ドラマル

2019年12月13日

ドラマ『伝説のお母さん』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『伝説のお母さん』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

前田敦子さん主演の連続ドラマ『伝説のお母さん』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※『伝説のお母さん』全話ネタバレ完了済み(2020年3月22日)。

見逃し配信をチェック

当記事には、『伝説のお母さん』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「U-NEXT」で第1話から最終回までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『伝説のお母さん』の基本情報

概要(見どころ)

『伝説のお母さん』は、かねもと氏の漫画が原作のファンタジー系社会風刺ドラマです。

元・伝説の魔法使いのメイ(前田敦子)が、第一子を出産して専業主婦になり平穏な日々を送っていたところに、魔王が復活したという知らせが届きます。
待機児童をかかえながら、魔王を倒す旅に出られるのでしょうか?
ドラマ『伝説のお母さん』は、数々の困難を乗り越えて、育児と世界平和の両立を目指す壮大な現代社会問題ファンタジーです。

キャスト一覧

  • メイ:前田敦子
    28歳、伝説の魔法使い、現在はワンオペ家事育児と戦う毎日
  • モブ:玉置玲央
    30歳、メイの夫、平民
  • カトウ:井之脇海
    25歳、国王に仕える若き士官
  • マサムネ:大東駿介
    30歳、伝説の勇者、イクメン、モブとは実は悪友同士
  • ベラ:MEGUMI
    38歳、伝説のシーフ(盗賊)、ひとりで8歳の息子ベルを育てる
  • ポコ:片山友希
    26歳、伝説の戦士、お酒好き
  • クウカイ:前原瑞樹
    23歳、新たにパーティに加わった僧侶
  • 国王:大倉孝二
    メイたちの国を統治する王さま、自国にラグビー世界大会を招致するのが夢
  • さっちゃん(さつき):岡部明花俐、岡部光花俐
    0歳、メイとモブの娘
  • 魔王:大地真央
    魔界を支配する王
  • 側近:村上新悟
    長年魔王に仕える右腕
  • 魔界のおにいさん、おねえさん:小林よしひさ、上原りさ
    体操とうたが得意な魔界のタレント
  • アキラ:大塚明夫
    クウカイの父
  • アツコ:仙道敦子
    クウカイの母
  • メルル:林田岬優
    25歳、メイの後輩魔法使い
  • マサムネの妻:松岡恵望子
  • タカギ:杉浦太陽
    勇者派遣会社スクエニーから派遣された新しい勇者、保育士の資格を持つ

スタッフ一覧

  • 原作:伝説のお母さん
    作者:かねもと
    出版社:KADOKAWA
  • 脚本:玉田真也、大池容子
  • 音楽:宮崎誠
  • CG制作:大月壮
  • 主題歌:-
  • プロデューサー:上田明子
  • 演出:村橋直樹、佃尚能、二見大輔、田中健二
  • 制作統括:松川博敬、篠原圭、岡本伸三

各話の視聴率

『伝説のお母さん』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※『伝説のお母さん』は、ビデオリサーチによる視聴率の発表がないため、SNS(Twitterつぶやき数など)の反響をもとに、視聴熱を5段階(★)で発表します。

各話放送日視聴率
1話2月1日★★★★
2話2月8日★★★
3話2月15日★★★
4話2月22日★★★
5話2月29日★★★
6話3月7日★★★
7話3月14日★★★
8話・最終回3月21日★★★

スポンサーリンク

『伝説のお母さん』の最終回ネタバレ(予想)

闇の支配者魔王を倒した「伝説の勇者一行」の一員であった元・伝説の魔法使いメイ(前田敦子)は、第一子を出産して専業主婦になり平穏な日々を送っていました。
ワンオペ育児に追われ忙しくしていたところに魔王復活の知らせが届きます。国王は伝説の一行に魔王討伐の命を下しました。

かつての仲間たちが集まります。勇者・拳闘士・シーフ・神官、皆それぞれが未婚・既婚・子どもあり・なし…とそれぞれの道を歩んでいました。特に独身男性の神官には子持ち専業主婦の理解を得られず対立してしまいます。

そんな中、なんと勇者が魔王側に寝返ったという噂を耳にします。
完全週休二日・残業ゼロ・時短勤務による給与カットなし・産休育休延長可(男性社員可)・有休消化率100%という魔王側の手厚い好待遇に勇者は屈してしまったようです。
残されたメイたちは魔王討伐のために立ち上がります。しかし、以前のように身軽に旅に出ることはできません。なぜなら愛する我が子がいるからです。あいにく保育所には空きがなく、待機児童を抱えながら魔王討伐の旅に出ることになります。

メイたちは試しに子連れで一泊二日の旅にでることになりました。まだ何もしていないのに子どものお世話と夜泣きでどんどん体力は削られていき、まともに戦えません。

専業主夫にされてしまったメイの夫は慣れない家事・育児で疲弊していき、それを見るメイも気が気じゃなく、仕事復帰したにもかかわらず時短勤務ですぐ帰ってしまいます。
勝手な勤務時間にパーティーからも不満の声があがりますが、そこは伝説の魔法使いなのできっちり魔物を倒してから帰るのでぐうの音も出ません。

外で魔物と戦う一方、家では子育てのことで夫と対立し家庭危機と戦っていました。耐えきれなくなったメイは子どもを連れて家を飛び出してしまいます。
そんな中、魔王がメイたちの住む城下まで攻め込んできたとの一報を受けます。子どもを抱いたままでは戦えないので逃げるように言われますが、メイは子育ては一人でしているのではないと気づきます。夫に子どもを託して、魔王と戦っている仲間のもとへ急ぎます。

殲滅寸前のパーティーを子育てで強くなった魔法使いが救います。魔法使いたちや王国軍の抗戦により、なんとか魔王軍を撤退させることができました。家に帰ったメイは夫と和解します。

数か月後、メイたちはまた旅立つことになりました。世界平和のため、伝説のお母さんは戦い続けます(完)。

以上の原作ストーリーを踏襲した流れで、ドラマでも最終回を迎えると予想します。

『伝説のお母さん』各話のあらすじ

2020年2月1日からNHK総合にて放送開始された前田敦子さん主演の連続ドラマ『伝説のお母さん』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

1話の見どころは、女性の復職と保活の実情です。

魔王(大地真央)が復活、かつての伝説のパーティーに魔王討伐の命が再び下ります。
ところが、パーティーの1人、伝説の魔法使い・メイ(前田敦子)は、8ヵ月のさっちゃん(岡部明花俐/光花俐)のお母さんだったのです。

関連記事

『伝説のお母さん』1話のネタバレ感想!魔王よりモブの討伐が先?モブのダメ夫ぶりが半端ない!

2話のあらすじネタバレ

2話の見どころは、子連れ討伐の問題点です。

突如、魔物・てつのかめんが現れ、伝説の勇者・マサムネ(大東駿介)が攻撃。
しかし、さっちゃん(岡部明花俐/光花俐)がギャン泣き、一行は撤退を余儀なくされるのでした。

関連記事

『伝説のお母さん』2話のネタバレ感想!ドラクエ感が堪らない!戦闘シーンが緩くて笑える

3話のあらすじネタバレ

3話の見どころは、マミートラックで伝説のシーフ・ベラ(MEGUMI)に大ピンチです。

伝説の勇者・マサムネ(大東駿介)は裏切り、ベラは仕事、魔王討伐は一時中断になります。
ベラは勤める盗賊会社の新規プロジェクトで、リーダーを任されたのです。
ところが、ベラは子育てが原因でマミートラックに遭います。

関連記事

『伝説のお母さん』3話のネタバレ感想!ベル君の育て方で賛否!メイは理想のお母さん像に縛られてる?

4話のあらすじネタバレ

4話の見どころは、子どもを持たない選択です。

伝説の戦士・ポコ(片山友希)と僧侶・クウカイ(前原瑞樹)の結婚が決まります。
キャリアを無駄にしたくないポコは、子どもは要らないと考えていました。
ところが、クウカイは代々受け継ぐ一子相伝の魔法を次の世代に残す必要があったのです。

関連記事

『伝説のお母さん』4話のネタバレ感想!魔界は理想郷!大地真央の時点で魔王が善で国王が悪では?

5話のあらすじネタバレ

5話の見どころは、メイ(前田敦子)の苦悩です。

国王(大倉孝二)は魔法使い・メルル(林田岬優)を中心にパーティーの新設を決定、伝説のパーティーは、みんな外されてしまいます。
メイは専業主婦に戻れると安堵しつつも、手放しには喜べずにいました。

関連記事

『伝説のお母さん』5話のネタバレ感想!魔王とイケボな側近・村上新悟のやり取りが面白い!

6話のあらすじネタバレ

6話の見どころは、伝説の魔法使い・メイ(前田敦子)とモブ(玉置玲央)に離婚危機です。

『魔王討伐パーティー選抜トーナメント』で対戦することになったメイとモブ、何故か対戦は互いに罵り合う夫婦喧嘩になります。
夫婦喧嘩を嘲笑う国王(大倉孝二)、モブの職を奪い就活を妨害したことを、国軍士官・カトウ(井之脇海)が暴露します。
真実を知り、モブは会場を飛び出したっきり帰って来なくなったのです。

関連記事

『伝説のお母さん』6話のネタバレ感想!モブに共感・同情する人はゼロ?メイが魔王なら良かった?

7話のあらすじネタバレ

7話の見どころは、魔王(大地真央)の正論です。

国王(大倉孝二)が魔王(大地真央)の会談要求に応じ、酒場で国王と魔王が相見えます。
国王の発言に、魔王は人間界の国民を憂い正論で畳みかけます。

関連記事

『伝説のお母さん』7話のネタバレ感想!大地魔王の言葉に激しく共感!封印すべきは国王?

8話(最終回)のあらすじネタバレ

8話の見どころは、お母さんは強しです。

伝説の魔法使い・メイ(前田敦子)をパーティーから外し魔王討伐に出たパーティーは、罠に嵌り敗れ、そして魔王軍が城下を進軍します。
そんな中、メイは夫のモブ(玉置玲央)が書いたさっちゃん(岡部明花俐/光花俐)の育児日記を見つけます。

関連記事

『伝説のお母さん』8話(最終回)のネタバレ感想!モブを仲間にし10年前のきろくを上書きセーブ!