ドラマル

『ランチ合コン探偵』5話のネタバレ感想!トリンドル玲奈が好評!男運がない阿久津麗子がはまり役

2020年2月6日に放送されたドラマ『ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、麗子が友人の結婚式で知り合った原と、稲生とランチ合コンすることに!
合コンの途中、ゆいかは稲生が双子の弟・直也から、妻が姿を消したという連絡を受けると…。

関連記事

『ランチ合コン探偵』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『ランチ合コン探偵』5話のあらすじネタバレ

稲生直也(きづき)が仕事から家に帰ると、妻の夏美の姿は見当たりません。探していると、謎のメッセージだけが残されていました。

大仏ホームの経理部では、亀田広(木村祐一)がベイリー彗星が今夜見れると話しています。そこへ、大仏ホームの会長である志乃(手塚理美)が社内を見回っているという報告を受け、経理の人達はみんな慌てて机を片付け出します。
会長は仕事に対してとても厳しいと言って怖がります。
亀田が、会長が来たらガツンと言ってやる!と大口を叩いているところへ、会長が現れます。
亀田はさっきまでの勢いが急になくなり、言っていることが全然違う態度で下手に出ます。
会長は社員の顔をさらっと見て、去って行きます。
会長がいなくなってから、亀田を社員達は冷ややかに見ます。

化粧室にて、阿久津麗子(トリンドル玲奈)と、天野ゆいか(山本美月)が次の合コンについて話しています。
今回は、結婚式の2次回で知り合った原貴俊(佐伯大地)が相手だと話します。場所はドイツ料理のお店で、暗号のメニューがたくさんあります。

原は、同僚の稲生正也(きづき)と一緒に来ます。
メニューを見ているとゆいかがクスッと笑い出します。メニューに暗号が載っているのに気づき、暗号の謎を解きます。
原も暗号を解こうとメニューとにらめっこをします。「831」と書いて「やさい」と読むのだとわかり、原は喜びます。
その時、正也の携帯に弟の直也からメールが入ります。夏美から連絡が来ていないかと。

料理が来て、暗号の答え合わせをしつつ楽しく食べていました。
合コンを誘ったのは、正也が片思いしていた彼女に失恋したからだと原は言います。猫カフェで働いている彼女が電話で、「うちの子は保母さんに預けて行くから」と話しているのを聞き、既婚者で子供がいると察し、ショックを受けていると話します。
そこで、メールをよくくれていた麗子を紹介して元気をだしてもらおうと企画したと話します。
そして、原は既婚者だと話します。ショックを受ける麗子。さっさと帰ろうとするのですが、正也が電話で声を荒げるのを聞きます。

戻ってきた正也に原と麗子、ゆいかが何があったのか聞きます。
正也は、双子の弟の直也の奥さんの夏美が突然消えたと話します。謎の暗号「帝王は地球に優しい」を残していなくなったと話すと、ゆいかのテンションが上がり、失踪した経緯を詳しく聞きます。

出会いも運命的でしたが、つき合って2ヶ月後に夏美の方からプロポーズをしていると言います。プロポーズの場所が合コンをしているドイツのお店でした。
暗号のメニューを気に入り、プロポーズも暗号で伝えた夏美。

ゆいかは謎を解き始めます。
デザートを進められた時、メニューを見たゆいかは、「全ての構図が見えました」と言います。暗号のメニューを気に入っていた夏美。野菜を「831」と書いているメニュー。「帝王は地球に優しい」も同じ要領で考えたら解けると言います。
全てひらがなに置き換えると言います。「ていおうはちきゅうにやさしい」。
次に、区切ると言います。「てい、おう、はち、きゅう、に、や、さ、し、い」。
次に、「ていはT、おうは、O、後は数字に置き換えると言います。「8、9、2、8、3、4、1」合わせると、「TO8928341」になると言います。これはパスポートの数字だと言います。

夏美は結婚しているので、名字が変わっています。
趣味は海外旅行、しかし、名字がかわっているのでパスポートを新しく作り直さなければなりません。3週間前に結婚したのなら、ちょうどパスポート申請を出して、出来上がる時期だと話します。
新しいパスポートの番号を覚えるために語呂合わせでメモを残したのではないかと話します。

夏美は今はどこにいるのかという疑問に、ゆいかは飛行機の中だと答えます。天体観測が趣味の二人は、新婚旅行に台湾を選択したのではと推理します。
今夜はベイリー彗星が見える日、直也が仕事で行けなくなったので、夏美は一人でも見に行こうとしたと言います。

その時、正也にメールが入ります。
夏美から連絡があったと直也からのメールでした。
台湾に来ていて、ベイリー彗星を見てくると連絡が入ったと、これから自分も台湾に行ってくるという内容でした。

正也は夏美が直也を見捨てたんじゃないとわかりとても安心します。ゆいかは、なぜそんなことを思うのかと聞きます。正也も直也も外見に自信がなく、自分なんて相手にされないとコンプレックスを持っていることを話します。
ゆいかは、男性は外見ではなく、中身だと言います。そして、原が言っていたように、誠実で優しくて、仕事がしっかり出来る、それでいいのではないかと言います。
弟の直也もまた同じなのではと。出会った時に運命を感じたのは、夏美の方かもしれないと言います。

そして、正也に対して、「あなたもそそっかしいですよね」と言います。
正也も笑いながらそうだと言いますが、ゆいかは違う意味でのそそっかしいと言ったと言います。
猫カフェの片思いの女性、家で猫を飼っているのでは聞きます。正也は女性から、前の猫カフェが潰れて、行く宛の無くなった猫を引き取ったと聞いていると話します。
ゆいかは、猫や犬を飼っていても、うちの子と言うのも珍しくないので、子供がいるのではないと言います。
しかし、正也は、保母さんと聞いたと言います。それも、保母さん、または保浦さん、という名字であると言います。
麗子が、「職業だったら保育士さんて言うもんね!」と言います。なので、猫を保母さんという人に預けるという意味で、既婚者でも子持ちでもないということになると言います。
正也は、それは全てゆいかの推理で、証拠は何もないと言って、認めようとしません。ゆいかは、正也に「あなたに必要なのは、証拠ではなく、勇気です」と言います。そこで麗子のアラームが鳴り、合コン終了となるのでした。

帰り道、麗子は思い切ってゆいかに記憶を失っているという話は本当なのかと聞きます。ゆいかは本当だと言います。
麗子は、ゆいかの力になりたいと言いますが、ゆいかは麗子には出来ないと言います。
そして、麗子には関係のないことだと言い、一人で帰ります。麗子は、力になりたいのに、とゆいかに拒絶されたことを寂しく思います。

一方、桜井健斗(瀬戸利樹)が志乃にゆいかについて聞きます。
志乃は、ゆいかは生命の恩人だと、山登りをした時に素手で熊と闘ったのだと言ってはぐらかし、このことは誰にも話さないようにと言って、桜井を部屋から追い出します。

神出鬼没の男・鈴木龍之介(坂口涼太郎)とゆいかの担当医師・白石律子(知念里奈)が背中合わせで話をしています。
鈴木が、黒いアタッシュケースを白石に渡し、白石が中を開けると、ゆいかの行動報告書と書かれた書類が入っていました。
白石はUSBをアタッシュケースに入れ、鈴木に戻します。

『ランチ合コン探偵』5話のネタバレ感想

40代女性

ちゃんりー

5話は暗号という事でとても面白かったです。
暗号文字を置き換えることで、パスポートの番号になるとは。数字に直しても何の数字か検討もつきませんでした。

ゆいかはやっぱり自分のことをあまり人に話したくないのかな?
麗子に記憶がないことを聞かれた時も、少し顔色が曇ったように見えました。
そして、力になりたいという麗子を、麗子には関係ないと突き放すところは、なんだか壁を作っている感じがしました。その領域には入らせたくないというような、誰も入ってほしくないようでした。

桜井もなぜゆいかの事をしつこく嗅ぎ回っているのか、会長の志乃にまで直接聞き出そうとして、何を知りたいのだろうか。志乃は何かを知っているような感じがしました。
血縁?それとも親戚か、何か裏がありそうな感じです。

驚いたのは、最後に出てきた鈴木と白石。二人はグルなのかとびっくりしました。ゆいかの記憶がない過去と関連があるのか、どんどん謎に包まれていきます。

トリンドル玲奈が好評!男運がない阿久津麗子がはまり役

可愛いのに何故か男運がない阿久津麗子が、トリンドル玲奈さんにはまっていて面白い!
特に今回、原が既婚者だと分かった上に稲生をあてがわれ、即帰ろうとするところや、ウザキャラ鈴木龍之介(坂口涼太郎)にキレるシーンが面白かったですね。

「ベートベンが…」とか、「イケメンが…」とか言われて、振り向いてしまうところが、もはやトリンドル玲奈さんっぽいと思ってしまうほど、阿久津麗子という役がはまってきた気がします。

何はともあれ、山本美月さんとトリンドル玲奈さんとの合コンに、既婚者やら、恋煩い中の男が相手とか、ツッコミたくなる設定も面白いです。
後半に入り、ゆいかの謎解明も進み完結に向かいそうですが。美女2人とのランチ合コンという設定はそのままで、シリーズ化して欲しいですね。

『ランチ合コン探偵』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

ある日の仕事中、ゆいか(山本美月)は麗子(トリンドル玲奈)の視線を感じ、彼女に話しかける。しかし麗子は、よそよそしい態度をとる。ゆいかに過去の記憶がないことを知った麗子は、心配して力になろうとしたにもかかわらず、ゆいかから拒絶されてしまった。そのことが麗子のわだかまりになっていた。
そんな中、麗子は桜井(瀬戸利樹)から、食事をしようと声を掛けられる。桜井は、ゆいかも誘ってほしいと言い、ゆいかと近付くことが彼の目的のようだった。しかし麗子は、ゆいかへの複雑な思いから、桜井の頼みを素直に聞き入れられない。麗子と桜井の会話を聞いていたゆいかは、知り合いの男性と食事をする予定があるので4人でランチ合コンをしようと麗子に提案する。

ランチ合コン当日。ゆいかたちは、デリで総菜を買ってレンタルスペースに集まり、インドアピクニック形式でランチをすることに。麗子は、ゆいかに親しい男性がいるとは思ってもいなかった。一方、桜井も、予想外の展開に戸惑うばかり。
ゆいかが連れてきたのは、予備校の数学講師・勝俣(白石隼也)。図書館で数学の本を探していたゆいかに、偶然居合わせた勝俣が本を差し出した。そんな出会いをきっかけに、ゆいかと勝俣は意気投合。勝俣は、ゆいかと負けず劣らず、徹底して理詰めの人間だった。
難解な数学の話をするゆいかと勝俣に、麗子と桜井は付いていけない。ゆいかと勝俣が付き合うと面倒なことになると考えた麗子は、ゆいかと桜井を結び付けようと策を練る。

勝俣は、通勤中に通りかかるアパートで不思議なことが起こっているという話を始める。そのアパートの一室の窓には、毎日違う動物のぬいぐるみが置かれていた。ぬいぐるみは6種類で、どのような法則に基づいて替えられているのか、勝俣にもまったく法則が分からない。
ぬいぐるみの謎に興味を持ったゆいかは、謎解きモードに突入。この奇妙な出来事について、ゆいかの推理は思いがけない方向へと進んでいく…。

出典:https://www.ytv.co.jp/lunchtantei/story/