ドラマル

『伝説のお母さん』3話のネタバレ感想!ベル君の育て方で賛否!メイは理想のお母さん像に縛られてる?

2020年2月15日に放送されたドラマ『伝説のお母さん』3話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

3話では、、シーフのベラが一時パーティから抜け、盗賊会社の仕事に戻ることに!
メイは、ベラが仕事に集中できるよう息子のベルを預かるが…。

関連記事

ドラマ『伝説のお母さん』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『伝説のお母さん』3話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『伝説のお母さん』3話のあらすじネタバレ

伝説の勇者・マサムネ(大東駿介)を死なせてしまい、子連れの魔王討伐に限界を感じ伝説の魔法使い・メイ(前田敦子)が辞めると言い出します。

国軍士官・カトウ(井之脇海)はメイを伴い、子育て問題の解決を国王(大倉孝二)に直訴。
ところが、マサムネの裏切りを指摘され何も言えなくなります。
挙句の果てが、魔王討伐後にはラグビー世界大会を承知、そのマスコットキャラクターに伝説のパーティーが決まっており、早期の魔王討伐を命じられる始末。

やむを得ずメイはパーティーを集めることにしましたが、実は伝説のシーフ・ベラ(MEGUMI)までパーティーを抜けると言いだしていたのでした。

幸いなことにベラは一時的なパーティーの離脱、企画が通り新規プロジェクトを任されたのです。
カトウと共にベラの説得に来たメイは一安心、ところがプロジェクト期間中、ベラの息子・ベルをメイが預かる羽目になります。

ベラの勤める会社は盗賊会社、ベラは城下町の外れにある王墓盗掘を企画、リーダーに選ばれたのです。
しかし、魔王が復活した影響で王墓に魔物が現れプロジェクトの進行が遅れていました。

酒場に勤めるポコ(片山友希)に愚痴を聞いてもらった後、夕飯の買い物を済ませメイは帰宅。
すると、部屋は綺麗に掃除され、夕飯にカレーまで作ってあったのです。
メイは夫のモブ(玉置玲央)がやったと思い喜びましたが、実はベルがひとりで全てやったことだったのです。
ベルは日頃からベラに代わり家事の一切をしており、得意だったのです。

ベルを不憫に思い遊びに連れて行こうと、メイは王墓に出向きベラに確認。
ベルに家事をさせていると聞き、同期のサカモトは女のくせに子供に家事をさせていると非難します。
その夜、子育ては母親がすべきとベラはリーダーを解任され、サカモトがリーダーに就任します。

魔王(大地真央)は人間をたぶらかし、社内でベラを追い詰めたと思い込み、側近(村上新悟)を褒め称えます。
しかし、側近は何もしていなかったのです。

マミートラック、キャリアを積んだ女性が子供を産むと出世コースを外され、責任ある仕事を任せられず単調な仕事を転々とさせられることがあります。
それを陸上競技のトラックになぞらえ、マミートラックと呼ばれていました。

原因は魔物ではなく、女が子供を育てるべきという空気でした。

ベラが酒場で愚痴をこぼしているとメイが執拗に連絡、目を離した隙にベルが行方不明になったのです。
ベラが駆けつけ、カトウとメイと共にベルを探しましたが見つかりません。

そんな中、ベラに会社からスマホに連絡、電話に出ようとするベラをメイは子供を優先するよう非難し口論になります。
カトウが割って入り電話に出ると、なんとベルは会社に居たのです。

ベルはメイと遊んでいる時、メイの使った魔法がベラの仕事に役立つと思いつき、会社に教えに行ったのでした。
その魔法は、メイがさっちゃん(岡部明花俐/光花俐)をあやすために開発した消える魔法。
メイの協力で魔物の妨害に遭わずに王墓を盗掘、プロジェクトは見事に成功します。

プロジェクトが終わればベラと一緒に居られると思っていたベルでしたが、ベラには魔王討伐がありました。
ベルはベラに心配させまいと気丈に振る舞い、ベラとベルはメイに感謝し帰って行きました。

ふたりを見送るメイは、ふたりにはふたりの関係性があると納得しつつも、ベルが可哀相という気持ちが拭い切れずにいました。

一難去ってまた一難、伝説の戦士・ポコ(片山友希)と僧侶・クウカイ(前原瑞樹)が結婚すると、カトウのスマホに連絡が来たのでした。

スポンサーリンク

『伝説のお母さん』3話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

メイの子育ての持論をベラに押し付けようとする言動が、不快で終始イライラしました。

魔王討伐がなければメイは、専業主婦でした。
そんなメイがベラを執拗に非難すると、専業主婦がシングルマザーという生き方を否定しているようにしか見えません。
マミートラックがテーマなのに、子供を預けてパーティーに復帰しようとしたメイが持論を押し付けてベラを否定するのは違うと思います。

各話のテーマに適したゲストキャラを用意するべきじゃないでしょうか。
ドラマと言ってしまえばそれまでですが、現在の立ち位置で何でもかんでもメイを絡めるのは無理があります。

ベル君の育て方で賛否!メイは理想のお母さん像に縛られてる?

メイの「かわいそう」という言葉には、凄く違和感があったのですが、同じように感じた方が多くいてほっとしました。

正解は、ベル君に聞くしかないのですが、ベル君の場合は、お母さんのために何かをしている自分に存在価値や楽しみを見いだしていそうなので、メイの「かわいそう」はお門違いだったような気がしますね。

3話は、「マミートラック=子供は女が見るという空気」という話がテーマでしたが、昨日の『コタキ兄弟と四苦八苦』の"主夫"が世間では認められないことを逆説として思い出しました。
「子供は女が見るという空気」と同じくらい「男は外で仕事をするという空気」をどうにかしないと、男女を縛り付ける空気を除去することはできなさそうですね。

『伝説のお母さん』4話のあらすじ

公式サイトが発表している『伝説のお母さん』4話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

メイ(前田敦子)たち伝説のパーティは、僧侶・クウカイ(前原瑞樹)と戦士・ポコ(片山友希)がまもなく結婚するというサプライズ発表に沸いていた。しかし「子どもはいらない」とポコが宣言したことで、ふたりの関係に暗雲が漂う。「結婚=出産」という常識に縛られ、戦士としてのキャリアを失いたくないというポコ。しかしクウカイは、代々一子相伝の魔法を継承してきた両親の期待に応えようとしていた。一方、魔界に寝返った勇者のマサムネ(大東駿介)はかつて戦った魔王(大地真央)と再び対面するが、そこで意外な事を告げられる。

出典:https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/densetsu/html_densetsu_story.html