたドラマ『ルパンの娘』2話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

2話では、泥棒一家と警察一家がご対面!
華は泥棒一家「Lの一族」だと和馬にバレてしまうのか?

関連記事

『ルパンの娘』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ルパンの娘』2話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ルパンの娘』2話のあらすじネタバレ

警察組織というものの決まりで、付き合いのある相手(結婚相手)の家族の素姓は事前に調査されます。で、三雲華(深田恭子)の父、尊(渡部篤郎)の職業が、兄の渉(栗原類)によるハッキング技術で、ハイパーソーシャルクリエーターということになります。国際的に活躍しているクリエーターということでもあるので、それならと桜庭和馬(瀬戸康史)の両親が改めて挨拶ということで、三雲家のダミーの一軒家にやって来ます。和馬、父の典和(信太昌之)、母の美佐子(マルシア)、そして、元警察犬のドンの一行です。玄関を入った瞬間から、美佐子は生活感が無い三雲家に違和感を覚えます。

とりあえず両親は在宅しておらず一安心する華でしたが、不意に、父の尊と母の悦子(小沢真珠)の両親が秘密通路からやって来ます。泥棒一家の華は、恋人の桜庭家の職業が警察官とは家族に話していません。だから、それがバレないよう必死なのですが、悪いことに、焦がした魚の頭を持って、祖母のマツ(どんぐり)もやって来て、尊と一緒に、あろうことか公務員批判を始めます。「公務員という人種は嫌い」と言い放つ尊に、「胡散臭い肩書の人種は嫌い」と典和が応酬します。睨み合い状態になりますが、彼らは別々の高校の野球部に在籍していて、実は試合もしていた間柄と分かります。そんなわけで、尊と典和は意気投合します。盗塁が得意だった尊のことは、典和も良く覚えていました。

後日、美沙子は、華に和馬と別れて欲しいと申し入れます。桜庭家の嫁は、警察官でないと困ります。華は、「別れます」と約束し、そして、美沙子が「早急にお願いします」と念押しします。

そんな中、和馬はアポ電強盗事件の捜査担当になります。事前に金があるかの確認を入れ、それを奪い取るという手口です。――定期的にメールが来て、そこで金を受け取る家を指示されるだけという末端で働く受け子を捕まえても、元締めに辿り付けません。元締めは、SNSで集金のバイト要因を集めています。――渉のハッキングで、元締めが福祉施設、ライフケアホールディング社長・猪熊良治(西沢仁太)であることが判明します。新たなターゲットを物色中、「秀吉の茶釜」を30億円で落札した男を見つけ、それが猪熊社長でした。会社の売り上げは良くないのに、どこから30億円もの金が入っているのか社内カメラをハッキング。それで、黒メガネの男が、弁護士役の受け子から回収した金を、猪熊社長に手渡している場面に辿り着きました。

尊ら「Lの一族」は、金の「秀吉の茶釜」を盗む計画を立てます。同時に、アポ電強盗の元締めを抑えようということになります。――彼らの手口は、まず、介護が必要な老人がホームページにアクセスして資料請求して来るのを待ちます。資料送付の為、住所、氏名、電話番号を記入させ、後は、メールで高齢者の家の場所を受け手に連絡するというカラクリ。

華は、世界を股にかける泥棒・円城寺輝(大貫勇輔)に和馬との関係を相談します。円城寺は、「いっそ、彼に嫌われてみたらどうだい」とアドバイスします。仕事中に電話して、我儘を言う作戦です。「私と仕事、どっちが大事なの」と言ってみよと伝えます。が、華は、結局それが言えずに、「仕事、頑張ってね」と言うことになってしまいます。

金の「秀吉の茶釜」を盗む作戦スタートです。三雲家では、マツがライフケアホールディングに資料請求して、電話がかかって来るのを待ちます。息子の尊を名乗る人物が、痴漢をして、示談金として200万円が必要だと言って来ます。――そんな遣り取りがあった後、華が和馬に電話して、円城寺に言えと言われても、今まで言えなかった言葉、「私と仕事、どっちが大事なの?」と我儘を言います。ただ、家に直行するのではなく、改めて連絡するまで、家の近くで待機していて欲しいと伝えます。

チャイムが鳴って、弁護士役の受け子が来たということで、マツが玄関に出ます。で、戸が開いた瞬間、喉元を突いて、そこに立っていた和馬を失神させてしまいます。待機しているように言ったのに、捜査会議をスッポかして、直行でダミーの一軒家に駆け付けた和馬。――その直後、本物の受け子が来ます。こちらも、和馬同様にマツが倒します。そして、手足を縛って室内に確保します。

受け子の持っていた携帯で、奪った金の受け渡しの場所(中継地点)が分かります。そこに、尊が向かいます。尊が、中継のサングラスの男に金が入っているように見せた紙袋を渡します。そして、てんとう虫機能で、金を受け取った男の車の行方を追跡します。猪熊社長のオフィスタワーの地下駐車場に入ったところで、悦子がガス噴射で男を眠らせ、尊、華と共に猪熊社長のいる最上階へ向けて階段を走ります。「秀吉の茶釜」はオフィスタワーの最上階(30階)、社長室に飾られています。社長室の前には、警護役の秘書の男(成松修)のデスクがあります。ここでは、「てんとう虫3号改」の映写機能が働きます。ステルス迷彩黒巻という映画の設定手法を駆使して前進します。が、30階まで階段を駆け上がり、悦子の足はパンパンで限界に達しようとしています。

その間、猪熊は帰宅ということなのか、エレベーターで地下駐車場に下りて行きますが、そこに運転手がいないので、何らかの異変を察知して引き返してきます。――悦子の足がパンパンで、横にヨロケます。で、白布を前に掲げ、そこに背後と同一の風景画像を映し出そうというステルス機能が破綻します。映像の乱れに秘書の男が気付きます。接近してきた秘書を、尊が、ガスを吹きかけて眠らせます。3人は「秀吉の茶釜」に辿り付きます。尊が警報装置を解除して、茶釜を奪います。その一方で、華は、受け子に送り付けているリストを猪熊のパソコンからUSBメモリーに移します。

最上階に戻った猪熊社長、秘書が廊下で倒されているのを発見。警備員に応援要請の電話をしてから、秘書の警棒を持って社長室に入ります。猪熊社長と対峙した華、「悔い改めな」と言って猪熊を倒します。背後で、尊と悦子が拍手しています。3人は茶釜を持って一軒家に戻ります。で、華が眠ったまま横たわっている和馬を起こします。おばあちゃん(マツ)がアポ電強盗にあって、それで和馬を急いで呼んで、そして、和馬が受け子を捕まえたのだと和馬を言いくるめる華。「覚えてないの、和君が捕まえたアポ電詐欺の弁護士役の受け子の男だよ」と華が言います。そして、和馬が受け子のポケットから、USBメモリーを見付けます。「怪しいデータが入っていそうだね」と華。

恋人のおばあちゃん(マツ)にかかって来たアポ電から元締めに辿り付いたことに驚く、3課の先輩刑事・巻栄一(加藤諒)。――猪熊が、変わったスーツを着た者にやられたと証言しています。声の主は女だったとも言っています。また、猪熊の秘書の話では複数の者にやられたと言っています。そうなると、「Lの一族」の犯行かということになります。

テレビ放映画面。――被害に遭われた方から話が聞けましたというアナウンスがあり、マツが登場。猪熊社長が逮捕された後のテレビ報道で、マツと華がテレビの街頭インタビューに答えています。「弱い者から取るのではなく、悪い奴から取ったらええ~」と叫ぶマツ。そのテレビ報道を自宅で見ていた和馬の両親。元警察犬のドンが、テレビに映し出されているマツに向かって大きく吠え続けます。

和馬と華の待ち合わせ。華は、和馬と別れる決意をしていて、その話を切り出そうとしているところに、マツが来ます。そして、「これ、あんたのやろ。ウチに落ちてたでぇ。華の彼氏、警察官やったんやなあ」と言って、警察バッジを和馬に渡します。懲戒処分になるところを救われて、「良かったら、お礼にご馳走させてください」と和馬。和馬と腕を組んで先に歩き出すマツ。それに続く華。マツには、和馬が警官であることがバレていました。マツが和馬の喉元を突いて失神させた際に、玄関先にバッジが落ちたのでした。

スポンサーリンク

『ルパンの娘』2話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

ツイッターでは、「キャッツアイに似ている」という意見が多いようです。そういえば、「キャッツアイ」の3姉妹次女、瞳の彼氏が刑事の内海俊夫でしたね。内海はキャッツアイを追う刑事であり、瞳は、自分が盗賊であることを隠しているという設定でした。なにより、ボディスーツが似ているんですね。

今回は、彼氏の一家が警察官であることを華は自分の家族に隠し通す積りでいましたが、どうやら祖母のマツにはバレていたようですね。また、和馬の母の美沙子には「身のこなしが素早い」のを見られていて、「Lの一族」であることを、うすうす感ずかれているということでしようね。で、息子の和馬と、一刻も早く別れさせようとしているのでしょうね。

カラオケ字幕が話題!円城寺輝は何者?

円城寺輝(大貫勇輔)のミュージカルもとい、カラオケ(字幕)が話題です。

急に字幕が出てきて、それもカラオケ風。ひょっとして、「華と和馬」というデュエット曲が販売されるんでしょうかね…。

さて気になるキャラ円城寺輝ですが、実は原作には登場しないドラマ版のオリジナルキャラクターなんです。
そして設定では、世界を股に掛ける泥棒!Lの一族の跡取りとして申し分ないですね。

いまは完全なギャグ要因ですが、円城寺は華のことが「好き」ですので、今後、和馬(瀬戸康史)の恋敵となっていくのか楽しみです。

『ルパンの娘』3話のあらすじ

公式サイトが発表している『ルパンの娘』3話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

三雲華(深田恭子)は、交際相手の桜庭和馬(瀬戸康史)が警察官であることを祖母、マツ(どんぐり)に知られてしまった。華はマツに尊(渡部篤郎)たちには黙っていて欲しいと頼むのだが、答えは得られない。一方、和馬はアポ電強盗逮捕の手柄を典和に褒められる。だが、美佐子(マルシア)は華からの連絡が和馬の犯人逮捕のきっかけだと知り疑念を深めて行く。

タワーマンションに戻った華は、尊から“Lの一族”を潰すつもりかと言われてしまう。マツがバラしたのだと観念する華。しかし、尊が怒っていたのはマツの手刀を浴びた和馬が倒れてしまったこと。そんなことでは泥棒一家に迎え入れることは出来ないと尊と悦子(小沢真珠)。話はズレていたが、どちらにしても華は和馬と別れを決意しなくてはいけない流れになってしまう。そこに、渉(栗原類)からお宝を見つけたと報告が入る。IT会社社長が某王国の秘宝を落札したのだ。しかも社長は脱税した金で購入する悪人。“Lの一族”、次のターゲットが決まった。

和馬はSNS強盗の担当に。SNSで目をつけた相手の住所や行動を追って、留守中に高級品を奪う手口だ。その頃、華は美佐子に誘われ桜庭家にいた。美佐子は華に料理などを手伝わせ、指紋や血液型などを身に付けた鑑識能力で探ろうとしている。和馬が帰宅すると、美佐子は和一(藤岡弘)を呼びに行って欲しいと華に頼む。華が部屋に入ると、瞑想中の和一が真剣をふりかざして来た…。

出典:https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/story/index.html