ドラマル

『孤独のグルメ Season8』8話のネタバレ感想!ホルモンそばとオーカク【鳥取・まつやホルモン店】

2019年11月23日に放送されたドラマ『孤独のグルメ Season8』8話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

8話では、仕事で鳥取に来た五郎が、輸入雑貨のパーティーに出席する!
翌日、情緒漂う鉄板焼き屋・まつやホルモン店でオーカクとホルモンそばを堪能する。

関連記事

『孤独のグルメ Season8』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『孤独のグルメ Season8』8話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『孤独のグルメ Season8』8話のあらすじネタバレ

鳥取県の鳥取砂丘にやってきた井之頭五郎(松重豊)。
吉川賢一(遠山俊也)に案内されて、その雄大な景色を堪能します。そして一言「小腹が空いてきますね」と。
それを聞いた吉川は、鳥取市役所の『スラーメン』を勧めます。うどんのつゆにラーメンの麺をいれたものだという。
早速、五郎は市役所に行って『スラーメン』を食べることに。
吉川オススメの食べ方に倣って、天かすをたっぷり、コショウもたっぷりかけます。
関西風お出汁の素朴な味で、コショウの辛みと天かすの油がアクセントに。
「これは俺の好きな味だ」としみじみ味わい、スープも飲み干して完食しました。

その後、仕事で立食パーティーへ。
そこで生産者に鳥取の地ワインを振舞われ、下戸な五郎は丁重に断りを入れようとしますが、断り切れない雰囲気で、仕方なく少しだけ飲むことに。
それだけでも頭がクラクラになってしまった五郎は、ホテルの部屋に戻った途端、ベッドに倒れ込んでしまいます。
そして、幼き頃に、砂丘に連れてきてもらった父との思い出を夢にみる五郎でした。

翌朝、ホテルからの電話で起こされる五郎。
朝イチで東京に戻るつもりが、昼近いチェックアウトの時間まで寝坊してしまいました。
それもこれも昨日の酒が響いたと、飲んでしまったことを後悔します。
そしてスラーメン以降、ろくに食べてなかった五郎は腹が空き、ホテルを出て店を探すことに。

まだ少し早い時間で、なかなか開いてる店がみつかりません。
そんな中、情緒漂う鉄板焼き屋【まつやホルモン】を発見。
家族で経営してるらしく、店内に入ると、お母さん(渡辺えり)と娘(伊藤修子)が出迎えてくれました。
鉄板が目の前にあるカウンター席に腰かける五郎。
注文したメニューは以下の通り。

『オーカク(塩)』
オーカクとは上ハラミ(横隔膜の肉)のこと。
オススメの味付けは、お母さん曰く「タレ」とのことでしたが、ホルモンそばと同じ味になってしまうため、「塩」をチョイス。
お母さんが目の前の鉄板で、オーカクとたっぷりのネギとを豪快に炒め合わせます。
その味は、足を踏み鳴らしたくなるほどの美味しさで、白いご飯にのせてかき込みました。

『ホルモンそば』
鳥取の名物で、お母さんの子供の頃からあったという。
鉄板で、焼きそばとタレを絡め、そのタレが弾け飛ぶ音と香りがなんとも食欲をそそります。
そうして味付けされたホルモンそばを、さらに、つけダレにつけて食べても美味しいとのこと。
まずはそのままで一口食べる五郎。
甘辛ニンニクの味付けで、そのままでも十分堪能できます。ホルモンと溶けあう美味さ。
ホルモンだけつけダレにつけて濃厚に味わうのもいい。麺にちょい付けし、そのタレを白飯に垂らしながら食べるのもいい。

『サイコロステーキ』
食欲に火がついて、思わず追加で注文。
炒めた後、ニンニクチップがまぶされ、これまた食欲をそそる魅惑の香りが。
これぞ肉!といった味わいに大満足。箸で手軽につまめるのも嬉しい。

チョイスした肉料理が目の前の鉄板に並ぶ幸せを感じながら、一気に完食した五郎。
腹も心も満ち足りて、東京へと帰っていったのでした。

スポンサーリンク

『孤独のグルメ Season8』8話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

今回は、お酒を飲む五郎さんが見られたり、お父さんとの思い出が見られたりと、趣向の変わった流れが新鮮でした!
それにしても、たった一口のワインだけで、あんなに酔っ払っちゃうとは!びっくり。五郎さん、かわいいなぁ。

ふらっとクスミのコーナーでは、ごま油香る「塩レバー」が紹介されました。
これはレバーが苦手な人でも食べられるんじゃないか、とのことで。
わたしもレバーが苦手なので(鉄分補給のために食べなくちゃとは思うんですけどね)、食べてみたい!と思いました。
「ソース焼きそば」は文句なく美味しそう!
鉄板で作る焼きそばって、まるで魔法がかかったような格別な美味しさがありますよね。

鉄板焼きの飯テロが凄すぎ!ホルそばが強烈

鉄板焼き屋の飯テロは強烈過ぎますね。
どれも食欲をそそってくる。中でも、ホルそばこと「ホルモンそば」が美味しそうでした。

手軽な組み合わせなのに食べたことのない料理・ホルそば。関東で食べられるところはあるのだろうか?
中太麺にニラ・もやし・ネギそしてホルモンでしょうか…作ってみるかな。

家の近所に美味しいお店があるって幸せですよね。
鉄板焼き屋・まつやホルモン店は、美味しそうなのはもちろん、ボリュームありそうだし、お値段も良心的?
お近所さんが羨ましいですね。

『孤独のグルメ Season8』9話のあらすじ

公式サイトが発表している『孤独のグルメ Season8』9話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

井之頭五郎(松重豊)は「壊れたバイオリンを修理しインテリアにしたい」という得意先の要望で、御茶ノ水にある下倉(近藤公園)のバイオリン店を訪ね修理の依頼をする。ところが、工房で弦に使う馬の尾がある食べ物に見えて…。そのせいで空腹を覚えた五郎は、土地勘のない路地でお店を探すがことごとく準備中。
そんな中路地を抜けると、「南インド料理」と書かれた看板とメニューに書かれた「定食・軽食」の響きに惹かれ店に入る…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/broad_tvtokyo/program/detail/201911/22078_201911292412.html