ドラマル

『この男は人生最大の過ちです』10話(最終回)のネタバレ感想!ストーカー天城が気持ち悪すぎ!

2020年3月22日に放送されたドラマ『この男は人生最大の過ちです』10話(最終回)のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

遂に最終回、唯は天城が搬送された病院に急ぎ駆けつける!
後日、藍田に会った唯は、自分の本心を告げ、ある覚悟を胸にする…。

関連記事

ドラマ『この男は人生最大の過ちです』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『この男は人生最大の過ちです』10話(最終回)のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『この男は人生最大の過ちです』最終回のあらすじネタバレ

天城恭一(速水もこみち)が刺されて倒れたという報せを受けた佐藤唯(松井愛莉)は、急ぎ病院へ。
病室の前では秘書の名取蒼(入江甚儀)が、沈痛な面持ちで立っていました。

恐る恐る中へ入ると、天城の顔には白い布が…。
その布をそっと外す唯。
「何なんですか…なんでそんないつも勝手なんですか。私、もしかして社長のこと好きなのかな、って思ったりもして…このモヤモヤ、消し去ってくださいよ!社長、社長…」と泣きながらしきりに訴えかけました。
すると、ぱちりと目を開け「僕は死にません」と宣言する天城。
唯が呆気に取られていると、「佐藤さんのおかげで無傷でしたから」と胸ポケットから分厚い写真の束を取り出しました。それは大量の唯の隠し撮り写真でした。
呆れかえった唯は「気持ち悪い…犯罪ですよ。データ消してください!」と要求。
しかし「了承しかねます」と断固拒否する天城。この不毛なやり取りが何度も続き、うんざりした唯は「これ以上、ついていけません!」と言い捨て、病室を出て行ったのでした。

その後、唯は藍田航之郎(平岡祐太)のもとへ。
天城が倒れたことで自分の気持ちに気付けた唯は、藍田の気持ちには応えられないと、渡された指輪を返しました。
薄々こうなることは予期していた藍田は、それを受け取り、天城との仲がうまくいくようにと願います。しかし、天城とは一緒になるつもりがないという唯。
「社長といたらダメになっていく一方だし、社長の過去を一緒に背負うことはできないし…。これ以上、巻き込まれるのは正直無理。なんていうか疲れました…。それにやっぱり、気持ち悪いです」と語る唯でした。

一方その頃、天城のもとには三島冴(田中道子)が来ていました。
冴は、自分が捨てた男・ユウキ(笠松将)が凶行に及んでしまったことを謝罪。天城は冴のせいではないと、咎めませんでした。それに、人を愛するが故に自分を見失ってしまった彼の気持ちも分からなくはない、と。
そんな配慮を見せる天城に「変わったね」と返す冴。
「佐藤さんと出会ったことで生まれ変われたのかもしれません。もう一度、人と関わる喜びを知ることができました」と答える天城を、なんとなく眩しく感じる冴でした。

その後、送ってくれた藍田のもとへ戻った冴は、明るい表情で「わたしも藍ちゃんもフラれちゃったね」と言うと、これから捨ててしまった男たちにちゃんと謝罪し、天城を刺してしまったユウキともきちんと話をしようと決意。そして藍田と冴は、互いに新しい恋に進もうと誓い合ったのでした。

翌朝、出社すると唯のデスクが空に。
部長(政岡泰志)から「異動の辞令が出た」と告げられます。それと同時に唯の荷物を抱えた名取が現れ、唯を移動先に案内。
行きついた先は社長室でした。
社長机の真正面にくっつけられた唯の机。唯が愕然としていると、天城は「思い合ってる同士、そばにいたほうがいい」と説明し、病室で勝手に録音していた「私、もしかして社長のこと好きなのかなって…」を何度も何度も再生しました。
唯はそれを遮るように「嫌いです!」と断言。そして、このような状態で働くのは互いのためにならないからと退職を決意し、天城とももう二度と会わないと宣言しました。

翌日、名取が退職金としてアタッシュケースいっぱいの現金を自宅前まで持参。
唯は拒みますが、土下座までされてしまい、周囲の視線が痛くて、仕方なく受け取ることに。
唯は思いがけず手にしてしまった大金に躊躇いつつ、そういえば出会った当初も、天城はブラックカードを強引に手渡そうとしてきたな、などと思い出す唯。その他にも、天城との思い出が走馬灯のように脳内を駆け巡ります。
唯はそれを振り払おうと、もらった大金で、心機一転、世界一周旅行に出ることに。

世界中の最高の景色と、一人っきりの気楽な時間を満喫します。
ドバイのとあるホテルにて。
ベルボーイに通された部屋が、想像以上に豪華なことに違和感を感じ「間違ってないですか?」と問うも、間違いないという。そういうものか、ととりあえず納得し、部屋に入ってSNSをチェックする唯。
藍田のSNSには、ハーバードで再会したという冴と愛犬スヌープとのスリーショット写真がアップされていました。それを微笑ましく眺めながら、唯もこれまで撮ってきた写真をアップすることに。
写真を見直すと、唯の背後に、小さく見覚えのある人物が写っていました。その人物は、天城恭一。
これに気付いた唯は急に背筋が寒くなり、さらに悪寒が襲い掛かります。振り返ると、窓から逆さ吊りの天城の姿が…。
思わず悲鳴を上げてしまう唯。
天城はスマートにそこから部屋に入ると、これまでずっと唯の後を追っていたこと、泊まる部屋をこっそりグレードアップしていたことを明かしました。そして、海外旅行に出ることも想定内だったと語る天城。そのために規格外の退職金を出したという。まんまと天城の術中に嵌っていたことに、唯は唇と噛み締めます。
そんな唯に、指輪ケースに入れたカプセル薬を手渡しました。それは出会った日に約束した、唯の愛犬・ショコラの死因となってしまった病を治す薬。
「これで、もしまた大切な家族が同じ病気に遭っても、もう哀しむことはありません。だから僕も改めて佐藤さんの犬に…」と告白する天城を、唯は突き飛ばしました。そして、「いい加減にしてよ!」と凄む唯。しかし天城は、いつものごとく罵倒にはへこたれず、むしろ唯の足元にすり寄って恍惚の表情を浮かべます。
怖くなった唯は逃げ出しますが、「世界の果てまで追いかけますよ~」と迫ってくる天城。
「この男は、人生最大の過ちです!」と、おもわず天に向かって叫んでしまう唯でした。

スポンサーリンク

『この男は人生最大の過ちです』最終回のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

前回、神妙な流れだったので、最後は恋愛ドラマらしい思い合う二人のロマンスが描かれるのかと思いきや、最後の最後まで唯は天城を突っぱねてくれました!
そして、天城の気持ち悪さも健在!
やっぱりこのドラマはこうでなくっちゃ!と思わせてくれるゲラゲラ笑えるシーン満載の最終回でした。

海外旅行の写真に「ウォーリーを探せ」みたいな写り方をしている天城も、じわっと笑えました。中には心霊写真のようなものも…。
部屋の窓から逆さ吊りで登場する天城も、やっぱりホラーでした。さすがです、社長!
それでいて、なぜかスマートにカッコつけて登場するし。そのギャップがたまらない。

そして最後のドバイフレーム(超巨大な額縁)の空撮ショット!
ドバイまでロケ…では、さすがにないかな?でも違和感無く、最後のショットに繋がってて「おぉ~!」と声が。天城のとんでもないスケールを象徴しているかのようにも見えました。

このドラマ、最初から最後まで、気持ちよく笑わせてもらえました。
まだ正式には唯は天城の気持ちを受け入れてないようですし、まだまだ続編いけますね。期待してます!

ストーカー天城が気持ち悪すぎ!

最終回も最後まで気持ち悪い天城社長のままでいてくれましたね 笑。

刺されて助かった理由が、佐藤さんの写真の束だったり、病室が310(さとう)だったり、極めつけは唯の海外旅行中のストーカー行為。さすがに引く気持ち悪さでしたね。

まとめ

放送から数回のインパクトが強かったこともあり、段々と視聴者(私)も天城社長の気持ち悪さを受け入れ始めてしまったので、全10話で丁度いい感じに終わったなと感じましたね。

でも、天城恭一(速水もこみち)のスペックなら、気持ち悪くても良いとほとんどの女性が思いそう。だからこその佐藤さんなんでしょうが、あの二人はどこまでも付かず離れずの関係を続けていくのでしょうか?

更なる天城の(気持ち悪さの)パワーアップが可能ならば、ドラマ『この男は人生最大の過ちです2』にも期待したいですね。
現在も原作漫画は続いていますが、天城社長と佐藤さんの結婚、そして新婚生活が見たい!