ドラマル

『恋はつづくよどこまでも』6話のネタバレ感想!六角関係に発展!勇者と魔王という禁断の愛は成就するか?

2020年2月18日に放送されたドラマ『恋はつづくよどこまでも』6話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

6話では、天堂と七瀬の恋敵・みおりが大阪出張へ行くことに!
みおりの参加を聞き、七瀬は天堂のあとをつけ、大阪へついていくが…。

関連記事

『恋はつづくよどこまでも』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『恋はつづくよどこまでも』6話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『恋はつづくよどこまでも』6話のあらすじネタバレ

佐倉七瀬(上白石萌音)との天堂浬(佐藤健)の恋人宣言に、循環器内科スタッフステーションが沸き返る中、今は亡き元恋人・若林みのり(蓮佛美沙子)と瓜二つの女性が天堂を呼び止めます。
その女性は心臓外科医でみおり(二役・蓮佛美沙子)と名乗り、みのりの妹だと言うのです。

そんな中、恩師からのセミナーの登壇依頼があり、天堂は突如大阪に出張が決まります。
出張の日は、七瀬と食事を約束した日だったのです。

セミナーには、みおりも出席すると知り、七瀬は心穏やかには居られません。
看護主任・根岸茉莉子(平岩紙)に頼み込み、出張の日に七瀬も休みを貰います。
天堂と一緒に出張に行こうとしたのですが、仕事を理由に七瀬は断られるのでした。

天堂の姉・流子(香里奈)のアドバイスで、七瀬は内緒で出張に付いて行くことにしたのです。

出張当日、来生晃一(毎熊克哉)に入院中の患者・和田洋子(田村たがめ)のことを頼み、天堂はひとり日浦総合病院を後にします。

大阪に着いた七瀬は、空港でみおりと合流しタクシーに乗る天堂を目撃。
尾行しようと七瀬もタクシーに乗り込んだのですが、見失ってしまったのです。

そんな中、財布を失くし困っている老人・堤一郎太(ぼんちおさむ)を御堂筋で見かけ、七瀬は一緒に探します。
植え込みに落ちていた財布を見つけ、七瀬が手渡そうとした時、堤が胸を押さえ倒れたのです。

七瀬が心臓マッサージを始めると、突然、天堂が現れます。
天堂は七瀬にAEDを指示、除細動により堤の呼吸が戻ります。
七瀬と天堂は、駆けつけた救急車に同乗し病院に向かうのでした。

その頃、酒井結華(吉川愛)は、ナースコールの対応の遅れを和田に叱責されていました。
和田は元看護士で口うるさく、同じ元看護士の母親に似ていて酒井は苦手だったのです。
来生の母親は薬剤師で、正しく処方箋を出せているか未だに疑います。
互いに親には苦労すると、来生は酒井を優しく励ますのでした。

初期対応が良く堤の経過は良好、その夜、七瀬と天堂は大阪で初デートを経験します。
道頓堀沿いでたこ焼きを食べ、北新地をぶらつきます。

そして、ふたりは流子お勧めのリーガロイヤルホテルに一緒に泊まるのです。
ダブルベッドに七瀬は動揺、風呂から上がり思い切って寝室に行くと、既に天堂は寝ていました。
七瀬は天堂に顔を近づけましたが何も出来ず、そのままベッドに入ります。
天堂が目を開け隣を見ると、七瀬は寝息を立てもう眠っていたのです。
思わず笑みが溢れ、そして天堂は七瀬にそっとキスをするのでした。

小児科スタッフステーションの仁志琉星(渡邊圭祐)のもとに、点滴が外れた男の子がやって来ました。
出血していましたが、仁志は動揺することなく対応したのです。
成長した仁志に感激し、結城沙世子(片瀬那奈)は流子との恋路を邪魔したことを反省します。
現在、恋とは無縁の菅野海砂(堀田真由)は、仁志を見ていると天堂に果敢に立ち向かう七瀬に感心するのでした。

翌日、仁志は勇気を出して、流子を訪ねます。
天堂の姉で副院長・小石川六郎(山本耕史)の元カノ、そんな流子と釣り合わないと思い連絡出来ずにいたことを打ち明けます。
「わたしの何を知ってるの」
そう言うと流子は仁志を誘い、大好物の大トロ、中トロ、赤身の三種盛り丼を食べに行きます。
流子は穴子、仁志はわさびが苦手でした。
こうして互いに知っていくのだと、流子は仁志に教えるのでした。

七瀬が目覚めると、天堂の姿が見当たりません。
「お前も来い」
メモを残し天堂はセミナーに出かけていました。

『心不全ステージ分類と心機能分類の対比』と題し天堂が登壇。
七瀬は何とか間に合い、みおりも既に会場に居ました。

セミナーが終わり、会場を後にする七瀬をみおりが呼び止めます。
みのりの死を乗り越え、どんな相手と天堂が付き合っているのか知りたかったのです。
みのりとは、まるで正反対の七瀬にみおりは驚くのでした。

七瀬は『たこ焼きせんべい』を土産に出勤。
そんな中、和田のナースコールが循環器内科スタッフステーションに鳴り響きます。
緊急オペになり、天堂と来生、そして状況により心臓外科のオペも必要で、みおりも立ち会います。

天堂の機転とみおりとの見事な連携で、オペは無事に成功します。
天堂が医局に戻ると、天堂の机の前でみおりが立っていたのです。
天堂に寄り添うみのりが写った集合写真を見つめていました。
和田の意識が回復したことを知らせに来た七瀬は、ふたりを見て思わず隠れます。
「わたし、あなたを好きになりました」
みおりの天堂への告白を聞き、七瀬はその場を立ち去ります。

落ち込む七瀬は、公園のベンチにひとり座り缶ビールを呷っていました。
来生が隣に座り七瀬を慰めると、箍が外れ七瀬は思わず涙が溢れてしまいます。
その場を立ち去ろうとする七瀬を抱き寄せ、「好きだよ」と来生は告白するのでした。

スポンサーリンク

『恋はつづくよどこまでも』6話のネタバレ感想

40代男性

のらゆき

女性は天堂や来生にキュンキュンするのでしょうが、男としては流子にメロメロで仁志が羨ましい。
多くの男性が年上の女性に憧れる時期があると思います。
敢えなく撃沈した人も居ることでしょう。
未熟な年下の仁志を優しくリードする流子は、まさに男性の妄想ド真ん中。

これまで順調に来ていた七瀬のクエストに、やっとみおりというボスキャラが登場しました。
早々に天堂に告白し、もうワクワクが止まらない。
強いて言うなら、妹のような血縁者より、瓜二つの顔を持ち人格もそっくりな赤の他人の方が良かったかな。

来生も七瀬に告白、ぶっちゃけ七瀬も天堂もキャラ的にブレることはないでしょうが、益々面白くなって来ました。

六角関係に発展!勇者と魔王という禁断の愛は成就するか?

勇者・佐倉七瀬と魔王・天堂浬が付き合い始めたと思ったら、あちこちから2人の関係を邪魔する者たちが出現!
勇者と魔王という禁断の愛は成就するだろうけど、早々すんなりいかないようですね。

さて、ここで6話までの関係図をまとめておくと…(矢印が好意の方向)。

来生晃一←酒井結華

勇者・佐倉七瀬←上条周志(7話登場)
↓↑
魔王・天堂浬

若林みおり

来生先生の勇者への告白。
天堂の亡くなった恋人に瓜二つの妹・若林みおりの魔王への告白。
上条周志が七瀬を指名。
と一気に恋の関係図が膨らんできました。

来生先生に関しては、多くの視聴者が酒井さんと結ばれて欲しいと願っているので、おそらくそこで落ち着くでしょう。みおりは、顔が似ているからといって気持ちが揺らぐ魔王ではないので、転院すると予想します。上条周志(清原翔)は、あくまで入院患者なので、退院と共に戦線離脱。という流れで2話ぐらい進み。
多くの荒波を乗り換えた勇者と魔王が、晴れてみんなに祝福されながら結婚するというハッピーエンドとなりそうですね。

『恋はつづくよどこまでも』7話のあらすじ

公式サイトが発表している『恋はつづくよどこまでも』7話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

天堂浬(佐藤健)の元恋人の妹・若林みおり(蓮佛美沙子)が天堂に告白したことで、自分が天堂に釣り合うのかと不安な気持ちになった佐倉七瀬(上白石萌音)。 みおりの告白を目撃し、不安な胸中を天堂や流子(香里奈)に打ち明ける。

そんな七瀬の気持ちをくみ取った流子は、天堂との遊園地デートを提案。
七瀬は初めてのデートに心浮かれるが、追い打ちをかけるようにみおりから宣戦布告をされ……。

一方、日浦総合病院には、七瀬とひょんな出会い方をした上条周志が、VIP待遇で特別室に入院してくる。
七瀬の純粋な姿に好感を抱いた上条は、七瀬を専属で看病するように指名。
さらに、天堂が七瀬の彼氏だと知ると、まるで天堂を挑発するかのような行動を次々と起こし……。

出典:https://www.tbs.co.jp/koitsudu_tbs/story/