ドラマル

『孤独のグルメ Season8』5話のネタバレ感想【群馬県藤岡市・焼肉宝来軒で一人ロースター焼肉】

2019年11月2日に放送されたドラマ『孤独のグルメ Season8』5話のネタバレを含むあらすじと感想を、放送後にSNSで最も注目を集めた出来事を含めてお伝えします。

5話では、ホテルの支配人・斎藤由美子(MEGUMI)との商談で五郎は群馬藤岡駅に降り立つ!
商談後、中華っぽい名前のお店・焼肉宝来軒で、一人ロースター焼肉を堪能する。

関連記事

『孤独のグルメ Season8』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

見逃し配信をチェック

この記事には、『孤独のグルメ Season8』5話のネタバレが含まれています。まだご覧になっていない方は、「Paravi」で過去の放送をご覧になれます。
※記事の公開日(更新日)時点の情報です。

スポンサーリンク

『孤独のグルメ Season8』5話のあらすじネタバレ

群馬県藤岡市へとやってきた井之頭五郎(松重豊)。
藤岡駅からタクシーに乗って、商談相手のホテル支配人・斎藤由美子(MEGUMI)が待つ、ボーリング場と一体化したビジネスホテルへ向かいます。
インテリア選びの前調査として、客室を回り、写真を撮ったり、採寸をしていく五郎。一通り確認した後、斎藤からボーリングでもどうかと誘われます。しかし、どうにも腹が減ってしまい、ボーリングを丁重にお断りする五郎でした。

タクシーに乗り込んだ五郎は、どこか良い飯屋はないかと窓の外へ目を凝らします。
すると目に入ってきたのが、焼肉店の【宝来軒】。
直ちにタクシーを降りて、店内へ。
店員の清水(大橋彰)に、一人焼肉用のカウンターに案内されました。
良心的な価格で豚肉が豊富に揃っているこの店で、五郎が注文したのは以下のメニュー。

『豚のカルビ』
肉汁が滴り、焼きあがるのを見るだけで食欲を掻き立てられます。
期待を裏切らない美味さで、タレと一緒に白飯がとにかく進む。

『豚ロース』
肉質が驚くほど柔らかく、王道の美味さ。
これもまた白飯が進みます。

『牛の上カルビ』
見惚れるほどに、きれいにサシが入った霜降り肉。
「上」の貫禄を見せつけるかのような納得の旨さに唸ります。
豚カルビとの食べ比べも楽しい。

『肉スープ』
一人前はどんぶりサイズのかなりの量ということで、ハーフを注文。
肉のほかにも野菜が盛沢山入っており、食べ応えのあるスープです。
濃いめの味付けであるものの、かき玉がそれをまろやかにしてくれます。

『白菜キムチ』
豚肉はじっくり火を通す必要がある、ということで、焼けるまでの間の箸休めに。
ほのかな酸っぱが美味しい。

一通り、タレだけでシンプルに食べた後、コチュジャンやニンニクを付けて味の変化を楽しむ五郎。
最後に、追加で半ライスを注文します。
その半ライスに焼いた豚肉三枚とキムチを乗せ、自分好みに調味料をブレンドしたタレをかけ、即席豚キムチ丼に。
これをあっという間にかき込んで完食します。

ホルモンをお持ち帰りする常連客を見て、「次回はホルモン攻めだな」と心に誓い、店を出る五郎でした。

スポンサーリンク

『孤独のグルメ Season8』5話のネタバレ感想

40代女性

ドラマ大好きうさうさ

肉がジュウジュウと焼ける音と映像が、完璧なる飯テロでしたね。
お腹がぐぅぐぅと鳴ってしまいました!

このお店は、豚ロースやカルビが420円、豚ホルモンが330円と、喫茶店のコーヒーよりも安いというお手頃価格が、また素敵。
いろんな部位のお肉を頼んで、一人豚祭りをやってみたいです!

ふらっとクスミでは、豚ホルモンと醤油ラーメンが紹介されました。
焼き肉店でラーメンとは珍しいですが、冷麺の代わりかな?
なるとが入った昔ながらの醤油ラーメンで、お肉を十分楽しんだ後は、こういうシンプルなラーメンが合いそうです。

今回、店員を演じた大橋彰さんって誰だろう?と思ったら、アキラ100%の人でした。
たしか、松本潤さん主演ドラマの「99.9%」でもちょこっと出ていたような。これからは俳優業もやっていくんでしょうか、なかなか良い空気感を醸し出してました。

焼肉宝来軒で一人ロースター焼肉!最高の孤独のグルメ?

五郎の勘と名言に脱帽といえる回でしたね。

中華っぽい名前(焼肉宝来軒)の焼肉店で、初見ではなかなか入りずらそうなのに、五郎レーダーは凄い!
見るからに美味しそうなお肉にたまらず涎がでてきてしまいます。

なんといっても、一人ロースター焼肉というのがいい!
一人焼肉やってみたいですね。
自分の好きな肉(部位)を思う存分、自分のペースで焼いて食べる。孤独のグルメの至上といえるのではないでしょうか?

服着てましたが、アキラ100%さんが店員というのもいい!

『孤独のグルメ Season8』6話のあらすじ

公式サイトが発表している『孤独のグルメ Season8』6話のネタバレStory(あらすじ)は以下の通りです。

井之頭五郎(松重豊)は、イベント会社・鳴海社長(青空球児)との打ち合わせで浅草の雷5656会館へ。だが鳴海社長の携帯の着信が止まず話が一向に進まない。困惑しながらもどうにか打ち合わせを終えた五郎。浅草で何かを食べて帰ろうとさまよっていると、ディープな雰囲気が漂う焼肉横丁を発見する。
しかしどの店も捨てがたく…なかなか決められず悩む五郎の前に、浅草の風景からは浮いた異国情緒あふれるタイレストランを発見する…。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/broad_tvtokyo/program/detail/201911/22078_201911082412.html