ドラマル

『ルパンの娘』1話のネタバレ感想!深キョン可愛いすぎ!そして強すぎ!

2019年7月11日に放送されたドラマ『ルパンの娘』1話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

1話の放送後、予想通り「深キョンが可愛すぎる」ことが話題に!
深キョンの仮面をつけた泥棒スーツ姿は必見です。

関連記事

『ルパンの娘』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ルパンの娘』1話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「FODプレミアム」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ルパンの娘』1話のあらすじネタバレ

ひまわり図書館(司書)勤務の三雲華(深田恭子)は、桜庭家に招かれて、恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)の家族を紹介されます。――父親は警視庁警備部SAT隊長・桜庭典和(信太昌之)。母親の美佐子(マルシア)は鑑識課の非常勤職員。妹の香(さとうほなみ)は、交通課勤務。その旦那の幹男は公安警察勤務です。その他、そこに同席していませんが、元敏腕刑事だった祖父の桜庭和一(藤原弘)も健在です。

母の美佐子は華の勤め先を図書館と聞いてガッカリします。一方の華にしても、桜庭家が代々警察官一族と知って驚きます。しかも、和馬は、捜査3課(盗犯専門)に所属していると知ってショックを受けます。――一通りの挨拶を済ませて華は帰宅。和馬に家まで送って貰った一軒家は、仮の家。その一軒家の畳下から抜け出して、タワーマンション高層階に向かう華。そこが本当の三雲家の実家。キャビアをツマミにワインを傾ける父の三雲尊(渡部篤郎)、高級猫を抱く母の悦子(小沢真珠)、トラフグを調理中の祖母のマツ(どんぐり)が華の帰りを迎えます。兄の渉(栗原類)は引き籠りハッカーです。猫、キャビア、トラフグは、全て盗品。三雲家は泥棒一家なのです。

華を送り届けてから家に戻った和馬は、父の典和から捜査1課の刑事になれたら華との交際を認めると言われます。で、どうしたものかと、3課の先輩刑事・巻栄一(加藤諒)に相談すると、捜査1課に異動したいのならば、先祖代々泥棒一家の「Lの一族」を捕まえるのが早道とアドバイスされます。決して尻尾を出さず、しかも弱者からは盗まない泥棒一族。「アルセーヌ・ルパン」をもじって「L」が冠せられています。

その直後、銀座の宝石店が襲われます。そして、その窃盗犯2人が逃走中に何者かに銃で撃たれ死亡します。2人は、半グレの山際太一、平部雄平。彼らは龍崎組に出入りしていました。どうやら、彼らは捨て駒として利用されただけの半グレ集団の一味。――和馬は、宝石店(ゴールドジュエリー)経営者の金剛丸修司(前川泰之)の聞き込みに向かいます。金剛丸は、先日、華とその両親と会食した際、六本木の鮨屋で見かけていた男でした。その時、華の母・悦子は金剛丸に盗聴器を仕掛けていました。「Lの一族」には、金剛丸らの企みが見えていたのでした。

和馬は、金剛丸に、宝石店内の防犯カメラ映像の提供を要請します。が、隙を見せた和馬は後頭部を鈍器で殴られ意識を失います。――宝石強奪は、金剛丸と龍崎組の組長、龍崎剛(藤原喜明)が仕組んだこと。盗難保険に入ったうえでの自作自演なのでした。――和馬が龍崎組に捕らえられて組の建物内に引き込まれます。その救出を両親に頼む華ですが、両親は、最低3人いないと救出は困難だと言い張って華を引き込みます。仕方なく華は、和馬の救出の為に、箪笥の奥に眠っていた赤色スーツと仮面を取り出します。で、難攻不落のセキュリティーを誇る龍崎組に潜入します。

敵の目を欺く初手は、出張マッサージ(中国整体)を装って組の出入り口に向かう尊と悦子の行動から。建物入り口での遣り取りの隙に、華は祖母のマツと建物内部に潜入します。ハッカーの兄(渉)も不意に警報音を鳴らすなどして協力します。そんなこんなで、華は、和馬が椅子に縛り付けられ捕らえられている部屋の天井上に到達します。で、天井から和馬の背後に降りると、一旦、手刀打ちで和馬を眠らせてから、盗まれた宝石を天井に引き上げます。
そして、和馬の縛を解きます。その時、組員が部屋に戻って来るのを察知した華は、ひとまず天井に上がって隠れますが、その際、ひとつの指輪が落下して、それが頭に当たり目覚める和馬。華によって紐が解かれていた和馬は、何とかふたりの組員を制圧するも、背後から金剛丸に銃を突き付けられて、万事休す。そこに華が再登場します。龍崎組を含め、密輸なども纏めて仕切っていた金剛丸を打ち倒す華。――金剛丸が仕切っていた国際的な密輸組織を壊滅に追い込むことになりました。

どういうことなのか良く分かりませんが、公安の調べで、華の父親の職業が、ハイパーソーシャルクリエーターということになります。泥棒一家という真実が明かされませんでした。あるいは、「Lの一族」とは警察公認の泥棒一家なのであって、今回のことは、拳銃や宝石の密輸事案を公にするのが目的ということなのでしょうか。――いずれにせよ、尊が国際的に活躍のクリエーターということが分かって、それで改めて、桜庭一家が挨拶の為、仮の住まいの一軒家にやって来ます。

スポンサーリンク

『ルパンの娘』1話のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

祖父の巌の禅問答のような言葉、「盗むことで何かを変えられる日が来る」というのがテーマなんでしょうね。悪事の裏側で、真実を炙(あぶ)り出そうということなのでしょうかね。スマホ動画の中で、「分かるか」と祖父に問われて、「全然分からないよ」と、現在の大人になった華が答えます。

幼い日、祖父にスリ技術を叩き込まれていた華。スリの技較べで祖父に勝った華は、「これからはこれを着て、いけないことをしている人からモノを取り上げるんだ」と言われます。が、華は、お店にあるモノはお金を払って買わないといけないことを知ります。「お金を払わないと泥棒なの?」と問う華に「そうだ、泥棒は悪じゃ。お天道様の下を堂々と歩ける生業(なりあい)ではない。が、盗むことで何かが変わる。何かを変えられる日が来る。いずれ分かる」と諭す祖父がいます。――真っ当な方法、例えば、法に則った手法だけでは解明できない「真実」があるということでしょうかね。それが「Lの一族」の存在理由ということなのでしょうかね。

深キョン可愛いすぎ!そして強すぎ!

深キョンこと深田恭子さんが可愛すぎるドラマでしたね。

普通の36歳だと抵抗感がありそうな服装も、深キョンなら全然可愛いし美しい!
そして、仮面をつけた泥棒スーツでの戦闘シーンにびっくり!

深キョン強すぎです。

銃弾もかわすあの強さなら、正面から単身乗り込んでも桜庭和馬(瀬戸康史)を救出できそうですよね。

それにしても、脇を固めるキャストも最高!
『ルパンの娘』は面白くなりそうですね。

『ルパンの娘』2話のあらすじ

公式サイトが発表している『ルパンの娘』2話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

三雲華(深田恭子)は泥棒一家“Lの一族”の娘であることに思い悩んでいる。なぜなら、恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)は警察一家の息子だからだ。和馬の家族と自分の家族を合わせるなど、華にとってはもってのほか。そんな華の願いもむなしく、和馬が母の美佐子(マルシア)、父の典和(信太昌之)、元警察犬のドンまで連れて三雲家に挨拶に来てしまう。玄関に入った美佐子と典和は、警察官の嗅覚でいろいろと探り始めたため、華は気が気でない。幸い、ダミーの家に尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)たちの姿がなかったため、華は胸を撫で下ろす。ところが、尊たちが秘密の通路からやって来てしまった。

図らずも両家の親たちの顔合わせになってしまい、華は和馬たちの職業を尊たちにバレないようにしようと必死。尊たちは泥棒とは言わないが、おかしな職業を作り上げているので、やはりハラハラしっぱなしの華。後から現れたマツ(どんぐり)は、尊と一緒に公務員批判を繰り広げ始める。両家は睨み合いになってしまうが、意外なことで尊と典和が意気投合。別々の高校に在学していた時に、野球部で試合をしていたのだ。

とりあえずホッとする華だが、美佐子は典和とは違っていた。後日、華は美佐子から和馬とは別れて欲しいと言われてしまう。やはり和馬と別れた方が良いのかと華は悩む。そのころ、和馬はアポ電強盗事件を担当。一方、三雲家は、ある会社社長が所有する名画を盗む計画をしていた。

出典:https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/story/index.html