ドラマル

『この男は人生最大の過ちです』4話のネタバレ感想!名取は単なる社長の犬だった!

2020年2月9日に放送されたドラマ『この男は人生最大の過ちです』4話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

4話では、名取蒼に懇願され、唯は天城と温泉旅行に行くことに!
唯と名取が恋人のふりをして、天城を諦めさせる作戦を計画し、実行するが…。

関連記事

ドラマ『この男は人生最大の過ちです』原作ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『この男は人生最大の過ちです』4話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Hulu」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『この男は人生最大の過ちです』4話のあらすじネタバレ

誕生日パーティーから数日後。
佐藤唯(松井愛莉)に、天城恭一(速水もこみち)社長との温泉旅行に付き合ってほしいと懇願する秘書の名取蒼(入江甚儀)。
名取と唯の職場の先輩・石川麻美(片山萌美)も同行するという。そして、天城を諦めさせるために、今度は恋人のフリをしようと提案する名取。それでも唯は気が進みません。
すると、最終手段として名取が土下座して懇願。周囲からの痛い視線に耐え切れず、またもや唯は渋々承諾することに。

温泉旅館に到着するや否や、あからさまな彼氏アピールをする名取。
唯は、その雑な距離の縮め方に嫌悪感を抱くも、「天城を諦めさせよう作戦」を全うすべく、懸命に堪えて調子を合わせました。
しかし、それを見た天城は、これといった反応を示さず、拍子抜け。

夜、4人で食事をしながら酒を飲んでいると、麻美が酔い潰れてしまい、名取が部屋へ連れていくことに。
唯と天城、二人っきりになってしまいます。
仕方なく、唯が天城にお酌をすると、天城は唯のことをじーっと見つめながら、まるで湯水のごとくぐいぐい飲み進めました。
そうして何十本も徳利(とっくり)を空けて、ついには酔い潰れてしまった天城。
その隙に、唯は宴会場を抜け出しました。

部屋に戻ると、鍵が掛かっていて入れません。
中からは、酔った麻美の唸り声が。そこで名取に電話してみると、名取も酔った口調で、一方的に電話を切られてしまいます。

仕方なく、また宴会場へ戻ろうと外廊下を歩いていると、頭から血を流して倒れている天城の姿が。
唯は慌てて駆け寄ります。
どうやら意識はあるらしく、天城は「佐藤さんにお酌して頂いたお酒で死ぬのなら本望です」と呟き、その場で寝入ろうとしました。
こんな寒空の下で寝てしまっては、冗談ではなく本当に死んでしまうと思った唯は、天城を担いで部屋へ連れていくことに。

しかし、怪我はウソでした。
頭についた血はケチャップで、部屋についた途端、唯に襲い掛かろうとします。
がしかし、それを背負い投げして阻止する唯。
名取と一緒にいても嫉妬を見せなかった天城が、こうしてまた唯に迫ってくるのに違和感を感じます。それを見透かしたかのように「あんな下手な小芝居、僕には通用しない」と言い放つ天城。ただ、そこまでして諦めさせたいことに傷付いた…と嘆きます。
そんな殊勝な態度をみせる天城の心臓が、早鐘のように脈打ってることに気付く唯。いつも飄々として何事にも動じないのに…と意外さを感じるとともに、自分の鼓動も高鳴っていることに動揺し、部屋を後にしたのでした。

温泉旅行から帰った後、名取に呼び出された唯は、恋人のフリが天城に即バレしていたことを明かしました。
そして、「切るまでしなくてもいいかな…」と気持ちの揺らぎを零す唯。気持ち悪いのは変わらないけれど、もう慣れてきたし、自分で何とか対処できそうだから、と。
そう告げて、唯が部屋を出ると、ロッカーに隠れていた天城が出てきて、名取へ「ご協力、感謝いたします」と一言。
この一連の名取の行動は、全て天城社長からの命令だったのです。

遡ること数週間前(誕生日パーティーよりも数日前)。
天城は名取へ、唯に「切るか」「付き合うか」はっきり選択してもらうよう指示。
唯は「切る」を迷うことなく選択。

そこで「僕が佐藤さんを諦められるよう、協力してほしい」と名取へ打診。
そのためにも、誕生日パーティーで、うっかり唯からお祝いの言葉を貰わないよう、唯と二人っきりになるのを阻止せよと命じました。
会場の外で二人っきりとなったとき、名取が入ってきて、唯が「おめでとう」と言いそびれたのは、このためでした。
唯を自宅に送った車のトランクにも、じつは天城が隠れていました。
名取が唯へ電話したのも、天城の言いつけを守ったがゆえ。しかし天城に「なぜ連絡先を知っている?削除してください」とキレられ、本当に諦める気があるのか?と呆れる名取でした。

温泉旅館では。
徳利(とっくり)の中身を全て水に入れ替えたり、唯が廊下に出てくるのを見計らって天城を外に寝かせたり、ケチャップで血のりをつけたのも、全て名取の偽装工作でした。

「なぜ、わざわざこのようなことを?」と名取が問うと、天城は次のように答えました。
「アダムとイブは、なぜ禁断の果実を口にしたのか?それは『禁じられた』からだ。禁じられるほど近づきたくなる。人間とは禁忌に弱いものなんです」と。

その天城の目論見は当たり、「切るまでしなくてもいいかな」と心境が変化してきた唯。
命令通り二人を本気で切ろうと必死だった名取は、「すっかり踊らされた…」と疲れた表情を見せます。
そんな名取に、あらためて感謝を伝える天城。
ただ、「少々やりすぎ。途中、何度社会的に抹殺しようかと…」という恐ろしい呟きも。
これに肝を冷やしつつ、「禁断の果実を口にしたものは、今まで見えていなかったものが目に付くようになる…」と漠然とした不安が過る名取でした。

スポンサーリンク

『この男は人生最大の過ちです』4話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

前回の「天城の顔に泥を塗って諦めさせよう作戦」に続き、今回は「恋人のフリして天城を諦めさせよう作戦」。
一時は、あれ?もしかして名取は唯に気がある…?と思うこともありましたが、それもこれも、天城からの命令を忠実に遂行するための行動だったんですね。その忠犬っぷりはお見事!
ふつうなら、「こんなことやるために入社したんじゃない!」とキレてもおかしくないのに、最後まで天城の作戦に付き合ってくれた名取は、天城のことを本当に心から慕っているんでしょうね。

名取の活躍の甲斐あって、心境が変化してきた唯。
来週からは恋敵も出現するそうで、一層、おもしろくなりそうです!

名取は単なる社長の犬だった!

完全に天城社長の唯を騙す(振り向かせる)策略にわたしも騙されてしまいました。

名取も佐藤さんを好きになると思ったのですが、全ては忠実な社長の犬・名取の演技だったとは。
2話越しで策をもちいる天城は、頭はいいですが、姑息でやっぱり気持ち悪い。

でも、天城社長の術中に嵌まって、佐藤さん少しずつ社長を意識しはじめちゃってますね。
佐藤さんがまんまと天城社長の思い通りになるのでは面白くないし、なんだか悔しい!
あの天城社長さえもギャフンとするような一波乱が欲しいですね。

『この男は人生最大の過ちです』5話のあらすじ

公式サイトが発表している『この男は人生最大の過ちです』5話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

佐藤唯(松井愛莉)は、天城恭一(速水もこみち)の車に落としたイヤリングを受け取るため、ある会議場を訪ねる。そこで唯は、エレベーターで二人きりになった男から、いきなり“アゴクイ”をされてしまう!
男は医師の藍田航之郎(平岡祐太)。手術成功率100%を誇るスーパードクターで、天城の大学時代の同期。また、同じく同期でノーベル賞候補の研究者、三島冴(田中道子)までが登場し、唯は彼らの超高スペックさに圧倒される。
そんな2人に、天城は唯を「僕の恋人」と紹介。だが、冴は唯の否定を待たず「恭一は私のもの」と宣言する!
その後、3人に巻き込まれて一緒に食事をすることになった唯は、冴と天城の親しい関係を目の当たりにする。
一方唯は、「犬好き」という共通点を持つ藍田と徐々に親しくなり…。

出典:https://www.asahi.co.jp/konodan/