ドラマル

『ランチ合コン探偵』7話のネタバレ感想!元NMB太田夢莉が登場!ニューヨークもゲスト出演

2020年2月20日に放送されたドラマ『ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、亀田の家で出会った本間から、亀の命が狙われていることを打ち明けられる!
亀のピースは、介護士の本間が老人ホームで担当した紘子という女性のペットで…。

関連記事

『ランチ合コン探偵』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ランチ合コン探偵』7話のあらすじネタバレ

天野ゆいか(山本美月)と阿久津麗子(トリンドル玲奈)に、亀田広(木村祐一)が家で一緒に食事がしたいと誘います。二人の噂を聞いて、紹介したい知人がいると言い、ゆいかは、「合コンですね」と乗り気で話が進みます。イケメンの独身と言うと、小島和子(池谷のぶえ)はそわそわしだします。

仕事帰りに、麗子が、ゆいかを岡徹平(竹財輝之助)の店で飲まないかと誘います。ゆいかは、病院に行かないといけないと言って断わります。病院まで麗子と一緒に行きます。そこでゆいかの担当医の白石律子(知念里奈)を麗子に紹介します。

合コン当日、ゆいかと麗子が亀田の家を訪れると、小島が出てきました。小島だけではなく、吉川颯太(金井浩人)もいました。
ゆいかと麗子が中に入ろうとした時、誰かが物陰で見ているのにゆいかは気づきますが、そのまま中に入ります。
亀田が鍋を用意してくれていました。そして、亀田の知人の本間賢一郎(鈴木勝大)を紹介されます。麗子が本間に近づこうとすると小島が割って入ってきて本間の隣をキープします。麗子は少し引き気味に小島を見ます。
ゆいかが本間に仕事は何をしているのかを聞くと、介護士をしていたけど、辞めたと言います。亀田が辞めたのは、命を狙われているのと関係があるのかと聞きます。命を狙われていると聞いて、みんな一瞬びっくりします。
なぜ辞めたのかを聞くと、膝を痛めたからと言います。仕事を辞めたのは、命を狙われているからではないと言います。
ゆいかは、今回の合コンは何か相談ごとがあるのではないかと推測していたと言います。その相談事が、命を狙われている事なのかと聞きます。亀田は「よくわかったなー」と言います。少し前から本間に相談されていたと言います。
本間が、命を狙われているのは、自分ではなく亀のピースだと言います。
事の発端は、本間が介護をしていた紘子のペットで、紘子は、自分に何かあったら3000万円の遺産をあげるからピースの世話をしてほしいと頼みます。そして、遺産を相続するという遺言を残し、この世を去ります。

紘子の子供である、仁士、澄香、清子は、本間が遺産を相続することが許せず、ありとあらゆる手で遺産放棄をするよう言いに来ます。本間はその都度追い返し、断わり続きていました。
ある日、3人を追い出した後、ピースのいる部屋へ行くと、チーズが水槽の中に入っているのを見つけます。亀にチーズは死に至るほど危険な食べ物だと言います。
ピースが死んだら、遺産が相続できなくなります。3人の中の誰かがいれたに違いないと話します。慌てて外を見に行ったが、そこには誰もいなかったと言います。
探し回っている時に妹が帰ってきたと話します。話を聞いていたゆいかは、事件を推理するために裁判所(妄想)に移動し、3人の行動を詳しく聞きます。

その頃、外では、神出鬼没の男・鈴木龍之介(坂口涼太郎)が壁に耳を聴診器を当て、盗み聞きしていました。
あまりにも不審なので、周りに人が集まり、写メを撮られまくっていました。

小島が「全部わかった」と言って、推理します。それを聞いて鈴木は、自分が行って推理したいと思い、家に入ろうとします。
その時、門には鍵がかかっており、よじ登ろうとした時に、警察(ニューヨーク)に捕まり、連行されます。

小島の推理は見事に却下され、隣の部屋に連れて行かれます。
3人の行動や言動を詳しく聞きながら、ゆいかは考えます。小島が飲み物をこぼした時、立ち上がった本間を見て頭の中で一連の出来事を整理します。
そして、「全ての構図が見えました」と言います。

「ピースにチーズを入れられたのは、本間が3人を追い返して、居間に戻って片付けて、本間が2階に上がるまでの間の10分」と話し始めます。
「3人が外に出て、隙を見てもう一度入り、2階に上がり、水槽にチーズを入れるのは不可能、では誰がいれたのか。玄関は、本間が鍵をかけている、玄関からは入れない、ではどこから入ったのか。裏口から入れて、2階に上がれる人物です」と言います。それが出来るのは、3人ではなく家族の誰かだと言います。
本間の母親は仕事で帰りが遅かったと言います。そして、「まさか」と言って妹が浮上します。ゆいかはそうだと言います。本間と子供たち3人が言い争っている時に帰ってきて、裏口から入り、自分の部屋へ行こうとした、と話します。そこで争いの現況であるピースの部屋に目が入り、お弁当で残したチーズを入れたと言います。
その時、亀田が外を見に行きます。そこには本間の妹が立っていました。ゆいかが言ったとおりだと亀田は驚きました。

ゆいかは、家に入る時に、物陰に隠れている女子高生を見かけたと言います。亀田が本間の妹も呼ぶと言っていたので妹だろうと思ったと話します。しかし、何か入るに入れないきまずい雰囲気があったので何かあると思っていたと話します。

本間が妹を責めようとしますが、ゆいかは、妹は、殺そうとしてやったのではないと言います。突発的に、軽い気持ちで、自分の嫌いなチーズを入れただけで、死ぬなんて思っていなかったのではと言います。

妹は、仕事を辞めた兄に対して反感を持っていました。
お金が入ったから仕事を辞めたのだと。
本間は、ただ人の役に立ちたかっただけなのに貧乏だからとバカにされたと話します。ばからしくなって介護の仕事を辞めて、お金は全部使ってやろうと思ったと話します。お金があれば母も妹もみんな苦労しなくてすむと思ったと話します。しかし、妹はお金がなくても家族3人幸せだと話します。お金が入って兄が変わったのが嫌だったと言います。
その後、本間は遺産は全部返し、ピースの世話は続けるという話を聞きます。

ゆいかと麗子は岡の店で飲みながら話をしています。
麗子が次の合コンの話しをします。岡は、「麗子さんのいいところがわかる人がきっといるよ」と言います。ゆいかは岡に、「これでいいのですか?私から見ても麗子さんはとても鈍感だと思います」と言います。岡は、元カレと別れてぽっかり空いた穴につけこむのは違うと思うと言って、当分は今のままでいいと言います。

麗子はゆいかに置いていかれたのか一人で帰ります。
その時、鈴木と白石が言い争っているのを見てしまいます。しかし、二人が何を言っているのかはさっぱり理解できていない様子でした。

一方、桜井健斗(瀬戸利樹)は昔の友人に電話して幼い頃に出会った女の子の事を聞きます。すっかり忘れていた友人、神隠しの事を思い出したと話します。
当時、一時期有名になって親たちが言っていたと話します。

鶴岡志乃(手塚理美)が隠しカメラの映像で桜井が会長室で何やら探っていたところを見ています。そして、誰かに電話をし、探りを入れているものがいるからと伝えます。

スポンサーリンク

『ランチ合コン探偵』7話のネタバレ感想

40代女性

ちゃんりー

今回もことごとく予想外でした。遺産相続争いの話しだったので子供たちの3人のだれかだと想っていました。全然関係のない妹がやっていたとは。べつに殺そうとしたわけではなく、軽い気持ちでやった事が大事になってしまったというやった妹が一番びっくりしたんだろうなと思いました。

ゆいかの周りで怪しい行動を起こす者達の繋がりがだんだんと見えてきたように思います。会長は何かゆいかの過去を知っているのは確かです。会長に鈴木と白石が雇われているようにも見えます。どんどんゆいかの謎は深まります。桜井の友人が言っていた神隠しも気になります。

元NMB太田夢莉が登場!ニューヨークもゲスト出演

元NMB・太田夢莉さんの登場でネットが湧きました。
まさかの犯人役ということにファンから歓喜の声も!
「演技がよくなった」「言い合うシーンも迫力あった」「ちょっと見ない間にすごく上手くなってた」と、演技力の成長に"よかった!"と感激するファンが多かったです。
私的には、電柱からひょっこりのシーンが良かったですね。

また、お笑いコンビ『ニューヨーク』のお二人が警察役でゲスト出演し、不審者・鈴木龍之介を連行。
通報者であろう一般人たちのカメラを連射する様子が面白いシーンでしたね。

『ランチ合コン探偵』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ゆいか(山本美月)が通う心療内科の医師・律子(知念里奈)と、合コン場所に必ず現れる謎の男・龍之介(坂口涼太郎)につながりがあると知った麗子(トリンドル玲奈)。ゆいかが心配でならない麗子は、桜井(瀬戸利樹)に相談する。桜井は麗子から、志乃(手塚理美)も関係していると聞き、心当たりを調べることを約束。麗子は、合コンをして龍之介をおびき出そうと考える。

ゆいかと麗子は、とあるイタリアンレストランでランチ合コンをする。今回の相手は、食品会社に勤める谷川と松尾。2人とも感じの良い男性だが、麗子は合コンモードを封印して龍之介がいつ現れるかと待ち構える。
谷川は、会社で起こる“七不思議”の話を始める。谷川たちの会社のビルで毎晩、誰も乗っていないエレベーターが最上階まで上がって停止しているのだという。最上階には屋上に出る扉があり、その扉は開け放たれた状態になっていた。ゆいかはこの謎に興味を持ち、詳しく事情を聞く。

約1ヵ月半前、谷川たちの会社の営業部員・武田が会社の屋上から飛び降り自殺した。武田は上司の営業本部長・北條からパワハラを受け、精神的に追い詰められた末の自殺と見られた。武田の死後、北條は役員に昇進。北條の昇進が決まった翌日から、エレベーターがおかしな動きを始めた。しかも、エレベーターが最上階で停止し、屋上への扉が開け放たれているという状況は、武田が自殺した時とまったく同じだった。社員の間では、北條を恨む武田が幽霊となってエレベーターを動かしているのではないかと言われていた。

ゆいかが推理を深めるうち、ランチはデザートへ。しかし、龍之介は一向に現れない。罠を張っていたつもりの麗子は、あせり始め…。
エレベーターを動かしているのは、本当に武田の幽霊なのか? 武田の自殺の真相とは!? そして、ゆいかの過去をめぐる秘密は、龍之介から明らかにされるのか!?

出典:https://www.ytv.co.jp/lunchtantei/story/