ドラマル

『恋つづ』7話のネタバレ感想!佐藤健 VS 清原翔!上条周志の挑発をかわす天堂先生の勝ち?

2020年2月25日に放送されたドラマ『恋はつづくよどこまでも』7話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

7話では、ついに付き合い始めた勇者と魔王が初めての遊園地デートに!
一方、ワガママ御曹司・上条周志(清原翔)が、七瀬を専属で看病するように指名し…。

関連記事

『恋はつづくよどこまでも』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『恋はつづくよどこまでも』7話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『恋はつづくよどこまでも』7話のあらすじネタバレ

来生晃一(毎熊克哉)からの思いがけない告白に動揺する佐倉七瀬(上白石萌音)でしたが、天堂浬(佐藤健)への想いは変わるはずもなく、来生はフラれてしまいます。
そんな一途な七瀬が好きな来生は、天堂と話すよう七瀬にアドバイスを贈ります。

自宅マンションの部屋の前で七瀬が立ち尽くしていると、天堂が帰って来ます。
元恋人・若林みのりの妹・みおり(二役・蓮佛美沙子)と違い、天堂と釣り合わないと思っていることを七瀬は天堂に打ち明けます。
「不釣り合いなのは100万年前から決まってる」
天堂はそう言うと、突然七瀬にキスをするのでした。
すると、いきなり流子(香里奈)が帰って来たのです。

七瀬が天堂のことを相談すると、流子はダーツ大会で貰った遊園地のペアチケットを七瀬にプレゼント。
流子は天堂に有無を言わさず、次の休みに遊園地デートを命じるのでした。

日浦総合病院、中庭のベンチでパンを食べる七瀬に、みおりは天堂にフラれたことを報告します。
フラれたことで闘志に火がつき、諦めずに天堂を追いかけると七瀬に宣言します。

来生と鉢合わせした七瀬は、どことなく気まずい雰囲気になります。
七瀬にフラれはしたものの、天堂が幸せになることを来生は願っていました。
ふたりの話を酒井結華(吉川愛)は立ち聞きしてしまい、来生が七瀬を好きなことを知ったのでした。

りんご飴専門店・Candyappleの前を通りかかり、七瀬はショーケースのりんご飴に見惚れます。
テラス席のカップルの別れ話に巻き込まれ、七瀬は彼女にアイスティーをかけられます。

七瀬は着替えの服を購入、カップルの男が服代を支払おうとしましたが断ります。
すると、お詫びにりんご飴のホワイトチョコレートを差し出します。
1本790円という高さに迷っていた七瀬は、ついつい釣られひと口食べてしまいます。
付き纏われ彼氏が居ると断りましたが、ここでも天堂と不釣り合いであることをこぼします。
「相応しい相手になれば良い」
男の言葉に、七瀬は勇者であることを思い出すのでした。

ある日、何故か七瀬が指名され、根岸茉莉子(平岩紙)に特別室を案内されます。
指名した入院患者は通販業界最大手・K&Rホールディングスの御曹司・上条周志(清原翔)。
社長と院長が旧知の仲で、毎年、病院に多額の寄付をしていました。

特別室の上条を見て七瀬はびっくり、先日会ったカップルの男だったのです。
そして、上条のたっての希望で、七瀬は専属看護師になるのでした。

上条は大動脈炎症候群、10歳で発症、入退院を繰り返し何度か開胸手術を行っていました。
最近、著名な医師の手術を受けたばかりでしたが、天堂の評判を聞き上条がカテーテル治療を望んだのです。

そんな中、七瀬と天堂は初の遊園地デートを満喫。
その頃、PCに向う来生に、「お疲れ様です」と酒井が繰り返し挨拶します。
来生を心配しての酒井の行動でしたが、夜食を玄米おにぎりにするかカレーパンにするか悩んでいると来生ははぐらかします。
「好きです」
来生に好意を寄せる酒井は思わず口にしましたが、おにぎりとカレーパンのこととごまかすのでした。

ある夜、上条が安静時発作を起こし容体が不安定になり、カテーテル治療を早めることになります。

いつものように上条に呼び出され、七瀬はネックレスを渡されます。
七瀬が断ると、突然、上条が七瀬に抱きつき、そこへ天堂が現れたのです。
天堂は動揺することなく、翌日のカテーテル治療に向けた診察を済ませるのでした。

一方、流子に見合い話が持ち上がり、バーで呑む流子は小石川六郎(山本耕史)に見合いのことを告げます。

そんな中、上条が天堂の前で七瀬を侮辱、大きな物音が聞こえ、みおりと上条の警護が特別室に駆けつけます。
上条は床に倒れ、天堂が抱き起こしていました。

翌日、上条のカテーテル治療を終えた天堂は体調が悪くなり早退します。
帰宅した七瀬は、おかゆを作り天堂を看病、流子は2泊3日の温泉旅行中でふたり切りでした。

みのりのことを尋ねられ、天堂は七瀬に丁寧に説明します。
大切な人を亡くす心の痛みは消えず、医者として失くしてはいけないと考えていました。
これまで上条のことで七瀬の前では努めて平静を装っていた天堂でしたが、「とても気に食わない」と感情をあらわにします。
嫉妬されて嬉しい七瀬は、ソファーに横になる天堂にキスをするのでした。

翌朝、体調が良くなった天堂と七瀬が揃って、循環器内科スタッフステーションに顔を出します。
すると突然、弁護士を引き連れた上条が現れ、患者に対する暴力及び精神的苦痛で告訴すると天堂に告げるのでした。

スポンサーリンク

『恋はつづくよどこまでも』7話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

キス、キス、キス、隙さえあれば七瀬と天堂のキス、キスが多いな恋つづ。

来生に上条、そしてストーカーと化した入院患者の田沢、良いか悪いかは別にして七瀬は完全にモテ期じゃないですか。

それはともかく、前途多難かもしれませんが天堂との恋も一応は実ったのだから、もう少し余裕を持って周りを見渡して欲しい。
酒井のことを気遣って、というか酒井の気持ちに気づいてくれ。

看護の時は細かいところにも気がつくのに七瀬は本当に鈍感。
最近、今戸神社の猫様に感謝もしていないようですが、ご利益のあった今戸神社を酒井に教えてあげて欲しいです。
酒井と来生が上手くいくよう切に願います。

佐藤健 VS 清原翔!上条周志の挑発をかわす天堂先生の勝ち?

7話を見た限りでは、「佐藤健 VS 清原翔」は、佐藤健の勝ち!
でもあの天堂浬を嫉妬させたのだから、上条周志を演じた清原翔さんもさすがの存在感というべきでしょう。

上条周志(清原翔)は、天堂に殴られたといっているけど、きっと殴られておらず、よろけたところを支えられただけ。
感情的な道明寺なら殴るけど、冷静な天道浬は決して暴力には訴えない!
道明寺もカッコいいですが、今は天道浬派が多勢かな?

それにしても勇者ちゃんがモテモテ。
次回、天道のために上条の元へ…という流れがありそうですが、上条周志も根は悪い人じゃなさそう。
きっと七瀬は天堂の元に戻り、より関係を深めるという展開となりそうですね。

『恋はつづくよどこまでも』8話のあらすじ

公式サイトが発表している『恋はつづくよどこまでも』8話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

佐倉七瀬(上白石萌音)に好意を持つ入院患者・上条周志(清原翔)は、天堂浬(佐藤健)から暴力と精神的苦痛を受けたとして、訴えを起こした。
上条の容態を見られなくなったことが気がかりな天堂は、代わりに七瀬にその想いを託す。
循環器内科では七瀬だけではなく看護師たち皆で、上条の看病と精神的な支えになれるように協力し合うことを決意。

そんな中、入院中の杏里(住田萌乃)のオペが可能となり、心臓外科と循環器内科で合同チームが発足されることになる。
しかし、上条から訴えられてしまった天堂は、表立ったオペに参加することが厳しくなってしまい…。
七瀬は上条をなんとか説得しようと試みるが、条件を出されてしまう。

考え抜いた七瀬は、誰にも何も告げずにある行動に出て‥‥。

出典:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/