ドラマル

2021年3月13日

『ラブコメの掟』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

ドラマ『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』の1話から最終回までのあらすじを、ネタバレを含めてわかりやすく紹介しています。

栗山千明さん主演の連続ドラマ『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』を200%楽しむために、キャストや各話ゲスト、視聴率の推移をあらすじと一緒に随時更新してお届けしていきます。

※最新話のネタバレは、リアタイ(視聴)後に追加します。

見逃し配信をチェック

当記事には、『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』の第1話から最終回までのネタバレが含まれています。先に内容を知りたくない方は、「Paravi」で第1話から最新話までの放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『ラブコメの掟』の基本情報

  • タイトル:ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~
  • ドラマ公式URL
    https://www.tv-tokyo.co.jp/kojidan/
  • ドラマ公式Twitter
    https://twitter.com/tx_kojidan
  • 主演:栗山千明
  • ジャンル:ラブコメディドラマ
  • 放送局:テレビ東京系
  • 放映日時:水曜・深夜 1:10 – 1:40
  • 放送開始日:2021年4月7日

概要(見どころ)

『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』は、監督に河原瑶、脚本を大林利江子らが手掛けたオリジナルのラブコメディドラマです。

恋愛偏差値ゼロの主人公・九条瑠璃(栗山千明)が、ひょんなことから、職場の後輩で恋愛上級者なのになぜか振られつづける真宮亮(小関裕太)に恋愛指南をすることに!
少女漫画頼みなのに恋愛経験豊富な仮面を被ったこじらせ女子と、笑顔の下に本音を隠した年下男子が繰り広げる、嘘から始まるトキメキが止まらない物語です。

キャスト一覧

  • 九条瑠璃:栗山千明
    電子コミック『Fantasia』の編集部で働く優秀なアラサー、恋愛ド素人
  • 真宮亮:小関裕太
    見た目も中身もパーフェクトな瑠璃の後輩
  • 九条惇太:草川拓弥(超特急)
    瑠璃の弟
  • 立花エリカ:堀田茜
    瑠璃の働く電子コミック出版社の親会社の役員、亮の過去を知る
  • 真宮賢治:吉沢悠
    亮の兄、貿易関係の会社の社長

スタッフ一覧

  • 原作:なし
  • 監督:河原瑶
  • 脚本:大林利江子、鈴木裕那、青塚美穂
  • 主題歌
    曲名:Can you feel my heart
    歌手:倉木麻衣
    レーベル:NORTHERN MUSIC
  • エンディングテーマ
    曲名:Spell On Me
    歌手:SHE’S
    レーベル:Virgin Music / UNIVERSAL MUSIC
  • プロデューサー:森田昇、漆間宏一、金澤友也
  • 制作:テレビ東京、テレパック
  • 製作著作:「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」製作委員会

各話の視聴率

『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。
※『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』は、ビデオリサーチによる視聴率の発表がないため、SNS(Twitterつぶやき数など)の反響をもとに、視聴熱を5段階(★)で発表します。

各話放送日視聴率
1話4月7日★★★
2話4月14日
3話4月21日
4話4月28日
5話5月5日
6話5月12日
7話5月19日
8話5月26日
9話6月2日
10話・最終回(仮)6月9日

『ラブコメの掟』の最終回ネタバレ(予想)

主人公の九条瑠璃(栗山千明)は、美人でスタイルが良いうえに仕事もできるまさに完璧なキャリアウーマンですが、実際は15年彼氏がおらず恋愛が苦手という苦い一面を持ちます。そんな恋愛初心者の瑠璃が、現実の恋愛に備えるための唯一の勉強方法といえば、少女漫画を読むこと。そんな瑠璃を見て、弟の九条惇太(草川拓弥)は呆れつつも常に姉の恋を全力でサポートします。

ある時、見た目も中目もパーフェクトなのに、実は恋愛で失敗尽くしの後輩・真宮亮(小関裕太)に瑠璃は訳あって恋愛を指南しなければならなくなり、瑠璃と亮は急接近!
なぜか亮の過去を知るパーフェクトウーマン・立花エリカ(堀田茜)や、貿易会社の社長である亮の兄・真宮賢治(吉沢悠)も巻き込んで、瑠璃と亮の恋愛が急展開を見せていきます。

恋愛マスターにも見える外見と中身を持ちながら、実は恋愛経験ゼロという瑠璃が、イケメンである亮に恋愛指南をすることになった経緯について、テレビ東京のホームページにおいてはまだ明かされていません。
ですが、恋愛にことごとく失敗し続け、自暴自棄になった亮が、瑠璃の実際の姿を知らずに、恋愛の指南を頼んだと予想できます。そして、会社で自分のコンプレックスを広めたくない瑠璃は、そんな頼みを断ることができなかったのでしょう。

恋愛において、ギャップが味噌となることはよくありますが、ドラマ『ラブコメの掟』においても見た目と現実のギャップが、二人の恋心を加速させます。
恋愛偏差値ゼロの瑠璃は、亮がこれまでの恋愛で関わってきた男慣れしている女性にはない純粋さや不器用さがあり、そこが亮にとっては新鮮で面白く、より魅力的に映るポイントになっていきます。
また、亮にも秘密にしている過去があり、瑠璃は、その秘密を知ることによっていつの間にか亮に惹かれていきます。
そして、途中、亮の兄である賢治やエリカの横やりが入りながらも、そんな逆境を乗り越えて、亮と瑠璃はお互いに惹かれあい、恋人になると予想します。
結果的に、賢治とエリカもカップルになるというサイドストーリーもあるかもしれません。

『ラブコメの掟』各話のあらすじ

2021年4月7日からテレビ東京系にて放送開始された栗山千明さん主演の連続ドラマ『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。

1話のあらすじネタバレ

電子コミック『Fantasia』の編集部で働く九条瑠璃(栗山千明)は、洗練された外見と言動から恋愛経験豊富と周囲から敬われているパーフェクト女子。
しかし実際は、15年前の大学時代に彼氏が一瞬いただけの恋愛ド素人。家では、こたつとジャージで酒を飲みながら少女漫画を読みふけり、部屋は散らかり放題で、週一で弟の九条惇太(草川拓弥/超特急)に掃除に来てもらうほどのズボラ女子でした。

恋愛マスターとして瑠璃を慕う職場の後輩は多く、相談に乗ってあげることも多い瑠璃。
本当は恋愛ド素人で少女漫画の知識だけでアドバイスしていることに若干の罪悪感を抱きますが、後輩の相談に乗ってあげるのも完璧な上司の務めだと、断れずにいました。

そんな中、ある後輩から、夜の営みについて相談を持ち掛けられます。
けれど瑠璃は、15年前に一度男性と手を繋いだことがあるだけで、大人な経験は皆無。頼みの綱である少女漫画も、そういったきわどい描写はないため、知識も無し。
このままでは何のアドバイスもできないと困った瑠璃は、大人向け漫画を読むべきかと、スマホを片手に悶々とします。
するとその時、背後から、職場の後輩・真宮亮(小関裕太)から声をかけられます。
大人向け漫画サイトを開こうとする瞬間を見られたのではないかと恐れる瑠璃。亮から飲みに誘われ、そのことについてツッコまれるのではないかとヒヤヒヤしながら居酒屋へ向かいました。

しかし、亮の目的は恋愛相談でした。
瑠璃と同じように、周りから「見た目も中身もパーフェクト」と称されることが多い亮。けれど、いざ付き合うと、決まって3か月以内にフラれるという。今、本気で好きな女性がいて、今度こそは失敗したくないから、恋愛経験豊富な瑠璃にアドバイスしてもらいたい、ということでした。
瑠璃は、スマホ画面には気付いていなかったという安心感と、頼られたことに気分を良くして、とくとくと恋愛指南。酒も進み、ついには酔い潰れてしまいました。

翌朝、目が覚めると自宅のベッドの上。
そして、横には亮の姿が。瑠璃の頭の中は大パニックとなります。
目覚めた亮は、何食わぬ顔で「では、僕と付き合ってください」と一言。
というのも、昨夜、瑠璃が酔っ払った勢いで「恋愛指南として、お試しで一か月お付き合いしてあげる」と提案していたのです。
恋愛経験ゼロの瑠璃は「できっこない!」と心の中で叫びますが、つい余裕ぶって「いいわよ」と答えてしまうのでした。

2話のあらすじネタバレ

『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』2話のあらすじネタバレは、2021年4月14日(水)深夜1:10の放送後こちらに追加します。今しばらくお待ちくださいませ。