ドラマル

『これは経費で落ちません!』10話(最終回)のネタバレ感想!お仕事ドラマとしても、恋愛ドラマとしても最高!

2019年9月27日に放送されたドラマ『これは経費で落ちません!』10話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

ついに最終回、部長たちと円城専務が対立、買収の行方はどうなる?
そんな中、森若さんは、マリナの過去の経理履歴から買収に関わる証拠をみつけ…。

関連記事

『これは経費で落ちません!』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『これは経費で落ちません!』10話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「U-NEXT」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

『これは経費で落ちません!』最終回のあらすじネタバレ

専務の円城格馬(橋本淳)によるスリム化計画で、各部門がアウトソーシングされる危険に晒(さら)されています。――総務部秘書課の有本マリナ(ベッキー)が副業で働く六本木のクラブには、総務の新島宗一郎(モロ師岡)、営業の吉村晃広(角田晃広)、経理の新発田英輝(吹越満)という三人の部長連が集結して、サンライフコスメ(天天のライバル会社)執行役員の土井謙介、そして、企業買収コンサルタントMMAマネージャーの上野と秘密会談です。天天コーポレーションの身売り計画が進められています。

そんな中、計画がバレたのか、営業の吉村晃広部長は、突如、沖縄支店の経理部長として異動になります。部長代理は、とりあえず鎌本義和(高橋洋)。そして、広報の皆瀬織子(片瀬那奈)は、広告塔の地位を剥奪されてショールームに異動。

森若沙名子(多部未華子)、佐々木真夕(伊藤沙莉)、麻吹美華(江口のりこ)が、六本木クラブでの秘密会談は何だったのかと新発田部長に詰め寄ります。――DNA石鹸の研究開発をしたい専務は、その資金捻出の為、経費削減したいわけです。経理部も対象になっているアウトソーシング計画もその一環なのです。で、どうしたらアウトソーシングを回避できるのか考えた部長たちが辿り着いたのが、新島総務部長の発案による買収(身売り)作戦。サンライフコスメに買収させて、そこで潤沢な開発資金を得ようという作戦でした。

専務は部長たちの提案を飲んで、買収にOKを出します。取締役会でも可決承認されます。あとは買収調査が入りますが、買収成立であれば、アウトソーシングは一旦ペンディング(保留)になります。
二週間後に予定されている調査の結果も気になりますが、それ以前に、マリナと土井が旧知である可能性があって、それに引っ掛かる沙名子。土井は酒が強い九州男児であり、そして、九州といえば、マリナが良く利用している「みかど旅館」。マリナの過去の経理処理履歴から、土井との関係が浮かび上がります。――今年に入ってからの、関連性がありそうな領収書(食事代)の裏書には、同席者として、里山リゾートホテルの河本康晴という氏名があります。

前話で怪しい動きをしていた開発課の鏡美月(韓英恵)でしたが、彼女は専務の婚約者でした。買収劇が進行する中、専務の部屋をノックする美月がいて、何か怪しい雰囲気でしたが、二人は学生時代以来、10年の付き合いが続いている婚約者。専務の仕事が忙しくなって、結婚式が延期になったと沙名子に告げます。
また、営業部企画課の中島希梨香(松井愛莉)も、来春に結婚予定とのこと。その日は開けておくよう希梨香に言われる太陽。

太陽、ショールームに行って、契約社員の室田千晶(真魚)に出張のお土産を届けます。その際、千晶のスマホ画像に先日の花火大会の花火が映し出されているのを見た太陽。それは、会社の屋上から撮影されたもので、ということは、データ流出した日曜日、会社に千晶がいたことになります。
千晶がデータ流出したことを太陽に告白します。太陽に伴われて経理部に入った千晶が沙名子に謝ります。マリナに、アカウントとパスワードを渡されていました。サンライフコスメの正社員にしてやると言われて、千晶は、売り上げデータを流出させました。それで株価が下がれば買収が容易になるわけで、あくまで買収の促進目的だったことになります。

即座に不正を暴こうと、太陽がマリナの所に向かおうとしますが、そのままマリナの所に行っても証拠不十分で逃げられます。そこで沙名子が一考を案じます。――新島部長と角田部長に挟まれたマリナの画像を添付したメールを、麻吹美華がマリナに送り付け、それを見たマリナが怒って経理部に来ます。誤送信だから中身を見ないで削除して欲しいとパソコンに付箋を貼っておいたのに、マリナはメールの中身を見た模様。

かなり怒っているマリナに、八ヶ月前の九州出張の件を持ち出す沙名子。隣に太陽がいます。――別院温泉組合の会合の後、慣例の宴会に参加せず、別の人物と食事。お相手は、里山リゾートホテルの河本康晴。が、里山リゾートホテルに河本という人物はいません。そのことは太陽が確認しています。河本というのは嘘で、実は、別院温泉組合に加入している「しおさいホテル」オーナー(謙三)の息子の土井との食事でした。そして、この土井とはサンライフコスメの執行役員の土井謙介と同一人物。

マリナがなかなか事実関係を認めようとしない中、そこに山崎柊一(桐山蓮)がやって来て、マリナの言う通りにすれば、サンライフコスメの研究開発部に入れてやると言っていた件はどうなっているのかと問います。その言葉が、それまでのマリナの嘘を的確に突きます。「でも、気を付けた方が良い。土井は信用できない男だ」と、山崎はマリナに言います。「マリナを利用しているだけ」という土井との会話内容をボイスメモしていた山崎が、それを皆の前で流します。

いずれにせよ、マリナのスパイ行為は会社に対する背任行為です。即刻、専務に報告しようということになりますが、マリナに一日の猶予を新発田部長が与えます。――マリナと土井との別荘での会話が真夕の前の電話機から流れます。音量を上げてスピーカーにすると、「ちょっと有給取って遊びに来ちゃった」とマリナの声。「所詮、苦労知らずのボンボン(専務)など、簡単に騙せる」と、土井。どうやら、専務が海外から持ち込んだDNAコスメ技術さえ手に入れたら、専務は失脚させるというのが土井の計画のようです。真夕が、流れて来る会話を録音します。――胸からスマホを取り出し、「はい、こちらから以上よ。聞いていたでしょ」とマリナ。マリナの逆スパイでした。

専務が、新島総務部長、新発田経理部長、倉田、太陽を集めて買収の取り止めを宣言。――そこに沙名子がやって来て、天天祭りの「予算資料」を専務に提出。売上予測、前年比350%を専務に示す沙名子。イイムラスミコのデザインになるノベルティグッズ売り上げ、仙台工場の藤見アイ発案のオーガニック石鹸の売り上げに期待しての数字です。

沙名子と入れ違いに山崎が専務の部屋に入って来ます。部長不在なので飛び越え報告になるという断りの後、インターエレメンツホテルのアメニティ(客室備品)契約が取れたので、専務からも挨拶の一言をと業務連絡。天天コーポレーションの昔ながらのレトロな感覚が海外でもウケて、それが決め手になった模様。山崎は営業部長に抜擢されます。

太陽は、香港に出発です。
会社の前で、営業部の皆に見送られる太陽。そこに沙名子が駆け付けて、「これは経費で落ちません」と一枚の領収書を太陽に突き返します。
皆に見送られ歩き始めた太陽が、一度振り返って、歩を止めます。胸の内ポケットに納めていた沙名子から突き返された領収書を取り出します。金額が書かれていないその領収書の裏に「待っててくださいね!/山田太陽」とあります。その下に青色の付箋が貼ってあって、「待ってます。/経理部、森若」と書かれています。
それを読み終えてから、太陽は再び歩を進めるのでした(完)。

『これは経費で落ちません!』最終回のネタバレ感想

50代男性

ゆの字

ライバル会社に買収を持ちかけるという身売りを画策した三人の部長がいて、そして、結局、それがそもそもの間違いという話なのですが、とりあえず、部長たちのダメダメぶりは特に追及されずに、サンライフコスメ執行役員の土井謙介がひとり悪者に仕立てられます。
秘書課の有本マリナは「逆スパイ」となって、最終的に、悪党一味と手を切ります。データ流失させたショールームの室田千晶ともども、秘書課の有本マリナに対する会社からのお咎めは無しなのでしょうかね。

結局、営業部長になった山崎柊一だけが、昇進。もしかすると、吉村営業部長を沖縄支店の経理部に追いやったのは山崎かも知れないなと思いました。そうでもないと、吉村部長が沖縄に飛ばされたタイミングなど、説明が付きませんよね。
専務に気に入られている田倉とか、太陽を出し抜く為、彼らより一回り頭の良い山崎が何らかの細工をしたのかも知れませんよね。

お仕事ドラマとしても、恋愛ドラマとしても最高!

お仕事ドラマとしても、恋愛ドラマとしても最高の作品でした。

今までドラマで注目されたことがなかった経理というお仕事を、これだけ魅力的に面白く描いた作品はなかったのではないでしょうか?

そして、主役の森若沙名子(多部未華子)と山田太陽(重岡大毅)の純粋な恋愛も、見ていて好感が持てるものでしたね。

仕事と恋愛のバランス感覚が非常に良かった!
最後、沙名子のことを尊重して一人で香港に旅立つ太陽、二人の関係性が絶妙でした。

まとめ

森若さんや太陽くんをはじめ、「天天コーポレーション」は、本当に素晴らしい人材が活躍する会社だな~っと感じました。
一人!有本マリナ(ベッキー)は微妙でしたが…
最後には天天のため(自分のため)、マリナらしい最後を飾りましたね。

『これは経費で落ちません!』は、ストーリーの面白さもありましたが、何といっても、主人公・森若沙名子を演じた多部未華子さんと、山田太陽を演じた重岡大毅さんのお二人がよかったのではないでしょうか?

いつも笑顔で天真爛漫の太陽は、重岡大毅さんにピッタリ!
そして、真面目・頑なだが愛らしい森若沙名子を、多部未華子さんが見事に演じました。

『これは経費で落ちません!』は、多部未華子さんの代表作といえる名作だったと思います。
続編がいけそうな展開ですので、是非、来年にでもシーズン2を放送してもらいたいですね。